※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< Klapa Beach Clu...

ブラジル食堂の謎を解く @ J... >>
2014年 08月 20日
Padang Padang Beach (Pantai Labuan Sait) に降りてみた @ Jl.Labuan Sait ('14年4月)
f0319208_2344679.jpg
4月のぶらじる食堂での腹ごしらえ後に私とaiちゃんが向かったのがパダンパダンビーチ
ここはトーマス君いうところの"芋洗いビーチ"なんですが、前回の秋バリでの通過時はもちろん
懐かしの'09年秋の通過時も、その前の通過時も、橋の上から眺めてただけだったので
この春こそは 橋からの高みの見物は卒業してパダンパダンの浜に降りてみるどー!の決意。

後できいたところ 悪友・フタゴっちの記憶では、こんなに人が多くない時代に友人達と共に
私もこの浜に降りてるはずらしいんですが そんなこといちいち覚えちゃいねぇ
つか、昔連れて行かれた場所がどこにあたるのかなんて ここに限らずバリ内の各地で
周囲の環境も変わっちゃった現在だから余計に判別つかねーっつーのw
なのでこの体験も 強引に"この春の私的ハツモノ記録"としてこの場でメモっておくことにしま~す。





さて、ぶらじるさんからLabuan Saitに向かった私達。橋の手前に2台のバイクを駐輪して
路肩の物売りなんぞをひやかしつつ・・・・
f0319208_2391373.jpg
このままここからの階段を下りるのが本来のスジってもんですが
常にとろとろ運転できょろきょろしてて眺めのあるところで無意味に休憩する私とは違って
aiちゃんはいつもバイクぶんぶんの時は脇見厳禁で目的地一直線の優良ドライバーなので
前回の通過時も私はちゃっかり橋の上で撮影停止してるんですけど、aiちゃんはたしか
橋の上からの眺めはしっかり見ていなかったような記憶がよみがえったので
最初に橋の上からの浜もみておこう!の魂胆で、橋を渡って南側の階段から降りることに。
f0319208_2393225.jpg
で、まずは橋の上から芋の子を洗う状態の浜を見下ろしま~す
f0319208_2344679.jpg
橋を渡り終えて、いよいよこっちの階段から下りまーす。
f0319208_2395331.jpg
昨日のニャンニャンのクリフの高さから考えたら楽勝な高度&階段数ではありますが・・・・
f0319208_2310532.jpg
なんせ、昨日の名残@筋肉痛で下り階段での前腿への衝撃がかなりキツイ私達。
私はニャンニャンビーチ上り直後にかなり休憩したのと、お風呂でもゆーっくり足をほぐしたので
筋肉痛には違いないけど去年秋のグリーンボウルの翌日よりはマシな状態だったんですけど
なんせaiちゃん、昨日はあの階段を一気に2往復した上に夜もプールで遊んでたからきっと大変。
f0319208_23101674.jpg
階段幅が広くて他に通行人がいないのでマイペースで降りれるのはありがたいんですが
手すりがない上、体中が筋肉痛でふんばれないという事情がございますので
もしも足を踏み外したらひたすら転がり落ちて大怪我まちがいないのでびびりまくり。
f0319208_2314968.jpg
つか、足の筋肉痛時は階段の上りもきついけど、下りで体重がかかる時の衝撃の痛さと
膝が踏ん張れなさがどうしようもなくキツい。。という事実を今更身をもって知ったわい。

ゆっくりゆっくりマイペースで階段を下っていくうちに、浜が見えてきましたおー!
f0319208_23142488.jpg
ここまで来たら一安心。次はビーチでの陣地を確保しましょ★
f0319208_23143933.jpg
振り返れば橋~! けっこう高度あったのねw
f0319208_23145299.jpg
そして、浜に出てみればまるでどこぞの海水浴場状態www
f0319208_2315446.jpg
f0319208_23151786.jpg
この午後はかなり雲が多くてカーッと快晴の青い空&海ではなかったけど
そのおかげで直射日光を浴びずに済んだので(かといって紫外線は多いわけですがw)
パラソルを借りなくても岩陰に隠れなくても帽子とサングラスでそこそこ大丈夫な天候。
ゆえに、 適当な場所に座り込んで陣地確保
f0319208_23162119.jpg
お疲れaiちゃん、速攻昼寝。
f0319208_23163446.jpg
つか、どんな浜でもいつも絶対海に入るaiちゃんなのに 海にも入らず寝てるなんて
よっぽど昨日からの筋肉痛がひどいに違いない・・・。なんせ階段2000段超。しかも2往復目は一気

私は、一応本を持ってきてたんだけど落ち着いて読むような浜の雰囲気でもなく
とりあえず周囲の人々をウォッチング。(けっこう楽しい)
f0319208_23152755.jpg
f0319208_2315378.jpg
f0319208_23154735.jpg
f0319208_23155967.jpg
浜でしばし休憩の後、そろそろ次の目的地に向かいましょう と
帰りは降りてきた階段ではなく 浜の北側の階段から駐輪場所に戻ることにしまーす。
f0319208_23164923.jpg
で、こちらがいろんなサイトでよく見る岩の隙間の階段部分w
f0319208_231712.jpg
人1人が通るのがやっとの幅なので下る人が居れば上りチームは一旦待機
f0319208_23171284.jpg
それと同様に 上るチームが一段落するまで下りチームは入口で待機してるもんだから
ひどい筋肉痛を抱えた私達は、途中で止まりたくても後ろから前からのプレッシャーで
ただひたすら前の人のペースで階段を上り続けなければいけないという地獄の試練・・・・。
ゆえに aiちゃん、この時点でいまだかつて見たことのない渋い表情wwww
f0319208_23173684.jpg
まもなく上に到着なんですが ここですでに抜け殻・・・。
f0319208_23174658.jpg
念のため言っておきますが、普段の私やaiちゃんならこれぐらいの階段は楽勝なんですが
何でこれしきのことでヨレヨレなのかと言えば やはり昨日肉体を酷使しすぎたせいでありまして・・
そんなこんなで私達にとって芋洗い海岸は ただただ前日の後遺症に悩まされた浜でございました。
でも、それはきっと昨日一日に思いっきり遊んだから!という充実感&達成感に
話をすりかえることにして(爆)、この日もこの後 次の目的地に向かいますよーーー!!


※上記はすべて'14年4月の訪問時点での記録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2014-08-20 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/20040216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Klapa Beach Clu... ブラジル食堂の謎を解く @ J... >>