※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< ブラジル食堂の謎を解く @ J...

Beach Club At N... >>
2014年 08月 17日
Novotel Nusadua Bali Hotel & Residences 滞在メモ @ Nusadua (’14年4月)
f0319208_21271471.jpg
ちうわけで、aiちゃん提供の無料宿泊券をありがたーく有意義に使わせていただいた
'14年春バリでのaiちゃんとのブキッバドゥン徘徊前半の2泊3日。2泊させていただいたおかげで
昼間はほとんど外出続きの私達にも時間的な余裕があったのでホテルのビーチクラブも楽しめて
なんかすごーいトクした気分満載の滞在だったんですけど、たとえ昼は外出続きでも
いや、だからこそ 戻ってきた時のお部屋やお風呂の快適さやぐっすり眠れる環境は重要!
その点でもここのお部屋にはとーっても満足だったし、設備が整った大型ホテルゆえに
プール大好きなaiちゃんにとっても朝に夜につかりに行けるパブリックプールの存在は有難い限り。

もちろん、公示料金をまともに払った上で選択するホテルかと問われれば
ファミリー利用でもなくバイクで勝手に外出する私にとっては選択肢にないお宿なのですが
こんな機会がないとここの良さにも気づかなかったと思うし やっぱタダって大きなアドバンテージ。
私達の滞在中には幸い 設備等の不備もなかったんですが もし何か小さな不備があったとしても
「タダやし、ま、これぐらいならいいか~」って大らかな気分になってたと思うわけで(爆)
つまり 今回のお得度ゆえの"贔屓目"も込みの感想になっちゃいますが
この春の個人的ハツモノだったNovotel Nusadua Bali Hotel & Residences
実際に滞在してみて 率直に快適だったので 自分なりの備忘録としてここに残しておきます。





私、ヌサドゥアのゲートを入ってからの いちいちぐるぐる迂回させられる交差点?の仕組と
いきたい場所へはどの道にいけばいいのかなどの方向感覚がいまだにちんぷんかんでして
とりあえず、往路ははぐれないようにバイクでaiちゃんの後をしっかり追いつつ
翌月には日が暮れてからヌサドゥアシアターに自力で来なきゃいかん予定もあったので
どこをどう進めばどこに辿り着くのかをしっかりシュミレーションしながらの道中。
(もちろん、1回で覚えられるわけのない方向音痴のわたしwww)

とりあえず、今回の目的地 ノボテルヌサドゥアに到着~。ロビー、にぎわってます。
f0319208_21304676.jpg
まだお昼前だったのでチェックインは夜になるけど 登録だけ先に済ませておきまーす
f0319208_21303326.jpg
実際にお部屋に入ったのは夜でしたが、昼間の写真があるのでそれを使ってお部屋へご案内~!
私達のお部屋は ロビーから2棟ほど先のエーデルワイス棟#2402 (4階?)
f0319208_21311590.jpg
めっちゃ建物多いから方向音痴の私なので敷地内で迷うこと必須なんですけど
とにかくロビーから部屋のある棟までだけは迷わないようにと集中して覚えましたwww
部屋の扉内側に貼ってあった避難経路図。 私達の棟は青い部分。
f0319208_2134832.jpg
扉開けてすぐ左がクローゼットで右手は広いバスルームだったんですが
奥まで進むと寝室が登場。バスルームとの境目の窓を全開したらすごい開放感
f0319208_2131435.jpg
ちなみに、広い広いバスルーム側から寝室を見るとこんな感じ。
f0319208_21315632.jpg
お隣と目は合えど、バルコニー部分もゆとりの広さ。(灰皿がでっかくて嬉しい!)
f0319208_21321336.jpg
ちなみに、でかい灰皿はaiちゃんが前もってホテルにリクエストしたとか。さすが 私をわかってらっしゃる。
丁度プール越しにレストラン部分が見える位置で、その奥には他の宿泊棟ビュー。

以下は正式にチェックインしたての夜の写真ですが
女2名での利用につき ベッドはハリウッドツイン仕様にしてくれてました~
f0319208_21354073.jpg
このソファーの前方にはテレビがおいてある横長のデスクエリアになってたんですが
(たしか湯沸しとか冷蔵庫とかミニバーも、そのエリアにちゃんとありました)
今 全データを見返してみても なぜかその部分の写真が1枚としてないという詰めの甘い私。

バスルームとの境目の窓を開けてみまーす。(さすがに普段は閉めて使ってまっせ)
f0319208_21361956.jpg
ベイスンを挟んで左手にバスタブ。右手にトイレとシャワーブース(恐怖の体重計完備w)
f0319208_21365116.jpg
バスアメニティはすべて持ち込み品を使ったので何が揃ってたか覚えてません。すいやせん。
もちろん湯量もたっぷりだしバスルームが広くてゆとりがあるのはありがたいんですが
この手の造りにありがちなバスタブからシャワーまでが遠いwww 床びちょびちょになります。
でも、昼間のニャンニャンビーチへの階段地獄などで疲れた足腰を休めるのには
やっぱりたっぷりとお湯をはれるサイズのきれいなバスタブの存在はありがたかったですぅ~。
f0319208_2137691.jpg
そしてテラス・バルコニー部分も 喫煙&お夜食の場所として大変重宝しましたの。
f0319208_21372524.jpg
バルコニーから見下ろしたパブリックプール。 この写真の中に朝っぱらから泳ぎに行ったaiちゃんがいます
f0319208_21375992.jpg
aiちゃんが朝っぱらからプールに繰り出すのはもはや毎度のことですが
あれだけ疲れて帰ってきた初日の夜も 灯りが消されたプールで1時間ほど遊んでおられました。
aiちゃんがプールで疲れた足を冷やしている間、私はもちろん部屋のバスタブで湯治状態。

そして朝。 このプールの向こうに朝食時間から開いてるレストランがありまーす
f0319208_21381450.jpg
無料滞在には毎朝の朝食も含まれていたのですが 私的にはお昼に外食を楽しみたいので
胃袋をあけておくためにも毎度のごとくスキップする気満々。でも、せっかくの機会なので
どんなものがあるかひやかし程度に見に行こうと思って、2日目の朝に朝食会場へ行ってみました。
こちらが 朝6:30から開いている The SQUARE (朝食利用は10:30まで)
f0319208_21384695.jpg
さすがに175室を有する大型ホテルなだけのことはあってビュッフェの料理の種類多め。
f0319208_2139533.jpg
ただし、席数も多ければ会場も広いので、遠いwwww
f0319208_21392264.jpg
ひやかしてコーヒーのむだけのつもりがうっかりワッフルとかお粥とか取ってしまうwww
f0319208_21394116.jpg
一方朝食をしっかり食べる派のaiちゃんは朝からがっつり食べておられました
おかげでこのお昼はお腹すかなかったらしく、ブラジル食堂で私が食べてる横でジュース休憩w

ちなみに、この朝食レストランの会場は禁煙だそうで、食後に一服したい私は
すぐお隣のプールサイドの Blue Barに移動して喫煙タイム
f0319208_2140439.jpg
このエリアは10時からのオープンだそうでこの時はまだバーも準備中
f0319208_21401845.jpg
この後、私達はビーチクラブへと向かったので 他の設備についてはよくわかりませんが
名前の中にホテル&レジデンスとあるように、1~2名用の一般的なホテルの部屋から
家族で利用できる2~3ベッドルームのお部屋やプライベートプール付のお部屋まで
いろいろなタイプの部屋があるようなので それぞれの旅行形態に応じた部屋選びができるし
もちろん館内にはスパも併設で、無料で利用できるキッズクラブもあるとのことだし
ケーキなどを置いてるPause Cafeでは20:30以降は1個買うともう1個ついてくるという
甘党には嬉しいハッピーアワーもやってるみたい。 (食べてないから味はわからんけどw)
ヌサドゥアのゲート内といえど敷地裏口から出入りするとサークルKが近かったりするのも
実際に滞在してみなければわからなかったので いろいろと発見もあって楽しかったです。

でも何よりも、疲れて帰ってきた後に 快適なお部屋でゆっくり風呂に浸かれて
外の風を感じながらバルコニーでゆったりとお夜食タイムと喫煙タイムも満喫できて
その上 ナイスな場所ににビーチクラブまで併設ときたら、もはや文句などございませんっ!
aiちゃんのおかげでこの機会を得たことにとーっても感謝です。ほんと、ありがとねー


Novotel Bali Nusadua Hotel & Residences

ADD : Jl Pantai Mengiat, Nusadua
PHONE : +62 (0)361 848 0555
URL : http://www.novotelnusaduabali.com/
www.novotel.com/gb/hotel-6328-novotel-bali-nusa-dua-hotel-residences/index.shtml
E-MAIL : reservations@novotelnusaduabali.com


※ 上記はすべて'14年4月の滞在時点での記録です ※


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2014-08-17 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/20040202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ブラジル食堂の謎を解く @ J... Beach Club At N... >>