※ 今日の一言 ※ '17年の春バリが始まっているのに1か月以上放置しとりました。ブログはこの春バリの滞在中にダイジェストを逐一UPし、いつものように帰国後に個別で印象深かったことを順次詳細記録する予定です。この春も俺なりに楽しんでおりますぞ★

<< Novotel Nusadua...

Restaurant Budd... >>
2014年 08月 16日
Beach Club At Novotel Nusadua Bali Hotel & Residences @ Nusadua ('14年4月)
f0319208_219406.jpg
"ノボテルヌサドゥアの無料宿泊券が2泊分あるんで、4月の徘徊時にご一緒しませんか~?"と
aiちゃんから嬉しいお誘いメールが届いたのが、毎年恒例のアメリカ出張中だった今年の3月。
このお仕事は毎回私のヘボい語学力でよくもまぁ勤まってるなと 自分自身不思議なんですが
プロジェクトのメンバーも気心知れてて、仕事内容もやり甲斐があって充実している一方で
喫煙に厳しいお国でのスタジオワークなので毎回ニコチン不足のストレスがMAX。
そんな中での aiちゃんからの春バリ中のおでかけ提案は超ありがたい脳内気分転換。
聞けば、とうとうaiちゃんも4月末で日本へ本帰国とのことでこの春バリ中が最後のチャンス。
「行く行くー!到着直後は東部だけど10日には南部に出れるから日程は任せるー!」と即答し
ノボテルへの予約などは全部aiちゃんに丸投げで あれよあれよという間に滞在決定。わーい。
どうせ昼間はバイクで外出続きだろうから お部屋は寝るだけ利用になるに違いないけれど
ここのゲスト用ビーチクラブは、アマヌサのビーチクラブとセントレジスのビーチとの間という
ものすごーーーくいい場所にあるんで「滞在中に宿のビーチクラブには行こうね」と目標設定。

もちろんこのホテルもこのビーチクラブの利用も私には「ハツモノ」だったので
私的春のハツモノ記録は この後 滞在したお部屋などの備忘録に続く予定ですが
まずはこのお宿のうちらー的第一目的でもあったビーチクラブの様子をメモっておきます。





ノボテルヌサドゥアがあるのは内陸側なので、ホテルの敷地そのものは海に面していませんが
ビーチクラブへはロビーから時間制でシャトルが往復しています。(30分おきだったかな?)
f0319208_2113557.jpg
敷地を出て~
f0319208_21141822.jpg
隣はシャングリラの工事中だったかな?(記憶曖昧)を通って~
f0319208_21143012.jpg
キターッ!!
f0319208_21144156.jpg
ビーチクラブへのアプローチは緑もたっぷりで気分アガるわ~(うきうき)
f0319208_2115152.jpg
海の方へ進んで行くと、軽食などもとれる2.28 Beach Clubのダイニング部分があり
ビーチ前に多くのサンデッキ。その端っこにタオルデスクとマリンアクティビティの案内所。
f0319208_21152480.jpg
陣地はどーこーにーしーよーおーかーなー。
f0319208_21153886.jpg
けっこう早い時間帯だったけど最前列はほぼ確保され済み。
f0319208_21155384.jpg
でも、2席並びで空いてたのでそこにお邪魔しま~す
f0319208_21162443.jpg
海に向かって左手の緑のしげみの向こう側はアマヌサのビーチクラブの広い敷地。
f0319208_21163969.jpg
アマヌサのBCは(過去記事その1 / その2) 現時点で私がバリで一番好きなビーチクラブですが
その理由はやっぱりあの 各バレ&サンチェアにおけるゆとりの間隔にリラックス度を感じるわけで
そっちを経験しちゃってるゆえに、立地がお隣でビーチそのもののコンディションは同じでも
ノボテルさんの限られたスペースにびーっしり並んだサンデッキはわちゃわちゃ感を感じてしまう。

でも、それゆえに家族連れさんやカジュアルにビーチを満喫したい人にとっては
スペースとしてはこじんまりしてるけど、そこそこ賑やかで活気がある空間になっているので
こっちの方がビーチに来た気分が味わえるのだとも思うから もうそれは各人の好みの問題。

私個人的にも、こんなに気軽にこのきれいなビーチを堪能できるのは嬉しい限り
f0319208_21183333.jpg
ちなみに すぐ右側はセントレジスのストランドヴィラのある浜に続いてるんですわー。

丁度、ルメドゥで確認したい事があったのと、アイス休憩はグルマンデリで と思ってたので
St.Regisの関所の警備員に「グルマンデリとルメドゥースパに用事あるねん。」と事情を話すと
「ここから行き方わかるの?」と心配されたけど、かつての滞在時に探検した経緯があるので
「大丈夫。知ってる知ってる~!こういってこうやろ??」と話すと 無事に通行許可がでたwww
浜はビラのお客さんの専用サンデッキもあるんで邪魔せぬように遠慮しながら通過しつつ

ビーチからレジスさんへGO GO~!!(ここから余談www)
f0319208_1745692.jpg
で、やってきたのがレジスさん内の Gourmand Deli
f0319208_1751092.jpg
ジェラート狙いなのさ♪ あ、ミニマグナムがある~。(お値段高級w)
f0319208_1753266.jpg
私はグリーンティーで。 前に食べたグリーンティー&ゆずの味がよかったのにゆず味がなくなってる・・・
f0319208_1754518.jpg
ふらふらやってきたビジターなのに、敷地内のこんなお姫様席占領とか・・・。厚かましいぞw
f0319208_1755730.jpg
なめらかさと濃厚さではGayaGustoの方が好みなんだけどここのも勿論おいしゅうございます。
食後は 当初の目的のルメドゥスパへちょっとした確認事項を確認しに行き、そのまま散歩がてら
ノボテルのビーチクラブ方面へと戻りま~す。(写真は全部レジスさん内)
f0319208_1761313.jpg
無事にもと来た場所に到着。 あの空間から戻ってきたらやっぱりわちゃわちゃ感やむなしw
f0319208_1763960.jpg
でもね、一旦サンデッキにねころがって海や空をみてのーんびりしてると ここでも十分気持ちいい!!
f0319208_21165946.jpg
ね?極楽じゃろ~??(たしか、Wi-Fiも無料で繋がったかと・・・@曖昧な記憶で確証なしw)
f0319208_21174536.jpg
この日、午前中からの2時間ちょいの間ホテルのビーチクラブに出かけてたわけですが
結局ビーチでのんびりしてる時間よりもお隣に遊びに行ってた時間の方が長かったかも??
でも、この日は別のビーチにも行く予定だったのでそろそろ外出の準備をしにお部屋に戻りま~す。
ビーチクラブエントランスで無料シャトルを待つ の図
f0319208_2119794.jpg
どこか別の南の島で公共バス待ってるような錯覚で 待ってる間は暑いけどちょっと楽しかったw

海のコンディションとしては シュノーケルにも波遊びにも適しているとはいえない場所だけど
白砂がだだーっと続くこの浜はとっても絵になるからのんびりするにはとてもいいと思います。
ファミリー利用大歓迎の大型ホテルなので ビーチクラブの客層も両隣に比べてにぎやかですが
私達が行った時はほぼ欧米人のお客さんだったのでそこそこリラックスはできました。
っていうか、これだけ気兼ねなく気負いなくカジュアルにこの場所をを利用できるっていうのは
値打ちあるわぁ~&ノボテルヌサドゥアの大きなセールスポイントだなぁ、と素直に実感しました。

ちうわけで、次はノボテルヌサドゥアのお部屋とかレストランとかの備忘録に続きます。


2.28 Beach Club At Novotel Nusadua Bali Hotel & Residences

Seat capacity : 48
Opening hours : 08:00 AM – 10:00 PM
Cuisine Seafood, Italian and International
URL : http://www.novotelnusaduabali.com/eat/2-28-beach-club/#sthash.KpYogv54.dpuf
Contact : fb@novotelnusaduabali.com


※上記はすべて'14年4月の滞在時点での記録です ※


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2014-08-16 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/20040196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Novotel Nusadua... Restaurant Budd... >>