※ 今日の一言 ※ '17年の春バリも全行程を終了し帰国しております。夏は夏で他のおでかけが控えていますが 合間を見てぼちぼちとこの春の個別記録を残していきたいと思っています。

<< de'lu Villa...

Romeos At Ossot... >>
2014年 08月 04日
Apple Villas And Apartments @ Anyar, Kerobokan('14年4月滞在)
f0319208_20453086.jpg
'14年春バリにおける南部で滞在した宿は6箇所。そのうち5箇所は初めて泊まるお宿でした。
4月上旬のaiちゃんとの滞在は「主に無料券利用」という前提があっての選択でしたが
5月中旬の南部滞在ではスミクロあたりでキチネットがついてて5000円未満の宿
という条件で 今まで泊まったことないお宿にチャレンジしてみようと思いまして
何軒か検討した上でいくつか試してみたいから2泊ずつ2軒はしごすることにしましたの。
後半2泊の宿はその時期の行動範囲重視でわりとすんなり決まったので出発前から確保したけど
前半の宿に関しては、aiちゃんとの南部滞在時に実際に見てから決めることにして
2~3軒ピックアップしていたんです。結局その時は事前に1軒しか見に行く時間がなくて
なんかどーでもよくなって 土壇場で見に行ったその1軒に勢いで決めちゃったんですが
イースターホリデーの期間にチャングーの仮称:アジトから2泊3日の呼び出しを受けた時
本来ならばアジトの自分の持ち部屋に泊まるはずが初参加の女子達に部屋を譲ることになり
急遽お宿探し再開。 でも、詳しく検索してる余裕もなかったので 以前検討していた宿の中から
5月の予約をしなかったお宿に空きがあったので急遽滞在することに決定しましてん。
それが 本日記録するApple Villas & Apartments. (アパートメントのカテゴリーね)

急な問い合わせの上での滞在だったし、とりあえず昼間はバイクでいろいろ徘徊して
夜は宴会にでかけてる予定だったこともあってあまり深く考えずにチェックインしたんですが
この時の日程での自分の行動範囲を考えると私にとってはなかなか便利な立地だった上
1泊5000円未満にしては出来過ぎた物件だったので 初見メモを残しておこうと思います。





場所はクロボカン北部のアニャール。Jl.Raya Semar上。
ラヤクロボカンからチャングー方面に行く時に屋根の上の飛行機ポイントを左折したら
そこからJl. Raya Semarという通りになるんですけど このストリートを進んで北上すると
順次ワルンイタリアカフェモカバリブッダの各・クロボカン店、そして お気に入りのLa Libre
などがあって そのまま進むとラヤ・チャングーにつきあたる・・という位置関係になります。
で、このお宿は ワルンイタリアのクロボカン店よりもちょっと手前・左側にあります。
アップル ヴィラズ&アパートメンツ は この看板が目印になりやっす。
f0319208_20461637.jpg
いちお、先述したようにラヤ・セマール上にもいくつか飲み食いするところはあるんですけど
スミクロの繁華街からはわりと距離があるし、チャングーまでもわりと距離ありなので
基本的にはバイクや自家用車など足がある人じゃないと中途半端に感じる立地かと思います。
ただし、この時期の私の予定は、チャングー(しかもわりと北部)のアジト宴会であったり
ラヤチャングーから東側へ進み Jl.Gunung Sanghiang上にある免許更新所で
バイクの免許を更新しにいくことだったりがメインだったし、どうせ自由時間に徘徊する範囲は
Jl.Pantai BerawaやJl.Batu Bolongだったりするので立地としては悪くないんよね。

看板を目印に大通りから敷地への道に入るとこんな感じ。奥に延びてますw
f0319208_20471095.jpg
私が到着したのはチェックイン時間よりずいぶん早い時間だったので
とりあえず荷物置かせてもらおうと思って、掃除しているスタッフに言うと
「受付・チェックインは、通り沿いのレストランなのでそっちで尋ねて~!」ってw
で、レストランに行くとスタッフが お部屋のあるエリアまで案内してくれました
この棟は 1階に2部屋、2階に6部屋だったかな (写真は片側半分の部分です。)
f0319208_20491117.jpg
この棟はこの棟で独立した門があったんですが、隣にはまた別の囲いでの棟がありまして
そこが同じようなつくりになってるのか、あるいはそっちは3ベッドルームとか4ベッドルームの
ヴィラとして独立しているのか その辺は尋ねてもいなけりゃ見てもいないので謎です。
とにかく、このプールはこの棟全体での共有プールになっているようです。

で、チェックイン時間はまだだけど空いてる部屋があるからチェックインできるよと言われ
最初は2階の1ベッドルームアパートメントに通されたのですが、ツインのお部屋だったので
「一人利用なのでベッド1台がいいんだけど・・。」と わがままこいたら
「キングベッドのお部屋は今日チェックアウトする人がいるけど掃除してたら準備が遅くなるんで
1階の2ベッドルームを片方の寝室は鍵かけるから1ベッドルームとして使うのはどう?
料金は予約時のままでいいよ
」と提案されまして、とりあえず1階の広い部屋をみせてもらう。

その2ベッドルームはこのプールの正面。(プールの側面の前全部がその部屋)
f0319208_20495087.jpg
中に入ってみると、まずは広いリビングダイニング。
f0319208_2050383.jpg
2ベッドルームの部屋のキッチンはキチネットどころかフル装備。(食器も一通りあり)
f0319208_20513431.jpg
屋内もWi-Fiはサクサク。リビングのTVはアクオスでNHKプレミアも見れたよ!
f0319208_20523054.jpg
目の前のプールは他の部屋の人誰も使ってないからプライベートプール気分
f0319208_2053125.jpg
このLDK部分の隣が主寝室になってるんですが、寝室の扉をあけてすぐ左手にバスルーム。
f0319208_20532645.jpg
バスタブはありませんが、大きなクローゼットと広いベイスンで明るいバスルームでした。
ただ、お湯シャワーの後はどうしても湯気がこもるし光が入る分温かくなって湿度を感じるので
日中は寝室のエアコンをつけてバスルームの扉は開けっ放しにしておきました。
バスアメニティはたしか石鹸とシャンプー・コンディショナーぐらいはあったような気がしますが
いつも持ち込んているので 備品を使っていなくて、使用感はわかりません。
タオルはバスタオルが2つと足元用のタオルだけはあったようなうっすらとした記憶。
比較的新しい建物のはずなのにバスルームのちょっとしたくたびれ感が気になったのと
シャワーが固定で、外人サイズのめっちゃ高い位置にあったのはチビな私にはハンデでしたが
まぁ 5000円未満(たしかこの時45ドル)の部屋だと思えばゆるせる範囲です。

そして、ベッドルーム (1ベッドルームとして開放してくれた主寝室)
f0319208_20543142.jpg
こっちにもアクオスTVがありましたがなぜか電源が入りませんでしたw
(でも普段バリではTVみないから問題ないです)
f0319208_20545028.jpg
お部屋の設備としては、寝室にもデスクがあると作業ができて便利だなーとは思ったんですが
そもそも一人利用なのでリビングやダイニングのテーブルを使えば済むので問題なし。
副寝室はツインベッドでバスルームありでキッチンの壁の向こう側という位置関係でしたが
鍵をかけて使えないようにしてもらっていたので実際には中を見ていません。

この部屋からはリビングからも主寝室からもプールどぼん可能。
f0319208_20553773.jpg
実際は、早朝にほかの部屋のゲストが朝の運動って感じでプールに入ってたりしたので
起きてカーテン開けたら目が合うというドッキリもありましたが、殆どのゲストがお昼間は
でかけておられるような滞在スタイルだったようで朝以外は誰もプール入ってませんでした。

ドントディスターブの札にはちょっとたどたどしいフォントの日本語表記も。
f0319208_2056618.jpg
夜のお部屋も暗すぎず落ち着いた雰囲気で過ごしやすかったです。
f0319208_20562258.jpg
通りからすぐ入れる位置なんですが奥に長く、お部屋は通りからは離れてるのでとても静か。
f0319208_20563481.jpg
実は、最初に荷物をおきにいってからエコービーチ方面にでかけていて
なんやかんや用事を済ませて、一旦Rちゃんを後ろに乗せて正式チェックインに行ったんですが
その時に 本来泊まるはずだった1bedroom Apartment(2階のお部屋)も見せてもらったんです。
正直、一人利用なのであまり広いリビングスペースよりも狭いほうがおちつく性分につき
この時はもともとプールに入るつもりがなかったことを考えると 2階の方でも十分だと思い
「こっちの リビングダイニングが狭いほうの部屋で十分なんだけどなー」って言うと
(むしろ 何でも手の届く所にある造りの方がズボラな私には使いやすい空間ww)
スタッフに「なんで、狭い方を選ぼうとするの?信じられない~!」と本気で驚かれたので
「じゃー、せっかくのご厚意なんで広いほう(2BDRMの1部屋貸し)でお願いします」って
そういう経緯で 最終的にUG状態で広いお部屋を選ばせてもらったわけですが

こちらが もともと予約していたタイプのお部屋のダイニングキッチン部分。
f0319208_20565180.jpg
その同じ部屋の片側はリビング空間。 ね、一人利用ならこれだけで十分でしょ?
f0319208_20571285.jpg
ちなみに、写真は残ってないけど、奥に寝室とバスルームがあって その設備・備品などは
窓に面していないってのとちょっと狭いってだけで 実際に私が泊まった部屋と同じような感じ。

お掃除スタッフはたいてい敷地内のどこかにいるし毎日お掃除に入ってくれるし
何か質問や車の手配など滞在上の相談事があったら力になってくれるだろうし
ルームサービスも併設の通り沿いのレストランからオーダーできるのですが
料金的にも、至れりつくせりなホテルサービスというよりも、きさくな管理人さんのいる
ウィークリーマンションとかに滞在してるような感じで過ごすアコモデーションかと思います。

宿代に無料でついてる朝食は 車道沿いに併設のLITTLE KITCHEN Bakery&Coffee
f0319208_20573268.jpg
多分、朝食もルームサービスにできると思うんですが この機会に試しに覗いてみました。
f0319208_20574961.jpg
免許更新に行く前、コンチネンタルブレックファーストをチョイスしてみました。
f0319208_2058330.jpg
ベーカリーなのでパンはそこそこ美味しいです。そこそこ・・と上から目線なのは
私はパンについてはハッキリとした好みがある上、南部という場所柄を考えての評価なんですが
これが田舎(つまり、本拠地アメッドw)の宿で朝食に出てきたらものすごく喜ぶレベルです。
とりあえず、バリでスタンダードなくさいペラペラの食パンじゃないってのは嬉しいわぁ~。

とにかく個人的には 新しくて快適なお部屋で 細かい点はいろいろあれど設備も十分で
コストパフォーマンス的にもとっても満足したので、またこの付近に予定がある時などは
リピあり☆かと思います。ただし、今後大幅値上げしちゃったら考え直しますwwww

では次もハツモノ記録・南部の宿編。として スミクロエリアで5000円未満でキチネット付
という条件のもと 5月の南部滞在で前半の3泊を過ごしたお宿の備忘録を・・・・。


Apple Villas & Apartments

ADD : Jalan Raya Semer No.333B, Br Anyar Kaja, Kerobokan
PHONE : +62 (0)361 8570880
URL : http://www.applebalivilla.com/
E-MAIL : info@applebalivilla.com


※ 上記はすべて'14年4月の滞在時点での記録です ※


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2014-08-04 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/19959712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< de'lu Villa... Romeos At Ossot... >>