※ 今日の一言 ※ '17年の春バリが始まっているのに1か月以上放置しとりました。ブログはこの春バリの滞在中にダイジェストを逐一UPし、いつものように帰国後に個別で印象深かったことを順次詳細記録する予定です。この春も俺なりに楽しんでおりますぞ★

<< Safka Restauran...

Smiling Buddah@... >>
2014年 03月 28日
The Terrace At The Griya @ Bunutan, Amed ('13年9&10月編)
f0319208_1919762.jpg
東の海岸線に位置するアメッドエリアは、朝陽ウォッチングには適していても
南西部のようなサンセットビューには恵まれておりません。とはいっても、Jemelukの丘からは
アグン山の向こうに沈んでいく太陽と、日没後の空や海の色を愛でることはできるので
地域内夕景のベストポイントとしては Jemelukの浜を見下ろす高台をおススメしますが
そこはまだ現時点で広場なので誰でもタダでのんびりできる空間にはなってるものの
例えばカフェで高台から夕景を見ながら飲んだり食べたりしながら座って過ごしたい時は、
今まではWaeni's(代表でこの過去記事参照ね。)ぐらいしか適所がなかったんです。
(高台からのビューではなく 浜辺からの場合は トカンセあたりのアグン山が見える位置の浜沿いのカフェやワルンの
ビーチ席からなら山と海と空のコントラストを楽しめるかもしれませんが その点は今後の個人的調査課題w)


ところが '12年年末にオープンしたThe Griya Villas & SpaSafka Restaurant
ルーフトップにある"Terrace”は、リゾート気分が味わえる空間になっていて
変わってゆく空の色や海の色や村の灯りなどが見渡せる位置にあるので
田舎暮らしの中の気分転換に訪れるのにとってもイイんです。
アグン山は山頂部分がちょろっと見えるだけで、夕方の山と海のコントラストは見れないので
Jemelukの丘からの夕景この過去記事の最後の写真ね)にはかなわないけれど
'13年春の滞在時に引き続き この秋もその時間帯を何度もここで過ごしたので
本日は '13年9&10月版 "Terrace" での夕暮れ時のちょいと1杯記録です。





※ まずは恒例のアルツ防止用自分メモ。過去記事の復習でございます ※
オープン前・ヴィラ建築中の見学 ⇒ '10年5月編 / '12年5月
オープン後・'13年春時点での 設備見学編 // レストランでの飲食の記録などは⇒こちら
f0319208_19274548.jpg
この秋 16時~19時はカクテルタイムとのことで、一部対象外のカクテルはございますが
一般的なカクテルはこの時間帯なら一律6万ルピアで飲めると聞いて、どうせ2万ルピアの
スイカジュースか3万5千ルピアのスカッシュを飲む私にはかんけーないんですけど
空が綺麗な日には1人でもふらふらとでかけてここで夕刻を過ごすことが多かったので
お酒をたしなむまじかるさんやmeroさんが来られる時に是非お連れしたいと目論んだこの秋
(※追記※ このサービスは'14年秋時点では もうやっていない様子でした)
f0319208_19214459.jpg
もちろん、目指すはルーフトップのエリアです。
f0319208_19222561.jpg
ぐるりと海を見渡します。(ちょっと建物邪魔な方角もありw)
f0319208_1927273.jpg
こちらは 9月後半。まじかるさんと乾杯~♪ 
f0319208_19232845.jpg
その2日後、またまたまじかるさんと再訪して乾杯~♪
f0319208_1927463.jpg
10月前半。aiちゃんと乾杯~♪
f0319208_19244874.jpg
aiちゃんの前にはAKM嬢もいるよ~♪
f0319208_1925716.jpg
その翌日。この日は昼間から来てて、夕方にはaiちゃんとうちのおっさんと3人で乾杯~♪
f0319208_19254018.jpg
 10月後半。meroさんと乾杯~♪
f0319208_19285255.jpg
meroさんと私の席のお隣りにはマダムK様&703さんもいるよ~
f0319208_19261594.jpg
春バリで来た時はもちろん、9月の時点ではあまりゲストもいなくてほぼ貸切状態だったけど
月日がたつにつれて ヴィラの方も含めてお客さんが増えてました。
f0319208_19255233.jpg
太陽は山の向こうに沈んでいくので 太陽が見えなくなってからもしばらく周囲は明るいのですが
そこから一刻一刻と夜の色に変わっていく様子を見るのがここでの醍醐味。
f0319208_2074132.jpg
てっぺんだけ見えるアグン山の方向。最初は白かった雲が・・・・
f0319208_19301632.jpg
日没後の光の反射を受けるころになると・・・・
f0319208_19293420.jpg
だんだん鮮やかな色に変わるんです。
f0319208_1930515.jpg
その頃、正面はこんな感じで うっすらと雲は色づいてるけどまだまだ海の色は青。
f0319208_1930361.jpg
やがて、アグン山側の空が紫に変わる頃には・・・・
f0319208_19323966.jpg
反対側(南東方面)の空も、光の反射でピンクに染まっててきれい。
f0319208_1933692.jpg
さっき鮮やかだったアグン山方向の雲の色も少しずつ色がおちついていき・・・
f0319208_19332380.jpg
やがて一番星が見える頃には 周囲にも灯りがともりはじめます。
f0319208_20103218.jpg
だんだん夜の空の色に変わってゆくよー
f0319208_1929592.jpg
そうすると、まもなくこのルーフトップもライトアップされて・・・・
f0319208_19311328.jpg
雰囲気も一変。とーってもムーディーになるんです。きゃ★
f0319208_19315797.jpg
日が暮れてから夜風を受けての一杯もとってもいい感じ❤
f0319208_2094226.jpg
現在このルーフトップテラスはお昼も営業しているようです。
私が行くのは、直射日光を避けた夕方から日没時間にかけてが多かったんですが
どこかで夕食をした後にこちらに飲みなおしにくるというパターンもいいんじゃないかと思います。
もうすぐ、同じThe Griya内の屋内部分に別のバースペースができるようなので
もし次に行った時にそっちができてたら、夕食後は新しい方にも行ってみたいんですが
今年の春バリでも アメッド滞在中は間違いなくここに週1以上のペースで通うんだろうな~

では、次はこの"Terrace”の階下にあるSafka Restaurantでのランチやディナーの様子を・・・・


SAFKA RESTAURANT & TERRACE
The Griya Villas And Spa

ADD : Bunutan Village, Amed
TEL. : +62 363 23571
URL : http://www.thegriya.com/


※ 上記はすべて '13年9月&10月の訪問時の記録です ※

★後日追記★ '14年の春と秋の記録は ルーフトップバーからの夕景を中心に
レストラン利用やまたまた2BDRMを見学した様子なども含めてまとめて⇒こちら でどうぞ!

'15年春の 併設スパ&サウナ利用の記録は⇒こちら 、レストランやバーの記録は⇒こちら で!
続いて、'15年秋のルーフトップからの夕景とレストランでの朝食の様子は ⇒ こちら で!



[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2014-03-28 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/19390585
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Safka Restauran... Smiling Buddah@... >>