※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< Fuzion Cafeで トリ...

2度あることは3度ある@Tow... >>
2014年 02月 26日
Plataran Ubud をみてみる@ Pengosekan, Ubud ('13年10月)
f0319208_18373.jpg
'13年9月。テガルサリのタワー#34に滞在中、すぐ近くでPlataran Ubudの看板が目に入り
「どっかできいた名前・・。きっとボロブドゥールにあるホテルの姉妹店だわ」と察知。
春にクロボカン方面をふらふらしてたときにプラタラン・バリの看板はみた記憶があるんだけど
ウブドにもできたのね~なんて思いながらも9月の滞在中は予定がいっぱいで立ち寄ることもなく
それでも、なんとなーく気にはかけてたんです。同じ通り上にアラヤが出来たときは
「えー?この場所にその雰囲気、いるかー?」って感じでこれっぽっちも興味わかなかったのに
なぜプラタランなら気になるのか・・・・それは プラタラン・ボロブドゥールの存在ゆえwww
いえ、そのホテルには行ったことはないんですけど(笑) meroさんとのアマンジヲ滞在の際
ボロブドゥールでどこに外食に行くかとかちょっとだけ調べた時にチェックしてたんっすわ。

でね、あの時は「アマンのはしご」が目的だったから滞在はジヲに決定してたんですけど
もしもボロブドゥール観光がメインの目的だった場合、どこに泊まるか検討したとしたら
マノハラはその立地的には完璧で料金も高くないけどお部屋に全然ときめきがない。
バックパッカー用のロスメンは多々あれど、せっかく遠くまでいくのだからそーゆーのじゃなく
高原リゾートっぽい雰囲気も味わいたい。かといって ジヲ様は現時点で私がインドネシアで
一番好きなホテルだと思う程気に入ってるけど 高すぎるのでそう簡単には選択できない。
そんな中、プラタラン・ボロブドゥールができたことで 素敵な高原リゾート気分も味わえて
料金もバカ高くはなくて わー嬉しい選択肢ができてる~♪ と思ったホテルだったんです。
そんなこんなでプラタランという名前には敏感に反応しつつもウブド滞在時期が過ぎ
アメッドに戻ってから、10月後半に渡バリが決まったmeroさんへ「ボロブにあったプラタランが
ウブドにもできてたよ」と報告すると 「ウブドの宿、まだ決めてないんよね。どんなだった?」と
やっぱりボロブのプラタラン開業の好印象はmeroさんの記憶にも新しかったようで
「まだウブドは新しくて設備も揃ってないと思うから今回の滞在には時期早尚かと思うけど
今後の参考も兼ねて約2週間後のウブド行きの時に時間があったらみてくるわ~」
のやりとりを経て、10/8からのウブド滞在期間中に飛び込みで見学してみました。
ちうわけで、本日はPlataran Ubud (公式サイト)のソフトオープンの様子をメモっておきます。





この時点でまだまだ敷地奥の方は工事中で(しかもその奥のエリアがここの醍醐味!)
もうあれからかなりの月日が経っているので現在はその部分も完成していそうなんですが
写真や感想などは'13年10月の見学時時点のものですのでその点、ご了承下さいまし。

場所ははハヌマン通りを南下したプンゴセカン。カキアンとかの並び(駐車場はもっと南から)
f0319208_185546.jpg
入口はまだ工事の人がいるし、ロビーもしーんと静まり返ってて入るのに勇気がいったけど
一旦入ってしまえばスタッフがものすごーーく親切で(かといって押し付けがましくなく穏やか)
飲み込みヶ早く話も早いしもうそれだけでかなり高評価だったんですけど
案内係さんのあとについて、敷地内見学スタートです(これはロビー側を振り返った写真)
f0319208_193326.jpg
まずは、右手にたんぼを横目に細長い通路を奥へ奥へと進みます
f0319208_110312.jpg
上の写真はロビーからまもなくの位置なんですが、左手に見える1戸建ての屋根が
プランジプールスイートのお部屋。ここはこの時点で稼動していました。
門を入ったらすぐにプランジプールが目に入ってきます。 ちっちゃwww
f0319208_1101826.jpg
お部屋の扉をあけるとベッド登場。
f0319208_1103534.jpg
あまり詳しくはチェックしてないけど一通りの設備は揃ってたと思います
f0319208_1105038.jpg
明るいバスルーム。コンパクトにまとまってます
f0319208_111240.jpg
ロビーから近いので、外出が多い人には便利な位置ではありますが
個人的には滞在のシュミレーションをしたら特に決め手に欠けたのでとっとと先に進みますwww

一戸建てのスイートのお部屋が並ぶ敷地通路の田んぼ側にはジムもありまして・・・・
f0319208_111289.jpg
その隣に1つめのプールがありました。
f0319208_1114289.jpg
テガルサリからの田んぼを見慣れちゃうと奥行きが狭く感じるけど、一応田んぼビュー。
f0319208_1133692.jpg
田んぼの中にはロマンティックディナー用のテーブルもございました
f0319208_1141791.jpg
そのプールの少し奥に3階建ての宿泊棟が現れます。
f0319208_1143710.jpg
この棟のお部屋を見学です。
f0319208_114513.jpg
カテゴリーはスーペリアかデラックスか忘れちゃいましたが部屋番号は#1203
ホテルタイプの新しい宿によくあるタイプのお部屋なので特筆すべきことはないですが・・・・
f0319208_18373.jpg
まどから田んぼビュー、下にプールビューなのが目に嬉しいんですよね。
ただし、バルコニーやテラスはなく、窓も開かないので外の風を感じることができません。

お部屋の設備は、この価格帯の宿だったら当然のものは揃ってます。
f0319208_1183578.jpg
コンパクトなバスルームにはバスタブもございます。
f0319208_1184735.jpg
バスルームからガラス越しに外のたんぼもチョットだけだけど見えたりします。
f0319208_11976.jpg
ソフトオープンの期間だったのでウォークインならこの金額にできますよ・・と
提示された金額がなかなかお得な価格なのでちょっと心揺らいだんですが
こういう造りの部屋は他のエリアならいっぱいあるから決め手にかけるかな?と
ここの良さは理解しながらもこの時点ではいまいち乗り気でなかった私なんですがーーー

このホテルの醍醐味は、更にこの奥の 当時まだ工事中のエリアにございまして・・・・
さっき見学した棟の向こう側に、更に宿泊棟らしき建物が出現。
f0319208_1194399.jpg
尋ねてないので真相はわからないけど、このフロアーがおいおいラウンジとかになるのかな?
・・・とかなんとか思いながら、建物の向こう側に抜けてみたら なんとそこには・・・!!

森の中のプールと入口からは想像できないぐらいのスペースが広がっておりました・・・。
f0319208_1201855.jpg
振り返ると、この棟の部屋ならバルコニーもあるぞー!と気づく。
f0319208_1195747.jpg
ここ、郊外じゃなくて 近頃では色々と便利なプンゴセカンなんですけどwww
テガルやグリーンフィールドやカキアンなど、この近くの宿ではよくやってるウブド内の
送迎サービスとかがあるのかどうかは聞いてないんでわからないんですが
この立地に居ながらにしてこの静寂と視界の緑の量を思うと、この時はまだ工事中でしたが
この一番奥の棟のお部屋は個人的にとっても興味あり!です
ウェブサイトのデラックスルームの写真を見ると、2種類写真がでてくるんだけど
1つは狭目とはいえバルコニーがついてる!で、そこからのビューはあの、森のプールっしょ?
参考までに、ウェブサイト上のこのエリアの写真の一部。
f0319208_227277.jpg
いやぁー、今度こっちの宿泊棟と部屋が出来たときにまた見に行きたいなー、って思います。

この後、レセプションの2階にあるレストランとかも案内していただいたんですが
心は奥のエリアにロックオン。エントランスのある位置よりもっと南に駐車場への誘導口があるので
限られたスペースの細長い敷地にむりやり建てて眺めに期待できない宿かな?と思ってたけど
奥に進むにしたがってあんなことになってたなんて! その驚きにちょっと興奮★でした。


Plataran Ubud

ADD : Jl. Hanoman Pengosekan , Ubud,
TEL : +62 (0)361 978 360
URL : plataran.com/area/ubud
E-MAIL : reservation@plataranubud.com


※上記は'13年10月の見学時の備忘録です。今はもっと出来上がってると思います※


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2014-02-26 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/19367403
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Fuzion Cafeで トリ... 2度あることは3度ある@Tow... >>