※ 今日の一言 ※ '17年の春バリも全行程を終了し帰国しております。夏は夏で他のおでかけが控えていますが 合間を見てぼちぼちとこの春の個別記録を残していきたいと思っています。

<< Made Warung Mak...

Hidden Valley R... >>
2014年 01月 27日
Hidden Valley Resort 朝食や設備編 @Pecatu, Uluwatu ('13年9月末~10月頭)
f0319208_204927100.jpg
ちうわけで、私達のBukit Badung徘徊の拠点となったHidden Valley Resort (公式サイト)
お部屋編に続いては 朝食及びレストラン・プール・スパなどパブリックエリアのことを・・・。

私達はこのお宿を 勝手に「保養所」と呼んでたんですが、周囲に何もなさそうな立地といい
その安さといい 見た目の福利厚生施設っぽい感じといい、まさに郊外の保養所気分。
旅行者向きというよりも 在住さんや長期滞在者の休暇時向きという気がしなくもないけど
スタッフもちゃんとしてるし、非常にコスパが良く、設備もひととおりちゃんと揃ってて
私達のこのエリアへの滞在目的やバイク持込などのこの時の個人的状況などを考えると
当日は宿選びで右往左往したけど 最終的にここを選んで正解だったな、と高評価なんです。




場所は、プチャトゥのJl.Raya Uluwatu通りから宿の看板のある道を北へ曲がりしばらく進んだ所。
広範囲に渡って長い長いラヤウルワツ通りですが、ジンバランからいく場合の目安としては
ニュークタのゴルフ場方面へ曲がる広い道を横目に過ぎてパダンパダン方面へ曲がる道までの間。
南側にアリラウルワツへの案内のサインがでてる場所よりも少し西の北側です。

この看板を曲がって、その後は道中の目印の案内に従って進むだけ。
f0319208_205051.jpg
えー?ほんまにこんなとこにホテルがあるの??と不安になりながら森の中を進み
セキュリティゲートを超えて左に進むと レセプション&レストラン出現!
f0319208_20525188.jpg
飛び込みなので 空室&料金照会してビルディング棟の2階と1階のお部屋を
それぞれ見て最終的に#109に決めたので ここで晴れてウェルカムドリンク登場。
f0319208_20544323.jpg
ロビーフロアーにもバーカウンターがあってラウンジ的に使えるようになってまして
私達の滞在時はお客さんの数が少なかったので、朝食などは2階のレストランは使わず
ロビーフロアの奥の方のテーブル席のエリアが朝食用レストランになっていました。
ちなみに 2階のレストランは敷地が見渡せてとても気持ちいい眺め!
f0319208_20573949.jpg
稼動状況によって朝食はBuffetの時もあるようで、2階にはBuffet用の器材がありましたが
私達の滞在時は お部屋代にコンプの朝食はアラカルトメニューになってました。
f0319208_2132788.jpg
実際の朝食時の様子。 (私は3日目はコーヒーだけしか飲まず)
f0319208_20571684.jpg
朝食のクオリティに関してはバリ内でもよくある中級宿レベルで特筆すべきことナシ。
ブブールの米粒が小さくてクスクス食べてるみたいだったのには「ん?」でしたが
この料金で、この環境で、スタッフ達も感じイイので ぜんぜん許容範囲です。
でももともとバリのローカルパンが苦手だし、朝からミゴレンの気分でもなかったので
3日目の朝食はコーヒーだけもらってメインプールサイドでaiちゃんを見守りながら飲みました。
ランチや夕食はここで食べてないので お味などに関しては不明っす。
ロビーの隅っこやロビー内のソファースペースのテーブルに灰皿がおいてあったりするので
灰皿置いてる場所では喫煙可能だそうです。(プール、スパ、お部屋は禁煙よ)

このロビー&レストランと VIPスイート2部屋の間に、浅めのプール。子供用かな?
f0319208_2059771.jpg
レストランと2階建てビルディングの客室棟の間に もういっちょプール。
f0319208_20595048.jpg
そして ビルディング棟に平行して メインプール。がっつり泳げます。
f0319208_2102570.jpg
山っちゅーか森の中なんですけど夜でも敷地内は明るめで おどろおどろしさ一切ナシ。
f0319208_2135057.jpg
aiちゃんなんて夜遅くまで(プールの電気消されても)泳いでたしwwww
f0319208_2145280.jpg
aiちゃんは次の朝も朝食前にプールで泳いでたし・・・
f0319208_21234530.jpg
プールより奥のエリアは広々とした芝生が広がってて お庭のバレもありまーす。
f0319208_217413.jpg
これは、ビルディング棟の踊り場のところから見た 海側の写真なんですが・・・・
f0319208_2171813.jpg
バレの向こう側に トラディショナルスタイルのコテージの屋根がいくつか見えます。
そのコテージ群も ここHidden Valley Resortの一角で、'13年9月末時点ではまだ建築中。
f0319208_212535100.jpg
そして、芝生エリアの一番奥には スパやプレイルームの棟
f0319208_2110478.jpg
中に入ってみましょー!
f0319208_2111710.jpg
これを卓球台と考えれば まさに福利厚生の保養所気分!
f0319208_21113048.jpg
隣はSerenity Spaになっておりまして
f0319208_2111556.jpg
滞在当時、お客さんが少なかったからなのか、どの部門?もプロモーション価格連発で
宿泊料金が安かったのはもちろん、レストランもかなりの割引料金を提示していたし
スパもすべて半額とのこと。 じゃ、クリームバスでもやっておこう!の気分。
もともとの金額が13万ルピアだったからその半額で65,000ルピアだもの。やっとくでしょ?

ただし、セラピストが1人しか準備できなかったようで 朝9時から私、10時からaiちゃんで予約。
aiちゃんがプールで遊んでから朝食を食べてる間に 私はスパへ向かいます。
f0319208_21113044.jpg
え?トリートメント終わった後でなくいきなりお茶タイムでっか?
f0319208_21121396.jpg
こちらが、サロンになってるお部屋
f0319208_21141588.jpg
クリームバスのトリートメント中なり~
f0319208_21133792.jpg
クリームバスといってもヘッドマッサージは軽めでトリートメント重視って感じかな?
でも腕や首や肩まで軽くほぐしてくれるのでリフレッシュできたと思います。
さ、aiちゃんと交代ですよー。 (ほんとは私が終わってもaiちゃんまだ朝食食べてたw)
f0319208_2115548.jpg
お天気にも恵まれて、朝から気持ちいいんですけどー!
f0319208_21163464.jpg
初日、夕方4時にチェックインしてその日は夕食でヌサドゥアまで出かけ
私のバイクの後輪パンクゆえにバイクをコンビニに置き去りにして2人乗りで夜遅くに帰還。
2日目は遅めに起きたけど朝11時にはまた2人乗りででかけ 置き去りバイクを修理に出し
そのままSemaraのビーチクラブに行った夕暮れ時はSulubanで過ごしたり
適当に入ったワルンで夕食を食べてから 結局宿に戻ってきたのが夜8時頃。
ちなみにその時間からaiちゃんはプールで遊びはじめるという・・・元気すぎwww
3日目は11時半頃にチェックアウトするまでに プール遊びやクリームバスのトリートメント。
あれ?寝るだけの宿だったつもりが回想してみると うちらーこの宿をけっこう満喫してたわ!

私達は今回バイク持込で足が確保されてたから ここの立地の不便さはあまり感じず
逆に、パダンパダンやウルワツ方面に行くにもバランガン方面に行くにも
ウンガサン方面にいくにもなかなか足回りのいい位置なんじゃないかと見直したぐらい。
ただ、宿までの道はちょっと歩いたらいろいろある・・というような場所でもなく
大通りから宿までの山道?は 家屋はあれど人影なさすぎて夜はかなり怖いし
もしも1人滞在だったら この時の私の場合はこのエリアに慣れてないこともあって
いくらバイク移動だからといっても大通りから夜道をここまで帰るのは躊躇したかも?
(大通りから山道?に入ると、途中に大きな家が建ってたんですが、その家の外壁の上に
等間隔にともっていたランプが道なりに外灯代わりになってとっても助かりました!)


ちなみに、私達は利用の必要がなかったので 詳しくは読んでいないけれど
各ビーチやこの界隈の主要観光地などへ時刻制のシャトルバスの案内などもあり
立地のマイナスポイントを補うサービスが用意されていたことに企業努力も感じました。
今後もウルワツ・ウンガサン方面は探検する気満々なので そんな時のリピート、ありです!


Sublime Hidden Valley Resort (滞在当時は Hidden Valley Resort)

ADD : Jl.Nabor 29, Pecatu - Uluwatu
PHONE : +62.(0)361.847.1117
WEB SITE : http://www.hiddenvalleyresortbali.com/



※ 上記はすべて'13年9月末~10月頭の滞在時の記録です ※


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2014-01-27 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/19314808
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Made Warung Mak... Hidden Valley R... >>