※ 今日の一言 ※ '17年の春バリが始まっているのに1か月以上放置しとりました。ブログはこの春バリの滞在中にダイジェストを逐一UPし、いつものように帰国後に個別で印象深かったことを順次詳細記録する予定です。この春も俺なりに楽しんでおりますぞ★

<< Darmada / Warun...

Alam Zempol でお土... >>
2014年 01月 13日
Darmada / Room Krisna と他のカテゴリー編 @ Tabola, Sidemen ('13年10月)
f0319208_14593452.jpg
カランガセムのおなじみのネタが4つ続いたので ここいらで'13年秋ならではの思い出記録を・・・。
つか、ここも'13年春バリから(むしろその1年前の'12年春・Sadus Tiles訪問時から)からの
持ち越し物件と言うべきなのでしょうが、あれ以来 夫婦揃って行けるタイミングの時に限って
お宿が満室続きだったこともあって 結局は泊まる機会を失ったまま日々が過ぎておりましてん。

ところが、'13年秋バリも終盤の10月後半。かけこみセーフで滞在が重なったマダムK様が
アメッドに到着するなり「タイチョ、一緒にシデメンに泊まりにいこうよ~」と誘惑してきやがったぞw
マダムK様のSidemen行きの第一目的は Akikoさんに手相をみていただきたいとのことで
「宿代はマダムが持つけどどこに泊まるかはタイチョにまかせる~!」と丸投げされてしまった!
まるまるおごっていただくのは恐縮なので 往復のカーチャーター代は私が持つことで交渉成立。
(結局、ガルンガン翌日で運転手がつかまらずうちの車でセニョが運転していったのでチャーター代かからずw)

第一希望のSurya Shanti (サイト)に電話したら「予約係が帰っちゃったから明日またかけて。」だと。
どっちにしろ私達の希望するカテゴリーの部屋は埋まっちゃってたみたいなので
ふと 思い出して Darmada (サイト)に 空室問い合わせをしたら 空きがあるってよー!
しかも「青い部屋と赤い部屋とどっちがいい??」って選択の余地もあったので で即決。

可愛いセメントタイル屋さんが経営する可愛くて自然の恵みたっぷりのお宿 ダルマダ・バリ
今回は 滞在した青いお部屋のKrisna新棟のファミリーコテージの記録です。





オープン当時からある4つのお部屋は 赤が2部屋と青が2部屋。赤は赤で 青は青で
それぞれ独立した別棟になっていてそれぞれのカラーリングの棟に2部屋ずつ並んでます

私とマダムが予約したのは青いお部屋で 通路から手前の方のお部屋でした
f0319208_14565991.jpg
長屋状態で屋根が繋がってるお隣は Shiva という名前のお部屋だそうです。
お隣りとは配置がシンメトリーになってるだけでお部屋の備品、設備などは同じとのこと。

じゃ、うちらーのお部屋@ Krisna に入ってみましょー
f0319208_15353549.jpg
まずは ベッドがどどーん。チェックイン早々 昼寝してるマダムwwwww
f0319208_1535340.jpg
ベッドの前に大きなクローゼット。奥は半屋外のバスルームに繋がってます。
f0319208_1542045.jpg
気候的に涼しいエリアなのでお部屋にエアコンはないけど全然暑くありません。
もちろんお部屋に冷蔵庫もないですけど、自然どっぷりの田舎なのでそれはそれでアリかな、と。

バスルーム。シャワーオンリーですがこの時期は快適に使えました。
f0319208_1571855.jpg
ただし、ドゥダルーの季節はこわいなー。きっと虫だらけになっちゃうだろうなーと予感。

寝室とバスルームは竹製の引き戸で閉めきることができるのでトイレに扉がなくとも大丈夫~
f0319208_1575462.jpg
バスルームの奥の壁が竹垣なんですが、ドアがついてたので開けてみるとその奥に裏テラスが登場!
その前には川が流れててテーブルセットが置いてあって、ちょっとした寛ぎ場所になってるんです
f0319208_15105061.jpg
お部屋までの通路上、横から見たらこんな感じ @裏庭テラス
f0319208_1511666.jpg
チェックインした日がガルンガン翌日で 運転手が確保できず急遽旦那が運転して来たんですが
もともとおっさんもここに泊まりたがってたので「帰ってまた迎えに来るの面倒だから俺も泊まる」
と言い出しやがった!「女部屋はマダムのおごりなんで自分の追加分は自分で払えよ!」と念を押して
空いてる部屋があったらおっさん用におさえようと思ったんだけど、残念ながら4部屋とも埋まってたw
で、新しく稼動しているファミリー用のコテージがあるからそっちを見てみる??といわれて
見に行ったけど 私としては絶対青い部屋の方が好きだから私はマダムと青い部屋に泊まりたい。
かといっておっさん1人のためにそのコテージをおさえたところで、うちらの部屋から遠いんで
いろいろめんどくせーな・・と思ってたら おっさん、「青い部屋のテラスで寝る」といいだした。
スタッフが「エクストラベッドとして裏庭テラスのところにシングルベッドと蚊帳を設置してあげるー!」
と言ってくれて おもしろがったおっさん、即決。 で、こんな風になったwwwww
f0319208_15132160.jpg
一方、女子の寝室はこんな感じ。
f0319208_1517639.jpg
すげー可愛くね??
f0319208_15173818.jpg
バスルーム側からみた寝室。
f0319208_15193793.jpg
屋根が隣とつながってるんで、お隣の物音等きこえます。
しかし、裏テラスで寝てたおっさんには隣の音よりも目の前の川の音がうるさかったらしいwww
あれー?寝室には川の音なんて全然聞こえなかったじょ~。

敷地内レストランの横に大きな川があって、今回は乾季終盤だったこともあり水量は少なめで
大きな石がころがった河原状態になってたんですが、このお部屋の裏手にある小川も
雨季には蛍が見れる環境なんじゃないかと思います。そしたら裏のテラスで蛍鑑賞できるネ!

この大自然の中でのシンプルな設備がここでの醍醐味だと思うので
エアコンがなかったり部屋に冷蔵庫がなかったりバスタブがなかったりすることぐらいは問題なし!
ただ、蟻や虫は多いので季節によっては厳しいというか 覚悟が必要かと思います
それでもこの ちょっとコロニアルな雰囲気の建物やインテリアが可愛いから気分上がりっぱなしで
テラスのチェアのありんことか、夜中にガラスにぶつかって朝みたらひっくりかえってる
カブトムシだかカナブンだかとにかく殻の固い昆虫とかも全然気にならなかったのは
わしが普段東のはしっこのドリフ生活で蟻にも虫にも慣れてるからなのでしょーか??!!
(それでも ドゥダルーは大嫌いなのでドゥダルーの季節は私でも無理ですっ!!!)

こちらは 表テラス (うちらのテラスは散らかってるのでお隣のShivaを撮影)
f0319208_1518320.jpg
お隣さんは夜遅いチェックインだったのでチェックイン前にお部屋みせてもらいました。
たしかに、うちらーのお部屋と配置がシンメトリーなだけで全部同じです。
f0319208_15202651.jpg
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ちなみに、通路を挟んで逆側が ピンクというか赤いお部屋(Shakti と Laksmi )の棟
f0319208_15205757.jpg
こっちは連泊されてた2組のゲストがおられたので実際に中は拝見できず。
レストランに写真があったので赤いお部屋の写真もみせていただいたところ
赤い方が女子っぽいんですが 個人的には青い部屋の方が好きだったりします。えへ。
(★追記★'14年9月お茶休憩した時に赤い方の部屋の内部も見せてもらいました。⇒ こちらへ)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そのエリアからお庭を通ってレストランを越えた敷地の奥に3棟の独立したコテージができてまして
こちらはロフトがあってファミリー向け。4人で泊まれるような造りになっております。
各お部屋、柱が緑と黄色と水色で色分けされてます。(部屋名聞き忘れ)
f0319208_15215698.jpg
真ん中の黄色いコテージをみせてもらうことになりました
f0319208_15221394.jpg
テラスの前はワイルドなお庭&池
f0319208_15223715.jpg
コテージそのものは網代編みの壁に竹家具で往年のスタイルなんですが
タイルや階段のカラーリングがアクセントになってます
f0319208_15233657.jpg
お風呂場は明るくて広くて気持ちいい~
f0319208_15243847.jpg
このカテゴリーもシャワーオンリーです。
f0319208_15252974.jpg
バスルームから寝室に戻って 階段上のロフト部分に行ってみまひょ。
案内してくれたスタッフ・コマン君(この子おもろかったwwww)
f0319208_15255378.jpg
上の部分はベッドのみのスペース。階段を挟んで両サイドにシングルベッド2台。
f0319208_1526225.jpg
階段上から見下ろした寝室部分。タイルとソンケットがアクセントになってるね!
f0319208_15273811.jpg
もともと網代編みのコテージが暗いし虫わきそうで好きじゃないんですよ、私。
でも、うちのおっさんはこういうのが好きでこっちに泊まりたかったみたいなんですけど
私が「私はあっち(予約してた青い部屋)でマダムと女子会するからね!」と宣言したら
部屋同士の位置が遠いのと、おっさん1人でこのスペースはさびしいと思った様子。
よ!さすがのかまってちゃん! そんないきさつで結局 青い部屋の裏テラスでエクストラベッドw

例えば もしも4人で泊まりにいくとしたら、私だったら このコテージを1部屋借りるよりも
青の Krisna & Shiva あるいは 赤の Shakti & Laksmi のお隣同士の2部屋を借りると思う。
お仲間同士ならおしゃべりの声や生活音など屋根伝いのお隣への騒音を気にせずに過ごせるしね。

それでも、ファミリーコテージができたおかげでお部屋数も増えて予約も取りやすくなったし
1人でもカップルでも家族でもグループでも利用しやすくなったのはとても喜ばしいこと!
ほんと、ここの敷地や環境は楽しくてすばらしいから1人でも多くの人に体験してほすぃー。

そんな 気持ちいい敷地内の様子やレストラン、そして周囲の環境などは次のトピで・・・。


Darmada Bali

ADD : Jl. Raya Luah, banjar Tabola Sidemen,
PHONE : +62(0)85 338032100
WEB SITE : http://www.darmadabali.com/index.php
E-MAIL : info@darmadabali.com


※ 上記は '13年10月の滞在時点の記録です ※

★後日追記★ 1年後の'14年9月にここのレストランでお茶休憩した記録は ⇒ こちら


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2014-01-13 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/19309148
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Darmada / Warun... Alam Zempol でお土... >>