※ 今日の一言 ※ '17年の春バリが始まっているのに1か月以上放置しとりました。ブログはこの春バリの滞在中にダイジェストを逐一UPし、いつものように帰国後に個別で印象深かったことを順次詳細記録する予定です。この春も俺なりに楽しんでおりますぞ★

<< TAPA Bistro At ...

Bungalow Living... >>
2013年 12月 17日
Jl. Tol Bali Mandaraを通ってみる @ Nusa Dua⇒空港 & Benoa⇒空港('13年10月)
f0319208_22524560.jpg
'13年秋。春バリからの持ち越しモノを優先的に記録してるんですけど
10月ならAPEC開催してるからいくらなんでもできてるっしょ?と 楽しみにしてたのがコレ。
そう、有料の海上高速道路。正式にはJalan Tol Bali Mandaraと呼ぶことになったらしい。
いや別に、近代化という意味での有料の海上高速道路そのものにはなーんの興味もないよ。
だけど、有料=あんまり混まないんじゃないか?という予測も含めて
南部をバイクで訪問したらぶいーんと気持ちよい景色の中を走ってみたくね??

で、プチャトゥ界隈滞在後のクロボカンに再移動する時にぐるりとヌサドゥア方面経由にして
バイクで通ってみるつもりだったんですがそんなときに限ってバイクの後輪パンクで
修理工場に預けていたもんだから引き取りに行ったりしてたら海上ロードを通る機会をなくしたまま
クロボカンに移動してBrown Featherにチェックインする羽目になってしまったよー。
海上道路そのものを通る機会は帰国時に空港までの移動でブノアから乗れそうだけど
そのときは間違いなく車移動。じゃー自力でバイクで通れるのは南部滞在中しかねーな、と
南部から東部に戻る日は正午に宿をチェックアウトしたら荷物はクロークに預けて行動開始。
本来なら空港とヌサドゥア間を往復するつもりだったんだけど、空港前のジャンクションで
何も考えずにウッカリ普通にジンバランまで抜けてしまったんで戻るのも面倒になって
ヌサドゥアまで進んだ後、海上ロードを通って空港まで戻るというルートに急遽変更w
今日は そのときの様子と、帰国時に車で通ったブノア⇒空港間の様子をメモっておきます。





空港前のジャンクションから有料ロードに入るつもりが、なーんも考えずに走ってて
うっかりジンバランまで抜けちゃったのでそのままヌサドゥアまで進んで帰り道に高速に乗ること決定
あ、看板が見えてきたのでヌサドゥアからの海上ロードに続くジャンクションはもうまもなく。
f0319208_22583816.jpg
海上ロードに続く道に入る時点で、バイク用のレーンと4輪用のレーンにわかれているので
バイクの人は左端のバイク用の道に進みましょう。
f0319208_22585622.jpg
ちなみに、私がバイクでヌサドゥア⇒空港間の海上ロードを走ったのは10月2日。
9月中だったら無料開放されてたみたいなんですけど、有料になったからなのか車少ねぇ~!!

もうお気づきかと思いますが この時私は単独行動中のオートマバイク1人乗り状態。
高速道路って信号もなけりゃ~渋滞でもしない限り料金所以外では基本ノンストップなので
普段の路上のように一旦停止して写真撮ってまた走り出すなんてことは無理だろうと考えて
左手首にストラップまきつけて左の掌にデジカメをむんずと握りしめての運転となりまして。
この時はバイクも殆ど通ってなかったので結果的には途中で停まっても問題なかったんですが
新しくて見晴らしのいい道を風を受けながら走るのがめっちゃ気持ちよくて停まったら損な気分ww

んなわけで、走行中は左のてのひらで隠れたモニターは一切見えない状態で適当にカメラかざして
左手人差し指で適当にシャッター押すというものっすごい不自由な状態での写真撮影。
後で写真を見たら「これ、何撮ってるねん?!」っていう失敗作だらけだったけど
なんとか雰囲気がつたわるものが数枚あったので、ここからそれらを載せておきます
(危ないので良い子は真似しちゃだめだおー。わしも次回からは自粛しますwwww)

海上ロードに入ってしばらく進むと料金所がみえてきまーす。
f0319208_2259417.jpg
f0319208_22595374.jpg
料金所通過~。バイクは4000ルピアです。
f0319208_2302039.jpg
バイクのレーンは、車線こそないものの 一応右側が追い越し車線というか速い人用みたい。
f0319208_231781.jpg
私はマイペースで30-35Km/hぐらいでのほほんと走ってたんですが
サイドミラーに見える後方の景色がとても気持ちよかったので写真に撮ろうとしたけどうまく撮れずw
f0319208_2315686.jpg
この写真に至っては何を撮りたかったのかもはや不明
f0319208_2325786.jpg
これは「高架くぐるぞー!」という感じで撮ったんだろうが、ブレブレwwww
f0319208_2331890.jpg
Benoa Bayの向こうはジンバラン。
f0319208_2334245.jpg
そうこうしているうちに、反対車線の空港からの入口料金所がみえてきた。ゴールは近いぞ!
f0319208_2335735.jpg
まもなくングラライバイパスと合流で~す!
f0319208_2343365.jpg
この区間、最初の写真からこの写真までの所要時間は私ののろい運転でもたった9分。
私、ご機嫌な時は運転しながら大声で歌うくせがあるんですけどもうこの区間、歌いっぱなしwww
すんげー楽しかったんですけどっ!多分車でびゅーんだったらあっちゅー間なんじゃね?
正直、空港からヌサドゥアまでの距離って意外と遠い・・ってのが近年の感想だったんだけど
この道を通れば ほんとに時間短縮。しかもお昼なら気持ちいい眺めつき!
運転しない人ならバイクの後ろに乗せてもらって景色を楽しみながら通るのもアリかと思います!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そして10月末の帰国日。

この時はうちのドライバーが運転する車での移動だったんですが、
サヌールから空港までは海上ロードを通ってもらうことになったので
最初は後部座席でふんぞり返って寝てた私も サヌールあたりで助手席に乗り移って
バイパスから分かれるブノアへの交差点の直前から早速写真撮影開始~♪
f0319208_23582.jpg
この辺はbenoa行きと同じなのでまだ目当たらしさはなく・・
f0319208_2352594.jpg
ここを右に進むとbenoaへ。空港やヌサドゥアへの有料の海上ロードへは直進です。
f0319208_2361313.jpg
しばらく進むと料金所がほんのり見えてきましたよー!
f0319208_2362883.jpg
今回は助手席できょろきょろし放題なのでよそ見上等!
f0319208_2364849.jpg
料金所は、プリペイドカードで支払う場合と現金で支払う場合とでレーンが分かれているみたい
f0319208_237784.jpg
車の通行料はRp.10,000なり~
f0319208_2373020.jpg
ひゃっほぅ~!きもちいー!!
f0319208_237575.jpg
でも バイクの人を見てると、あー私もバイクで通りたかったな~と思ったりwww
f0319208_2385170.jpg
この曲線の感じがたまらんー。
f0319208_2310341.jpg
空港方面へ行く人はこっち、ヌサドゥアまで行く人はこっち・・と、案内もわかりやすいです
f0319208_23114477.jpg
あっちゅーまに前方にゴール(陸地らしき姿)が見えてきたぞ
f0319208_2312374.jpg
反対車線に見えるのは空港方面から入ってきた車の料金所なり~
f0319208_23125688.jpg
振り返ると 向こうに見えるはヌサドゥアまで続く海上ロード。
f0319208_23131738.jpg
まもなくングラライバイパスとの合流地点で~す
f0319208_23133736.jpg
そのままJl.Airport Ngurah Raiに突入~
f0319208_23135491.jpg
ちうわけで、バイパスからブノア方面に入って空港前に合流するまでの所要時間わずか5分w
あっという間ではありましたが 渋滞と信号待ちにいらいらするよりもこの道通るの賛成~♪
次の滞在時にはこのルートも自力のバイクでぶんぶん通りたいとおもてます~。

参考までにグーグルアースさんでバリ・マンダラ有料道路全体を見てみましょう~
*ブノア湾内にひょろ~っと通ってるブノアと空港とヌサドゥアをつなぐ白い部分です*
a0074049_1492554.jpg
出来上がる前は「突貫工事っぽいしだいじょぶかな?橋崩れて海に落ちるんじゃね?」
とかドキドキしてたんですけど、通ってみたら意外と怖さを感じず ただただ楽しかったです。


※上記はすべて '13年10月時点での備忘録です※


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2013-12-17 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/19111684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< TAPA Bistro At ... Bungalow Living... >>