※ 今日の一言 ※ '17年の春バリが始まっているのに1か月以上放置しとりました。ブログはこの春バリの滞在中にダイジェストを逐一UPし、いつものように帰国後に個別で印象深かったことを順次詳細記録する予定です。この春も俺なりに楽しんでおりますぞ★

<< Watercress Cafe...

Brown Feather H... >>
2013年 11月 28日
Brown Feather Hotel (Dx. Halona#205編) @ Jl. Batu Belig, Kerobokan ('13年10月)
a0074049_20582570.jpg
ちうわけで、'13年・春からの宿題物件シリーズ、Brown Feather滞在メモの続きっす。
カテゴリーについては前回のパブリックエリア編で少し説明しましたが
このお宿でバスタブがあるのはSuite Magenaのカテゴリーの2部屋だけとのこと。
滞在直前のバドゥン半島内での宿をウォークインでいきあたりばったりで決めることにしたため
そこがシャワーだけのお部屋だったら、ここではバスタブほしくなるかな??なんて考えて
滞在予定の3日前までDelux HalonaにするかSuite Magenaにするか迷ってての直前予約。

予約の際にいろいろなウェブ専門の予約代理店での料金をチェックしてみたけど
'13年9月下旬の時点では この宿の公式サイトを通した直予約が一番安くて
一番高いカテゴリーも65万ルピアというお手頃価格だったので、今後きっと値上げするだろうから
この値段のうちにスイートのお部屋に泊まっておくのもありかな?とも思ったんだけど
普段ならお風呂場重視な私なのに 今回はバルコニーの誘惑の方が勝っちゃって
税サ込みでRp.539,000だったDelux Halonaをポチッ。バルコニー付のRQも忘れずに!
滞在日にスイートのカテゴリーに1部屋空きがあるのは予約サイトで確認済みだったので
もしも 1部屋しかないバルコニーのお部屋が既に埋まっててリクエストが通らなかったら
追加料金払ってスイートの部屋に移動すればいいや♪ なんて思ってのギリギリでの選択。
結果的にはちゃんとリクエストが通って デラックスの1つしかないバルコニー部屋になりました。

滞在してみるとシャワーのみでも全然快適だったし、一人滞在ゆえに狭くても問題なかったし
何よりもお部屋に光が入る明るい位置でかなり気に入ってしまいました。
昼間は外出三昧なのでほぼ寝るだけの利用だったから、宿内の公共設備に不満はないし
なんせ自分のバイクでの行動範囲にバッチリ便利な立地だったという個人的事情や
閑散期のとっても安い料金だったコストパフォーマンスの点での満足度に加えて
この部屋@#205だったことの幸運など、個人的にはトータルですこぶる高評価なんです。
なんせこの時のレートが117~118。日本円で1泊4500円程度だと思えば大上等っしょ?






建物の2階には、Superior Ahusakaのお部屋が合計8部屋あるんですが
そのうちツインベッドになってるお部屋は、ロビーの真上にあたる位置に2部屋。
(その2部屋は、Batu Belig通りに面して窓があります)
で、コの字になった建物はプールを挟んで両側にお部屋が配置されてるんですが
その部分は左右手前から3部屋ずつの計6部屋がベッド1台のSuperior Ahusaka
左右一番奥のお部屋がそれぞれDelux Halonaのようです。

私はデラックス#205だったので、スーペリアの201~204の前を通って部屋まで行くのですが
正直、自分がその通路上の部屋に滞在してたら前を通るほかのゲストが気になって
カーテンも閉め切っちゃうだろうし、決して広い部屋ではないから閉塞感あるかもしれません。
スーペリアのお部屋には入ってないから実際の住み心地はわからないんですが
内装や備品はデラックスのカテゴリーと同じでちょっとだけ広さが違うだけのようなので
お部屋のカラーや寝室の灯りはとっても明るいしバスルームも鏡が多用されてるし
置いてあるものがいちいちお洒落なので、ビジホ的なわびしさは感じずに済むと思います。

では、Delux Halona #205に入ってみましょー!
a0074049_21592270.jpg
角部屋ゆえのこの明るさよ! 部屋内の寛ぎスペースは狭いけどTVもありまーす
a0074049_21252041.jpg
こっちサイドにはでっかくて重いデスク。灯りの入る引き戸をひくと向こうにバスルーム登場。
a0074049_21272549.jpg
鏡いっぱいであかるーい。ここの扉を開けておくとより一層明るく広く感じます。
a0074049_21284969.jpg
鏡そのものは横には広くとも縦全身が写るものはなかったので願わくば全身鏡希望!

トイレの奥にシャワー / 洗面台は足ふみのシンガーミシンの脚なんですぅー。おっしゃれー。
a0074049_21405843.jpg
アメニティはB&Bのロゴ入りオリジナル特注仕様。/ タオルのタグにも宿のロゴ入り
a0074049_21411669.jpg
バスアメニティのパッケージの素材も不織布?のような感じでおっしゃれ~
この辺の凝り様というか手の抜かなさ加減がとーっても女子好みで嬉しくなります。
ヘヤドライヤーはオンリクエストで借りることができるそうです。
私、髪長いくせにドライヤー使わないんで関係ないんですがw(だからいつも美容師さんに怒られる)

このバスルームにはスティックアロマが置いてあったんですが、その香りが
(好みはあるでしょうが)ちょっとスパイシーでオリエンタルでめっちゃいい匂いなんです。
あの香りが何なのかと、どこで同じものを買えるのかを聞かなかったことを後悔。

じゃ、寝室の方に戻ってみましょう。
a0074049_2123795.jpg
ファン、エアコン、TV,
冷蔵庫(氷用の小さなスペースあり) 湯沸しポット等は完備。
TVは、NHKワールドは見れたけどプレミアムは映らず。Wi-Fiはお部屋内でもサクサクでした。

デスクに引き出しはついているし、ベッド横(バスルーム側)の壁に3つほどフックがあるので
丈の長い洋服を吊るすことはできますが、ハンガーはないし別途クローゼットもありません。
でもこの時は東部から5泊分の小荷物しか持っていかなかったので私には問題ナッシン。

お部屋の設備で困ったことといえば、電話の内線番号の案内がなかったので
レセプションにかけたい時に困ったことぐらいかな?適当に0かなんか押したら繋がったけどw
あと、コンセント差込口がバスルームに1つ、TVの下の壁に1つ、ベッドの両サイド下側にあり
数的には十分なんですが、特にベッドの下はあまりにも下すぎて、延長コード必要wwww
a0074049_21484385.jpg
私はいつも延長まきまきコード持参なので問題なかったけど、備品のポットでお湯を沸かしたい時に
どのアウトレットを使うのか悩んだわー。だってお部屋のポットのケーブル、めっちゃ短いんやもん。

ベッドサイドのテーブルの下にはセイフティボックス。(こっちに側もアウトレット発見w)
a0074049_2149849.jpg
このサイドテーブルの下に冷蔵庫が収納してあります。
a0074049_21493778.jpg
あんなにインテリアやアメニティにも凝ってるのに、なぜかお部屋備え付けのコーヒーが3in1
これね、朝食のコーヒーもネスカフェスリーインワンで甘すぎなんよね~。そこんとこ残念。
でも 自分で持ち込んだり近所のカフェにテイクアウトに行くなりすればいいので ま、いいか、と。

ベッドランナーやラグの色使いも個性感じちゃうんですけどっ。
a0074049_21511846.jpg
でね、ここからがこの部屋の一番の個人的セールスポイント! 窓の向こうにバルコニー♪
a0074049_21425899.jpg
最初、お部屋に案内された時はカーテンが閉まってて、カーテン開けたら窓だったんで
「え?どこにバルコニーあるの?」って固まってたら、スタッフが「窓の外~」ってwwww
で、よっこいしょと窓を跨ぐと、外側は2段ぐらいの階段になっててバルコニーへ出れた!
(ずぼらな私にとってはこの外側の階段がええ椅子になったんですわ)

お部屋は狭くとも、この開放感!!
a0074049_21533553.jpg
右側前方のヴィラのお部屋の人と遠目で目が合うという瞬間もございましたが
距離があるのであんまり気にならなかったし 開けてる左前方を向いていればその心配もなし。

バルコニーの周囲は おいおい草や蔓がはってお花で冊ができる仕組みになってます。
a0074049_21525129.jpg
部屋に入って速攻 この空間が気に入っちゃったのでこの日の夕食はブンクスしてきて
aiちゃんと一緒にここで食べました。ただし、このバルコニーには灯りがないんで夜は暗いっすw
a0074049_042166.jpg
だけど、その暗さも気にならないぐらい夜風や星空が気持ちよかったです

せっかくなので朝食はここに運んでもらいました。(近所からコーヒーテイクアウト済)
a0074049_21531942.jpg
季節のせいかバルコニーに居ると蟻が多かったんですが 開けっ放しにしてても
窓の内側(寝室側)には1匹も入ってこなかったのが不思議でした。蟻除け塗ってるのかな?

屋内は冷房ガンガンできもちいーし、角部屋ゆえの明るさもきもちいー!
a0074049_2275676.jpg
決してお部屋そのものは広くないけど、バスルームでの自然光の取り入れ方や鏡の使い方
お部屋の前の部分の緑の使い方、アースカラーの床や木のぬくもりを感じるインテリア
そして1つ1つこだわりの備品をつかっているわりにがんばりすぎ感やとんがり感がなくて
とっても居心地が良かったです。サイトを見ると現在は当時より値上げしているし、
人気が出ると#205のお部屋指定リクエストも通りにくくなるかもしれないけど
個人的には、この部屋に泊まってこその満足感割り増しかな?とも感じるので
いつかリピートするときもこの部屋番号をリクエストしようと思っています。

ちなみに、ここに泊まる2日前にはこの近くの別のホテル(Vasanti)に滞在していたのですが
そこもお部屋の位置に恵まれたので「あの値段であの部屋なら」という限定つきで高評価。
今後このエリアで安く抑えたいときにどっちにリピートするかまた悩みそう。
その時の記録も後日改めてするつもりですが、この2軒はお宿のタイプが違うので
部屋でゆっくりする時間やプールで寛ぐ時間もほしいだとか、出かけっぱなしで寝るだけだとか
そのときそのときの予定や気分を考慮して選ぼうかな・・なんて思ってるんですが
いずれにせよこのエリアは私の行動範囲を考えると個人的にめっちゃ便利な立地なので
Brown Featherへのリピート、多いにアリです!!かなり気に入りました

Brown Feather

ADD : Jl. Batu Belig no 100, Kerobokan
PHONE : +62 (0)361 4732165
WEB SITE : http://brownfeather.com/
E-MAIL : booking@brownfeather.com

※上記はすべて '13年10月頭の滞在時の記録です ※

★後日追記★ '15年春にやっとリピート滞在できました。その時の様子は⇒ こちら
(この時は#205以外のお部屋も見せてもらってますのでそちらの様子もでどうぞ)



[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2013-11-28 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/19000970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Watercress Cafe... Brown Feather H... >>