※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< Air Asia Xでデンパサ...

再び塔の上へ@ Tegal S... >>
2013年 08月 25日
再び塔の上から @ Tegal Sari Tower #34からの風景 ('13年5月)
a0074049_2045467.jpg
'13年GW時点でのお部屋の内部は直前に記録しましたが、次は塔の上からの風景を・・・。
'12年秋の青々とした状態とは相反して 残念ながらの田んぼはハゲハゲだったし
お天気もほとんどが曇りのどよよーんっぷりで 夜中には雨も降ったりしてたんですが
それでもこの部屋@Tower Room#34に泊まってよかったー!と思えたのは
ハゲてても広大な田んぼの風景、空を渡る鳥達、アグン山、朝日&夕日だけでなく
夜にはヌサドゥア方面の灯りまでみえちゃう5階の高さでの見晴らしのよさとか
例えば、東側は晴れてるのに南側は曇りで西側はまだ雨が降ってたり虹が出てたり
そんな東西南北の空の不思議な変化をぐるりと見回すだけで一度に見れちゃうおもしろさとか
この部屋からの眺めの楽しみは決して田んぼや夕焼けだけじゃぁないんですっ!!
・・・・そんなわけで、今日はこの春に塔の上から見た風景を記録しておきます。





まずは、部屋からレセプション方向を見た左手(南西側)のたんぼは虎刈り状態w
a0074049_206306.jpg
モンフォレ側も刈り入れ後でハゲハゲな感じw
a0074049_2075644.jpg
・・で、テラスに立ってまず目に入ってきたのが・・・・
a0074049_2083012.jpg
これ何?
a0074049_20132724.jpg
目が悪いので、最初にこれを見たとき 田んぼの中にパラソルと
サンデッキがあるように見えて、なにこれ?ロマンティックディナー用スペース?とか勘違い。
丁度anncoさんが泊まられてたお部屋の前方だったのでanncoさんにまで「あれ何?」と聞くwww

で、デジカメの望遠で撮ってみると、単なる田んぼ作業用の何らかの用地だと判明し
「全然ロマンティックちゃいますやーんww」と爆笑
a0074049_2014057.jpg
でも、何のためのスペースかは不明のまま夕方になって おじさんが侵入してたのでウォッチング
a0074049_20142031.jpg
その結果、ベベ達の小屋代わりだったという真相にたどりつくwwww
a0074049_20144090.jpg
ってか、素直にこのエリアに回収されていくBebekたち、かわえぇ~❤❤❤

かと思えば、はるか遠く ニュークニン方面(かなり遠くの南側)で野焼きはじまるwww
a0074049_20491222.jpg
ちなみに、北側(北西)に4階建てが建築中につきこっち方面のビューはさえぎられがち。
a0074049_2111668.jpg
そして、午前中に光を浴びてきれいなのが東側。
a0074049_2050523.jpg
北東側にはどどーんとアグン山!!
a0074049_20512489.jpg
稲刈り中の様子を眺めるもよしw
a0074049_20522398.jpg
でもやっぱアグン山を見ちゃう~
a0074049_20515782.jpg
ちなみにこれ、テラスからは見えない方角なのでバスルーム(トイレ)の窓から見てますwwww

バスルームの窓からは、朝日が昇ってくるのもみえまーす
a0074049_20571379.jpg
でもね、この時 塔の周辺は小雨が降ってたんです。
そして、北西側はまだ雨雲がどんよりしてるのに朝の太陽の光が反射してで虹が出現~!!
a0074049_20573524.jpg
東西南北、どの空も天気が違うなんておもしろーい!!
a0074049_20575684.jpg
この高い位置からだと、雨雲の範囲やどこで雨が降ってるかもよーく見えるのでほんと楽しかった!

そして はずせないのが 夕暮れ時

西側に分厚い雲が多い曇天続きだったので 夕日もどんより気味でしたが
それでもサンセットタイムはテラスに戻ってのんびりと風に吹かれて夕景鑑賞
a0074049_211584.jpg
a0074049_2125265.jpg
a0074049_2141526.jpg
でもやっぱり私は陽がおちてゆく瞬間よりも、その後の空の色の変化を見るのが好きなので・・・
a0074049_2151795.jpg
ここからの時間が 本当の意味での私の鑑賞タイム。
anncoさんやpipiちゃんと夕食にでかける約束をしてたんだけど、腹ペコのpipiちゃんに
「日没後の空がきれいから暗くなる7時頃まで待って~!」ってSMSしちゃったわいwww
(もちろん、同時刻にanncoさんもテガルサリのご自身のお部屋から夕景鑑賞中でしたー!)
a0074049_2163945.jpg
a0074049_2172959.jpg
a0074049_2195150.jpg
a0074049_21103831.jpg
一刻一刻変わっていく空の色や、飛んでいく鳥の群れとかがいつまで見てても飽きなくて
それが毎日毎日同じようでいて全然違うから、やっぱ夕方にはお部屋に戻ってきてしまう
しかも、夜になると遥か南側にヌサドゥアエリアの灯りがキラキラと見えちゃう★

次の秋バリでもこの風景が見たくて、そしてあの屋根裏部屋でトムソーヤ気分を味わいたくて
またまたチェックアウト時に秋の分の#34の予約いれちゃったわいwww (しかも次の春の分まで)
とりあえず、今の時点では足腰もしっかりしてるしお風呂事情も2~3泊なら問題ないし
2週間前までキャンセル料かかんないからとりあえずとっとくかー、のノリで予約したけど
今年の秋バリも来年の春バリもいまのところエアも2ヶ月の休暇もとれてるんで
結局先の2回分はキャンセルせずにまた塔の上に泊まっちゃうんだろうと思う。

テガルサリの予約は全額前払いなので、手数料が1.8%かかるけどクレジットカードで支払ったら
レシートのキャッシャーのサイン部分にサブローが三郎と器用に漢字で書いたのがウケた~

そんなこんなで、また約数週間後にはここに泊まること決定なもんで
今回、前回分とまとめて記録しようと思ってたテガルサリの他のカテゴリーのお部屋や
スタッフについてなんかのえとせとらは また次回滞在時での記録に・・・と後回し。
ま、スタッフの働きっぷりの好評さはみなさま言わずもがな・・だしね。
a0074049_20584998.jpg
このたんぼ。1ヵ月後にはどんなコンディションなんだろう??
前回がとってもいい状態で 今回がハゲハゲだったから もう どんな風景でもどーんとこいwww
そして 多分秋には4階建ての新棟もちゃんとした形になっていそうなので
通りやレセプションから見たテガルサリ全体の風景がどんな風に変わってるのかも気になります。

★★ 後日追記 ★★ ① '13年9月。3度目の#34滞在時の記録は ⇒ こちら で!
② '14年春。4度目の#34滞在時はたんぼが水鏡状態。その記録は ⇒ こちら で!
③ '15年春。5度目の#34では周囲の風景に大きく変化あり。その記録は⇒ こちら で!
④ '16年4月。6度目の滞在での周囲の環境の変化などの記録は⇒ こちら で!



Tegal Sari Accommodation

ADD : Hanoman Street Padang Tegal, Ubud
PHONE : +62-361-973318 / 970570 / 9783434 / 971552 / 970701
E-MAIL : info@tegalsari-ubud.com
URL : http://www.tegalsari-ubud.com/

**ただし、Tower Roomの予約に関しては制限があるみたいです**
      (詳しくは前回滞在時のトピの後半部分参照)



※上記は '13年4月末~5月頭の滞在時の記録です ※

さて、これで むりやりですが一応'13年春バリ記録・ウブド編も全部終了~!!
秋バリに出発する前に とりあえず次はこの春のエアラインの記録だけは残しておきますね。


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2013-08-25 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/18307992
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Air Asia Xでデンパサ... 再び塔の上へ@ Tegal S... >>