※ 今日の一言 ※ '17年の春バリも全行程を終了し帰国しております。夏は夏で他のおでかけが控えていますが 合間を見てぼちぼちとこの春の個別記録を残していきたいと思っています。

<< Fuzion Cafeの絶品❤...

Tanah Cinta Vil... >>
2013年 06月 07日
頭数揃ったら Waroeng SS ・Special Sambal へ @ Batu Bulan ('13年4&5月)
a0074049_22465927.jpg
記録しておきたいこと山盛りで 何から手をつけていいのか迷ってるうちに時間ばかり過ぎるので
ウブド&近郊でこの春初めて行ったところから備忘録を残しておこうと思います。

はじめてといえば、すでに7~8回はリピートしているルナゲーハーでの滞在なんですが
よく考えたら 「ルナゲ名物、ゲスト参加型・ケメ一家のおでかけ」には参加したことがなかった私。
この日も本来なら私が昼過ぎに宿に戻ってきたら 既ににご一家がおでかけされてる予定だったのに
なんやかんやで出発が遅れており私がTanah Cinta 見学から戻ってきた時点でまだ家に居たw
「じゃーこの機会に 私も参加型イベントに初のおつきあいをさせてくださーい」ってわけで
ご一家の"買出し&ROOM#2の青年の空港お迎え &帰りにSSでみんなで食事"のコースに参加。
「夕食はSSに決定してるからインドネシア料理だけど 太一だいじょぶ? 」と気を遣っていただいたけど
私一人だと自ら好んでインドネシア料理のワルンを選ぶこともも少ないからこそ
こういう機会には楽しんじゃわないと損、損。しかもここんとこケメ一家がとっても気に入ってて
一家揃って大好きなお店だというから そんなお店なら私もお試ししてみたいじゃない???
実際、南部からウブドへ向かう途中バトゥブランでいつも混んでるなーと思ってたお店だったので
「行く行くー!」と興味津々。 そして行った結果はその安さとおいしさに大満足★★★
そしてGW。 「太一はイネ飯飽きてるだろうけどSS行きたいからつきあって」とpipi嬢からのオファー。
女将に1度つれてってもらってるから場所もオーダーの仕方もわかるんでお供しましょーってことで
その日一緒に居たaiちゃんやウブド滞在中のanncoさんも巻き込んで2度目の訪問。

それが、インドネシア内でチェーン店を展開する Waroeng SS (Special Sambal)・・公式サイト・・
バリでは '13年4&5月では ここ@Batu Bulan店だけだと聞いていたんだけど
(でもサイトを見るとデンパサールのJl.Tukad Baritoにもあるような表記が・・・ 次回確認してみます)
ほんと、いつ前を通ってもバイクや車がたくさん停めてあってお客さんもいっぱいなんです。
他の店なら待ってまで食べたくないケメ夫婦でも「ここなら並んででも待つ!」と断言してたわwww





日帰りシンガポールにお出かけ中だったルナゲーハーに長期滞在中の青年を空港でお迎えして
バトゥブランの SS (スペシャルサンバル)に到着したのが20:00頃。
ルナ一家のPutu青年はお宿でお留守番なので、女将ファミリー(大人2人・子供2人)に
3部屋にひとりずつ居たゲスト(俺含む)を加えて 大人5人子供2人の大所帯で乗り込みます。
入口で人数を伝えてスタッフの案内にしたがってお席につきまーす
待つ場合もちゃんと日本みたいに待つ人の順番を管理されてるみたいでしたよ。

混んでるっちゃー混んでるんだけどうまい具合に すぐ席があいたようです。わーい。
a0074049_19303752.jpg
店内は日本で言えば居酒屋っぽい感じ。ほぼ満席です。
a0074049_19313838.jpg
店内にメニューボードはあれど各テーブルにメニューなんぞありません。
メニューと金額が書かれてある表がありますので、それに自力で数をチェックしていくのですー
これは2回目の時の写真ですが、こんな感じのチェック表です ※すべてインドネシア語です
a0074049_19323817.jpg
この表に数を書いてスタッフに渡すことでオーダーが通るわけですが
最初にドリンクもフードも一度でどばっとまとめてオーダーしておいて後で追加があったら
スタッフが追加内容を書いた別紙をバインダーに挟んでいくシステムみたい。
なので、ひとまずビールとえだまめを頼んでちびちび追加・・というような居酒屋頼みをすると
お会計の時追加の別紙ばっかり増えてとてーもわかりにくくなりそうな予感@ 余計なお世話

質問があればスタッフにどんどん聞きましょう。 ちなみに彼は「とってもできるスタッフ」です!!
a0074049_1932129.jpg
(お会計の時はキャッシャーに行って自分のテーブル番号を言うと
キャッシャーに置いてあるこの紙を元にお会計のスタッフがレジ打ちしてくれるんです。)

ケメ女将から「アヤム(鶏)とエビと茄子がおいしかったよ」と聞いてアヤムを楽しみにしてたのに
夜8時ともなればアヤムはハビス@売り切れ。で、適当になんやかしオーダーして
こちらの名物・サンバルは30種類近くあってよくわからんのでパパ(ワヤン君)にお任せ~

前もって女将から 「むし暑いんだけど、ドリンクがなかなかこないのよーww」って聞いてたんだけど
多分料理もどどっとまとめて全部運ばれてくるからその時にタイミングを合わせてドリンクも届くみたい。
もちろん前もって「飲み物先にもってきてー」といっとけば良いんでしょうが
どんなもんかなー?って様子見の意図もあって「み・・みずをくれ・・・」状態でひからびかけながら
我慢強く待っておりましたら、やっと料理が運ばれてきたよーーーん
(途中でスタッフを呼び止めて飲み物だけでも早く持ってきてもらおうとしたところで、
店内が満員で忙しそうすぎてそれを頼む間合いすらつかめないような店内繁盛ぶり。)
a0074049_19325417.jpg
のども渇いてたけど、とにかくハラペコだった7人。ごはんが届いた途端戦争ですwwww
a0074049_19331845.jpg
ごはん盛り係のケメ女将をめがけて リョウタ王子の頭上を皿が飛び交います。
a0074049_1934916.jpg
はぁー、やっと「いただきます」ができる状態にこぎつけました。
a0074049_1934328.jpg
でも、お気づきになりましたでしょうか??この時点で まだ飲み物が届いておりませんっ!!!
(まもなくこのすぐ後に全員分のドリンクがやってきましたけどねwwww)
a0074049_1935432.jpg
おかずは、ほとんどがゴレンもの(揚げ物)です。
それらを お店ご自慢の多種類あるサンバルの中からお好みのサンバルをつけて食べるスタイル。
カンクンなどの野菜や卵焼き以外は ほんとに揚げただけの味でそれだけならば全然辛くないので
辛いものが苦手な人はサンバルをつけないとか量を調節したら美味しく食べれると思います。
だからこそ、辛いものが苦手なルナ姫やリョウタ王子もここで食べるのが大好きなんだろうね。

そして「アゲモノばっかりだと胃がしんどいし飽きるからイヤ~」って人もご安心を!
2度目に行った時に聞くと 衣つきの揚げ物が基本ですが素揚げ対応もできるとのことで
一応ゴレンメニューはすべてバカール(焼き)にすることもできるとスタッフに聞きました。
あげもんばっかりでしんどいなー・・って時は食材によっては「焼き」にしてもらったりすると
バリエーションが楽しめるかもしれません。次回は茄子とかは「焼き」で頼んでみようと思います。
でもアヤムとレレは絶対ゴレンの方が美味しいと思うからかたくなにゴレンでお願いしたいっす。

でね、一目見た時は「アゲモンばっかりやー・。ちょっとくどいかも??」と思ってたんですけど
パダンみたいに冷え切った時間のたった状態じゃなくて揚げたてなのでパクパクたべれて
全部おいしかったんですわwwww 特にレレ(なまず)はルナ姫と私で争奪戦。レレ最高!!!
サンバルもワヤン君がいろんな種類をお試しでオーダーしてくれたので5~6種類試してみたけど
もともとがジャワかどっかのチェーン店でバリ料理ではない為サンバルマタがなかったのが残念。
でもよく考えたらサンバルマタって揚げ物にはあんまり合わないからなくても正解なんだろうね。

①店が混んでて驚いて ②飲み物に時間がかかって驚いて ③おいしくて驚いたわけですが
その後、最後の最後に一番の驚きが待ってるんですよね~
それが ④安すぎて驚き!!ってこと。

イカとかエビとかベベとかレレとかも頼んだのに7人で合計20万ルピアしなかった・・・。
このおいしさでこの安さなら そりゃぁ~昼も夜も連日ローカルさんで混むはずだわ。納得。

で、GWのある日。言いだしっぺのpipiちゃんの先導で、バイク3台つらなって女子4名が
次こそはオススメのアヤムを食べたいから売り切れる前の時間帯に行こうぜ!ってランチ襲撃ー!
a0074049_19354870.jpg
午後1時プンゴセカン集合だったけど、道が激混みだったため着いたのが1:30頃。
その時間帯でもお店は大繁盛。外の席なんてスパ勤務の女性や地元OLだらけで女の園。
a0074049_19361286.jpg
前回同様できるスタッフFebri君を捕まえて メニューに関する質問攻め(通訳aiちゃんwww)
a0074049_1936309.jpg
 料理がはこばれてきたけどやっぱりドリンクは最後に届くみたいじゃwwwww
a0074049_19383964.jpg
オーダーしたものが 揃いましたよー。
a0074049_19364597.jpg
この日はアヤムもありました~。部位は確かダダとパハを選べたかと思うんですが
1つずつ頼んでみたと思います。中でもダダがじゅわわわわっととーっても美味しかったです!
そして 前回ハマってしまって絶対にはずせなかったのがレレ(なまず)!!
近くのテーブルに運ばれてた魚も気になったので「あれ何?」って聞くと「ニラ」っていわれたので
その魚も頼んでみたけど俄然レレのジューシィさにはかないません。レレうますぎー!
そしてこの日のエビは素揚げにしてもらいました。白ご飯はやわらかめ。4人分頼んだら多すぎたw
のみものは全員エスジュルッ。1杯おかわりしたんで合計で5杯分。
a0074049_1939739.jpg
これで合計116,000ルピア (一人29,000ルピアぽっきり!!) すばらしい★★★
a0074049_22461041.jpg
店内のお知らせなどもすべてインドネシア語なので私には読解不可能なんですが
ケメちゃんやaiちゃんに確認すると、オーダーしたものが気に入らなかったら取り替えてくれるとか
なんかそんなサービスもあるみたい。幸い全部おいしかったんでそのサービスは利用してないけどw

で、店内にメニュー写真がないので言葉がわからないと困る人もいらっしゃると思いますが
そんな時は 公式サイトのこのページをチェケナー♪ こっちもインドネシア語だけど写真つきなので
前もってサイトで写真を見ておいて食べたいもののスペルをチェックしておけばこれで安心。
(ページの下の方の menu lainnyaをクリックしていくとメニューがどんどん増えまっせー)
売り切れのものはお店でチェック表を渡された時に前もって×印がついてるので判り易いです。
1回目はケメ一家と一緒で2回目はaiちゃんと一緒だったからいろいろと理解できたので
イネ語がよくわからん私でもなんとなーく大丈夫なような気はするし いちかばちかのオーダーも
闇鍋気分でおもしろいかな?と思うんですが、サンバルに関してはちんぷんかんぷんなんで
やっぱり次行く時も誰かイネ語がよくわかる人とご一緒できたらありがたいなーなんて思います。
だってここの「売り」はサンバルですもん。27種類のサンバルから一番のお気に入りを見つけたい!

一人や二人で行くと、いろいろオーダーしてしまって結局割高になっちゃうかもしれないけど
人数集まればいろんなものを少しずつオーダーしていろいろ食べれて安上がりで楽しいと思います。
周りがローカルさんだらけなのも 旅行に来てる気分を実感できてなんだかおもしろいし。
クタやサヌールからだったらデンパサールのJl.Tukad Barito店の方が近いんだろうけど
バトゥブラン店なら 空港到着後ウブドへ向かう場合にたいていの車が通る道沿いなので
SSの赤い看板と 駐車場にたくさん停まってるバイクや車が目印になりまーす。
そしてくれぐれも、飲み物出てくるのが遅いっ!なんてイライラしちゃ~駄目だよぉ~
ここではそれがスタンダードみたいだから、それがどうしてもイヤなら
前もって「先に持ってきてね」ってスタッフにお願いしておくのが吉とみましたっ!!!
もちろん追加のドリンクもどえらく時間かかるんで早め早めのオーダーをおすすめしますw

ちなみに、ジャワ資本のチェーンのようなので 豚肉のメニューとアルコールはおいてませーん

  Waroeng SS (Spacial Sambal)

  ADD. : Jl. Raya Batu Bulan, Gianyar ,Bali
  HOT LINE SERVICE : 081-1251500
  OPEN : 11:00~ 22:00 (Last Order) ※ 定休日不明 ※
  URL : http://waroengss.com/


※ 上記はすべて'13年4月&5月の訪問時の記録です ※


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2013-06-07 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/17915578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Fuzion Cafeの絶品❤... Tanah Cinta Vil... >>