※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です

<< Rice Burger On ...

MAMMAMIAのティラミス ... >>
2013年 03月 15日
ローカルごはん@ Lawar Bali と いつものおうちごはん と 女子会と ('12年 9月&10月)
a0074049_1145226.jpg
'12年秋バリ・ウブドでのお食事備忘録もこれで最後のトピになります。
2ヶ月バリに居てもウブドで過ごすのは限られた数日間だけなので、ウブドへ行ったら結局は
お気に入りのいつものお店へのリピートが主軸でワンパターンな食記録しか残せないんですが
よく思い返してみると、外食パターンそのものも自分の中で5年毎ぐらいに変わってるような・・・・・。

初バリの1990年頃から5~6年はなるべくインドネシア料理を食べるようにしてたんですが
それは、旅行先ではその土地のものをっていう初心な気持ちも大きかったけど それ以上に
現実的に 安くて美味しいと思えるウエスタンフードのお店がなさすぎて、ローカル食堂の
インドネシア料理の方が確実に安くて美味しくて簡単に見つかったからなんですよね。
かといって'90年中盤から世紀末にかけては 観光客向きワルンにも当たり外れを大きく感じ始め
結局はウブドでは滞在先のイブの作るおうちごはん最高!状態で外食の機会ほとんどナシw
イブオカとかナシアヤムは近所の誰かがブンクス買いにいくついでに買ってきてもらったり・・。
そして南部滞在時に西洋料理のお店や外資ホテル併設のレストランなどで食べる感じ。


2000年になってからは、ドリフが建っちゃったので滞在も東の僻地中心になったがゆえに
外食難民の道まっしぐらwww。当時のアメッドはバンガローに併設のレストランが点在する程度で
「もう観光客向きでおんなじ味付けのインドネシア料理はうんざり。」・・ってな長い期間があり
当時は 観光地へ行った時ぐらいはインドネシア味がしないものを食べたい症候群も重症。
家族や友人の同行時につきあいや観光の流れでローカル料理のお店に行くことはあっても
バリ旅行中に自分から一人でインドネシア料理をすすんで食べに行くなんてことは皆無でした。
でもそんなわがまま言ったところで私は単なる旅行者。たかが数週間程度の我慢で済むわけでw
’06年頃からは 再びインドネシア料理も食べるようになってきたけど、ご当地料理を食べるのなら
中途半端なレストラン・ワルンよりはローカルなナシバリを主に選択してきたように思います

でも2010年にもなれば どこにいってもそこそこ選択肢は満載。アメッドだって例に漏れず
「そこしかないからしょうがなく食べててその結果飽きてうんざりになる」ってこともなくなり
観光地での「今、これを食べておかねば田舎では食べれない!」的な切迫感も軽減されて
自分の中で食事の選択の自由度が広がって柔軟に対応できるようになったような気がします。

もともと そんなにインドネシア料理が好きなわけでもないんですけど(つか、飽きてるw)
それでもやっぱり観光地にはおいしいバリごはんが多いからたまーに食べたくなったりして
で、食べてみると たまに食べるからなのかやっぱり美味しく思えてまた好きになる・・の繰り返し。
というわけで本日は秋バリウブド・食事編のシメとしてローカルご飯3点を記録しておきます
3つの話を1トピにまとめたので今回も恐ろしく長編です。悪しからずw





ウブドで美味しくて有名なローカルばりごはん屋さんは数々あれど
なぜか今回の 「唯一の ワルンめし」に白羽の矢が立ったのが 以前ブンクスした Lawar Bali@ Sayan

正直、ここのナシブンクスは味付けが甘いんです。甘い食事が苦手な私がなぜ??といいますと
ここの「小ぶりだけど脂がおいしいウルタン」に惚れてるのであります。
前回は、keme女将のおすすめで putu青年に場所を聞いてブンクスおつかいしたんですが
(★その時の記録は ⇒ こちらの過去記事後半 で!★)
その後、丁度去年の春バリのGW前だったかな? 以前メールをいただいた方からメールがあって
「このワルンに行こうと思ってるんだけど滞在先のスタッフに聞くとそんな店ないと言われた」とかで
行き方をメールで説明した経緯がありました。でも今回行ってみると学校の位置間違えてた私ww
ごめーん・・・。しかもGWにウブド入りした時点で宿決めの諸々があってお店の所在確認忘れてた!
あぁ、あの時彼女は無事にここのナシチャンプルを食べれたのだろうか・・・

更に、私が学校の南北を間違えていただけでなく、keme女将に聞くとこの店、一旦閉めてたらしい。
一旦閉めたのがその頃だったのかそれ以降だったのかはよくわからないんですけど
確かに、9月中旬にこの通りを通り過ぎた時はリノベーション工事中!って感じで
建物がきれいになってて 内装用のベンチとかが積み上げれれてたんです。
ところが、9月末日にサヌールからウブドに着いた時 サヤンの通りを通りがかったら
先日の目撃時からたった10日ぐらいしか違わないのにすでに営業開始されてたんです。

で、女将に「あそこリニュアルしたの?それとも別の人がお店始めたの?」ってきくと
「え?リノベ中ってきいてたけどもう開いてた?? 多分同じイブがやってると思う」とのこと。
しかも、以前は午前中に売り切れ御免状態だったのに夜に開いてた。やった!夜のナシチャン★
ちうわけで、塔の上2泊目の夜はラワールバリのナシブンクスをルナの座敷でいただくこと決定。

以前のきったないボロボロな小屋も味わい深かったけどやっぱ清潔感があるのはいいネ!!
a0074049_1154515.jpg
以前のお店はお世辞にも衛生的とはいえない店構えだったけどこれなら入りやすいわwww
a0074049_116788.jpg
中に居るイブが、前回と同じ人だったので「あ、おんなじお店だ」と思って一安心。
ちびっこも居て「食べていかないの?」ってイートインを薦めてくれるけど「友達が待ってるから」
と、ブンクスをお願いすると 「プネスタナンからでしょ?」って、なぜかバレたwwwwww
いや、わしこの時はプンゴセカンに滞在してたんですけど。以前の1度のブンクスを覚えられてたのか
あるいはkeme女将が通いすぎていたのか、プネ在住や滞在中の日本人がよく来るのか・・・謎。
a0074049_1162465.jpg
一人前10,000ルピアのナシバリ片手にルナに遊びに行き、座敷で食べるわたしwww
a0074049_1164315.jpg
うん、やっぱり味付けは相当甘いけど、食べやすくて美味しい。
そして豚の脂がおいしい。細くて小さいけどウルタンの脂もうまみがあっていいね~!!!
夜開いてるのはほんとに嬉しいので、次はスープも一緒にイートインしてみようかな???
だけど、ウブドにはたくさんのおいしいバリメシが存在するので次に胃が空くのはいつのことやら・・・。

現時点では、イブオカとかイブマンクーとかマルディカとかニョダナとかセダンおじさんは
「十分食べたから 今んとこもうええわ」モードなので、行きたい人が同行じゃないと行かないけど
それらもまた 忘れた頃にたまにたべるとまた「やっぱ美味しい★」って好きになるんよねww

イブオカに関しては、カユウブにブンクスした時は店の客にキレたけど味はおいしくて感動したのに
その次にイートインした時にご飯が冷たくて肉もマズいと思った上に値上げがすごくて足が遠のいたw。
ってか、ウブドで元・定宿沈没時代から食べてますけど、「美味しいけど脂っこい」と感じた時は
今までにもあったけど、まさか「まずい!」と思う日がくるなんて、それが個人的にショックだった~。
でも今はそのネガティブな感想止まりなんで、次に行くと期待してない分また美味しく思うんだろうな~。
”おうちのご飯が美味しいから、会社に持っていくお弁当もお友達の分まで頼まれる”っていう
あまり外食をしないベラんちの長女も「イブオカとイブマンクーは昔から変わらず好き!」って言うし。

ていうか、私もベラの最強おうちごはんがあれば それだけで「バリメシ欲」は満たされるんですけどっ!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

・・・とくれば、次に記録するのはおのずと 「今回のおうちごはん@ベラ」 でしょ???

私が思い入れ全開で 「個人的にいちばんおいしいばりごはん」だと思う、元・定宿のごはん
毎度のごとく、売り物ではなくここんちの家族が食べる"おうちごはん"でありますが
遊びに行くたびに「マカン!マカン!」と"食ってけ攻撃"を受けるのと
私はイブのつくる料理が大好きなので、結局毎度タダメシをごちそうになっちゃうという例のアレw
いつぞやはmeroさんのウェルカムディナーを作ってもらえるよう依頼したという前科もありw

過去記事はこちら ⇒ '08年3月滞在時編  / ’09年春編(後半) / ※
'09年秋編(後半)/ '10年5月の食ってけ編 / '11年春の食ってけ編(本文後半)/ ※
※ '11年秋のわがまま押しかけ編(本文後半) / '12年秋の絶品魚のスープ編(本文中頃)/ ※


この日は、夜はマンマミアかタコカーサに行ってしっかりいろいろ食べるつもりだったので
娘ちゃんたちに挨拶がてらカキアンのドーナツでも差し入れしようと思って寄っただけで
ごはん食ってけ!と言われてもお断りしてさっさと帰るつもりだったんです。(この時点で本気)

行ってみると丁度イブもバパッもお出かけ中とのことで、「おー今日はそのまま帰るぞ!」と
ほっとしたのもつかの間、長女と次女の「くってけ」っぷりがいつもより激しかったこの日。
2人いわく、「今日はバビケチャップがあるし、今朝釣れたての美味しい魚のスープもあるから
絶対気に入ると思う。いろんな人が食べてくれたらママも喜ぶから食べていってよ!!」とな。
長女とは 彼女が小学生の頃からのつきあいなのでそこそこ会話も弾むしお互いよくしゃべるんですが
次女っていつも控えめというか、私に対しては友達のような対応はしてこないんです。
でもこの日はいきいきしてすごい積極的に「食べてみてーー!」って食ってけ攻撃www

結局、娘たちの情熱に負けて 「じゃ、ちょっとだけいただきまーす」 
a0074049_1171166.jpg
これが、情熱に負けて大正解!!

ここのバビケチャップはきっと食べたことあるゲストはみんな好きなんじゃないかな?
・・・と思うぐらい安心のクオリティ。 久々に食べたけどやっぱり美味しいよー!!
a0074049_1173094.jpg
で、感動すら覚えたのがこの 魚のスープ。激うまw
a0074049_1175160.jpg
魚のスープといえば、サヌールのマッベンのスープや ゴワラワ近くのムルタサリのスープなど
お気に入りのものもあるけれど、イブの作ったスープもさすがに美味しかった~!!

で、娘達とおしゃべりしながら食べてたらママとパパが戻ってきて、私の顔をみるなり
「マカン、マカン」ってwww いや、もう食べてる途中なんですけどwwww
a0074049_1181394.jpg
みんながみんな揃って「今日のバビケチャップと魚のスープは特別おいしいでしょ?」って大騒ぎ。
いやいや、ここのごはんはいつもおいしいよ。でも確かに この日のは特別美味しかった~

バビケチャップは甘めの味付けなのに対して魚のスープはスパイスとチリがピリッときいてて
甘いばっかりや辛いばっかりだと食べるのしんどいんだけど、バランスがいいのよー。

上にも書いたように、ママの料理が美味しいから長女は職場の同僚の分のお弁当も
頼まれちゃうらしく、ママの料理が一番って思ってるからいつもおうちで食べてて
ウブドの中心地に住みながらその界隈のワルンとかはあまり行かないこともあって
宿のゲストにおすすめレストランやおすすめワルンをきかれても答えに困るらしい。
そんなわけで、私は観光客向けレストランを、長女はローカルフードをお互いに
情報交換しあったりして和気藹々とトークにも花が咲いたこの日。
でも結局ここんちのママの料理が最高!ってのは私と長女の共通意見。

★★後日追記★★ その後の食ってけ記録は ⇒'13年春編 / '13年秋編 / '14年秋編 へ!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

で、どんな有名店のインドネシア料理・バリ料理よりも
やっぱり普通のおうちのおかあさんが作る家庭のレシピが一番!って思ったのは
何も ベラでの【おうちごはん・タダメシ体験】だけの感想ではござんせん。

この秋、帰国ちょっと前の時期に meroさんと BSBのあやこさん&かおりさんと女子会をしまして
あやこさんのお嬢さんを外食につれていくよりおうちでゆっくりわいわいしましょってことで
あやこさんちにみんなで食べ物を持ち寄ってランチ会をすることになったんです
a0074049_1265048.jpg
そこで、あやこさんとかおりさんが調達してくださったのがこれ
a0074049_12718100.jpg
BSBのスタッフのお母さんが作ったというBetutu
a0074049_127422.jpg
どこか有名なお店のものではなく、あくまでもスタッフのお母様作だそうで
評判がよいので個人的に知り合いの方とかに頼まれたら作って販売もされてるようなんですが
以前このBetutuを召し上がられて感激されたお二人が今日のために予約してくださったとのこと。

せつない亀子さん・・・・・・共食い?
a0074049_128117.jpg
お二人からの前評判通り、スパイスが効いててとっても美味しいー!!
a0074049_1282199.jpg
デザートにマンゴーもでてきましたよー!(持ち寄ったケーキは撮り忘れww)
a0074049_1285750.jpg
はるかちゃんのバリダンス付きのお食事会なり~。
a0074049_1291333.jpg
この日も女4人でおしゃべりははずみ、暗くなるまでにアメッドに戻らねばならなかったのに
当初考えていたウブド発の予定時間も過ぎ、帰りにホワイトボックスに寄ろうと思ってたけど
そんな遠回りはしてられないんでとりあえずmeroさんをお宿までバイクで送ったら
カキアンで甘いものちゃっちゃと買って、なんとか暗くなるまでにアメッドに帰還。
meroさんやあやこさんやかおりさんのおかげで秋バリ最後の楽しい思い出ができました。
おうちパーティーになったおかげで美味しいBtutuも食べれて大満足。ありがとうございました!

ご当地料理は レストランで食べる外人向きインドネシア料理やバリ料理よりも
ローカルワルンで食べるナシバリや、地元のイブが作る家庭料理がやっぱり一番美味しい!
食材や味に好みはあるけれど、基本的に何のアレルギーもないし辛いものも平気で胃腸が強い私。
ローカルもの食べてもお腹壊さない丈夫な体に生んでくれたお母さん、ありがとう

※ 上記はすべて '12年10月の訪問時の記録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2013-03-15 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/17408809
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Rice Burger On ... MAMMAMIAのティラミス ... >>