※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です

<< Sari Organik Wa...

DAY 8 : Bali & ... >>
2013年 03月 05日
Jakarta International Soekarno-Hatta Airport 国内線 T-3 ('12年9月)
a0074049_18121044.jpg
私のバリへの渡航が毎年春と秋の同じような時期ばかりなのは、その近隣エリアへの
セニョ~ルの出張が多い時期だからwwという家庭の事情が大きな理由となってまして
出張が多いおっさんゆえに、夏の終わり頃とかはもっと気のきいた出張先があてがわれてて
一昨年はおっさんの行きたがってたインドだったり昨年もフランスやドイツだったりしたんですが
なんでそこへは便乗しないでインドネシアの辺鄙な場所ばっかり気まぐれでついていくのか??
・・・その答えは、"行きたい旅先へは仕事のことは忘れて自由な旅として行きたいから。"
行きたければ自分の仕事もおっさんの仕事も絡めずに丸々旅行気分を味わいたいやん。
せっかく欧州に行ってもおっさんの仕事優先で好きなことできる時間が限られてたら余計にストレス。
それならバタムとかプカンバルとかの自分からは行かなさそうなとこに便乗するほうが諦めもつく。
だから、バリは休暇として気ままに過ごしながら ジャカルタを含む近隣の島へのセニョ出張時は、
自分の休暇や遊び気分は割り切って出張についてってやってもいいかな?という上から目線www

で、'12年の秋バリでもおっさんの出張に巻き込まれていきなりスマトラ島へ連行されてたんですが
いつもインドネシア国内線はおっさんの職場の係員に丸投げゆえにライオンエア利用が暗黙の了解。
ジャカルタではたいていは古ぼけて蒸し暑い国内線ターミナル1発着がお約束状態なので
搭乗前は ラウンジで足ツボしてビアードパパ食べる以外に手立てはなく毎度苦痛な待機時間。
だけど、この時はDPS⇔CGK(乗り継ぎ)⇔スマトラのpekanbaruという行程だったためなのか
往路も復路もジャカルタでの国内線乗り継ぎは新しいターミナル3だったので なんか新鮮☆
多分、次の春バリ期間中も出張つきそいはあると思うけどどうせターミナル1利用な気がするんで
わすれないうちに'12年9月時点での国内線ターミナル3の様子を記録しておこうと思います。





Pekanbaruからライオンエアでバリへ戻る復路。ジャカルタで2時間ちょいのトランジット。
a0074049_18131588.jpg
T3の到着口までの構内バス。
a0074049_18133055.jpg
でも、さすがジャカルタ行き。いまや思い出せないけど、どこだったかの空港内バスのお客さんの
人相の悪かったこと悪かったこと(しかもこっちをガン見www) バスもボロすぎてあれは怖かった~。
それと比べたらこの構内移動バスはきれいだったし、お客さんも怖くなかったわいw

 CGK(スカルノハッタ空港)国内線ターミナル3到着口。建物ピッカピカ。
a0074049_18135471.jpg
バゲッジクレームも明るくて広くてきれい
a0074049_18185329.jpg
a0074049_18164887.jpg
もうこうなりゃ、無機質すぎてここがインドネシアなんだかどの国なんだかわかんないんですけど
多くの人がトランジットでも利用する空港はやっぱり安全に見えてきれいな方が気持ちいい。
かといって今ングラライ空港がそうなろうとしているように全部近代的になるのもなんだか味気ないから
CGKのように 古い形式のターミナルも近代的なターミナルも両方あるっていうのは個人的に好きかもw
a0074049_1817891.jpg
ながーい通路をひたすら歩いて出発エリアにたどりつき、エスカレーターを上がったら・・
a0074049_18173874.jpg
目の前に広がるのは きれいな飲食エリア。
a0074049_18121044.jpg
エアアジアの垂れ幕とかがかかっててまるでエアアジアのターミナルみたいw
客層もほぼローカルでごった返しているターミナル1に比べて外人の比率多し!

エレベーター上がった左手に喫煙ブース発見!!
a0074049_18245934.jpg
隔離ボックスなんですけど、悠々とニコチン補給。
a0074049_18252741.jpg
すぐそばにセキュリティさんの小部屋があってかわるがわる喫煙休憩に来る警備員
警備員質の前に なぜか セグウェイ。 こんな短いフロアでコレいらんやろwwww
a0074049_18262735.jpg
でも「こんな近代的なものもあるんだぜ!」っていう自慢げなスタッフと話してると
きれいな職場に誇りをもてて働く人のモチベーションが上がるのは多いに結構!超・微笑ましス。

同じフロアの、エスカレーター後方には外を見渡せそうな位置にラウンジがあったり・・・
a0074049_1827202.jpg
お約束の足つぼマッサージ屋さん発見 (全身もあるみたい)
a0074049_18274257.jpg
もちろん、夫婦並んで足つぼマッサージに挑戦。(私の隣の椅子では セニョ、爆睡中)
a0074049_1828189.jpg
お店は広めでマッサージ椅子の数も多いんだけど
この時は受付含めてスタッフが3人しかいなくて、私とセニョ~ルが1時間独占しちゃったもんだから
ひっきりなしに来るお客さん、みんな断られてた。中には「こんなに椅子があるのにセラピストが
2人しかいないってどういうことよ!」ってすんごい剣幕の白人がいたけど、あきらかにバイトっぽい
受付の女子は「そんなこと私に言われても・・ボスに言ってよ。とんだとばっちりだわ」って感じで
ぜーんぜん聞いてなくて明らかにうっとーしそうだったので その態度が日本じゃ考えられなくて
『たしかにそうだろうけど そこもうまく対処しての接客業だろw・・・』と心の中で店員に突っ込みながら
「あーここはインドネシア~♪」と思うと 白人さんは気の毒だけどなんだかちょっとおもしろかったw

マッサージ後もちょっと時間があったので スタバでWi-Fi繋いでみたり・・・・
a0074049_18311230.jpg
私的 ジャカルタ国内線恒例、ビアードパパのクリームパフを買ってみたりww
a0074049_18313687.jpg
ふとおっさんを探すと、向かいのお店でBakso食べてたwwww
a0074049_1832159.jpg
私も朝食抜きでおなかすいてるので ミーアヤムをオーダー (38000ルピアだったかな?)
a0074049_18321654.jpg
手前においてある"まっぷるバリ島"は、私の持ち物ではなく
このお店のすみっこに並んでた各国の雑誌棚から借りて見てたんです
a0074049_1832363.jpg
まっぷる読んで時間つぶしできたおかげで、今からバリに遊びに行く気分が盛り上がりました。
このお店の名前は忘れちゃったんですが、インドネシアのワルンっぽいメニューで
ワルンに比べたらかなり高いけど、空港で食べると思えばそんなに高いとは思わなかった記憶・・・
ってか、お店が新しくてきれいしエアコンもきいてるから快適な環境で食べれるのがありがたかったです
ミーアヤムそのものも(私にはちょっと味が濃いかったけど)美味しかったし。
a0074049_18331147.jpg
そろそろ時間かな?と思って、搭乗口に向かいます (搭乗エリア前に荷物チェックあり)
a0074049_18175611.jpg
ゲート前に行ってみたらもうすでに搭乗がはじまってたー。おっさん、急げ~!!
a0074049_18282296.jpg
もはや便名なんぞ覚えていませんが 機内の様子。きっちきちwwww
a0074049_18292457.jpg
でもこのきっちきちのライオンエアに慣れたおかげで 秋バリの国際線もLCC利用という快挙に
踏み切れたような気がするので、もはやバリからの国内線利用はライオンエアでええわw と
すっかり諦めてしまった私が誕生。ま、ジャカルターバリ間なら2時間程度だしネ。
そんなこんなで お昼過ぎに バリ島・ングラライ空港到着。
a0074049_18294179.jpg
丁度この時期、ングラライ空港も国内線・国際線ともにおおきなリノベーションの工事中。
空港内や工事現場に掲げられてる看板で 新しい空港の完成予想の姿を見ると ちっともバリらしくなくて
モダンな感じ(しかし、安っぽいw)になるみたいで、「そうする意味あるのか?」とちょっと複雑な気分。
国内線内がむさ苦しいのが改善されるのはありがたいけど、特にトランジットで大活躍する空港でも
ハブ空港でもなかろうから「バリに着いた」「もうバリを出る」っていう気分をムンムンに感じれるような
たとえ垢抜けてなくとも ご当地気分溢れる空港にした方がウケはいいと思うんだけどなー。
どこの国に着いたかわかんないような無機質な空港よりも 例えばバリ文化を残した建物だったり
南国に来た!って感じのお庭や設備があったりするほうが個人的には高まるんだけどw
それって きっと私が 仕事とか生活とかじゃなく『遊びに来る観光客目線』だからなのかな?
(細かい部分まで完成予定図を見てないのでそういう部分も取り入れられてるのかも知れないけど)

すでにバリのングラライ空港・国内線は新しくなって稼動しているという話も耳にしたんですが、
また次回の春バリでも国内線を使う機会がありそうなので、バリでは国内線部分だけでなく
工事中の空港全体がどんな感じになってるのかちょっぴり楽しみにしておこうと思います。

※ 上記はすべて'12年9月の滞在時の記録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2013-03-05 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/17407498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Sari Organik Wa... DAY 8 : Bali & ... >>