※ 今日の一言 ※ '16年の秋バリから無事に帰国しています。次の春バリまでの間に2度ほど別の国への渡航も挟みますが、ブログは'16年秋バリ記録+春バリで記録し残している分に特化してぼちぼち個別備忘録をあげていく予定です。

<< DAY 6 : Delux S...

DAY 6 : この日の朝食と... >>
2013年 02月 09日
DAY 6 : Massage At Spa Suite + ランチ買出し @ amanusa ('12年 10月)
a0074049_2049593.jpg
Bali & Beyond 7nightsのプランでは、各プロパティで1つずつベネフィットが選べまして
アマヌサでは ①マッサージ ②ビーチバレでの朝食 ③ウルワトゥ寺院ツアー④スフレクッキング
(通常なら、ゴルフもあるみたいですがこの時期はゴルフコースが改装中につき選択肢にナシ)
の中からの選択ですが 私がクッキングクラスを選ぶはずもなくw 朝起きるのが遅めの2人だから
朝食の時間にもせかされたくない。ウルワトゥ寺院にはサンセットタイムに行くのが魅力だけど
もはやバリ何十回目よ?という2人なので今更観光よりもリゾート内や近場でのんびりしたい。
そんな中、meroさんは特典についてなくてもマッサージはやってみたいと思っておられたし、
私はマッサージに熱意はないけどベネフィットなら試しにやってみたいー♪ ってタイプなので
上記のような消去法から 1時間のスパスイートでのマッサージを選択することになりました。

前日に急遽予約したので指名とか一切せず、またジヲのばっちゃん状態か?!と思いきや
なんのなんの!結果的に「特典で無料なのが申し訳ない!お金払ってでも価値ありあり!」
と思えるクオリティのすばらしい施術で 2人とも大満足。びっくりするぐらい嬉しい誤算w
本日はこのマッサージの様子と、マッサージの後は 自分たちのお部屋で寛ぐために
単独でランチ用ブンクスを買い出しにエリア内に出かけた時のことを記録しておきます。






朝食の後、スパは11:00からの予約だったので一旦お部屋に戻ったんですが
朝はシャワーのみで湯船につからなかったので時間もないから足湯だけでもと思って湯をはったら
思わず時間もないのにそのまま風呂に浸かるという"どんだけ風呂につかるの好きやねん?"状態。
でも、マッサージ前に血行よくしておくことってアリだよね??と自分に言い訳。

10:45頃、スパスイート方面に向かいます。前回の記憶を頼りに「多分、この辺り・・」とw
a0074049_20494847.jpg
無事発見~!!
a0074049_20501578.jpg
Spa Suiteは 他のスイートと全く同じ造りで 2名分の施術台が置かれています
a0074049_20522744.jpg
2名並んで迎えてくださったセラピストさん達。ふと名札を見ると「Leki」とな。
あれ?Ibu Lekiって、アマヌサのスパのチームのチーフさんじゃなかったっけ??
そんなすごい人が ベネフィットで無料サービスの1時間マッサージを担当して下さるの??

施術前に、ソファーに座ってまずはジャムウをいただきます
a0074049_20525173.jpg
カウンセリングシートを記入。(英語表記でした)
a0074049_20531752.jpg
この日、meroさんは肩の後方に蕁麻疹がでてきてたので本来ならマッサージを受けないほうが
よかったのかもしれないんですが、せっかくの機会だから・・・と、患部には触れないようにお願いして
後方のバスルームで、サロンと紙パンツに着替えます。
a0074049_20534262.jpg
カウンセリングシートを書いたときに私の前でカウンセリングされたのがLeki女史だったので、
後方から施術台のところに出てきた時に、こっちに寝転がるようにと指示されたのですが
マッサージそのものにあんまりありがたみがない鈍感な私が施術していただくよりも
患部に気をつけながら施術してもらわなきゃいけないmeroさんを託したほうがよくね?と思い
「彼女にはセンシティブなトリートメントが必要だから、彼女にやってあげて」とゼスチャーすると
わかった、まかしといて!!って感じで余裕の笑顔でうなずいて下さったので
私はもう一人のセラピストさんの方に寝転がりました。きっとこの人も上手なんだろうし
チーフと一緒に仕事する時に手を抜く人なんていないよね?・・っていう信頼もあったので(爆)。
a0074049_2049593.jpg
結果、いやぁ~さすがにレベル高い。私を施術してくださったセラピストさんもとっても丁寧で
こちらが何も言わなくても比較的こっている場所とかツボとかを中心に丹念にやってくださって
ツボが間違ってないから超きもちいいの!! 背中触られるのが苦手な私だけど
施術中に一度だって ひやっとしたりこそばかったり気持ち悪く感じなかった。 とにかく絶賛!!

終わってからmeroさんに「どうだった?」って聞くと さすがにmeroさんも「良かった~!」と絶賛。
しかも、マッサージで悪化するかも?と懸念していた蕁麻疹がひいた!! なんで?! ・・・と驚愕。

そんなゴッドハンズな女神達。 左が私の担当者(名前読み取れずw)。右がチーフのLeki女史
a0074049_20542543.jpg
参考までに '12年10月時点でのスパメニュー&料金表 ※クリックで大きくなります※
a0074049_21365637.jpg
私達が受けたのは amanusa massage (ベネフィットなので無料でしたがw)
今回は もちろん無料特典ゆえより一層お得感が大きいって部分もあるっちゃーあるんですが、
たとえ有料でもとっても値打ちがあると思います。料金発生しないのが申し訳ないくらい素晴らしくて
もっとたくさんチップ持ってきたら良かった・・・と後悔したぐらいですもん。かなり感動したー!
もし私がマッサージ好きだったら、絶対また依頼してたと思う。(ジヲの時のばっちゃとは違う意味で、だけどw)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

大満足のマッサージを終えてお部屋に戻ってきたら、気持ちよすぎて抜け殻のmeroさん(笑)
昨日のお昼にドビエルさんのバビグリンをブンクスしてきたのに味を占めた私達w
今日は Warung Liku3のアヤムベトゥトゥ(過去記事参照)をブンクスする予定だけど
早く行かなきゃ売り切れちゃうかもしれないので「よし!今日も私が単独でパシってきます!」と

アマヌサのエリア内無料送迎を利用して買出しへGO-!!
a0074049_20571110.jpg
この車が用意できる間に待ってたロビーでも、この車中でも スタッフとワルンの話で大盛り上がり。
ロビーで「どこいくの?」ってきかれて「リク3」って言っても みなさん"きょとん"状態
「ローカルワルンのものが食べたいならドビエルさんとこのバビグリンは??」と言ってくれるけど
「それ、昨日買ってきたw」で一盛り上がり。「だから、今日はアヤムにするの」というと
「じゃー、イブマンクーは??」って聞かれたので 「ウブド遠いしスミニャックも混むよw」って言うと
「ここから車で10分ぐらいのところに支店ができたんだよー。っていうよりも イブマンクーが
ウブドとスミニャックにあること、なんで知ってるの?」ときた。 いやいや有名店ですからwww
この時は、どうせこのあとチャンディダサ→アメッドと続いてmeroさんは最後にウブドなので
イブマンクー食べたければウブドにいけばいいやん・・って思ってたから詳しく聞かなかったけど
ヌサドゥア方面にもできてるなら どこにできたのかだけでも聞いておけば良かった・・・・。

そして、この日のドライバーさんは 昨日のドライバーさんとは違う人だったけど
この運転手さんとも同じような会話をして 近年の物価高騰の話でも盛り上がる車中。
「ところで、行き先のリク3ってどこ???」って不思議がられたんだけど
トラギアの廃墟の跡でやってるの。お店はあると思うけど時間が時間なのでもしかしたら
もう営業時間が終わってるかも??でも、とりあえず行ってみて!!とお願いして
やっぱり昨日と同じように 「観光客だけで行くと高く言われるんじゃない?」と心配されながら

トラギア跡に到着~。 ピークは過ぎてる時間帯だけど やってるやってる。わーい★
a0074049_20575023.jpg
お店の様子。ほんと、残りわずかだったけど無事2人前調達可能な感じ。
a0074049_213276.jpg
相変わらずお話好きでお茶目なおっちゃんとおばちゃん(カメラ向けるとまじめ顔ww)
a0074049_22121695.jpg
以前は1つ8000とかそんな感じだったけど、さすがに物価も上がり、2人前で20,000ルピアでした
つまり1人前1万ルピアってことね。以前より量が多く感じたので値上げ感は全く感じずwww
2人前ってことは、今日は私も食べる気満々っちゅーこと。(だってここのBetutu大好きだもん)


駐車スペースで私をまってる間にドライバーさんは近所の人とお話されていたようで
私が「2つでドゥアプルの良心価格だったよー!」ってウキウキしながら戻ると
「僕、ここのことは知らなかったけど ここのトパティのお店知ってる。
あそこ美味しいよね!えー、支店がこんな近くにあったんだ!!いつから??
また今度僕もここで食べてみよう♪ なーんだトパティの所の姉妹店かー!」・・・と興奮気味。
(★参考までにトパティ店の過去記事は こちら まで ★)
そんな調子で、アマヌサに戻る道中では各地の美味しいローカルワルンネタに花が咲く咲く。

やっぱり地元・バリの人なので 地元の普通の食堂の食べ物が好き!っていう会話は
とても嬉しいみたいで、お互いに美味しいと思うワルン情報の交換に余念がない私達。
クリシュナやマッベンはともかくゴアラワ近くのムルタサリの話まで私がついていけるもんだから
「なんで、そんな田舎知ってるの?」 「だって私、バリ滞在中は東部が拠点ですもん」って大笑い。
・・ってかそれらはアマヌサのゲストにはマイナーかもしれないけど、観光客にも人気で超有名だよー
でもデンパサールの中心地とかには全く疎いからどっかおすすめ教えて~!って聞くと
このドライバーさんのイチオシは、デンパサールでは有名バビグリン屋さんのチャンドラと
場所と名前書いた紙が今手元にないんだけど、某ナシチャンプル屋さんとのこと。
ありがとう、機会は少ないかもしれないけどまたその付近に行ったら行ってみるよ!!と約束。

のちほどお部屋で食べた時に開封した写真。
a0074049_2133863.jpg
・・・というわけで、次はこのお持ち帰り品でのランチの様子も含めて
アマヌサで3泊4日を過ごした私達のお部屋@Delux Suite#24の記録をしておきます。

※ 上記はすべて、'12年10月の滞在時点での記録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2013-02-09 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/17216485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< DAY 6 : Delux S... DAY 6 : この日の朝食と... >>