※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です

<< DAY 5 : みゆ大統領よ、...

DAY 5 : Breakfa... >>
2013年 02月 02日
DAY 5 : 大好きな Beach Clubでの~んびり。@ amamusa ('12年10月)
a0074049_149256.jpg
Aman Resorts・Bali&Beyondのプラン中、アマンジヲでは早朝のボロブドゥール観光
アマンキラではボート&シュノーケルツアーを それぞれ一番の楽しみにしていた私ですが
アマヌサで一番楽しみにしていたのは 「とにかくビーチクラブでのんびりしたい。」ってこと。

この時期は、近所に大規模なホテルが開業する前だったりゴルフ場の改装工事中だったので
予約問い合わせの時点で 騒音害がありそうならアマヌサは選択肢から外す気だったんです。
ただでさえ来年の大きな国際会議に向けて大規模な工事だらけの南部エリア。
そんな中、もし滞在中にビーチクラブ周辺が煩いならアマヌサ滞在の魅力が激減しちゃう。
そんな思いがあって、事前にホテルに秋ごろの状況予想を問い合わせたところ
確かに周辺の環境の変化は否めないけど、重機が入る工事は一旦終わっているので
その頃なら騒音害については大丈夫。ビーチクラブも静かです。という回答をいただき、
周囲が万全の状態ではないことはある程度覚悟の上でのアマヌサ滞在となりました。

そんな感じで この時は多少の不安を感じながら向かったビーチクラブでしたが
実際に過ごしてみれば 以前と変わらず静かで美しく、周囲とはまるで別世界のような空間に
「さすが・・・!」と感動することしきり。やっぱりこのビーチクラブ、大好きです❤
ここで過ごす為だけに またアマヌサにリピートしたいと思うぐらい!!
今日は、そんなビーチクラブでのひとときを この日のランチも含めて記録しておきます。





一旦部屋に戻るのも面倒だしちょっとでも早くビーチクラブでダラダラしたい思いが強すぎて
朝食に向かう前から既に洋服の下に水着は仕込んでいる段取り上等な私達。
朝ごはんを食べ終えたら、ライブラリーで本を借りてその足でビーチクラブに向かいましょう

ビーチクラブまで運んでくれる車に乗って、いってきまーーす
a0074049_1541228.jpg
前回は雨期明け直後の緑の季節だったのもあって、整備された木々やゴルフ場の芝を愛でながら
ビーチクラブに向かった記憶があるのですが、今回は乾季終盤のもともと緑が少ない時期で
さらに、ゴルフコースの大規模なリノベーション中で芝生も木も根こそぎ撤去されてて
海までの道中が砂漠状態だったので、残念といえば残念なんだけど、新鮮っっちゃー新鮮。(なのか?)
a0074049_1545130.jpg
ゴルフ場が新しくなるまでビーチまでの道中の芝生の緑とリゾートな雰囲気はおあずけかな?
a0074049_18275218.jpg
これだったら、セントレジスのビルディング棟の上層階からの眺めにも
ちょっと影響あるのかな?緑が広がってるのと砂漠の工事中状態じゃ~印象違うもんな~。
重機などが入っていない時期だったので騒音は一切なかったけど、砂埃っぽさも否めないし。

それでも、ビーチクラブの前まで来ればハゲハゲの周囲を感じさせないのがイイネ!
a0074049_18304516.jpg
AM 10:30 待望のビーチクラブに到着~。以前と変わらない風景に興奮★
a0074049_18313357.jpg
これよ、これ!ここで過ごしたくてアマヌサに滞在を決めたと言っても過言ではないっ!
a0074049_18325166.jpg
数にもスペースにもゆとりがあるから場所とりの煩わしさがないのもいいっ!
a0074049_1835779.jpg
横にダイニングテーブルもあるバレに陣取ります
a0074049_1836124.jpg
場所が決まればスタッフはバレの前のサンデッキも整えてくれます
a0074049_18364335.jpg
本日の私達の陣地。 蔦亀子さんもご満悦。え?亀子さんがどこに居るかって??
a0074049_18371098.jpg
ズ~~~ム!!
a0074049_18374355.jpg
何度見ても惚れ惚れするビーチクラブなんですけどっ。
a0074049_18381918.jpg
 蔦亀子さん、心なしかいつもよりゴキゲンさん。
a0074049_18384973.jpg
個人的には バリ島って"ビーチリゾートとしての海"に期待できる旅先ではないと思うんだけど
(バリのビーチがイケてないっていうよりも 海目的なら別の国の海域の方が満足できるんじゃね?ってニュアンス。)
それでもこの青い空と バリにしては白めの砂浜と そこそこプライバシーもある設備は
海で遊ぶ云々ではなく、ビーチでのんびり過ごすには申しぶんないと思うんです。
a0074049_18435643.jpg
時々お隣のアヨディアからビーチ沿いに歩いてる人も居るので全くの無人ではないんですが、
波打ち際からバレまではゆるやかにこんもりとした山のような地形になってることもあって
バレにいたら波打ち際の人通りがあまり気にならないという造りも優秀だと思います
海側から見たビーチクラブの設備。 ちょっと坂になってるの、わかります?
a0074049_18393580.jpg
ここで、2時間ほど本を読んだりスマホいじったり(Wi-Fi繋がりますw)おしゃべりしたり・・・。
ビーチスタッフと話してて、今日のお昼は近くのワルンでバビグリンを食べるつもりなので
食べたらまたビーチに戻ってくるね~って言うと 「買ってきてここで食べれば?」と嬉しい一言。
「持ち込んでもいいの??」って驚くと、「勿論!! バビグリンはビーチのメニューにないしネ!
バビグリンってことは Bp. Dobiel (Sari Dewi)でしょ? 車呼んであげるから待ってて~」

・・・ってことで、とんとん拍子で段取りが進む。うーん、話が早くてストレスフリー♪
もちろん使いッ走りはパシリ隊長の私の役目w 買出しの間、meroさんはビーチでお留守番なり~。

ビーチスタッフいわく、「ドビエルさんとこは定価がないから観光客はものすごく高い値段を
言われるから 車の中に居てドライバーに買ってもらう方がいいんじゃないか?」とのアドバイス。
でも私的には 「アマヌサの制服来たスタッフがみるからにゲストのおつかい状態でブンクス買うより、
見た目的に近所のローカルっぽい私が行った方が安いんじゃないか?」との自虐的予想www
なんでも、(肉の量とかもあるんだろうけど)1つ7万ルピアと言われたゲストも居るらしく
それじゃー逆に 私ならいくらに設定されるか?を楽しむのもアリじゃね??と 挑戦する気満々。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ちうわけで、ヌサドゥア内送迎無料のホテルカーでSari Dewi (Bp. Dobiel) に向かいます
a0074049_18445553.jpg
この運転手さん、みゆさんとの滞在時にビーチクラブまで送ってくれた方だったのですが
あの時は うちのおっさんの話で異常に盛り上がった・・ということもあって「覚えてるよ~」状態で
バビグリン屋までの道中の会話も弾む弾む。ここでも「ドビエルさんとこ値上げすごいよー」
って話になって 「ウブドのイブオカでも値上げっぷりはすごいよねー」ってインフレ話に花が咲く。
今回、私はお腹すいてないしバビグリン事体もあんまり好きじゃないからバビグリンはmeroさんの
分だけで、私はビーチクラブでサラダか何かをオーダーするつもりだったのもあったので
「ブンクス1人前だけだし所詮ローカルワルン価格。少々ボラれてもかまへんかまへん。
meroさんに食べたいものを食べていただくことが優先なんだから・・・」っていう気持ちで

結局、車はちょっと離れたところに置いて私が一人で乗り込む形で挑戦
a0074049_18452114.jpg
相変わらずロボットのようなおやっさんでしたが、待ってる間になんやかしカタコトで
話をしていたらちょっと和気藹々気味になって、「1ブンクスでスープもほすぃー」というと
忙しそうにしていた息子だかスタッフだかをわざわざ奥から呼んで 「スープ入れてやれ!」と
指示してくれたので 「あれ?この段取りの良さはサービス料含む高値の予感??」と思ってたら
結局 お会計は3万ルピア程度だった(35,000だったかも?)という拍子抜けな結果。
'08年にここで食べたときは多分Rp.15000未満だったと思うけど物価も高くなってるし
5万ルピアぐらいふっかけられるかな?と思ってたから3万程度なら全然アリの範囲。
でもそれって 高額取れる観光客とみなされなかった・・ってこと?? ・・・少々複雑な気分(爆)
つか、3万ルピアなら十分観光客価格だろうからしょげるでないぞ、俺wwww

運転手さんにはそのままアマヌサのビーチクラブに運んでもらいました
a0074049_18455150.jpg
ちなみに翌日の昼も別のワルンにブンクスおつかいに行ったんですけど
翌日のドライバーさんはまた別のスタッフ。でもローカルワルンの話をすると皆さん盛り上がる×2。
いろいろ教えていただいて車中がとても楽しかったです。(その時のお話はまた明日の昼のトピで)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さて、おつかいのブンクスを抱えて"最高のビーチクラブ"へ戻った私。
入口のキッチンパントリーのところでお皿とスープボウルとカトラリーをお願いして
午前中から陣取っているビーチバレに戻り、ランチの準備がはじましました。

前もって2人分のドリンクと 私のランチ用のサラダをオーダーしていたので
バビグリンとスープもおっぴろげて ランチタイム突入で~す★
a0074049_18462874.jpg
しあわせなんですけどぉ~
a0074049_1847075.jpg
私は、サラダ系のものが食べたくてビーチスタッフお勧めのものをオーダーしたんですが・・・・・・
a0074049_18473165.jpg
タイ料理に力を入れてるようで、タイとかベトナムっぽいオリエンタルサラダでした・・・
美味しいしパクチーも大丈夫だけど私の食べたいのとは違う。メニューを読むべきだった、と反省。
私としては 前回食べたサーモンのサラダのようなものが良かったので、サラダのお勧めを聞いて
エビのサラダと言われて「それにする」と答えてしまったのが敗因。タイ風ならそう言ってくれよ(泣)
ちなみに、レシートによりますと このサラダは Seafood Salad (Rp.200,000+21%)
ドリンクは Bintan Beer (Rp.55,000+21%)、Bali Breeze (Rp.175000+21%)でした。

それでもこの目の前の風景があれば 大満足!!
a0074049_1848162.jpg
ここで寝転がっていれば時のたつもの忘れてしまいます・・・。
a0074049_1848517.jpg
結局、10:30から15:00すぎまで 何をするでもなくここでの~んびり過ごして
(途中私は買出しに行きましたがめっちゃ近所なのでビーチクラブを離れた時間はわずか20分未満)
そろそろプールサイドの直射日光もやわらいでくる時間帯だし 水着着込んでるついでに
今からメインプールに寄ってプール遊び&プールサイドで寛ごう!ということに決定。

そうと決まれば、車を呼んでもらってビーチから丘の上に戻りましょう。
a0074049_18492184.jpg
これ、アマヌサのお部屋の一番前の列のあたりなんだけど
お部屋のすぐ目の前はまだアマヌサの敷地で芝生があって緑なんだけど
その向こうのリノベ中のゴルフコース部分が ごっそりと砂漠状態なのがちょっと悲しい・・・・。
私達の部屋から見える範囲では全く影響なかったんですが、最前列の部屋なら見えちゃうのかな?

初めての訪問なら違和感はないかもしれないけど、緑の絨毯が続く印象を気に入ってたので
以前のようにビーチへの移動中の風景もリゾート気分を味わえるように戻れば最強だと思うんです。
そんなわけで、滞在そのものには影響がないとはいえ 周辺の工事、はやく終わってほすぃー~!

※ 上記は すべて '12年10月の滞在時点での記録です ※

★★ '09年4月滞在時のビーチクラブの様子は ⇒ こちらの過去記事でどうぞ!★★

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2013-02-02 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/17215920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< DAY 5 : みゆ大統領よ、... DAY 5 : Breakfa... >>