※ 今日の一言 ※ '16年の秋バリから無事に帰国しています。次の春バリまでの間に2度ほど別の国への渡航も挟みますが、ブログは'16年秋バリ記録+春バリで記録し残している分に特化してぼちぼち個別備忘録をあげていく予定です。

<< DAY 2 : Breakfa...

DAY 1 : バリからジョグ... >>
2013年 01月 06日
DAY 1 : Makan Malam At The Main Dinning @ amanjiwo ('12年10月)
a0074049_22991.jpg
バリから約1時間のフライトでジョグジャの空港に着いたのが16:00前。
空港ラウンジで休憩後2時間ほどのドライブ移動を経て18:00すぎにたどり着いたamanjiwo
お部屋での荷解きもそこそこに2人が向かったのがメインダイニングのテラスレストラン。
この日は移動メインの1日なので、到着後はおとなしくリゾート内で夕食をとりのんびりする予定。
この時点で秋バリ1ヶ月経過の私はともかく、meroさんはまだインドネシアに到着して24時間程度。
ジヲ初日はインドネシアに来た気分を盛り上げるためにもまずはご当地メニューを味わおうってことで
出発前からMakan Malam という"ご当地リスタフェルメニュー"を選択すると決めてたんです。
個人的には ジャワの料理は苦手(私にとっては味が濃い過ぎて甘すぎるw)なので
ウエスタンメニューのあるダイニングだったら間違いなく滞在中は西洋食を選択してしまうはず。
だから私にとってはこれってちょっとした冒険。それゆえにこの機会がとっても楽しみ~★

・・・・・ということで、本日は到着直後の夕食とダイニングの様子を中心に記録しておきます。





私たちがアサインされたお部屋は Borobudur Suite #26 (お部屋のレポはまた後日)
このお部屋の位置ってのが レストランから見ると2段下で田んぼの前の列なんですけど
まーっすぐ降りたところなので移動がラクチンで方向音痴の私でも迷子になる心配皆無な好立地。
お部屋を出て目の前の階段を登ると、 更なる階段の先にレストラン
a0074049_222895.jpg
お昼のレストランも素敵だった(9年前の記憶w)けど、 夜も麗しス。
a0074049_23698.jpg
どこへ行っても何らかのお花のいいにおいがするんですけど、 ここでもバッチリとアロマ効果
a0074049_25678.jpg
多分内容は何日毎かに替わるかと思いますが'12年10/12時点でのメニューはこんな感じ。
MAKAN MALAM (1人前 Rp670,000 +21%税サ) ※クリックで少し大きくなります
a0074049_291173.jpg
まずは、グラスワイン (Rp180,000++)と、ジヲ・フルーツパンチ(Rp110,000++)で乾杯♪
a0074049_255661.jpg
おつまみはお約束のkeropok & sambal
a0074049_255216.jpg
スターターの Bebalung Iga (牛リブのスープ)
a0074049_262088.jpg
お味はしっかりついてたけど くどくなくてスターターとしていい感じ~ でした

そうこうしているうちに 給仕さんがたくさんのお椀が乗ったお盆を携えてやってきましたよーん
6種類の料理をすべて説明し終えたら お皿に少しずつ盛り付けてくれまーす。
a0074049_2175620.jpg
こちら、6つのお椀+中央のごはん籠にはそれぞれ2人前分が入ってます。
何も言わなければどんどん盛ってくれるので 「あ、これちょっとでいいです」とか言いながら
一通り、全種類のお料理がのっかりましたーw
a0074049_281512.jpg
写真しょぼくてサーセンw  奥から時計回りに ①Ayam Bakar TaliwangSingpang Ikan
Rendang DagingOseng Oseng Daun TeloLawarBesengek Tempe
a0074049_283489.jpg
びっくりしたのが⑥.なんつーか、【白いテンペ】 ココナツミルクで煮てあるのかな?
豆&豆製品は大好物だけどテンペだけは苦手な私w それがなぜかと言うと、田舎ナシチャンでは
テンペは甘辛系のねっとりとした味付けをしているものが多いのでそれが苦手なんっすわ。
だから素揚げのテンペとかは好きなのよねー。一方、この白いテンペは初めての味わいでしたww

他の料理も、地元食堂でたべるほどのパンチはないのですが ちゃんと美味しく食べられて
スパイスの調合から手をかけたとわかる丁寧な味。それを洗練といえばいいのかな?
全体的に辛くないし庶民派店ほど甘すぎもしないので 外国人にも食べやすくしてありました。

ローカル食が大好きな人にとっては パンチが足りず物足りない上に高額なのがネックでしょうが
例えば 両親と一緒の時とか 「本当なら普段から食べ慣れたものを食べたいけどせっかくの
旅行中なんだからご当地料理も試してみたいな」・・って人にはおすすめできると思います。
1度の食事でいろいろな単品をいくつかオーダーするほどの大きさの胃袋もない私にとっては
ご当地料理を少しずつ味わえるというスタイルも嬉しい。この中で気に入ったものがあれば
この後の滞在中にオーダーするインドネシア料理の単品メニューの参考にもなるし。
周りのゲストを見ていても、このマカンマラムのセットメニューをオーダーされてる人が多かったです。
その1組1組に それぞれ給仕さんがつくのですが うちらーの担当が年配の給仕さんだったのも嬉★
だって 若い子のフレッシュさよりもベテランの存在感の方が俄然、この場の雰囲気に合うんだもん。

デザートは Bubur Ketan Hitam w/ Coconut Ice Cream & Bika Ambon
a0074049_285193.jpg
ブブールインジンはとても美味しかったし、不思議な食感のケーキもおもしろかったけど
元々アジアのデザートにあまり食指が沸かないのでデザートそのものに特に大きな感激はなくw
食後のあまいもん+コーヒーというゆっくりした時間を堪能という点において満足。といった感じ。

ただ、写真ではお料理の入ったお椀は小さく見えますがけっこう量多いんですよねー。
私達は2人でそれぞれの料理の半分ぐらいを食べるのが精一杯だったので
量的には1人前のオーダーをわけっこで十分だったのではないか・・・というのが 結果論です。
(確認はしていませんが、2人分以上から とかのオーダー規制はなかったと思います。)
それならあと1人分は 単品やデザートを他のメニューの中から選べば他のものもお試しできるし・・。
でも、この場の雰囲気から考えたらそんな現実的で合理的なオーダーよりも、こうやって
2人前頼んで宮廷気分ってのが合ってる気がするから 必ずお腹をすかせておくべし!ですね

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

で、私にとって食後のコーヒーのその後に必要なもの・・・それはニコチン補給(笑)
ダイニング部分はもちろん禁煙なので、一服する為にバーエリアの方に移動しま~っちゅ
a0074049_2141422.jpg
この後、散歩がてらにロビーホールにあるレセプションというかコンサージュデスクに
滞在中のアクティビティの相談・ベネフィットの確認・各種予約などをしに行ったんですが
Jamus Brown のようなヘアスタイルの イブに目が釘付けwwww
a0074049_2101411.jpg
この Ibu JB(仮称)。各部署に電話で問い合わせや手配をする際もかなりいいキャラを発揮。
なんつーか、私 彼女に釘付けっす。(滞在中レセプション前を通る時はかならずJBの存在チェックw)

彼女におすすめアクティビティなどを聞いて、選べるベネフィットには明日のマッサージを選択。
希望時間にスパスイートが埋まっている上女性セラピストが1人しか用意できないとのことで
「私は男性でもいいよー」と答え明日の 11:00からのお部屋でのマッサージ2名分の予約、無事完了~。

最終日にチェックアウトからフライトまでの時間を使ってプランバナン観光にも行きたいので
その旨も彼女に相談し、あれよあれよという間にガイドの手配や当日の段取り完了。
あと、滞在中にリゾートがおすすめするピクニックランチかダイニングを体験したいね~ってことで
明日の夜はロマンティックディナーをお願いしようということになり、どこで開催するかの場所選び。
今の時点ではDalem Jiwo Suiteが開いてるけど もし明日に急なチェックインがあったら
別の場所にセッティングしますねー・・ということで こちらも段取り完了!あー仕事がはえぇ~

そして、チェックインの時に ダウンアットボロブドゥール&インテレクチャルツアーの参加日を
明後日の早朝にする、と決まったのでその旨の集合時間や段取りの再確認。

これで、当座の「決めておいたほうがいいこと」はすべて手配終了~。 さんきゅ JB w

さ、今からお部屋に戻ってアンパッキングしてお風呂入ってゆっくり休むとしますか★

※ 上記のメニュー・料金・内容等はすべて '12年10月の滞在時点での記録です ※


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2013-01-06 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/17084489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< DAY 2 : Breakfa... DAY 1 : バリからジョグ... >>