※ 今日の一言 ※ '17年の春バリが始まっているのに1か月以上放置しとりました。ブログはこの春バリの滞在中にダイジェストを逐一UPし、いつものように帰国後に個別で印象深かったことを順次詳細記録する予定です。この春も俺なりに楽しんでおりますぞ★

<< 年のはじめのごあいさつ

Tower Room#34@T... >>
2012年 12月 30日
Tower Room#34@Tegal Sari Accommodation ~屋内とサービス編~ ('12年9月)
a0074049_23485674.jpg
存在そのものが衝撃のタワールーム#34Tegal Sari Accommodation (公式サイト)
おもろすぎる外観&すごすぎるビュー編に続きまして肝心のお部屋内の記録を・・・。

実は、この滞在の2週間前にsawahsawahさんが1週間ほどテガルサリに滞在されており
その時期、彼女のお気に入りのお部屋が埋まっていたため3泊ずつカテゴリーの違うお部屋を
とっておられました。前半はこの#34でしたが 私が東部から日帰り1泊で遊びに行った日は
別のお部屋に滞在されており、その時に彼女が泊まっておられたお部屋も見せてもらったし
私の滞在中にお会いした常連のゲストさんのお部屋にも遊びにいかせていただきまして
それはどれも人気のお部屋だったんです。そうやっていくつかのお部屋を比べてみたら
正直、お部屋単位での設備やサービスやコスパを考えると やはり総合的・一般的には
以前からの人気部屋の方がお薦めだし ゲストから絶大なる支持を得て当然だと思う。

だけどね モノズキの好奇心を満たしてくれるのはやっぱりTower Room #34
つっこみどころがいっぱいでオモロすぎて そういう部分がとても気に入ってしまった私wwwww





さすが、建って1年未満・リノベ後数ヶ月。明るくてきれいな部屋です
a0074049_2351468.jpg
想像していたより広く感じるのは窓の部分が大きく圧迫感がないからかな?
a0074049_095957.jpg
なかなかイカシタ屋根裏部屋でしょ?
a0074049_0101798.jpg
a0074049_23524752.jpg
この扉の向こうがバスルーム
a0074049_23532087.jpg
もちろんこの狭さなのでバスタブなんぞありませんwwww
湯量は1人分で精一杯 (だけど一人滞在なので問題なし!)
a0074049_023913.jpg
狭いのは全然OKだし、むしろこんなスペースにここまで配置した根性に乾杯♪
これ、外人さんやがたいのでかい男性にはトイレもシャワーも狭すぎるぞ。女子でよかった★
それでも女子のはしくれとして 女子だからこそ困るのが「ものを置く場所がない」ってこと。
トイレのタンクの奥に三角のデッドスペースがあったので、せめてそこに(いや、修理とかでタンク
開けるとき邪魔ならもう少し上でもOK) 板を張ってくれたらモノ置けるのになーーーと思ったり。

それと、鏡の位置!まず、便座が邪魔なんで洗面台横から上半身だけ右にぐねらんといかん。
しかも背の低い私にとっては、そもそも設置されてる位置が高すぎて見えんのですけどwww

で、シャワー下の床の段差が浅いので水が排水されるまでに洗面エリアまで侵入してくるから
洗面所にはいったら足びっちゃびちゃwww お部屋そのものは新しいし掃除も丁寧だけど
水周りが築年月以上に年季を感じるのは、このお部屋が毎日掃除の対象ではないからかな?
たとえば2週間ずーっと滞在してる人が 毎日や せめて2-3日に1回掃除をオーダーしたら
そこそこきれいに保てるだろうケド1週間に1回とかしか掃除をお願いしないズボラさん、または
ドケチさんだったら確実にお部屋が痛むのが早くなるよね??そういう点が不安材料かな、って思う。
a0074049_23545632.jpg
洗面所の前の窓を開けるとこんな眺めw
a0074049_23552054.jpg
The Pondのお客さんビュー(笑)
a0074049_040525.jpg
サンライズもこの窓から見れますよ~!
a0074049_2357367.jpg

なぜかこのコンパクトでこじんまりした空間が無性におちつくんですけど・・・・
a0074049_23592221.jpg
ピシっと整えられたベッドメイキングはプロの技。
a0074049_23575557.jpg
どういうところがプロかといいますと、ベッドの両側に柱の角部分が一部めり込んでるのに
皺ひとつなくピシーーーっと伸びててマットレスの下にきちっと折り込まれてるんです!
わかります? プロの仕事っぷりwwww
a0074049_23575243.jpg

お部屋の中で一番のお気に入りスペース。 ものっすごーおちつくんよね・・・
a0074049_221366.jpg
お部屋の備品はこんな感じ。 (他に 内線&外線対応の電話・灰皿・トイレットペーパーなど)
a0074049_23583436.jpg
ランドリーバッグと料金表もありました。
a0074049_2182376.jpg
タワールームの別料金表 (通常の部屋とは違い、基本サービスも課金方式です)
a0074049_1594483.jpg
差込口3つの延長コードとhardy'sで250円ほどの電気湯沸かし器はドリフから持ち込みw
a0074049_23583782.jpg
他に、マグカップとスプーンと紅茶のティーバッグやドリップコーヒーも持ち込んでます。
ドライヤーは普段から使わないのでお出かけお泊まりの時には持ち歩いていませんが
ロスメンやゲストハウスに泊まる時は吸収力が強力なドライ用タオルは持って行きます
バスルーム用濡れてもいいスリッパ(ビーチサンダルとかでオッケー)も役立ちました。
シャワーのところの段差が少ないのですぐに水が洗面所まであふれるんよねー

あと、持込推奨なものは小アリ除けのチョークかな?(HITのやつ)
こんな高い位置なので蚊はいなかったけど小アリの行列がすごかったもんで・・・・

不便だったのは姿見がなかったこと。幅は狭いけどバスルームの扉に向かって右横の壁なら
ばっちり設置できそうなのに!許されるなら勝手に買って部屋に贈呈したいぐらい・・・。
a0074049_024161.jpg
a0074049_02379.jpg
夜になると更に増す 一人暮らし感w 昭和の終わり頃のレオパレスですか?(爆)
a0074049_053047.jpg
なんというか、圧倒的な孤独感 w

室内灯は明るいけど、白くてわびしーい色合いなので生活感がむんむんと漂いますwww
(バスルームの灯りは黄色くて優しいので風呂場の電気だけつけると雰囲気良くなりますヨ!)
で、生活臭を更に盛り上げるのが扇風機。 いくら私でも夜寝る時は窓もドアも閉め切るので
エアコンのない部屋は風が通らず暑いー。で、おのずと扇風機をスイッチオンするんですが
これがなかなか音も風力も勢いありすぎて爆笑してしまう私。 昭和かよ?、と。(笑)
そんなツッコミどころ多々で不完全なところも 逆に愛おしくなってきて 妙にテンションあがるw
多分それは この部屋があまりにも「はじめてのひとりぐらし感」を かもし出していたから
孤独感やわびしさよりも、若き日の希望に満ちてわくわくしてた気分を思い出したからかも??

お部屋は2人まで滞在できる料金設定だそうですが、2人で過ごすには厳しい空間(笑)
だけどこの景色や、おもしろルームっぷりは1人で味わうのがちょっともったいない気分。
滞在2日目にはお昼前から夕方までaiちゃんがジンバランから遊びに来てくれたので
夕方はテラスで足をブラブラさせながら2人でのんびりお茶タイムを楽しみました★
a0074049_024497.jpg
遮るもののないこのビューが最高の贅沢。
a0074049_033472.jpg
現在はお部屋代が20万ルピア+10%税で1泊の合計が22万ルピア (定員2名)
その基本料金に ベッドのシーツ交換15000ルピア+税、お部屋のお掃除30,000ルピア+税
バスタオルの交換1つ5000ルピア+税、プール使う場合のプールタオル5000ルピア+税 等
(他のカテゴリーの部屋なら無料のウブド中心地までの無料送迎もこの部屋のゲストは課金制です)
希望に応じて追加料金が発生するので、例えば掃除とバスタオル&シーツ交換を毎日頼んだら
結局1日264000ルピア。 それだけあれば 確かにあの眺めは無理だとしても ウブド内で
エアコンもミニバーもバスタブもついた清潔なゲストハウスがほかにもあるっちゅーのw
だから個人的には このお部屋は決して節約志向&コスパ重視の人向きの部屋だはとは思いません。
むしろもう少し出せばテガルサリの他のカテゴリーの部屋で、もっともっと快適に過ごせるファシリティと
追加料金不要の基本サービスを受けられるのだから そっちのほうがよっぽどコスパいいぞ!
そう思うと 私がこの部屋を選ぶのは 安いからとかじゃなくて とにかくオモロかったんです。
もともと設備面においては十分でない部分も多いから不満な点はあって当然なんだけど
テンション高めにチェックインした私はそれをも含めてトムソーヤ状態を楽しめたんだと思う。

でももしもロウな気持ちの時にあの部屋で過ごしたら、あのポツネン感は
まちがいなく"取り残されたような気分"に追い討ちをかけるんだろうなーとも思っちゃうw
だからこそ sawasawahさんの滞在レポは 「逆に、わかるわー。説得力あるわー」と思っちゃった
★★大変参考になるsawahsawahさんのレポはこちら ⇒チェックイン編 ・ こんな部屋編 ★★

私自身は・・と言いますと単純に楽しくて ワクワクトムソーヤ気分の興奮が忘れられなくて
チェックアウトの時に'13年の春バリ滞在中の日程で3泊分を予約しちゃったわい
だって、この部屋って不備は多いけど新しくて明るくて清潔っていう部分はやっぱり強み。
3泊程度ならバスタブがなくても我慢できるし ドリフから小荷物&バイクで気軽に行ける。
つか、年月がたってくたびれたり建物が劣化してしまわないうちにもう1回泊まっておく魂胆w
でも去年の春バリ@ウブドの時、ひどい雷雨の夜があったので時期的にこわいわー博打やわー

実は GWダイジェスト<後日ダイジェストでこの部屋のことを書いて以降何通かの質問メールがあり
みなさん「宿に連絡したら予約不可といわれた」とのことで、その中にはテガルのリピーターさんも
おられたので「あれ?単なる一見お断りとかではなさそうだな?」と不思議に思っていたところ
秋の滞在で知ったんですが、本来はウォークインの長期滞在者をターゲットとしてるようで
たまたま行ったら空きがあった場合は 誰でも&1泊ぽっきりでも泊まれるみたいなんですが
「実際にインスペクションして決めた人やこの部屋に泊まったことある人のみ予約可能」とな。
会話上 テガルサリのリピーターという括りではなく この部屋のリピーターという括りだったのは
既存の部屋とは設備やサービス内容が違うから この部屋の独自のシステムを理解した上で
それでもここが気に入って泊まりたいと思う人だけ歓迎というスタンスなのかな?と感じました。
あるいは、階段という難関もあるし事故が起こっても大変なので 子供や足腰の弱い人や病人や
酒飲んで我をなくすようなタイプの人は スタッフ判断でお断りする為に面通し的な意味も兼ねて
誰でも彼でも簡単に予約できないようなシステムにしているのかもしれないなー・・とも深読み。

ちうわけで 次の春バリでもしつこくこちらにお泊りすることが決まってるので
スタッフのことやテガルサリという宿全体の記録は 次の春バリの後にまとめて記録する予定です。
いやほんと、この楽しい部屋を体験できたのもsawahsawahさんからの情報のおかげさま。
めちゃくちゃ感謝してます!!sawahsawah先輩、ありがとねー

あたしゃ 好きだよ、あの部屋! (爆)

※ 上記はすべて '12年9月の滞在時点の記録です ※

★★ 追記 : '13年春バリでの再訪&お部屋の変化記録は ⇒ こちら でどーぞ! ★★
★★ 追記2 : '13年秋バリでの再々訪時の変化などの記録は ⇒こちら でどーぞ!
★ 追記3 : '14年春。#34への4度目の滞在時はたんぼが水鏡。その様子は⇒ こちら で!★
★ 追記4 : '15年春。5度目の#34では周囲の風景に大きく変化あり。その記録は⇒ こちら で!★
★ 追記5 : '16年4月。6度目の滞在での周囲の環境の変化などの記録は⇒ こちら で!★



[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2012-12-30 23:55 | bali & indonesia | Trackback(1)
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/17067721
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Matur suksem.. at 2013-01-14 15:07
タイトル : Tower room,#34はこんな部屋。@Tegal ..
はぁー 萎えるわー 脱力だわー どうしてレセプション丸見えの部屋なんか取っちゃったんだろ。。 Lのいなくなったレセプションをしみじみ眺めてた。 時計を見ると、check-inしてから既に4時間も経ってるぢゃないか。。 うっしゃー! ヤルことやっちゃお。 慌てて、バックからカメラを取出しリノベーション後の撮影。 まともに撮れてないのはお許しを 今年3月にインスペクションしたその時の記事はこちら 予約時は、150,000Rp/nightだったのが、5月以降値上げで220...... more
<< 年のはじめのごあいさつ Tower Room#34@T... >>