※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です

<< 初日の午後からは歩く・歩く・歩...

そして、上海再び ★ ~MYK... >>
2012年 07月 25日
旅の幕開けは ローカル食堂の紅焼肉から 【'12年・新年会@魔都 その①】
a0074049_23272525.jpg
2012年1月3日朝7:30。関空に集合したPIP31-ピーアイピーサーティーワン-(pipiちゃん)と 私。
お正月3が日ということは出国ラッシュのピークは過ぎた後なので交通渋滞も空港内混雑もなく
空港で無事に合流できて、出航時間も少しだけ早まって、とんとん拍子の旅立ち。

初日の予定は、到着後ホテルにチェックインしてその足で どこか食堂的な店でランチをとり
pipiちゃんリクエスツの骨董市をめぐり、あとは気分次第でどこかへお買い物に・・って感じ。
食事は適当に、歩いてて気になった小汚い店とか屋台とかでB級食を楽しむ方向で。
本日は、出発から現地到着。そして到着後の腹ごしらえまでの備忘録をば・・・・・・・。





無事に定時よりも関空を早く飛び立った中国国際航空(公式サイト)164便。
とりあえず、機内で軽~く本日の行動目標と段取りを確認しつつ出されたしょぼい軽食を食べ、
案の定 食べ終わったころにやってくる「はじめての飲み物」のシステムに笑いながら
2時間半で 浦東国際空港に到着。前回と違ってイミグレでもそんなに時間はかからず
当初は 両替⇒明日MYK48(みゆ大統領)を迎えに行くゲート確認⇒タクシーの予定
だったのが、機内で急遽リニア移動に決まったので ターミナルが違う明日のお迎えの到着ゲートの
予習をすっとばして、意外と遠いリニア乗り場まで直行する私達。両替してリニアの切符を買って、
座席にひじ掛けがないリニアちゃん、またまたこんにちわ。
a0074049_253240.jpg
壊れたデジカメで適当に撮影する私とは違って、
リニアを前にがっつりとデジイチをかまえるpipiちゃんにまたまた鉄子疑惑再発www。

龍陽駅到着後は、前回学習した疑惑の"龍陽駅タクシー"は避けて今回は地下鉄移動
まずはホテルに荷物を置いてから町歩きをしようってことで、私たちの目指す駅は
初日の「寝るだけ宿」のある常熟路駅。 7号線で1本で行っちゃうか、乗り換えの練習を兼ねて
2号線で行って人民広場駅で1号線に乗り換えるか・・の選択肢があったんだけど
結局どっちを使ったのかすっかり忘れたよー。やっぱり要所要所写真とっとくべきだった(笑)

私たちが今夜泊まるプチホテルは駅から近かったのであぁだこうだ言いながらも無事到着
チェックイン時間より早かったので荷物を預けるだけのつもりが、既に用意ができてたらしく
チェックイン&お部屋通してもらえたので、荷物を置いたらすぐにお出かけの準備です★
(この日の宿 @ Lapis Gela Boutique Hotel の記録はまたおいおい・・・)

そして、2人はがっつりと防寒着を着込んでお昼ご飯に繰り出します
寒いの苦手な上、タクシーや地下鉄を使うとかしてラクをしたいのは山々なのですが
明日はロスタイムをなくすために、私が一人でみゆ大統領を空港に迎えにいくことにして
その間pipiちゃんは 若い好奇心を満たすべくソロ活動できればいいね・・なんて話してたので
pipiちゃんには迷子にならないように位置関係や距離感を把握しておいていただかなければいかん。
とりあえず、陝西南路駅方面へ徒歩で歩いてみて方向を定めてから何か食べよう作戦。

道中、たくさんのお客さんが入ってる庶民派食堂の前で「ここ、絶対おいしいやろうなー」と
予想しつつずんずん歩き そこそこ疲れたけど、私たちの目指す通りはまだまだ先の進賢路
a0074049_215117.jpg
その通り上に2~3軒並んだローカル食堂。共に紅焼肉の評判がよろしいんだとか・・・。
きちゃない店には大統領が来る前に行っておこうね・・の2名なので今日しか行けないww

ちうわけで、無事に 茂隆餐厅に到着~
a0074049_3573076.jpg
あー、閉まってる??・・じゃぁ1つとばしてお隣さん(蘭心餐庁)はどうかしら??なーんて思いつつ
念の為カーテンの端っこから店内を覗き込んだら、営業はしてるんだけど席うまってるwwww
一杯のかけぞば気分で「よろしいでしょうか~?」的な雰囲気で恐る恐る扉を開けると
奥からお店のおばちゃんが手招きしてくれて、もやしのひげ取りみたいな感じでクローバーの
下準備作業をしていたテーブルの場所を私達の為にを開けてくれました。わーい★
多分昼営業が一段落して、あとは今居るおきゃくさんが帰るのみ みたいな時間帯だったんだと思う
(案の定おばちゃん達、のちほど一番奥の席@私達の隣の卓でまかない食べてたし)

メニュー、スマホで適当撮影 ※クリックで少しだけ大きくなります※
a0074049_422110.jpg
この雰囲気からお察しかとおもいますが、中国語しか通じないちいさな食堂です。
そして、案の定私もpipiちゃんも中国語はわかりません。漢字を見て想像力を働かせるのみww

定食気分で、とりあえずごはん2つ(合計2元)と 紅焼肉尖椒(38元)と韮黄炒蛋(20元)をオーダー
a0074049_420638.jpg
一見、どう見てもうまそうには見えないホンシャオロウですが・・・・・
a0074049_4203572.jpg
見た目よりもくどくなくて、美味しいです!!この、見た目とのギャップがいいわぁ~(笑)
私はもともと甘い味付けのおかずが苦手なので紅焼肉そのものが普段なら好まないんですが
前回、ウ子ちゃんに連れて行ってもらったシノワな洋館ランチでの紅焼肉のおかげで
箸でほろりと切れる身としつこくない脂の美味しさに感動したので、複数店で食べてみたかったんです

もちろん、前回の洗練された上品な美しい紅焼肉の味の方が俄然好みではあるのだけど
ここのもいいわぁ~~。肉もやわらかいし脂もくどくないし甘さもしつこくない。
例えば関西で言うとお好み焼きや串かつだって 上品な高級店は確かに美味しいだろうけど、
下町の きったねー店(笑)で 隣のおばちゃんやおっちゃんが作ってるような店の中に
隠れた名店や人気店があったりするよね??紅焼肉って上海では代表的な家庭料理だから
それならばぜひ庶民派のお店でも食べてみたかったので 私的に満足でございます。
特にここは、他の料理も上海にしては薄味系で甘さ控えめだったのが私好みでございます。

でもね、いくらくどくなくてもホンシャオロウの味付けそのものが どうしてもご飯がすすむ。
私、普段から米の量を一度に多く食べれなくて、米食べるとすぐ満腹になる体質なので
同じ食べるなら 少量でいいからおいしい白米が食べたいと思ってるんです。
でもやっぱり中国の庶民的な食堂の白米はあんまり美味しくなかったなーー。
庶民派食堂に好んで行く限りは それはしょうがないことだし覚悟はしてたので許容範囲だけどネ。

で、外も寒かったので「何か汁モノ(スープ系)ほしいよね・・」ってことで最初にお店のおばちゃんに
「どれがおすすめ?」って聞いたら、メニュー内のどれかを指したのでそれも頼んでたんですわ。
それだけが急に高い値段設定(80元=1000円弱)だったから、嫌な予感はしてたんだけど
食べ終わったころに届いたのが、このでっかいスープ。鶏まるまる入ってるしwwwww
a0074049_4204395.jpg
そりゃ~できるまでに時間かかるわなwww と、爆笑。
既に満腹なんですけど、どうやって鶏一羽たいらげるよ、俺たちwwwww
この鶏スープ、寒さの中での温かいスープはありがたかったし 私的にはちゃんと鶏のエキスが
ふんだんに出ててしっかりとした味に思えたんですが、pipiちゃんには薄味すぎて不評。
上海料理の濃い味&甘い味が基本的に苦手な私だから こういうスープの方がありがたいのだw
でもそれにしてはこの食堂でこの値段ってのはずいぶんなごちそうだな・・・と。

ここで「値段高めのスープはすんごい量でやってくるから気をつけろ」と学習できたはずなのに
後日、また別の場所で同じあやまちを犯す私達(爆)しかもそこのは私的にはマズかったしw

店内奥はカオスwww この小窓から料理がでてきます
a0074049_4212953.jpg
中のおばちゃんと目が合う(爆) 急だったのでスマホで撮影してブレブレ
a0074049_345252.jpg
私達の来店のタイミングが悪すぎたため、おばちゃん達のまかないの時間がずれこんだ模様ww
a0074049_421950.jpg
小窓から目が合ったおばちゃん(写真右手前)もやっと休憩タイムのよう・・・
言葉は通じないんですけど、おばちゃんたちとたま~に身振り手振りでコミュニケーションとりつつ
結果的にはおばちゃん達の食事中の邪魔をしてお会計をお願いするどこまでも迷惑な私達www
a0074049_421539.jpg
・・・というわけで、今回のお食い初めはこちらのお店でした。
同じ並び(1軒挟んで隣)の蘭心餐厅も好評のようですが、この時そっちも開いていたのかどうかは
チェックせずじまい。・・・ってか、扉が閉まってたってことは閉まってたんだろうと考えたんだけど
よく考えるとこの時、真冬(爆) そもそも営業時間でもあけっぱはないわー、と今、考えを改めた(笑)
共に、テーブル5席ぐらいの小さなお店なので予約はできないとのことで、夜は待ち人の行列が
できてるとも聞いてたんですが、お昼の営業時間ってこともあって 入店できてヨカッタです。ほっ。

お店を出た私たちは、腹ごなしがてらに周囲を探索しつつ陝西南路駅まで歩いて
そこから老西門駅まで地下鉄10号線で移動の予定です。

※ 上記はすべて '12年1月の滞在時点での記録です ※


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2012-07-25 23:55 | たびにまつわるえとせとら | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/15838925
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 初日の午後からは歩く・歩く・歩... そして、上海再び ★ ~MYK... >>