※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< 南翔饅頭店~Nanxiang ...

朝食やプールやスパなど @ T... >>
2012年 07月 21日
Shanghai Blue 1920 と Samarra @ Jakarta ('12年4月)
a0074049_139270.jpg
セニョ~ルのジャカルタ出張時に夫婦そろって行くダイニングといえばやっぱりTUGU系列
ほんとは春バリ中に3泊ほどマランまで行ってTUGU MALANGに泊まりたかったんだけど
おっさんの予定がうまくかみ合わなくて実現できるかどうか怪しかったため(結局行けなかったww)
せっかくJKTまで来てるんだからせめて系列レストランでその摩訶不思議な雰囲気を味わいたい。
'10年はLara Djonggrang & La Bihzard Bar , '11年はDapur Babah Elite & Tao Bar
じゃ~今回はおのずと Shanghai Blue1920Samarra。 どっちにいくか一応迷った結果
ここんとこ私が上海らぶ❤なもんでw 今回はShanghai Blue1920公式サイトにロックオン。

ところが、実際に行ってみると Shanghai Blue1920と Samarra(公式サイトはお隣同士。
シノワなノスタルジー漂う上海世界のお隣は、めくるめくエキゾティックなアラブ世界
今回はShanghai Blueでの食後、雨天&大渋滞でなかなかこないタクシーを待つ間に
スタッフがお隣のSamarraも案内して下さったので ここでは両店併せて記録しておきます。





今回味わうTUGUのアンティークワールドは オールド上海
a0074049_1395767.jpg
入り口正面にバーカウンター。タイルがカワユス ❤ 
a0074049_1402189.jpg
案の定、怪しい雰囲気むんむんのレストラン内。このいかがわしい感じにも もはや慣れた我ら。
a0074049_1513133.jpg
夕食にはちょっと早い時間だったので 以前の2軒と同じくまたまた貸しきり状態www
a0074049_1424679.jpg
WOW~ 赤すぎて怖いwwww
a0074049_155112.jpg
でも、よく見ると可愛いと思いません?(そう思うのは 私だけ?)
a0074049_2162544.jpg
壁に飾られた楽器も、並べて置いてある散髪台もすべて年代ものの本物のアンティーク
a0074049_1462578.jpg
ちょっとした個室風のこの空間にはミニステージまであって、タイムスリップしてるような気分
a0074049_153199.jpg
今にも古い中華な歌謡曲が流れてきそうな雰囲気だけどBGMはジャズだったりするのだ!
a0074049_1534849.jpg
メニューの表紙には古い履歴書みたいな印刷が・・・・。 三輪車夫姓名履歴表って書いてある
a0074049_272455.jpg
中華なのに日本っぽいサイズのお箸があるのがうれしい。 お箸の国の人だものwww
a0074049_283450.jpg
とりあえずモクテルで乾杯 (セニョはすぐにペルノッドに切り替えてましたがww)
a0074049_292341.jpg
Love Duet Of Melted Cheese And Crunchy Asparagus (Rp.45,000+税サ)
a0074049_2113283.jpg
セニョ~ルがわがままオーダーしたきのこのスープ (名称&金額失念)
a0074049_2115939.jpg
セニョのメインは Chan Mo Sang's Fried Duck (Rp.68,000+税サ)
a0074049_212279.jpg
私は Classical Hainanese Chicken Rice (Rp.48,000+税サ)
a0074049_213327.jpg
これについてるスープ、鶏の味が濃厚~って思ってたらスープの中から手がでてきたwww グロテスク~。
a0074049_214057.jpg
デザートは Shanghai Blue Sesane Mousse (Rp.38,000+税サ)
a0074049_2142716.jpg
これ、甘すぎないのはいいんだけど 上部はただの氷(味ナシ)なので味も食感も微妙www
しかも、まぜまぜしたらより一層まずくなるというか。。。。ゴマ好きなのに・・・残念でした(泣)

食事は、普通に美味しく食べれましたよ~!でもやっぱりジャワの料理って味が濃いいので
たまに食べるから美味しいというか、たくさん食べるのも毎食食べるのも私にはキツいかも??
ちなみに本場上海の料理も 甘め&濃いめなんですよね~。こうやってたまに食べて
「しっかりした味でおいしいね」・・って思えるぐらいが私にはちょうどいいのかもしれません
もちろん、お酒を飲む人にはこれぐらいしっかりした味じゃないと物足りないかもしれないので
以前に行った2店舗も含めて、お酒とともに楽しむダイニングバーだな~と思います。
たぶん値段をつけたらすごい金額になるようなアンティークがあふれていて
独特な雰囲気を楽しめるのにお料理の値段はそんなに高くない・・・というのもいいな、と。

ディタイムは 奥様たちのランチのセットメニューも充実です
a0074049_2171576.jpg
a0074049_219421.jpg
こちらにも表記されてますが、このお店 ワルン・シャンハイブルーという名であるとともに
Jazz Bar & Restaurant でもあるんです★ オールド上海の雰囲気に Jazz・・・ うーん、小粋。
近年、私の中で上海熱がかなり上がってるのもあってここはかなりのお気に入り空間になりました。

店内には、系列のホテルやバー・ダイニングなどの資料がいっぱいで興奮する私とおっさんw
a0074049_219191.jpg
夕食には早い時間帯だったこともあって他のお客さんもいなかったから
親切なスタッフがいろんなことを説明してくれました。以前、おっさんはTUGU BALIに
私はTUGU LOMBOKに泊まったよーって話をして、今はTUGU MALANGに泊まりたい★
って言ったら、マランの話はもちろん、TUGU BLITARの素敵なエピソードも聞かせてもらったので
ブリタールにも行ってみたいかも??なーんて、またまた煩悩が増えた私たちwww

こーゆーのもいちいちツボなんですけどっ!
a0074049_220066.jpg
a0074049_220792.jpg
この古い写真、 右側のを大きくしてみると・・・・・
a0074049_23171874.jpg
こちらは、TUGUのオーナーが買い取る前のもともとのワルン経営者のご先祖様が
中国から渡ってきて最初に出したお店とのこと。つまり歴史を遡ればこのワルンがここのルーツ。
このワルンの経営者は ジャズの演奏をしたり 床屋さんも経営されていたりしたようで
その名残で こちらの店内にも当時の散髪台や年代ものの楽器が飾られているわけです。
代々受け継がれてきたお店やコレクションを 現在のオーナーがごっそり買い取ったとのことですが
こうやって新しい形で表に出てきてきちんと管理されてて 私たちも気軽にそのすばらしさを
愛でることができて つかのまの時間旅行を楽しめるのは とっても素敵なことだなーと思います。


SHANGHAI BLUE 1920 Jazz Lounge & Restaurant
Web Site : http://www.tuguhotels.com/shblue/index.htm
Address : Jl. Kebon Sirih Raya No. 79 (JAKPUS), Jakarta
Phone : +62 (0)21 391 8690


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そして、呼んでもらったタクシーが来るまでにすごく時間がかかるとのことだったので
スタッフがお隣の系列店 Samarra -Pasar Sate & Wine- を案内してくれました

外は雨だったので一旦車道には出ずに シャンハイブルーの横っちょの扉(多分スタッフ用)から
スタッフに促されてお店を出ると、なんだか不思議なトンネルのような空間にでたぞーwww
a0074049_2223210.jpg
このトンネルのような空間を挟んで、向かい側にも扉がありまして
そこに入ると、Samarraのバースペースの横っちょの扉でした(多分こっちもスタッフ用ww)
インテリアはアラブの世界なので シャンハイブルーよりも店内が暗くてびっくり!
a0074049_2244672.jpg
ブレブレ失敬。バーカウンター。
a0074049_2251790.jpg
バースペースの奥の階段を上るとダイニングエリアなんですが
階段に飾ってあるお皿も、とってもいいんですー!!
a0074049_2254860.jpg
2階にあがる まるで宮殿w
a0074049_2262287.jpg
系列店すべてに共通なのは1つのフロアーに、さまざまな空間が存在する って部分。
a0074049_2314534.jpg
駱駝のテーブルを指定して予約する人も多いらしい
a0074049_2315550.jpg
店内には駱駝がいたり象がいたり虎がいたりするんで(本物じゃないよw)うちのオッサン大興奮
私はアラビアンナイトのようなアルコールランプなど、小物たちに大興奮
a0074049_3354440.jpg
宮殿風はちょっと趣味じゃないけど、こういうのは大好きー!
a0074049_2323676.jpg
暗すぎるけど、雨の通りを見下ろしながら静かに飲んだりゆっくり食事をするのもオツだろうな~
a0074049_233380.jpg
こちらは古代サマラ、メソポタミア、バビロン、シリア、ペルシャのスタイルを取り入れたインテリアですが
お料理は サテなどのインドネシア料理が中心のようです。うちのおっさん、アラブ料理だったら多分
苦手だと思うんですが インドネシア料理なら喜んで食べるので 次はこっちのお店でも食べたいぞ~!

そんなこんなで、次のジャカルタ滞在時の食事どころも1つ決定してしまったようなので
いつまでたっても他の系列店へのリピートができないままの私たち。・・・モーレツに胃が足りん(泣)


SAMARRA -Indonesian Grill & Lounge-
Web Site : http://www.tuguhotels.com/samarra/index.html
Address : Jl. Kebon Sirih Raya 77 Jakarta Pusat
Phone : +62 (0)21 392 0384


※上記の店舗情報・メニュー・金額などはすべて'12年4月時点での記録です※


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2012-07-21 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/15786001
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 南翔饅頭店~Nanxiang ... 朝食やプールやスパなど @ T... >>