※ 今日の一言 ※ '16年の秋バリから無事に帰国しています。次の春バリまでの間に2度ほど別の国への渡航も挟みますが、ブログは'16年秋バリ記録+春バリで記録し残している分に特化してぼちぼち個別備忘録をあげていく予定です。

<< The Dining Room...

Sadus Tiles でセメ... >>
2012年 07月 04日
Nau~Mai Restaurant で食べる朝食 @Candidasa ('12年5月) 【閉店】
a0074049_1133468.jpg
'12年5月某日。GWを利用してバリ旅行中のpipi嬢が 滞在先のUbudから1泊の予定で
Amedまでスクーターに乗ってやって来るとのこと。だけど、今まで単独で来たことがないpipiちゃん。
途中まで私がお迎えに行き、そこからいろいろ寄り道をしながらドリフを目指すことになりました。
Ubudから来るpipi嬢とAmedから迎えに行く私の合流地点として目印にした場所は
Klungkung県とKarangasem県の丁度境目あたり、Klungkung側の ゴアラワ寺院前。

朝9時半に集合の予定が、はりきって早起きしたのでチャンディダサに着いた時点でまだ8時すぎw
朝食を食べずに出発したから、チャンディダサで時間つぶしを兼ねて朝ごはんたべていくかー!
どこで食べよっかな~?と朝から開いていそうなレストランを覗きながら進んでいくうちに
既にチャンディダサの割れ門を西に越えちゃった~ (つまり一番の目抜き通り既に通過wwww)
でも、その割れ門を西に超えてまもなくの通り沿い山側に 秋バリの時にはなかったのに
春バリで何度か前を通って 「あ、ここちょっと可愛いかも?」と目をつけていたお店がありまして、
丁度スタッフがお店の前を掃いていたので 「何時に開くの?」って聞くと「もう準備できるよ」 だって。
そーゆーわけでこの日はここで朝食寄り道決定~!!本日は そのおニューなレストラン、
Nau~Mai Candidasa (Restaurant Bar , Gallery, Swiming Pool)での朝食記録を。





場所は、国道3号線(主要幹線道路)のRaya Candidasa 上。
アンラプラ側から来た場合はチャンディの繁華街を越えてカーブと割れ門を過ぎた山側。
マンギス側から来た場合はLotus Seaview Restaurantのちょっと手前・山側。
単なるレストランバーだと思ってたら ギャラリーやプールも併設の空間だったみたい。
a0074049_1452418.jpg
店内はこんな感じで、奥にギャラリースペースとプールがありました
a0074049_147478.jpg
お店の立地が山側なのでせっかくの海岸線なのに海がみえないので残念だなーと思ってたけど
どうせこの前の海は浜が侵食されてビーチになってないので、子連れさんなどは
プールで遊ばせる目的でここにお茶やランチに来るのもありかも??なんて思ってみたり・・・
a0074049_1475739.jpg
リラックススペースもあり。
a0074049_1481089.jpg
お店の奥からプール越しに 通りの方を見てみるの図
a0074049_1484146.jpg
目の前がメインロードなので車の行き交う音が丸聞こえだったりしておちつかなさそうなんですが
そこは南部などの交通量とはちがってここはチャンディダサwww 交通量は雲泥の差(笑)
まだお店がオープンしてまもなくの頃だったのと他にお客さんもいなくて寂しい感じでしたが
もし、今後お客さんの入りも増えて場が華やかになると雰囲気は変わってくるんだろうと思う。
さすが新しいお店なだけのことはあって、パントリーも厨房もきれいでしたよー
a0074049_1485949.jpg
朝ごはんのメニューを持ってきてくれたスタッフが、私を見るなり
「スペダモーターで1人で来たの?AmedのLeanからだよね?」って聞くので
え?!なんで知ってるの??って驚くと 「だって僕、近所で働いてたもん。君、知ってる」ってww
どうも オープン当時からしばらくの間 Palm Garden Amed で働いてた子だったみたい。
で、そのスタッフとご近所トークでもりあがってたら他のスタッフも次第に打ち解けてきて
初めての場所でお客さんも私1人だったにもかかわらず とても居心地が良かったんです。

ちなみに、こんな朝食メニューもあるようなのですがこの日はまだできないとのこと
a0074049_20697.jpg
朝食メニューは、たしかコンチネンタルとアメリカンとインドネシアンの3種類あったような記憶・・・
この日は12:30にバリアスリでランチを予約していたので そこでがっつり食べるから
朝食は軽めにしておこうと思い、インドネシアンの中から ブブールアヤム選択。
たしか、フルーツプレートと好きなフルーツジュース。ナシゴレンかミゴレンかブブールを選択して
最後にコーヒーか紅茶がつくセットで 40,000ルピア(+税サ)ぐらいだったと思う@ウロ覚え。

待ってる間 pipiちゃんに、「早く着きすぎたのでチャンディダサで朝食食べてから行くねー」って
経過報告のSMSを送ったんだけど、なんとpipiちゃんも迷子&遅刻を恐れて早く出すぎたようで
約束の1時間前なのにもうすでにゴアラワに一番近いプルタミナまで到着して給油中とのことwww
「うそ~ん!私、悠長に朝ごはん食べてる場合やないやないのー!」って焦る焦る(笑)

セットメニューの朝食。ジュースはスイカを選択。 フローズン状態で冷え冷えでめちゃウマ!
a0074049_1493345.jpg
メインのブブルは大好きなどろどろタイプ。急いで食べたいんだけど熱くて余計に焦るwww
a0074049_1501741.jpg
食後のコーヒーだってこんなに可愛いカップで出てくる。
a0074049_1504227.jpg
忘れた頃にフルーツプレートがやってきたwww
a0074049_1505892.jpg
私、もともとフルーツプレートとか食べないんで 最初にでてこなかった時点で
「あ、私の勘違いでジュースかフルーツかのどっちかだったんだ~。ジュースにしといてよかった」
と、思ったんですが 結局どっちもだったのね。こんなことならフルーツプレート断ったのになぁ~。
残すのも悪いので 「急ぐからブンクスにして~!」って頼んでパックにしてもらいました。

あちこちにあるお宿の朝食とは メニューそのものはなんら変わりないラインナップですが
冷えひえでうまうまのフローズン状態のスイカジュースも、あつあつで美味しいおかゆも
お洒落なコーヒーカップやフルーツ皿も 4万ルピア(だったはず)程度の朝食セットだと思うと
なんだかとってもお値打ちな気分。朝から元気で明るい気分になれました。

参考までに'12年5月時点での 通常メニュー。 ※すべてクリックで大きくなります※

前菜メニュー / シーフード料理のメニュー / 肉料理のメニュー
a0074049_1512276.jpga0074049_1514085.jpga0074049_152764.jpg
スープやベジタリアンメニュー / パスタとピザ / ランチタイムのハッピーアワーメニュー
a0074049_1533235.jpga0074049_154361.jpga0074049_154183.jpg
デザートメニュー / ドリンクメニューその1 / ドリンクメニューその2
a0074049_1552648.jpga0074049_1554678.jpga0074049_156582.jpg
メニューの金額の単位は1000ルピアで 別途+15%税サが必要です。

他にもカクテルメニューがいろいろありましたが、だいたいが75,000ルピア
ローカルカクテル(多分アラックベース)になると 45,000ルピアだったと思います。
a0074049_1464294.jpg
ねそべり席は、入口側の壁際にもありまして 読書しながら寛ぐのによさそうww
a0074049_1482277.jpg
a0074049_159272.jpg
春バリ期間中に何度も前を通ったのですが いつ見ても閑古鳥だったんですよね~
だから、次に行ったらつぶれちゃってないか気が気ではない私。(余計なお世話だよwwww)
だって私的には なかなかの好評価だったんで このお店には長く続いて欲しいもん。
おかゆとジュースとコーヒー程度じゃ 食事が美味しいかどうかは判断できないけど
ダメダメなレストランだったらこの3点で既にダメ度の予想はつくと思うのね・・。
でも この朝食に関しては 味もCPも十分合格点で 期待以上のものを出してくれたから
できれば 春バリの間にランチやディナーでの利用もしてみたかったんだけど
なかなかチャンディダサで食事をする胃のタイミングがあわなかったのが心残りなんですー。

Nau Mai Restaurant Bar, Gallarey, Swimming Pool
Jalan Raya Candi Dasa, Candidasa,
+62 (0)62 0363 41659


【追記】 こちらのお店は'13年秋の時点では既にもうなかったと思いますが
その後、'15年には The Hungry Chrocodaileという別のレストランになってます


※ 上記の店舗情報・メニュー・価格などは '12年5月時点での記録です ※


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2012-07-04 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/15686774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< The Dining Room... Sadus Tiles でセメ... >>