※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です

<< 海と山を一度に @ Wawa ...

Jemeluk Dive/Sn... >>
2012年 06月 11日
Let's クチコミ検証 @ Warung Enak Home Stay , Amed ('12年4月)
a0074049_22241226.jpg
むっちゃん達とリパでシュノーケルをした日、シュノーケル前にヴィエナで飲食をしたので
シュノーケル後の遅めのランチは どこか場所を変えて気分も一新しようってことで
私のお気に入りのThe Grillに向かったけどその日は残念ながら臨時休業。・・・とほほ。

どこで食べるか散々迷った私達。The Grillのくちになってた私にはアイディアも浮かばんww
むっちゃん談によりますと 塩田のあるエリアの某ワルンが、毎晩白人で賑わっているらしい。
周りに同じようなワルンがいくつかあるし、車道の山側なので眺めもない位置にあるし
特に有名なワルンでもないのに当時トリップアドバイザーのアメッドのレストランでも上位に入ってた。
何がそんなに人気なのか、美味しいのか?安いのか?・・・いろいろと気になっていたこともあって
この機会に、そのワルンの人気の秘密に迫るべく みんなでクチコミを検証しにいくことに決定~!!

ちうわけで、本日はその時にランチをした Warung Enakでの食事を記録しておきます





リパからアメッド村に行く間に、むっちゃんちの前を通るので マンクーさんとむっちゃんは
一旦車を置いて バイクで向かうこと決定。(私はバイクで後ろをつけて移動してますw)
むっちゃん夫妻が一旦家に帰ったもんだから、お留守番をしていたみみちゃんと大地少年も
「ご飯食べに行くー!」ってことになり、大地くんは自転車で、私は牛姐さんとバイク2ケツで、
4名は"必殺4ケツ"で 目的のワルンに向かいます~ (むっちゃん!後輪の空気ヤバシwww)
a0074049_2250425.jpg
アメッドの一本道をアメッドの入口方面に進むと海側に塩田エリア登場
a0074049_22505332.jpg
道端(海側)はこんな感じで 塩も売ってますwww
a0074049_22423240.jpg
最近このあたりに、ロスメン設備のホームスティが雨後のたけのこ状態で増えてますが
本日の目的地も、ロスメン2部屋を併設したちいさなちいさな食堂。(海側ではないので車道ビュー)
a0074049_22545688.jpg
メニューボードの内容、外人がすきそうな感じwww
a0074049_2229678.jpg
店内は 他のワルンとの差も感じず、 田舎によくあるこじんまりとした空間。
a0074049_22293988.jpg
この空間が、夜には席があくのを待ってる人がでるぐらいの日もあったとの噂。
実際、私達が訪問した前夜はかなり遅くまでお客さんが居て、閉店時間が遅かったらしい。
ま、8時ごろに誰も居なかったら勝手に閉めちゃうような個人経営の店が多い田舎だから、
開いてるとなるとみんなだだーっとそのワルンに集まっちゃう・・・という田舎事情もあるんだろうが、
この時点でWi-Fiは通ってなかったし、夜に生演奏が入るわけでもなさそうなのに
何がこのお店を クチコミ上位に押し上げるのか・・・・ますます謎が深まる第一印象(笑)

地元の食材を使って地場産業に貢献していることや、環境にも気を使っていることや
食材を洗う水だけでなく食器を洗う水でさえもミネラルウォーターを使っている・・と
表記してあるのでそういう心遣いは白人観光客にとって安心感を与えるのかな?

お昼時からずれていた時間帯だったので、入店した時点では他のお客さんはいなくて
(↑上の店内写真は 帰り際に撮ったものです)スタッフも途中休憩の時間帯だったのか
メニューにも載っている地元のまじめそうな若い夫婦(?)2人だけだったんですw
そんな時に 食べ盛りの子供3人+大人4人が押しかけたから厨房はてんやわんや。
しかも、各自がいろんなものをオーダーしたから 飲み物もなかなか出てこない状態
・・いや、一部完成してパントリーには並んでるのに人手が足りなくて運ぶ人がいないww
イラっときてるハラペコの牛姐さんをなだめるべく 自分達でドリンクを運ぶ俺達。
でもね、ここの人たちはほんとにすげーまじめで感じいいのよ。
もしかしたらこの人柄がお客さんをひきつけてるのかな?なんて思ったり・・・

やっと、お昼ご飯だよーーん
a0074049_22303130.jpg
スイカジュースにいちごミルクシェイクに ヘルシードリンク
a0074049_2230860.jpg
このスイカジュース(Rp.13,000) と~~っても美味しかった!!!
午前中にヴィエナで飲んだジュースもとても美味しかったので今日は飲み物がアタリの日だべ~。
(でも、ビエナはRp10,000+15%なのでヴィエナの方が安いんだよね~)

アジアンスタイルサラダ (Rp.25,000) ・・・・これは甘すぎて全員ムリだった・・・・
a0074049_22311793.jpg
みみちゃんの カルボナーラ (Rp.40,000)
a0074049_2233159.jpg
むっちゃんの ベジタリアンスパゲッティ (Rp.35,000)
a0074049_22321621.jpg
大地くんとそらちゃんは 各自 ナシゴレン(Rp.28,000) を1つずつ。(すげーボリューム)
a0074049_22314297.jpg
私と牛姐さんは ソトアヤム(ごはんつきでRp.30,000)を1つずつ。
a0074049_22341863.jpg
私はビエナでグリルドツナをがっつり食べてるのでもともとそんなに空腹じゃなかったけど
朝からダイビング1本・シュノーケル2本やってるむっちゃん&牛姐さんはハラペコのはずなのに
どれも味がしっかりついてるから そんな2人でも食べきれないほどの量。外人向きだわwwww
・・ってか、うちらーのチョイスが濃い味料理に固まっただけなのか???

確かに このエリアって 同じようなワルンが並んでるから、どこもパッとしない味ならば
しっかりとした味で お店も清潔にしてて、働き者のバリニーズががんばっているこのお店に
お客さんが集中するのもわからなくはない!そういう点では 納得★
特に、インドネシア料理は「辛くないけどしっかり味が付いてて丁寧な出来」って感じだったし。

お味は、ローカルシェフの田舎ワルンだとは思えないくらいちゃんとしてて
むっちゃんもブログに書いているように、 1口目は「おいし~い!」なんだけど
やっぱり私達には味が濃いくて 食べてるうちに満腹になっちゃう & 飽きちゃう感じかな?
でも、なるほど 外人がすきそうな味だなー・・っていうのはわかる気がします。
だからといって「バリで一番美味しい」というクチコミには「え??いつもバリでどんなもの食べてるの?」
って突っ込みたくもなるんですが、味覚って国民性だけでなく個人差でもそれぞれだと思うので
この系統の味が好きな人は気に入るだろうな~とそこそこ思わせるものはあったと思います。


★★ この時のむっちゃんの感想は ⇒ むっちゃんのブログのこちらのページ でどうぞ~!!★★

参考までにメニューを載せておきますネ  ※'12年 4月時点のメニューです※
a0074049_2235248.jpg
ドリンク類  / スープやサラダなど  /  サンドイッチ・パスタなど ※ クリックで大きくなるよ※

a0074049_22354677.jpga0074049_2236832.jpga0074049_22374966.jpg
バリ料理 や BBQ(グリルもの)など ※ クリックで大きくなるよ※
a0074049_22385862.jpg
デザート
a0074049_22405369.jpg
(近くの村内であればお宿へのデリバリーもやっているようです)

安いから人気なのかな?とも思ったんだけど、むっちゃんち@Mama Cafeのメニューと比べても
特別安いわけじゃないんですよね。いや むしろむっちゃんちの方が安かったりするwww
今回は、グリル系やメインディッシュになるようなメニューを食べてないので
もし、次に行く機会があったら今回とは違ったものを食べてみて再検証をしようかな、と。
要予約だけど、10種類のおかずとナシクニンのリスタフェルってのもちょっと気になるしwww

余談ですが、クチコミ検証つながりってことで この春時点でのクチコミサイトで このワルンと共に
アメッド内のレストランの1位2位を競っていたTiTi Sedana Warung にも検証に行っております
★★ その、bunutanにあるTiTi Sedana Warung のお食事記録は ⇒ こちらをご参考に!★★

a0074049_22415653.jpg
参考までに、ワルンエナッ に併設のロスメンはこんな感じ。
a0074049_2244064.jpg
ほんとに、寝る場所と水シャワー&トイレだけ・・っていうシンプルすぎる造り。
平地だけど車道の陸(山)側なのでロケーションとしても特に「ヒキ」がなかったのと
同じようなホームスティは山ほどあるこのエリアなので詳しく見てませんがwwwww

最近ロスメンやワルンが異常に増えたこの付近 (Amed村とJemeluk村の間です)
ビーチに出れば左手にアグン山がどどーんと見える位置なので せっかくだから海辺でお食事も
してみたいよねーーー・・・ってわけで、次は同じエリアのオンザビーチのワルンのお話を・・・・・

※上記の店舗情報やメニュー・料金などは '12年4月時点での記録です※

★後日追記★ '14年10月に再訪し、さすが人気店!と やっと納得した記録は ⇒ こちら


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2012-06-11 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/15536124
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 海と山を一度に @ Wawa ... Jemeluk Dive/Sn... >>