※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< Lipah Dive/Snok...

Kawi Karma Rest... >>
2012年 06月 07日
Japanese Ship Wreck Dive / Snokeling Site @ Banyunung, Amed ('12年5月)
a0074049_22451128.jpg
Bungalow編, Restaurant編と続けてKawi Karmaの記録をしてきましたが
その浜のすぐ前の海中には 古い小さな日本の船が沈んでいるので、この場所は
Japanese Ship Wreck Dive & Snokeling Site (日本船沈船ポイント)と呼ばれており
ビーチエントリーでお手軽にダイビングやシュノーケルを楽しめる場所として知られています。

普段ほとんど海に入らない私も '12年の春バリでは、海の師匠@むっちゃんの案内で
アメッド内の3箇所の浜からビーチエントリーでシュノーケルを楽しんだのですが
地上を車で通り過ぎるだけではどの村も一見同じように見えるアメッドだけど、
実際に過ごしてみると各村でそれぞれ特徴がありその「違い」がおもしろいと感じるのと同じく
海の中も各浜・各ポイントにそれぞれの特徴や見所があって なかなか興味深いです。

私、若かりし頃にオープンウォーターは取得してるんですが 50回以上バリに来てるのに
バリで一度もダイビングをしたことがないというペーパーダイバー。しかもヘタレwww
いつの頃からか 海に入るのがめんどくさくなって 海遊びから卒業した気分でいたのですが
今回は むっちゃんがシュノーケル遊びをする時にご一緒させてもらう機会を作っていただくことで
重~い腰をあげてアメッド内のポイントでシュノーケルしてみたら、あらまぁ楽しい~。

年齢による体力の衰えと喫煙による肺活量の激減のせいで、若い頃のようにはいかないので
ライフジャケットがっつり着用の(つまり素潜りはできない状態)水面からの高見の見物ですが
今日からは むっちゃんとのシュノーケル記録3箇所分を1件ずつ記録しておこうと思います
海遊びの時系列的には3箇所目なんですが とりあえず今日は バンガローとレストランの
トピからひと続きになっている都合で Banyuningの浜(通称:日本の沈船ポイント)編を・・・・・。





直前トピでも使った写真ですが、駐車場(多分有料)から浜までは少しだけ階段を降ります
a0074049_22345421.jpg
Welcome To Japanese Ship Wreck Dive/Snokeling Site
a0074049_22393325.jpg
浜に降りた左手に 着替えのできるトイレに続き シュノーケル器材のレンタル屋が並んでます
a0074049_22353717.jpg
浜におりて 秘境感漂うレストランのワルン風情を見るとトイレの汚さを想像しがちですが
トイレは洋式で2つあり 築1年程なのでわりときれいです。 蚊の心配や電気がつかないことはありますがw。
トイレより浜側にあるバレでは、地元民がシュノーケルの器材一式をレンタルしているので
水着&タオルだけ持参で来てここで借りてもいいし、宿で借りてきたりして持ち込んでもOKです。
'12年春時点で マスク&シュノーケルとフィン、必要な人はライフジャケットのセットで1日4万~5万ルピア位かな?
中にはシュノーケルのゴム底がゆるゆるで水が入ってくるものがあるので借りる前に点検をw
a0074049_2236286.jpg
浜にシャワーが1つあるので 海から上がったらみんなで順番に使いましょうw
a0074049_22404137.jpg
最近南部からタイ人の団体さんが同じガイドさんに連れられてよく来られるそうで
この日もシュノーケルツアーのタイ人が大勢来てたのでライフジャケットが品薄にwww

アメッド内でのシュノーケルポイントは たいていがエントリーする浜からすぐのところにあるから
特にガイドがついて海中案内せずとも、浜でいいポイントを聞いてその辺りを目指すだけで
気軽に自力で楽しめるので どのビーチでも 「どうぞご自由にお遊び下さい」って感じなのですが
海中案内人が居た方がいろいろ発見があったり効率が良くて安心だとお考えの人は
宿付近でシュノーケルガイドをしてくれる地元っ子をつかまえて一緒に浜に来るのもアリだし
各浜に居る地元っ子にガイド料をその場で交渉して案内してもらうことも可能です。
(あなたか女子ならば その後しつこく言い寄られる可能性もあるんですが、上手くすり抜けましょうwww)

この日は ダイビングツアーの白人さんもわ~んさか。
a0074049_22415430.jpg
でもダイバーさんが潜ってる間の浜は し~~ん(笑)
a0074049_22431243.jpg
皆さんが沖に行ってる間の浜は、運転手さんや陸のガイドさんが居るぐらいでガラガラなんですが
席を荷物で占領して海に入る人が多いので、ご飯をたべようと思ったら席がなかったこの日。
ま、私達が食べる間だけは スタッフに言って荷物のけてテーブルをお借りしましたがwww

この白人親子は、席が埋まってるのでバンガロー前の木陰まで侵入してきて寛いでた。ナイスチョイス!
a0074049_2352110.jpg
宿がオープンしたら、宿泊客への配慮で 宿の庭部分へは一般侵入禁止にするようなので
それまでにレストランの外席も増やさなきゃね~なんて お店の人は言ってましたが果たして・・(笑)

ダイビングの人たちはどこの浜に行っても各所でシャワーとかを使うんで
ダイブショップと各浜のレストランの契約で設備利用料金が発生してると思うんですが
このレストランで飲食をせずに、単に海遊びだけに来た人は席を使わずに浜の石の上だとか
ジュクンの陰とかに荷物を置いて海に出てるパターンが多いかな?
もちろん、あとで飲食の予定のある人は堂々と席やレストラン内に置かせてもらうことも可能。
とりあえず、どのシュノーケルポイントに行っても 各所の設備(トイレやシャワー)を利用するなら
その設備を所有している宿なりレストランなりワルンなりで 何か食べるとか
せめてドリンクをオーダーするのが暗黙の了解というか、ささやかなマナーになっています。


この日、午前中にむっちゃんとkenさんはここでダイビングエントリーされたのですが
かつてないほどに海が一瞬に荒れて視界が見えなくなったのですぐ上がってきたらしく
一旦ランチを食べてから 仕切り直して 私も参加してシュノーケルを・・・という段取り。
じゃ、そろそろ海の中にエントリーしますかー。(写真はタイ人の団体さん)
a0074049_111938.jpg
※むっちゃんの水中カメラがエントリー早々バッテリー切れになって殆ど写真がとれてないので(爆)
この日の海中写真は kenさんのデータもいただきましたので 使わせていただきます※
a0074049_120516.jpg
シュノーケルをする頃には 午前中に巻き起こった海中のひどい荒れもおさまったようですが
その時の荒れのせいか 透明度はいつもより悪め・・・・とのこと。それでもいっぱい魚いるよーw
一応マイマスクには軽めに度が入ってるんですが 海中に目が慣れるまで時間がかかる私
水中でキラキラしてるものが塵かゴミかと思ってたら 実は大量の小魚たち。ひ~!!

小魚の群れの大漁(?)っぷり、わかりますー??
a0074049_23111424.jpg
沈船は ビーチからすぐ。
a0074049_1213582.jpg
a0074049_23124198.jpg
むっちゃん先生いわく、この沈船の写真に写ってる四角いのはトイレ跡とのことです。
a0074049_22333132.jpg
カラフルな珊瑚や小魚たちを見ているだけで 素人の私でも楽しいんですが
むっちゃんが 「ほら、ここに○○がいるよ」とか 「わかる?△△だよー」って指して教えてくれるから
私一人だったら気づかないようなことにも気づけるし、私1人だったらふら~っと見当ハズレな所へ
流されていきそうなところを、見所をご存知なむっちゃんについていくことで体力の浪費ナシww
・・ってか、私は潮の流れとかわからないので むっちゃんがいなかったら調子に乗って
ぐんぐん進んでしまいがちなんですが「そこから先に行くと 帰ってくるのしんどいよー!」と
声をかけてもらえるので ありがたかったよー。やっぱり餅は餅屋やねwwwww
a0074049_194658.jpg
a0074049_1211767.jpg
もやっとしてますが、この珊瑚と珊瑚に群がる大量の小魚、幻想的で すごかったー
a0074049_1204251.jpg
★★ この日のむっちゃんのシュノーケルログは ⇒ こちら★★
どんな魚が見れるとか具体的なことはむっちゃんの説明でご確認下さいましwww


沖からバンガローを見たらこんな感じ。
a0074049_1231795.jpg
マンクーさんは 午前中の海中の荒れに怖気づいて(笑) 浜でお留守番。
a0074049_1243424.jpg
そら先生 も午後からは浜でお留守番中。
a0074049_1261779.jpg
ダイバーさん達も続々と浜に上がってこられましたよー
a0074049_22433811.jpg
そうなると、浜は人で溢れてちょっとした活気がでてきました
a0074049_1251295.jpg
ダイバーのみなさんは、今から一休みのドリンクタイム (あるいはお食事タイム)ですな・・・
この浜でのお食事については直前トピで触れておりますが
この機会に ドリンクのメニューを載せておきますので ご参考までに!!
a0074049_2355497.jpg
前トピでも書いたように、レモンスカッシュなどは何も言わなければノンシュガーのものがでてくるので
オーダー時に甘さ加減の希望も伝えるとモアベターかと思います。

では、次は リパビーチでのシュノーケルと 浜の設備やその時拠点にしたビエナでのお食事記録を・・・

※以上は '12年5月時点での記録です。海のコンディションは季節によっても違うのでご了承を。 ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2012-06-07 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/15514010
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Lipah Dive/Snok... Kawi Karma Rest... >>