※ 今日の一言 ※ '16年の秋バリから無事に帰国しています。次の春バリまでの間に2度ほど別の国への渡航も挟みますが、ブログは'16年秋バリ記録+春バリで記録し残している分に特化してぼちぼち個別備忘録をあげていく予定です。

<< Marvelous Suite...

Sunday Brunch A... >>
2012年 02月 25日
Marvelous Suite #532 屋内編 @ W Retreat & Spa Bali ('11年秋)
a0074049_20104324.jpg
'11年10/30 meroさんとのわんだーらんど滞在2日目。
ご近所宿からはるららお義母様もかけつけてStar Fish Blooサンデーブランチを楽しんだ後
レセプションに行くと「まだC/I時間には早いけど移動先のお部屋に入れますよー」ってことで
移動先のお部屋の鍵をうけとって マーベラススイート#532 へ向かいました。
#532ってことは これも最上階だよねーw しかも以前マダムK様と過ごした#430側の方向。

Wow SuiteExtreme Wow Suite はホテル棟のエレベーターホールの近くで
いわゆる海に面したホテル棟の上階中央部にあるんだろうなーとわかっていたけれど
Marvelous Suite (ホテル棟内に何部屋かあります)がどこにあるかは曖昧だったので
テラスが透明になってない3階だったり、夕陽が見えない位置だったらもったいないなー
・・なんて思ってた矢先に、1泊目がオーシャンフェイシングの最上階にUGになったことで
初日の時点で「このままOFの#545に3連泊でもよかったかもー?」なんてゆってた私達。
だけど、2日目からのお部屋が#532なら最上階同士だし テラスから見える方向も違うから
1回の滞在でオーシャンフェイシングの眺めを2種類楽しめるので 超・嬉し~い❤

ちうわけで、食後のはるららお義母様もまきこんでスイートでの~んびりの午後@雨上がり。
リビングと寝室とバスルームががっつり分かれていてやたらと広いっていう以外は
特筆すべきことはないし2人滞在ならOcean Facingのカテゴリーで十分なんですが
せっかくのMarvelouse Suite選択だったので 2トピに分けてお部屋の記録をしておきます。





ブランチの前に、「#545のドア内側に荷物まとめてるから 次のお部屋が用意でき次第荷物は
そっち運んでおいてねー」って頼んでおいたんだけど 荷物はまだ移動できてないとのこと。(爆)
※ その他 下にも書きますが 大型ホテルで部屋数やスタッフ数が多いことで連絡が行き届かなかったり
忙しいんだろうなーとかツメが甘いなーとか二度手間でめんどくせーってこともいくつかありましたので
サービス面では 小姑的な感想もいろいろございますが 私的にはここにアマンやGHM並みの
サービスレベルを求めてるわけではないので 大きなストレスにならないならヨシとしてますww※


着替えたいから荷物はよ来ーい!と思って移動前の部屋に行くと丁度運び出されたところでした
a0074049_20195015.jpg
このまま廊下を一直線~で #545から#532へ移動です
a0074049_2019928.jpg
#532は 約2部屋(弱)分の広さなので このスペース全部うちらーの入口ですww
a0074049_20253126.jpg
部屋に入るとだだっ広いだけのリビング。 シンプルっちゃーシンプル。(完全に物足りない私ww)
a0074049_20262299.jpg
でも窓辺のチェアー周りは なんか好き❤
a0074049_20301559.jpg
勝手に家具を移動させてリビングのテラス側半分をこじんまり空間に仕立て上げた私www
a0074049_20283911.jpg
そのせいで入口ドア側に一層空きスペースができてしまったんですけどねwww
(その空きスペースが、ちらかし大臣@私 のチェックアウト前パッキングで大活躍。)
a0074049_20293124.jpg
お部屋の備品は、独立したリビングがあって広いこと以外は他のお部屋と大きな違いはなし。
いや、むしろウェルカムスイーツが前回の滞在よりも昨日の部屋よりもしょぼいwww
a0074049_20295299.jpg
お部屋に荷物を運んでくれたスタッフに、「何か必要なものは?」と聞かれたので
「予約時に禁煙部屋の選択しかできなかったんで喫煙部屋に変えて!ってRQ入れてたんだけど
もし喫煙OKなら灰皿2つちょうだい(テラスとリビングにそれぞれ置くため)」って依頼したのよ。
そしたらしばらくしてデスクから 「ご希望のものが用意できない。すみません」と電話があったので
あー禁煙部屋なのね。ま、しょうがないか・・・と諦めたところに 部屋のチャイムが鳴った。
ドアを開けると 灰皿が入った袋をもったスタッフの姿。「すみません。1つしか見当たらなくて」(爆)
え? 用意できないって、申し訳なさそうにお断りの電話かかってきたんですけど
喫煙部屋が用意できないってことじゃなくて 灰皿そのもののことでもなくて 灰皿の数っすか?!
「1個でいいよー。ってか、結局は吸っていいんだよね?」と スタッフに確認。なんじゃそれ(大笑)

遊びに来たはるららさんの姿を見て3人居ると気づいてスリッパ余分に用意してくれた子とか
何もいわずとも気が利く人もいるかと思えば、ターンダーンの掃除はきれいに終わってたけど
新しい足元のマットを掃除中みたいに部屋の隅にひっくり返したまま帰ってるスタッフが居たり
テラスへのガラス戸の溝に 前滞在者のちびっこが忘れたらしきミニカーが挟まってたり
一部の清掃スタッフの中に詰めの甘い部分というかプロじゃない感じをちらほらと感じたかなー?
それはたまたまのことかもしれないし、掃除が汚いわけではないから不快感とまでいかないけど
今は建物が新しいから目立たないけど 年季入ってくると小さな詰めの甘さは積み重なって
現れてくるから油断してちゃ~ダメだぞーーー!がんばれー!と、母のような気分。

他の小姑的な意見としましては、 ルームサービスの時 たとえば「分けるからカトラリー2つと
お皿2枚」とか頼んで、電話の相手から復唱もしてくれるのに、ついでにもう一つ何か頼むと
どれかを忘れられてて絶対に1回では済まないところとかは 「やっぱりバリやわwwww」・・・と。
指摘するとすぐに快く用意してくれるので 特にそれを致命的なマイナス点だとは思わないけど
当時はまだオープン半年で微笑ましくとも もし今後もずっーとその調子だったらイヤかも?(笑)

そして、W/W経由で 食べ物と氷を同時に頼もうとしたら「レストランに電話してネ!」って
言われてレストランに電話すると「氷はルームキーピングに!」ってたらいまわしの二度手間。
で、 「そこに電話しろといわれました!」って言うと「わかりました。こちらから伝えて用意します」と。
そのやりとりが面倒なので 最初にWhatever/ Whenever Deskにかけてるっちゅーねんwww
そもそも連絡先セクションの説明書きを読まない面倒くさがり屋の私が悪いんだろうけど
電話とった人によっては 内線でまわしてくれたり その人から現場に伝えてくれたりするんで
それでいいんだと思ってW/Wデスクにかけ続けてたら 結局二度・三度手間になる時もあって
「あ~、スタッフによって違うなー」って 感じたかな~。私の場合は、前回もがんばってくれる人に
あたる確率が高かったみたいなのでストレスにまではなってないけど、あたるスタッフによっては
中にはスムースにいかないストレスを持つゲストが居てもおかしくないな、とも思った次第。
うん、すべてはスタッフ個人個人の能力差がありすぎるのだと思う。全員が一定の高いレベルで
安定してこそ全体の良い評価に繋がると思うんだけど、スタッフ数多い大型ホテルは大変だよね。
でもまだ新しいプロパティーなので 俄然 のびしろの方が大きいと思うから期待してまっせー!!
だってやっぱり私は 楽しい気分にさせてくれるワンダーランド@W が大好きだもん。

ともかく 私達の今回の滞在では 上記の小姑的感想の点は重要な問題ではありませーーん

だって、単にマイペースでダラダラしたいだけの女子会滞在ですもんwww
a0074049_20272948.jpg
meroさんとはるららさん、この広い空間でも隅っこがおちつくようでwwww
a0074049_2031344.jpg
2人で頭つき合わせて何してんねん?(寝室側から撮影。ブレブレ失敬)
a0074049_20313163.jpg
余談とぐうたら姿を披露した後はお部屋案内に戻ります。

入口に入って正面はリビングですが、すぐ右手のドアを開けるとバス&パウダールーム。
壁沿いに引き戸式のクローゼットがありまして・・・・
a0074049_2032587.jpg
他の部屋よりもかなり広いので、クローゼットのスペースもゆったりしてるし
パウダーエリアも広くて、ちゃんとお化粧台が2人分あって鏡もでっかくて明るいのが嬉しい!

バスルームや洗面所の設備そのものはホテル棟の他のお部屋と同じ
(ベイシンに並んだバスアメニティはVILLAの時と同じで 大きなサイズのボトルでした)
a0074049_20321790.jpg
シャワーやバスタブの上の天窓も最上階だと空が近いネ!
a0074049_20323277.jpg
やっぱりこのお風呂、好き❤ 湯桶と風呂イス持参で日本的使い方をしたい。(まだ、言うwww)
a0074049_2035285.jpg
扉(引き戸です)を開けて、パウダーエリアの向こうにいってみましょ~!!
a0074049_2036342.jpg

ちうわけで、ベッドルーム 。 もちろんテラスの向こうに海の青が見えます
a0074049_20371022.jpg
いろんな角度から。 (写真がザツですいませんwww)
a0074049_20363689.jpg
夕暮れの時間帯がこれまたロマンティックなんですよー
a0074049_20365170.jpg
目の前には海~
a0074049_20372721.jpg
テラスの広さも2倍あるからいろんな角度から眺めを堪能できますよ~
a0074049_2050541.jpg
・・・というわけで、次はこのお部屋のテラス(バルコニー)編。
時系列無視になりますが いろんな角度・いろんな時間帯の眺めを記録していこうと思います。

【追記】 '16年春の再々滞在時 のOF #543のお部屋の様子は⇒ こちら
('16年春の滞在時の各所個別記録は、上記お部屋トピからそれぞれのリンク先でご確認を)


※ 以上の内容はすべて '11年秋の滞在時の記録です ※

★★ '11年秋・2度目のW Retreat Bali 滞在記録は ダイジェスト版と以下個別トピから! ★★
Spectaculer Ocean Facing Retreat #545 編 / Sunset At WOO BAR®編 / Sunday Brunch At STAR FISH BLOO
Marvelous Suite #532 屋内編 / Marvelous Suite #532 テラス編 / WET® & W BEACHで遊ぶ編
Treatment At AWAY SPA®編 / Breakfast AT FIRE RESTAURANT編 / W LOUNGEで過ごす最後の時間編 /


※初回・'11年3月滞在時のWでの過去記事は当時のダイジェスト版内の各リンク先へ!※


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2012-02-25 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/14745483
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Marvelous Suite... Sunday Brunch A... >>