※ 今日の一言 ※ '16年の秋バリから無事に帰国しています。次の春バリまでの間に2度ほど別の国への渡航も挟みますが、ブログは'16年秋バリ記録+春バリで記録し残している分に特化してぼちぼち個別備忘録をあげていく予定です。

<< Woo Ba® から見る夕陽 ...

Katana Villa @ ... >>
2012年 02月 21日
Spectaculer Ocean Facing Retreat #545 @ W Retreat & Spa Bali (’11年秋)
a0074049_2195682.jpg
'11年秋バリmeroさんはるららさんとの女子会wの最終滞在地は南部。
LovinaAmedでは3Bedroomで1人1部屋にして同じお宿での滞在だったけど
南部ではのんびり重視のmeroさんと私が同泊で、行動派のはるららさんは近くの別のお宿泊。
でも、各自バラバラのお宿滞在だったUbudの時のように南部滞在中も集合して楽しむ予定。
帰国便はTG,GA,KEと3人別々だけど 同じ日程のフライトなので最後まで遊ぶ気満々。

その南部滞在で 私とmeroさんが過ごしたホテルが W リトリート & スパ バリ (公式サイト)
私にとってはその7ヶ月前・オープン当時以来の2度目の滞在 (前回の滞在記録はこちらから)
前回 Fantastic 1Bedroom Villa #35 Spectaculer Ocean Facing Retreat #430
滞在して 「やっぱりホテル棟の海前のカテゴリーがいい!」と思ったので ホテル棟狙い。
なんやかんやありまして今回のダイジェスト版参照w) 1泊目だけはGarden View Retreatにして
他の立地のお部屋も体験し その日は"部屋から出て愉しむ日"と割切って寝るだけ利用目的w
そして翌日からの最終2泊3日を こちらもまだ見ぬMarvelous Suiteで のんびりする魂胆。

ところが、C/I時に 「明日からスイートへ移動でしょ?今日はガーデンからオーシャンフロントに
アップグレードしておきましたよ(ニコニコ)」
とのこと。しかも最上階だよ~。WOW❤
ガーデンのカテゴリーがどんな感じか比べてみたかったのでその点では少し名残があるけど
ここではオーシャンフロントが俄然オススメに違いないので、超ウレシーんですけどっ!
こうなりゃこの日すぐスクーター借りて出かける予定は白紙にしてこの部屋も堪能しましょw
ちうわけで まずは今回の1部屋目 @ Spectaculer Ocean Facing Retreat #545の記録です





2011年 10/29 (土曜日) Amed発Ubud経由でmeroさんをピックアップして午後3時前、W到着。
チェックイン時に 初日のお部屋のUGを知らされて ウッキウキで最上階へ

こっちのウィングは前回の#430への廊下(駐車場風)とは違って通路が明るい~。
a0074049_2203846.jpg
(最上階は以前の#430側も向かいにお部屋がないので明るい通路でした。後日マーベラススイート編で記録予定)

今夜のお部屋は Room#545 (左側の扉です)
a0074049_2212588.jpg
扉を開けて一番奥のテラスから注ぐ青さにmeroさん興奮。(一旦 鞄置きなさいってw)
a0074049_2221638.jpg
そんなmeroさんを入口のクローゼット前から遠目で激写www
a0074049_2224278.jpg
ついでにお部屋の設備の説明を。
a0074049_2233556.jpg
このお部屋は、前回の#430と同じカテゴリーでファシリティもほぼ同じなんですが
前回との違いは ベッド数とバスルームの配置ぐらい。でもそのバスルームの配置のせいか
#430にはなかったクローゼットとバスルームを仕切るバーチカルブラインドもありました。
これで 1人がお風呂に入ってる時にもクローゼット前で着替えしたり荷物を取りに行けるので
友人同士のお泊りでもその点は#430の時の造りよりは便利だなー、と思うのですが
このバーチカルブラインドのルーバーがすぐとれるw うちらー、2~3枚外しました(爆笑)
ひっかけるだけなので直すのは多分easyなんですが天井まで届かんので自力では無理。
結局は外れたルーバーを置いておく場所に困ったというか、本音を言えばかなり邪魔でしたw

ベイシンは1人一台。(前回は向かい側にバスと洗面所があったんだよねー)
a0074049_2259234.jpg
バスルームはここも天井が開閉できるタイプなので光が射し込んでとっても明るいです。
ここの風呂場もシャワーとバスタブのある部分が繋がってるので湯オケがあれば
日本の風呂場的使い方ができちゃうのが嬉しい。でもベンチがバスタブから遠いから
次に泊まる時は ドリフから湯桶と風呂イス持ち込もうと決めているムードのない私www

前とカテゴリーが同じという事で屋内の細かい写真は撮ってないので
各設備の詳細は過去記事を参考にしていただくとして、変化してると気が付いた点は
確か ミニバーのコーヒーが変わってたことぐらいかな?他に目新しかった点といえば・・・・・

あれ?#430の時はドレッサーなんてあったっけ??(あったかもしれんけど全然 記憶なし。)
a0074049_2254193.jpg
下の写真見て思ったんですが、#430はこのデスクの所に拡大鏡があったから
やっぱりドレッサーはなかったのかしらー?ま、どっちでもいいんだけど(爆)
a0074049_2283898.jpg
ツインベッドのベッドランナーはキングの時の葉っぱ系ではなく カヌーのオール風
a0074049_227502.jpg
前回より屋内が体感的に狭目に感じたのは、今回はツインベッド仕様にしたからかな?
(狭目とはいえ窮屈さはありませんよー。もともとコンパクト好きだし 前方に開放感あるし)

窓全体が大きなガラスでバルコニーも透明なので海に面した立地を十分満喫できます
a0074049_2281794.jpg
一応解説つけてみましたw
a0074049_364148.jpg
★★ 大きくてきれいな写真でこの部屋をご覧になりたい方は meroさんのブログをチェケナー!★★

ウェルカムスイーツ。でも、一番好きなマシュマロとゼリーが一体になったヤツがない(泣)
a0074049_2312818.jpg
テラスのテーブルには " バルコニーに洗濯物干さないでねー"の注意書きがwww
a0074049_2343638.jpg
このお部屋は、海に面しているメインビルディングの南側(海に向かって左側)のウィングなので
同じオーシャンフェイシングでも前回(海に向かって右側)と違うのはテラスから見える角度。

もちろん真正面は 海。眼下にリゾートのパブリックエリア(プール)ですが
右側を見るとこんな感じ
a0074049_2323562.jpg
参考までにここから見える前回のお部屋 と 明日からのお部屋の位置。
a0074049_391765.jpg
急激開発地帯なのに意外にも左側には緑が広がります。
a0074049_2312117.jpg
森の中に見える可愛い建物がPotato Head Beach Clubの 通り側からのエントランス
a0074049_2321265.jpg
ここからだと殺風景に見えるかもしれないですが、実は この緑の存在が ものすごくいい!
それは 右側のウィングのお部屋からみると一層実感することになります。

翌日は右サイドにあるマーベラススイートに移動したので両側からの眺めを堪能したところ
結果的には私もmeroさんも右サイドのお部屋からの眺めが好みだという結論に達したのですが
(meroさんの場合は、海岸線の眺めはもちろん 右側の方が海そのものに近くなるので
波の音は大きいけどより 一層オーシャンフロント体感できるという点も大きかったようです。)

それでもこちら・左側のお部屋ならではの醍醐味は サンセットタイムでしょう。
右サイドのお部屋は 南向きにカーブしているのでテラスに出てかなり右を向かなきゃ
お部屋からのサンセットは楽しめませんが、こっち側のお部屋なら部屋の中からでもバッチリ!

この日のサンセットはほんとに素晴らしく、私達はWoo Barで過ごしたのですが
せっかくなのでお部屋からの具合もみてみようと思い 一時的に部屋に戻ったりしたので
日が沈む前後のお部屋やテラスからの様子も参考までにここに残しておきます。
私のカメラがポンコツ化していた(こちらの前置き参照)ことが非常に悔やまれる日でしたw

17:55 テラスから太陽の方角を見て撮影
a0074049_2372128.jpg
テラス正面から見るとこんな位置。
a0074049_2482724.jpg
寝室にこんな風にロマンティックにさしこむ光なら 西日大歓迎ww
a0074049_2351969.jpg
この部屋は屋内のプチリビングのソファーに座ってたら見えない方向だけど
窓際のソファ部分からなら 冷房がガンガンに効いた部屋からもサンセットショーが楽しめるよー
a0074049_236279.jpg
これは携帯のカメラで撮影。
a0074049_2354335.jpg
水平線付近に雲がみえないので今日はいい感じで水平線に沈んでいく期待が高まります
a0074049_2375596.jpg
(ブレブレすいませんが) 窓に描かれた3匹の豚さんがほんとに飛んでるように見えるww
a0074049_2391035.jpg
もう一回テラスへ・・。テラスのディベッドに寝転がって見るのもいいだろうな~
ただし、一人用サイズなので寝転がりたい場合は奪い合い必須
a0074049_2382733.jpg
下を覗いてみたら Woo Barの外席でmeroさんも熱心にカメラを構えていたぞーw
(わしのデジカメ、望遠機能故障中に付き撮影は不可能でした。惜しいーっ!)

時間は18:05。 さ、そろそろサンセットタイム本番前。私もWoo Barに戻るか!!
・・ってことで ここからはWoo Barに戻って パブリックエリアや海岸線から夕陽を愛でていたので
お部屋からのサンセット写真はありませんが この日の夕陽は ほんとに素晴らしかったので
私のポンコツカメラとポンコツな腕では とうていあの感動は表せませんが次のトピで記録します

パブリックエリアでサンセットタイムを堪能してお部屋に戻ってきてからも
お部屋から 空や海の色が変化してゆくのをじっくりたのしむことができます
a0074049_2403312.jpg
この後、リゾート内がライトアップされるとまた違ったタイプの華やかな光も楽しめます
a0074049_2404937.jpg
このお部屋、Woo Barに近いので曜日によっては夜、ズンドコうるさいかもしれませんが
最上階で距離があるからなのか、たまたま騒々しくない日だったのか、防音硝子でましなのか
たしかにズンドコズンドコ聞こえますが、覚悟していたほどは うるさくはなかったです。
(え?それは私が大音響になれてるから??www) お部屋に聞こえてくる音量で言うならば、
Woo Barサイドでのズンドコ音よりも Star Fish Blooサイドの波の音の方が
「ゴゴーーッ」って感じですんげー迫力なんですけどっ!!(でも、そっちも慣れっこな私★)

【追記】 '16年春の再々滞在時、同じカテゴリーの#543のお部屋の様子は⇒ こちら
('16年春の滞在時の各所個別記録は、上記お部屋トピからそれぞれのリンク先でご確認を)


ちうわけで チェックイン日夕方の Sunset Time At Woo Bar 編に続く

※ 以上はすべて '11年秋の滞在時点での記録です ※


★★ '11年秋・2度目のW Retreat Bali 滞在記録は ダイジェスト版と以下個別トピから! ★★
Spectaculer Ocean Facing Retreat #545 編 / Sunset At WOO BAR®編 / Sunday Brunch At STAR FISH BLOO
Marvelous Suite #532 屋内編 / Marvelous Suite #532 テラス編 / WET® & W BEACHで遊ぶ編
Treatment At AWAY SPA®編 / Breakfast AT FIRE RESTAURANT編 / W LOUNGEで過ごす最後の時間編 /


※初回・'11年3月滞在時のWでの過去記事は当時のダイジェスト版内の各リンク先へ!※


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2012-02-21 23:58 | bali & indonesia | Trackback(1)
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/14719834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from * Happy Slow.. at 2012-06-27 00:32
タイトル : ** W Retreat & Spa Bali ** <..
美味しそうな特大ケーキ♪ いや。美味しそうというか.... 絵本の中の世界のように可愛くて可愛くて、食べるなんて勿体無い(笑) 眺めてうっとりするだけで満足なんです~ こんな可愛いケーキがレセプション前のバーにに飾られていたら、 もうチェックイン前からワクワク、ドキドキ。 目の中にはお星様が現れて、キラキラッ~なのであります(笑) さてさて、去年2011年秋バリの女子会旅。 アメッドからウブドへ移動するところまでUPしましたが、 ウブド滞在レポの前に、最後の滞...... more
<< Woo Ba® から見る夕陽 ... Katana Villa @ ... >>