※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です

<< Katana Villa @ ...

Katana Villa @ ... >>
2012年 02月 17日
Katana Villa @ Amed ~ Moon Bungalow 編 ~ ('11年10月)
a0074049_1920572.jpg
前回のFamily Suite編に続き、今回は 私が滞在したMoon Bungalowのえとせとらを・・・。

このお部屋は3部屋の中で一番小さくて、屋外テラスも屋内にソファーもないので
再合流で一部夫婦滞在になる我が家的には2人分のスペースを考えると狭いんですが
おっさんには「大荷物はドリフに置いて、着替えだけもってこい」と命じていたので
(私自身も、ロビナから一旦ドリフに荷物を置いて必要な備品だけ持参したのと
何か必要なものがあればバイクで取りに行ったりして最小限の荷物だったのですw)
狭いスペースでも問題なし!とみなしており、もともとコンパクトな空間が好きなので
「セニョお気入りの2Fの主寝室使えば~?」と言って下さったmeroさんやはるららさんに
「いや、オッサンの意見は無視。わしが好きな部屋にする。」・・と鬼嫁の自己主張炸裂で
半年前の見学時に一番気に入ったこのお部屋を使わせていただくことになりました
だって、お風呂こだわり大臣的にはこの部屋のお風呂場を使ってみたかったんやも~ん

★★meroさんの美しい写真で見るこのお部屋の記事は ⇒ こちら !ぜひお口直しにw★★






Moon Bungalowの位置は、プールの裏側?で「はじっこ感」があるんですが
同行者やスタッフの気配が一番少ない場所ゆえに最もプライベート感があるかもしれません
(Master Bedroomは階下が共有リビングだしFamily Suiteはプールやお庭の正面だしネ)
とはいえ、メイン棟1階のリビングからの動線も良く、ジムエリアも位置的にはお隣りなので
はじっこだからと言ってヴィラ内施設を楽しむにあたっての特別な不便さはありません。

外観は丸いおうちに三角屋根・上にはツノ付きw (これはお庭のバレから撮影)
a0074049_14424660.jpg
お部屋へのドアは鍵穴型。 さ、入ってみましょうか~ (手前の水路がグロットに繋がる入口です)
a0074049_2342086.jpg
扉を開けて まず目に飛び込んでくるのがこの光景
a0074049_2332193.jpg
この、青とオレンジの色使いにまずビックリなんだけど不思議と嫌じゃない私w
ベッドの頭上?オレンジの壁上方に見える木の柵の中にエアコンが隠されていました。

奥の壁には骨董的な絵が飾ってあるかと思えば ベッドのところにはばばーんと目立つ
ラオスかミャンマーかその辺りっぽい(曖昧w)仏教修行ちびっこが描かれたオリエンタルな絵
その横にベネツィア産の本気の仮面。ベッドカバーのガラはどことなくハワイも彷彿させるし
ものすごいミクスチャー感なんですけど 実際に見ると下品になってないのが素晴らしい。
ご存知の通り 私は こーいう雰囲気が大好きなんで、贔屓目もあるのかもしれないけど(笑)
ベッドサイドのアンティークな水色のチェストの上には 内側布張りのアクセサリーケース完備
a0074049_322962.jpg
ベッドのオレンジの壁の裏側はクローゼット兼小さな書斎スペース
a0074049_2365100.jpg
こちらには本がいっぱい並んでて、書斎として使うにはとっても集中できそうな空間。
クローゼットにはお部屋やプールの予備タオルやらディベッド用の予備マットレスやら
クッションなどもおいてあったので、私がここに私物を置くと混乱しそうだったから
私の場合は、吊り下げる服はこちらのクローゼットにかけさて、 たたむ服や下着などは
ベッドのある場所・お風呂場に行く扉の横にある開き戸になった棚に収納しました。
a0074049_2355115.jpg
お部屋内にある寛ぎスペースはこの右上の写真にあるテーブルセットだけなので
お部屋の中でソファーに寝転がって外の緑をながめてのんびり・・なんてことはできないけど
ベッドがとても気持ちいいので ベッドに寝転がって本読んだりするのも心地よかったです
うん、この部屋にソファー置こうにもそんなスペースはないからおかなくていい、いい(笑)
そして相変わらずの余談ですが、この直前に滞在していたDamai Lovinaのビーサンが
めっちゃ履き心地がいいので帰るときに「買う」と言ったら「持って帰っていいよ」と言われて
そのままこのヴィラにも持ち込んでいたのですが このビーチサンダルがめっちゃ重宝
↑の写真にも写ってるものなんですが、今まで ザ・レギャンのビーサン⇒アマヌサのビーサン
・・と、そのつどお気に入りが変わっていった私ですが 現在ダマイのものを一番愛用中。
a0074049_2345390.jpg
ベッドの向こうに見える扉はバスルームへ続くのですが
そもそも私が以前の見学時このお部屋を気に入った一番の理由と言うのがここのバスルーム!

バスエリアはベッドルームよりも下がった位置にあるのでまずは可愛い階段を降ります
a0074049_16525471.jpg
とっちらかり御免! 階段の途中から見たバスルーム
a0074049_2495286.jpg
このバスタブ、かえるの蛇口からたっぷりお湯が張れて(もちろん湯量もたっぷり)
周囲に石鹸とかバスグッズを置くスペースも十分あってかなり極楽です。
a0074049_2515480.jpg
バスタブから出たらすぐに岩シャワーエリアなので 風呂椅子と洗面器持ってきたら
そこを洗い場にして日本のお風呂的なお風呂の使い方ができるのが便利で便利で・・・。
実際、私もドリフから片手の湯桶を持ってきて シャワーエリアとバスタブの角にあった
床のかえるの置物にムリヤリ座って洗い場では日本スタイルでお風呂を利用していました。
これ、座って使える低い位置に蛇口があったら完全に日本の風呂施設の気分なのになーw

シャワー及び洗い場部分。あ、丁度かえるの置物がバスタブで写ってないwww
a0074049_312457.jpg
ここ、半屋外なので雨の日とか虫が多い季節なら躊躇する人もいらっしゃるかと思いますが
この時期はお天気も良かったし虫も少なかったのでバスタイムがとっても気持ちよかったです
(ちなみにバスタブ、シャワー部分は屋根があるので雨の日も入れますよw)
a0074049_2523968.jpg
油断してたらバスタブから立ち上がる時に 頭上のロマンティックなシャンデリア風の
キャンドルランプに頭をごっつんこしてしまうという危険性もはらみつつ(笑)
それでも 単純な私からすれば このランプの存在は気分高まるわけで・・・。
a0074049_2505212.jpg
何が嬉しいかって、バスタブ周囲だけでなく立ってシャワーしてる時にも
使いやすい位置に石で小さな棚が作ってあって シャンプーなどを置ける場所があって便利!

ちなみに、半年前の見学時にいただいたヴィラ名の入った石鹸は今回はおいてなくて
Bali Soapの石鹸がフレーバー?はそれぞれで各所においてありました。
ヴィラにおいてあるのは石鹸だけなので、シャンプーやトリートメントなどは各自でご用意を。
(Amed内での 毎度おなじみ"The Store"とかで買ってもいいしネ。)

バスタブのすぐそばに、小さなバレがあってここでも寛げます
a0074049_2585814.jpg
風呂上りにボディークリームとかをここでダラダラしながら塗ってる時間が、幸せ~。
Family Suiteのバスエリア奥にある屋外スペースのバレと同様に
ここでマッサージ受けてそのままバスリチュアル・・ってのもいいよね~。
あるいは、マットレスをヨガマットに変えてヨガしてそのままお風呂タイム・・ってのもありよね?

バレの目線の先はちょっとしたお庭ですが、ミニ庭の左手にあるのが洗面所とトイレ
a0074049_2554574.jpg
この洗面所に関しては、物を置くスペースが狭くて女子にはちょっと不便だったかな?
鏡も、振り返った位置にちょっとしたラックと共にかけてある程度だったので
洗顔後の化粧などは寝室でするか バッグごと持って行って共有リビングでしてました。
他の2部屋の屋内バスルームや洗面所にモノを置く場所が多くて便利そうだったのを考えれば
あえてこの部屋の洗面所はアウトサイドゆえにワイルドにしてあるのだろうと割り切りましたがww

お月さん形の扉を開けるとトイレ。 トイレ内もきれいだし、可愛いでしょ??
a0074049_2561099.jpg
洗面所周りの収納設備(というかモノを置く場所や鏡の大きさとかネ)が 私には不十分なので
ベイシンに関してはこの部屋に限って個人的なマイナス点があるんですが
バスルーム内にトイレむき出しの宿が多い中 トイレがちゃんと個室になってるのはありがたいし
バスエリアも不思議な造りになっていることもあって 狭くはないけど決して広くはないので
居心地いいし、半屋外なのに害虫も出ずとても清潔にしてあって 湯量もバッチリだったから
まぁ個人的好みなので完全なる独断と偏見なんですが、お風呂こだわり大臣の私的には
(現時点で)アメッドの中では 一番好みのお風呂場を持つお宿だと断言します。

もし滞在中に雨続きとかだったとしたら 印象や感想も変わってたのかもしれないけど
天気が悪ければ他の2部屋の屋内風呂を使えばいいわけで、その2部屋はベイシン周りも
けっこうものを置く場所があって便利そうだったと思うし それぞれのバスルームそのものが
清潔で個性的かつリラックス空間になってるので お宿・ヴィラという単位で総合的に考えて
現時点でKatana VillaAmed内のお宿で私的お風呂大賞 にダントツで認定です!!

そして、寝室再び。 バスルームの鏡は小さいけどここに大き目の鏡。
a0074049_2352411.jpg
この部屋は円形なので窓も細長いのが並んでついてるんですがそれぞれが全開できるので
開けっ放しにしておけばここは高台だからエアコンつけなくても風が入ってくるんです。
この窓の外はお庭の緑。そして向こうに海。
a0074049_2353896.jpg
朝起きて、ブラインドを上げたらお部屋から朝日も見えましたよー
a0074049_2563785.jpg
朝日を浴びたお部屋を外から見てみるの図
a0074049_256492.jpg
ちなみに、お部屋内は禁煙なので敷地内の喫煙可能エリアで蛍族の私達夫婦でしたが
お風呂タイムと寝る時以外はほぼ お庭やプールや共有スペースで過ごしていたから
その点では全然ストレスにはなりませんでした。だって、この宿、どこにいても楽しいもん♪

次は お部屋編としては最後になる メイン棟の2階にある Master Bedroomの記録を・・・・。

※以上はすべて '11年10月の滞在時点での記録です ※

★★★ '11年秋・Katana Villaの滞在記録 は以下のトピでもどうぞ ★★★
お部屋のことは・・・Master Bedroom編 / Family Suite編 / Moon Bungalow
共有スペースのことは ・・・ プールやお庭・敷地編 / LDKエリアとサービス編 / 生き物たち
滞在中3泊4日の私達の行動は・・・ ダイジェスト編 / :: 番外編は・・・ '11年3月の見学編 /



[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2012-02-17 17:00 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/14690337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Katana Villa @ ... Katana Villa @ ... >>