※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< Desa Seni A Vil...

Desa Seni A Vil... >>
2012年 01月 21日
Desa Seni A Village Resort ~ プール周辺 とアクティビティ編 ~ ('11年9月)
a0074049_22353340.jpg
’11年9月の Desa Seni A Village Resort (公式サイト) 滞在記録。
お部屋(Rumah Toer)編 / 敷地内の様子と他の部屋編 /・・と、敷地内写真が続きましたが
すいません、このトピもいわゆる敷地内備忘録です。でも今日はプール周辺の施設に特化。
その一帯は スイミング・ヨガ・スパ・食事・ちょっとした買物などを楽しめるようになっており
ヨガビジターやレストランビジターの人も通過するエリアとなっているので
(お食事事情とレストランに関しては 後日別途トピでご紹介しようと思いますが)
このリゾートのパブリックエリアで体験できることや アクティビティ的なもの全般の備忘録と
それらのサービスやスタッフの対応など ソフト面の感想などもごく簡単にメモっておきます。

・・とは言っても、風邪で体調不良だったうちのオッサンの介護w中心の滞在だったたため
ヨガクラスに参加することも、リゾート主催のアクティビティに参加することもなかったんで
エラソーなことは言えないから "私の感じた範囲で" とご理解いただければ幸いですw





まず、リゾートに入ってずんずん奥に進むと現れるシェアプール。
a0074049_22525324.jpg
各お部屋にはプライベートプールがないし、海からも離れているので
水遊びやヤキヤキをしたい人が おのずとここに集まって来るのでサンデッキはほぼ満席状態。
a0074049_22531219.jpg
朝食前に「この時間なら空いてるー」と思っても各所にちゃんとReservedのフダがwwww
a0074049_224407.jpg
ってわけで、人影は少なくともいい席は確保されてしまっているパターンが多かったです。
うちは、おっさんが風邪ひいてたので私が単独で短時間の間プールを利用しただけなので
1人分のチェアが空いてればOK。しかもどこでもいいよーって感じだったんで問題なかったですが。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そのプールの周囲、エントランス側から来た場合左サイドの奥にあたるスペースに
テーブルやチェアが配置されてまして、最初はお食事スペースかな?と思ってたんですが
そこから 小さな建物の Merapu Spa に入れるようになってました。
a0074049_22554564.jpg
でもこのスパ棟、ほんとの入り口っぽい場所はプール側の出入り口の真裏なんです
a0074049_22565586.jpg
プールから見て裏側の入口(多分こっちがいわゆる玄関口)にはテラス
a0074049_2258475.jpg
滞在時は黄金色の穂でしたが、このテラスからはたんぼビュー
a0074049_22575461.jpg
中に入ると、プール側にも繋がるスパレセプションエリアがあります
a0074049_22582777.jpg
花あしらいもいちいち可愛いよねー
a0074049_2352323.jpg
屋内トリートメントルームは2部屋。 ちょっと町スパっぽいのと暗いかな?なーんて感想。
a0074049_2259654.jpg
ちうわけで、おっさんはセラピストにお部屋に来てもらってトリートメントを受けておりました
a0074049_2259415.jpg
セニョ~ルはゴリマッチョでして、筋肉が固く体がぶ厚いんでいつもセラピスト泣かせ。
今回もセラピストが女性だったので、力が足りないんじゃないかと予想していたんですが
おっさんにとって相性がよかったらしく (もしかしたら風邪で弱ってたから効果大だったのかも?)
こちらでのマッサージをとても気に入ってしまい、延長するわ 翌日も再予約するわでご機嫌。
ほんとは滞在中にヨガクラスに参加したかったらしいのだけど、体調不良で控えてたゆえに
せめてマッサージだけでも受けられて 関節痛いのがほぐれたらしいので良かったです。
マッサージの料金は90分で30万ルピア(+21%)から 種類によっては60万ルピア(+21%)と
ホテルスパにしては高すぎず、適正価格で良心的だったんじゃないかな?と思います。
もちろん、スパ内のトリートメントルームやお部屋出張だけでなく敷地内の希望の場所で
マッサージしてもらえるとのことなので お気に入りのリラックススペースを見つけるのもよしw

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そして、プール周りでひときわ目立つのが "GIFT SHOP”と札が建ってるこの建物
a0074049_2302346.jpg
この建物について、1900年代初期のマドゥーラの建築だとかなんとか詳しいことを
聞いて「へぇ~・ほぉ~」言ってたのですが詳細を覚えちゃいねーアルツ全開の私www
ま、そういうことはセニョが詳しい分野なので 必要なときはおっさんに聞けばいいや(笑)

・・というか、ギフトショップ・・と札が立っているのにテラス部分ではお食事もできるようで・・・
a0074049_2325071.jpg
多分、レストランのキャパがゲストルームの数に比べて少ないので
敷地内のお好きな場所に用意できますよー・・ってことなのかもしれないなー。(勝手な予想)

屋内に入ってみると、ショップになってまして、ヨガウエアからアクセサリーから アンティークな
布や民芸品みたいなものまでいろいろと置いてあったので 目にもとても楽しかったです。
a0074049_2333676.jpg
レストランや各部屋で使われているお花の形のコースターも売ってたので買えばよかったw
a0074049_234872.jpg
テラスに居るやぎさんの木彫り 、ちゃんとお洒落してて可愛い~❤❤❤
a0074049_2304530.jpg
こちらは、ギフトショップと書かれてあるものの、お店としての空間だけでなく
ビジネスセンターとしても利用できるとのことで、ゲストが利用できるパソコンがおいてあったり
DVDなどもこの建物内?で借りれるらしく 毎日朝8時から夜10時まで開いているようです。

このギフトショップの並び、ちょっと奥まったところにレストランがあるのですが
レストランのお話はまた次回の単独トピで改めて記録するとして・・・・・・・

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


プールを通り過ぎ,レストランを横目に 奥までずんずん進むと現れる3本のツノ
そこが TRIMURTI YOGA STUDIO”
a0074049_236950.jpg
チェックインの時、スケジュールをもらったのですが毎日朝7時頃からやってて
平均3~4つ(日によっては1日6つぐらい)プログラムがある日もあったりして とっても盛ん
朝一番からこんなに集まってますwww
a0074049_236292.jpg
滞在プランによるかもしれませんが、「宿泊ゲストは自由に参加できる」とC/I時に聞きました。
でも、滞在してなくてもビジターは1クラス12万ルピア (回数券制度ありw)で参加可能。
月ごとのスケジュールは、公式サイトでも見れるので、チェックしてみてください。
a0074049_2374512.jpg
私はヨギーニではないので実感はないんですが、ヨガする人にとっては
こういう環境でヨガ三昧の休日を過ごせるのは かなり理想的なんじゃないかな?、と。
ましてやスミクロ寄りのチャングーという立地。ウブドのような雰囲気を味わいながら
空港までそんなに遠くもないし、お買物エリアも近いし、ちょっと出たらリゾート気分も味わえる。
よくよく考えたら ものすごーく欲張りな選択肢なんですけどっwwww

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

お部屋に置いてあったダイレクトリーには、スパやヨガなどの敷地内でのアクティビティ以外にも
リゾートが手配してくれるトランスポートやお出かけ系アクティビティなどの紹介もあって
読んでると「これもやってみたいなー」なんて興味を引くポイントが多々出現。
2泊3日程度で 風邪ひき親父つきでは、なーんにも参加できなかったけど
バイク借りたいとか マッサージを部屋でしたいとか お部屋に○○持ってきて~とか
敷地内で○○落としたんだけどみつけたら教えてねー・・とか些細なことをけっこう頼んだので
その時のスタッフの反応と対応はどれもこれも好感度高かったです。
スタッフ数がものすごーく多くて 制服の違いからも各セクションにわかれてると思ったので
内容によっては頼む相手をこっちで判断しなきゃ、2度手間かな?と予想してたんですが
なんのなんの。想像以上に連携がうまくいっててスムースだったのは嬉しい誤算でした。
スタッフがいちいちおっさんの体調を気にかけてくれてたので、かまってちゃんなセニョの
風邪の諸症状もゲンキンなことに2日目の午後にはほぼ回復したようでwww
a0074049_238879.jpg
そしてここでは いわゆるリゾートアクティビティだけでなく
バリやインドネシアの文化に触れたり、環境問題にも取り組んだり、いろんなワークショップが
開催されたり・・と、そういう点で興味がある人にも学べる場所となっているようです。

怠け者の私なので 例えば環境問題でも カリカリとヒステリックになるのは勘弁だけど
無理せずに自分にできることはやろうと思うから、そのためにも知識として知っておきたい
という気持ちはないわけではないんですw。だから、こういうところに滞在する機会に
少しずつ向き合ってちょっとずつお利口になれればいいかな? なーんて。 甘い???
a0074049_2382712.jpg
ヨガもしない、環境問題にも疎い、 基本的に不健康な私が なんでこのテのリゾートに
滞在しようと思ったのか・・・・それはやっぱりこの敷地内のアンティークで可愛い雰囲気と
なんといっても 春バリでランチに来た時に食事に感激したから・・という俗っぽい理由(爆)

・・ちうわけで 次回、レストランと食事についての記録で Desa Seni編を〆たいと思います。

※ 以上は滞在した'11年9月時点での記録です※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2012-01-21 17:00 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/14475442
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Desa Seni A Vil... Desa Seni A Vil... >>