※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< サヌール初日の夕食@ The ...

ロビナで寄り道 ~往路のランチ... >>
2011年 08月 29日
ロビナで寄り道 ~復路のランチ@Damai Lovina のRestaurant編 ~
a0074049_4341024.jpg
空腹に負けて上まで辿りつけなかった往路のランチ@Bake
美味しかったからそれはそれで満足したけど、復路のランチこそはダマイで食べようね
・・・とマダムK様と誓ったThe Menjanganチェックアウト後のAmedへの復路。

ここ5年ほどはロビナ界隈では幹線道路か海の近くでささっとすませることが多くなったけど
以前はロビナ方面を通るときはかならずあの山道を登ってダマイでランチがお約束だった私。
だって、10年程前に最初にランチに訪れた時の「田舎なのに盛り付けも凝ってるし美味しいっ!」
っていう感動は 今でも忘れられない。当時の田舎では考えられないハイレベルだったから。

チャンディダサにしろロビナにしろ、その垢抜けなさがまた魅力でもあったのだけど
当時からどっちの地区も、私があまりご当地お食事どころを知らないということもあって
「食事がどうもねーー」という共通意識をもっていたのは事実。
だけどダマイのレストランを知ってからは【ロビナに行ったらダマイがあるさ♪ 】がお約束。

私自身、東部ではアリラマンギスをアコモとしての総合面で"東部の珠玉"と思ってるのだけど
(アマンキラは"東の横綱"なので、予算面で無理を強いられるのでベツモノ@特別扱いw)
だとしたら ダマイロビナは まさに"北部の奇蹟"。ぜひマダムK様にも味わっていただきたいっ!
3年前のロビナ滞在時は食事を海辺で済ませたけど、久々にお山の上にのぼってみましょー





相変わらず、隠れ家と呼ぶにふさわしいこじんまりとしたレセプション
a0074049_439818.jpg
陽気なバーテンダー(若者ではないところがここのおちつき加減のポイントw)
a0074049_442455.jpg
2階のダイニングにあがる前に「なにたべよっかなー」と一旦黒板チェックw
a0074049_442216.jpg
店内の雰囲気などは、また秋バリで何度も行くと思うので割愛させていただきましてw
約5年ぶりにここのお席についた私。(ちなみにこの時点で宿泊経験はありませんwww)
a0074049_440042.jpg
こちらのシグニチャードリンク Mojitea (Rp40,000+21%税サ)で乾杯する下戸2名
a0074049_443128.jpg
Damai Salad (メニューではRp125,000+税サでしたが黒板では95,000+税サ)
a0074049_4433732.jpg
Tenggiri Tartar (Rp.115,000+税サ)
a0074049_4435871.jpg
Seafood Pasta (Rp.145,000+21%税サ)
a0074049_4441728.jpg
どれも、美味しゅうございます(嬉泣)

以前は、各ディッシュにパン生地のようなもので飴細工のような繊細なデコレーションが
施されていた印象が強く、久々に来たので「網の目細工がなくなってる」とは思ったものの
盛り付けの美しさは相変わらずで、お味はいわずもがな。そしてやっぱり感激したのは
「シーフードの火の通り具合」。 ほたてもエビも丁度いい火の通りっぷりでぷりっぷり。
こちらのレストランはオープン時からお食事にとっても力をいれているとのことなので
(10年以上前の時点でデンマークの高名なシェフの監修によるディナーが話題になってましたよね)
歳月を経てシェフが変わってもちゃんと料理が美味しいという基本は継続されているようで
いくらバリ島全体が昔より食事事情やレストランのレベルがが飛躍的によくなったとはいえ
田舎でこのレベルは やっぱり【ロビナにおけるミラクル】といっていいと思う。
(それとも、そもそも私が田舎のレストランのレベルを低く見積もりすぎなのか?!)
a0074049_4444268.jpg
本来、フュージョン料理ってそんなに食指が沸かない私ではありますが
こちらでは洋の中に和のテイストもふんだんに取り入れたメニューになっておりまして
でもそれが「斬新」というよりも「とってもしっくりくるおいしさ」なのでこーゆーのなら大歓迎
前述したように、ここでは'97年の開業時から10年以上も食材にはこだわり続けておられて
敷地内でつくられたオーガニック野菜や地元で収穫できるものを利用した安心のお料理。
お酒にあいそうなシッカリ目の味付けなので、本来少食な私とオーバー60歳のマダムには
ガッツリと量はたべられないんだけど、こうやって2人でわけわけするには最適。
さすがのホテルレストラン価格だけど、たまの贅沢だもの。この価格設定なら問題なし!(笑)

メニューの表紙もシブくていいわぁ~
a0074049_4541674.jpg
ここで、一応メニュー内容&料金も載せておこうかと思ったんですが秋バリでも行くのでまたその時にw

そして私達が感激したのが デザート
食後にお口直しに甘いものが食べたいんだけど 満腹なのでちょっと軽めに済ませたい
そんな時に丁度いいのが デザートメニューの Treat (Rp.29000 +税サ)

メニューに特に種類の表記はなかったのですが、2つオーダーしたから
同じものが届くんだとばかり思ってたらそれぞれに趣向が違ってて「キャー★」
なんかその演出、小憎いっていうか ちょっと粋じゃね??

わたしの Treat
a0074049_453166.jpg
マダムのTreat
a0074049_4534458.jpg
でたー!ここでもチョコとオレンジの組み合わせ。大好物すぎて大喜び。
スタッフいわく、「一口サイズのチョコレート菓子で、ほんとにちょっとしたお口直しなので
デザートというには物足りないかもしれませんよ」とのことだったのですが
いえいえ、私達はちょっと甘いものつまんでコーヒー飲みたいだけなのでこれで十分なのです
いや、むしろ 今ここでこの腹具合。まさにあの時は こーゆーのが食べたかったので大満足。
スタッフだって給仕から何からとってもスマートで 安心感のかたまりwwww
a0074049_4451295.jpg
ご機嫌で食事を終えて運転手に迎え求むの電話をしたら「駐車場に居るよー」とのこと
いそいそとパブリックプールを横目に退散退散www
a0074049_4452940.jpg
★ここで、恒例の余談ですが、8年前の写真が出てきたので便乗掲載★
a0074049_445504.jpg
かろうじてアラサーと呼べた頃の私@中央。(右のハナちゃんはまだ20代www)
a0074049_4461091.jpg
↑どうしてもフレディーに囲まれたい私。つかダイナマイト播州な私が一番弱そうwww

当時の写真と今の写真を見てると、プールサイドのチェアとかの素材は変わっているし
ここから見る景色も、周囲に屋根が増えたと思うんだけど基本的に変わってないのがいいよね。
ホテルとしては、リノベーションがあったり新しいヴィラなどもできて進化はしているのだけど
ここの空間そのものはなんだか時間が止まっているかのようで、とても安心感を得られます。
さすが、リピーターさんを虜にするホテルなだけのことはあるよね~、って納得。

30歳~35歳くらいまでの頃はいつも食事に寄るだけだったけど、私も既に42歳。
そろそろこちらにお泊りしても浮かない年代かしら??と野望だけは膨らむお年頃であります。


追記 ※ '11年10月。待望のDamai 初滞在と相成りました。その記録は以下リンク先で※
 バリ滞在中のロビナ・ダイジェスト版 / 3BDRM Umah Raja寝室編 / 3BDRM Umah Raja 共有スペース編
夕暮れのプールサイド・バー編 / 夕食編 / サンデーブランチ編 / 朝食編 / Spaや他のお部屋編
日中のパブリックエリアなどまとめ編 / 番外編で 元シェフのLe Jaenzan Restaurant編



[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2011-08-29 19:42 | bali & indonesia | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/13404960
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bemnty at 2011-08-29 23:35
タイチョさん、こんばんは~
さすがダマイロビナですね。
どれも洗練されてて美味しそうです^^
ムンジャンガンでの3日間の後ではさぞかしお味の方も格別だったのでは(笑)
往路に行かれたロビナのBAKEの天然酵母のパンも美味しそうですね。
ムンジャンガンの朝食用に買っていくってのもいくらなんでも失礼か~
ほんと朝食のパンが残念そうだった^^;
Commented by JAM at 2011-08-30 19:23 x
タイチョ、こんばんは。ロビナも遠すぎてなかなか行けないけど、私もいつか滞在する時にはそのときこそダマイロビナって決めています!食事が美味しいなら街へ繰り出さずにひたすらお篭りスティできるからハイダウェイでの休暇気分を存分に味わえそうですね。バリに行ったらあれもこれもあそこもここもとじっとしていられないのがオチなんですが、今、仕事が忙しい時期なので何もしない上質の休日にあこがれます^^;。
Commented by Fukunosuke at 2011-08-31 23:58 x
たいちょさん、こんにちはー!

わー、思い出しますねー。ここはおいしかったなー。機会があれば、また食べに行きたいです。まさにバリのオーベルジュ。けれど、南部からの道のりは遠い。僕らはいつも日程が短いから、そう何度も行けないのが残念。いつか、東部周りでバリ一周のんびり行ってみたいですねー。
Commented by mero at 2011-09-01 00:31 x
たいちょ~こんばんは!
きゃ~このステキな雰囲気を思い出してしまった^^
どのお料理も美味しそうだし、盛り付けも綺麗♪
やっぱお料理は、舌や香りを楽しませてくれるだけじゃなくて目も楽しませてくれるものが良いよね~

最後のたいちょーの写真、
すっごくステキよー♪
たいちょーが弱いというか、横のお2人が強すぎるというか(笑)
10月が楽しみじゃっ!!

↓のムンジャンガン!
記事中リンクありがとー
私こそ今回のムンジャンガンでは色々教えてもらって助かりました!
そろそろムンジャンガン・レポが始まるので、リンクさせてもらいまーす^^
Commented by mahaloa at 2011-09-01 12:47
viajeraさん、こんにちは!
ダマイ・ロビナ、皆さんのレポで拝見して、すっごくすっごく憧れているお宿です♪
一度絶対に泊まってみたいのですが(私は年齢的にはふさわしいと
思うのですが、見かけと立ち居振舞いはとてもじゃないけどふさわしく
ない!という自信はマンマン)、遠い・・・。 ←いつもこれ
だって、空港から4時間とか5時間とか6時間とか書いてあるんですもーん。

でも、viajeraさんのレポを拝見して、また行きたい病がムクムク。
でも遠い、でも行きたい・・・。
休みもっとよこせー!
あ、viajeraさんのところで取り乱して、失礼致しました。(^^;;
Commented by russi at 2011-09-01 18:52 x
アマンダリからこんばんは。
こちらの記事は帰ったらじっくり読みます(速度が遅い!)
今のところ本日の夕ご飯をどこで食べるか悩み、情報収集中。
ダンナと私の意見合わず、難航中でございます。
Commented by la_viajera at 2011-09-01 19:34
>bemntyさ~ん!
ええ、ここを通るときはアメッドから北部への寄り道だったり、北西部からアメッドまでの
帰り道だったりするので、おのずとオアシス的利用になってしまうわけでww
やっぱりダマイロビナはこの付近では群を抜いてるというかもはや孤高の存在です

あ、うちらームンジャンガンにパンも持ち込もうとしたけど冷蔵庫保管で3泊もすると
どっちみち固くなるからやめました(爆)
Bakeのは美味しかったんだけど自分好みの食感ではなかったのでわざわざという感じでもなく
無難にスコーンとマフィンを持ち込んだ・・という感じです。
ウブドからの移動だったら間違いなくウブドからパンも持ち込んだんですけどねーw
Commented by la_viajera at 2011-09-01 19:48
>JAMんちょ~!
あたしだってロビナ行くならここ泊まりたいわよwww
でも4ヶ月滞在の時は予算重視だったので安いところになっちゃったので
まだこちらへの滞在は野望のままwwww
いつか大人の滞在ができますように・・・(こらー!「大人風なんて無理無理」って笑うなーww)
Commented by la_viajera at 2011-09-01 19:52
>Fukunosukeカントクぅ~!
あ、そうだ、まさにオーベルジュって感じ!!(さすが監督!)
ただ、田舎生活にまみれた滞在中の貴重な一食として食べるから美味しいのか
それとも毎日ここの食事を食べてもやっぱり美味しいと感激できるのか
その点を確かめにいきたいなーと常々思っているので
秋バリではその野望がかなえばいいな・・・と思ってます
カントクの分までしっかり食べてくるからねー(爆)
ほんと、私が田舎を侮りすぎだといわれればそれまでですが
このホテルに関しては「ロビナのきせき」だと思ってます。
Commented by la_viajera at 2011-09-01 19:57
>meroさ~ん!
meroさんのおかげで、またダマイのよさに開眼させてもらってうれしゅうございます!
そして、次こそ並み居るアツアツカップルたちに負けず、うちらーはうちらなりにエンジョイしましょうwwww
この時の服、まだドリフの箪笥に入ってるんで
秋に持っていって「どれぐらい中年太りしたか」を検証してみましょうか?(爆笑)
この写真見て「俺、ちっちぇー(背の高さ)」と思ったけど
ムンジャンガンでのマダムK様と私のツーショット見たら、マダム、私よりちっちぇーwww
なのにあの存在感。凄すぎるわーマダムK、なにものー?(笑)
Commented by la_viajera at 2011-09-01 20:05
>mahaloaさ~ん!
アメッドからでも2時間半くらいかかるのですが、山道通らなくていいので
ウブドや南部から山を越えていくよりはラクなんですが
やっぱり東部拠点の私にとってもロビナはなかなか気合いの居るデスティネーション。
でもこういうオアシスが待ってる・・と思えば、ほんと「のんびりするため」だけの目的でいけたらいいなー、と。
確かに休暇が短いと、他にも行きたいエリアがあるから実際の距離以上に気持ち的に遠いですよね
でもその苦労や時間のやりくりの末にたどり着いたという感激もひとしおなのかもしれませんね

立ち居振る舞いのこといわれたら、わしなんてつまみ出されなかったことが
ミラクルなくらい、場違いしまくってる経験が世界中で数々ですわー(恥)
Commented by la_viajera at 2011-09-01 20:10
>russiさま~!
ダリから書き込みありがとうございまーっちゅ。
そろそろ本日の夕食場所はお決りかしら??
いいなー、わしなんて「うーん今日の気分なら○○かな?」って思ったところで
お店がウブドなら妄想でしかありえないけど、russiさまご夫妻は今ウブドなんですもんね
どこであれ、選び放題じゃないっすかーwwww 残りの滞在も健康で
しあわせな思い出がいっぱいできますように!悔いなき休暇を!!
<< サヌール初日の夕食@ The ... ロビナで寄り道 ~往路のランチ... >>