※ 今日の一言 ※ '17年の春バリも全行程を終了し帰国しております。夏は夏で他のおでかけが控えていますが 合間を見てぼちぼちとこの春の個別記録を残していきたいと思っています。

<< The Menjangan ~...

The Menjangan ~... >>
2011年 08月 25日
The Menjangan ~ Bali Tower からの眺めや朝食編 ~('11年4月)
a0074049_16131689.jpg
'11年4月The Menjangan (公式サイト)滞在。
前回のBali Towerでの夕食に続いて、今回は 明るい時間のバリタワーを・・ってことで
朝食後に案内していただいたバリタワーの上からの景色や、2日目と3日目の朝食の記録を。

このバリタワー、以前の名前のリゾートの頃から各所の写真で拝見していたので
ぜひ全景を見たかったんですけど、雨季終盤の滞在時期には木々が生い茂っていて
(もちろん、そういう緑の多い時期目当てで行ったので不満はございませんがw)
タワー下のどこから見ても、ジャングルに聳え立つタワーの全景を拝むこと不可能。
ちうわけで、タワー前到着時の「わーっ。本物だ!」という感動はなかったんだけど
想像以上にしっかりと立派な建物だったので 「おおーっ」ってwwww





滞在中、最初の2泊はモンスーンロッジ内 モンスーンDXでの滞在だったので
敷地内ミニバスを呼んで、バリタワーまで朝食に向かいました
a0074049_16404223.jpg
無意味に2階席を陣取るうちらー@おばちゃん2名www
a0074049_16324566.jpg
バスにゆられること数分。バリタワーはもうすぐ
a0074049_16334087.jpg
無事、到着~
a0074049_16343966.jpg
敷地内の道順覚えたら、帰りは散歩しても楽しそうやね~
とか言ってたけど、面倒くさがりで方向音痴のわしが覚えられるわけもなく(以下自粛w)

バリタワー前のひろーいデッキ部分が朝食会場
a0074049_16352586.jpg
到着時は夜の雨の影響もあってか曇りがちだったけど、
快晴だったらだったで、日陰がなさそうなので 紫外線が怖いお年頃的には結果オーライ。
向こうに見えるは、ジャワのお山かな?
a0074049_1638313.jpg
緑いっぱいですがすがしいロケーションにマダムも満足
a0074049_16382923.jpg
参考までに'11年4月時点の朝食メニュー(宿泊代にコンプ)
a0074049_16394076.jpg
バリタワーでの朝食時間は7:30~10:30までとのこと。
フレッシュフルーツジュース・スライスフルーツ・コーヒーか紅茶が基本セットで
7種類あるメインメニューから1種類を選びます。(7種類と言っても上3つは卵料理なので
ABF的Eggs Any Styleと変わらんやんw ・・ってわけで実質4種類?)

ちうわけで 2日目の朝食のテーブル
a0074049_16424357.jpg
共通の日替わりスライスフルーツと マダムはスイカジュース。私はレモンジュース。
私がシナモンフレンチトースト(バナナ抜き)ベーコン添え。 マダムがシェフのオムレツ・ベーコン添え。
a0074049_16462378.jpg
コーヒーはポットでサーブされました。
a0074049_16464961.jpg
マダムフレディ、仮面の下は満面の笑みですwww
a0074049_1647845.jpg
・・・・ってか、貸切状態なんですけどっ!
a0074049_16475060.jpg


ついでに 3日目の朝食も載せておきますね
a0074049_16531283.jpg
3日目は、私がレモンジュース再び。マダムがパパイヤジュースだったかな?
スライスフルーツは、昨日のパイナップルがりんごになってた程度の変化。
今日の私のメインはスクランブルエッグ+ベーコン でマダムはシナモンフレンチトースト

正直言って、この環境下で食べるからすがすがしく気持ちよい朝食になりましたが
お味やクオリティ事体は、卵料理があるとはいえ安宿のレベルかも??
つか、元定宿のロスメンや 普段愛用中のゲストハウスの方がおいしいかも?

スクランブルエッグの火の通り具合は、田舎にしては合格だと思うんだけど
やっぱりどうしてもバリの食パンが苦手で、美味しいとおもえないんですよね、私。
あと、ベーコンも多分 田舎ではこれしか売ってないAromaのベーコンかと思うので
ここで、観光地レベルのホテルクオリティを求めるのは酷だとはわかってても
朝食に関しては 決して期待したらあかんぜよ! というのが正直な感想です。
もちろん、マズイわけではないので 過度な期待さえしなければ 許せる範囲です。
だって 別の田舎のどこぞの税サ込みで9万ルピア以上する朝食を思い出すと
ここの朝食の方が(宿泊代に込みっていうこともあって)おトク度は高いしまだ納得できる。

田舎での食材調達や管理の不便さを理解できるだけに 贅沢言っちゃいけないんだけど
有名シェフの監修や指導が入るなら、ぜひ自家製パン作りのハウトゥーを伝授してあげてほすぃー。
パンがホームメイドに変わるだけでも 随分全体のレベルが上がると思う
ただし、自家製パンも 美味しいレシピで・・ってのが第一条件なんですけどね。

ってか、そもそも南国の果物をほとんど食べない&バリの食パンが苦手な私ゆえ
田舎のお手頃価格の宿においてはブブールと言う選択肢がない限りは
どこに行ってもそれなりに朝食に小姑的不満はでるわけですから
特にこちらのリゾートの朝食がイケテナイというわけではありません。
何度も言うようですが、 むしろ 企業努力を感じた部分もあったので、長い目で見て
好意的に捉えてこれからの改善や進化をゆっくりと見守っていきたいなと思う次第です。

朝食のテーブルから振り返れば バリタワー (天気も良くなってきたぞw)
a0074049_16574816.jpg
食事前に、「食後にタワーを案内しますね」と、デキるスタッフ(ゲルゲル君)に言われてたので
軽く食後の腹ごなし。早速、タワー内を案内していただくことにしましょう
デッキ部分からタワー下に戻ってきて、バーカウンターを横切り・・・
a0074049_16582038.jpg
おっと、マダムの心は既に上層階へと一直線wwww
a0074049_1658425.jpg
4階だったか5階だったか何がなんだか忘れたけど すんげー気持ちいいんですけど!
a0074049_1733259.jpg
あちら側がムンジャンガン島で とかあれが○○で・・とか ゲルゲル君の地理説明つき
a0074049_174271.jpg
ジャングルの 緑がもっさもっさして可愛いんですけどっ!
a0074049_1744457.jpg
あの山並みはジャワのお山群かな?
a0074049_1754143.jpg
わしのデジカメは望遠機能ご臨終につき、マダム、撮影よろしくw
a0074049_17663.jpg
他力本願の結果その1
a0074049_1765649.jpg
結果その2。 わー、なんと壮大な!
a0074049_1771875.jpg
このベンチで1日中、移り変わる光の色をぼーっと眺めていたいよぉ~
a0074049_1783211.jpg
このタワーの上で、ご当地バリ料理を、現地スタイルで(床であぐらスタイル)
手で食べる バリらしいエクスカーションもあるらしく、ネタとしての興味はあったのですが
同行者はインドネシア料理が苦手なマダムなので また次の機会にぜひ、と思ってますw

ところで、余談ですが この時に案内してくれたスタッフは、私からも「デキルスタッフ」のお墨付き!
本当の名前は ヌンガー君だったと思うのですが
「ゲルゲルという別名もあるので日本人からはゲラゲラさんと呼ばれています」とのこと。
・・っていうか、人の顔も名前もなかなか覚えない失礼な私が覚えてるぐらいだから
どれだけ私達が彼を頼りにしてたかはご理解いただけるかと・・・・・wwww

スタッフとして仕事ができる。話が早い。気が利く。というのはもちろん評価の大原則なんだけど
彼の場合それだけではなく、どんな質問をしてもちゃんとまともな答えが返ってくるのが高評価の要因。
質問・・といってもプライベートなことじゃないよ!そんなの興味ないからさwww
例えばこのエリアの文化や生活や歴史のこと。このリゾートに関するいろんな質問。
ここで会える動物や植物などのこと。広範囲のジャンルに渡って即答で反応があるんです。
「ちゃんと自分達の職場を把握してるし勉強してる!」って思うと好感度もあがるってもんでしょ?

そして 「ゲストのみなさんに楽しんでほしい。」っていうハートを随所随所に感じることができるし
物腰も柔らかで、この子はこのエリアのこのリゾートをとっても愛してるんだろうなーってのが
話していても 押し付けがましくなく 伝わってくるんです。ほんとによくできたスタッフだよ、彼。
何かをする時、別に呼んだわけでもないのに丁度いい間合いで現れて一声かけてくれるんですが
そのタイミングの良さと心遣いが自然すぎて、ゲスト側にストレスがかからないんです。

いや、私たちとて田舎では思うようにことが進まないことさえも面白味・・と思っているので
他のスタッフのとんちんかんな対応も こういう場所だからこそ大らかな気持ちになって許せるし
一般的にゆる~いところや一生懸命なのに要領が悪いところさえもまたここの魅力だと思うんだけど
そんな中にでも、彼のようにデキるスタッフが1人居ると いざって時にとっても安心感。

それがこの写真の ヌンガー君(ゲルゲル君)。 あんたはここの宝じゃよ
a0074049_18571588.jpg
というわけで、マダムも大満足。
a0074049_1792130.jpg
この空間、何度見ても いいわぁ~。
a0074049_1794931.jpg
そんなバリタワーでのえとせとら。この下のデッキで食べる朝食も気持ちよかったけど
最終日はルームサービスを頼んで ビーチでの朝食になったので、次のトピでは
最後の1食を含め最終日の朝からチェックアウトまでの ビーチヴィラでの記録を
'11年4月時点でのザ・ムンジャンガン滞在編の 〆にしたいと思います。
(今まで以上に 生き急げ!目標は今夜中のUPなり・・・)


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2011-08-25 20:36 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/13371439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< The Menjangan ~... The Menjangan ~... >>