※ 今日の一言 ※ '17年の春バリも全行程を終了し帰国しております。夏は夏で他のおでかけが控えていますが 合間を見てぼちぼちとこの春の個別記録を残していきたいと思っています。

<< Taman Bebek Res...

Taman Bebek Res... >>
2011年 08月 14日
Taman Bebek Resort&Spa ~#27 と Bali Aga Suite編~
a0074049_1473125.jpg
21世紀になる前からこの宿の存在を雑誌などで知っておられる方にとっては
直前にパブリックエリア編でUPしたロビーのバーラウンジやBali Aga Suites棟の雰囲気は
「あれ?印象違うー」ってな感じかと思うのですが、私とて古さと虫地獄を覚悟で乗り込んだので
いくら新館だからといってバリアガスイートの周辺がこんなに可愛いとは思っていなくてビックリ。
可愛いといっても「今風」なのではなく、コロニアル風味でノスタルジィを感じてしまったり
アンティークとキッチュなものやポップアート的なものがうまく融合していたりでとてもユニーク。

昔からあるバリっぽい建物のヴィラ(バンガロー?)群のエリアのお部屋は次回回しにするとして
このトピでは 私達が滞在したBali Aga Suiteのお部屋の記録をしておきたいと思います
後から建っただけのことはあって見晴らしは開けてなくて ジャングルの中っぽいんですが
ここはここで レセプションから近いし(ゆえにWi-Fiも部屋まで届く)、プールは大きいし
コンパクトなスペースが好きな私には使い勝手の良い広さのお部屋だったし
クローゼットのあるスペースの窓まわりに小蟻の行列は常にみたものの 虫は少なかったし
鬱蒼とした場所柄1人だったらちょっと怖かったかもしれないけど、同じカテゴリー内にもう1組
ゲストがいらしたことや 自分自身が2人泊だったので 楽しく過ごせたのも良かったと思います。





1階、2階にそれぞれ2部屋ずつ@全部で4部屋あるバリアガスイートのカテゴリーなのですが
(※レイアウトやきれいな写真は公式サイトの このページでご確認を ※)
私達が最初にアサインされたのは2階の1ベッドのお部屋。でも、ツインになる部屋もあるときいて
お隣のツイン仕様になる部屋に変えてもらいました。 それが向こうのベランダのお部屋
a0074049_14163660.jpg
Bali Aga #27 でございます。(レセプションから見て左側の2階)
a0074049_148546.jpg
テラスからお部屋内部をみるとこんな感じ。
a0074049_148394.jpg
壁は濃い色の木なので暗めだけど天井がプラネタリウムみたいで可愛い
a0074049_2183695.jpg
奥のバスルームは狭いけど明るくて快適。(2階はシャワーのみです)
a0074049_1494292.jpg
バスアメニティ。そして可愛い缶に入ったドライヤー
a0074049_14112872.jpg
通路のようになったスペースを挟んでバスルームの逆側にクローゼットエリアがあるのですが
寝室に向けて窓のようになった扉を開けば一気に寝室が明るくなっていい感じー。
停電時に活躍する備え付け充電式ランプもかなり大きくてこれ1つで部屋全体カバーできそう。
幸い、滞在中に停電はなかったのでそのランプの活躍の機会はなかったわけですが(笑)
そこには冷蔵庫やミニバー的湯沸しのセットやコップやグラスやクッキーも置いてあり
流し台はなくともパントリーのような広めのスペースになっているのでとっても便利でした。

ウェルカムフルーツやお部屋の備品などなど
a0074049_1410715.jpg
しっかり、Made Wijaya氏の本もおいてありましたw
ベッドサイドには 併設レストランの今日のナシチャンプルメニューが置いてありましたが
この時は '11年3/19なんですけど、チラシの日付2/27って!! 片付けておけよwww
もちろんチェックアウトするまでこのボードはこのまんまでしたが何か??(爆)

寝室の窓を開けると ばーーーんと緑が飛び込んできて気持ちいいー!
a0074049_14124911.jpg
どうよ? 寛いでるっしょ~??
a0074049_14115592.jpg
テラスからはジャングルビュー。眼下にはプール。食事も昼寝もここでできます
a0074049_14131491.jpg
滞在中テラスで飲み食いしたものなどなど
a0074049_14134686.jpg
テラスからの眺めは、渓谷が見えないことも含め隣の部屋とはそんなに変わらないけど
お隣はお隣で朝や夕景がこっちよりもいい感じなので あとで写真載せますね。

バリアガスイートのお部屋そのものも、基本的には落ちついた雰囲気なんですけれど
ところどころに遊び心がちりばめられていて 使い勝手も悪くなかったので印象は上々。

ただし、丁度Novusから手が離れてマネージメント的に転換期というか過渡期だったようで
サービス内容などがきっちり決まってないというかwふわっふわしていたようにも見受けたので
依頼したことはちゃんとやってくれるから、希望はガンガン伝える私達には不便ではなくても
もともとスタッフから気を配ってくれて当然・・的な至れり尽くせりをお求めの方には厳しいかな?
私達はバイク持込で移動には困らないし2人泊まりゆえ、1泊1人50ドル程度で
はるららさんの帰国時の空港送迎もついての金額だと思えば十分値打ちありましたし
こういう世界観は大好きなので むしろそれを楽しみにしてたからすこぶる好印象なのですが
このカテゴリーで1室US150越えになるとホスピタリティの部分で他宿への選択肢も
出てくるから微妙なのかな?とも思います。(もちろん、古いとはいえ 昔からあるカテの
お部屋は 広さや眺めとかも考慮するともう少しだけ高く見積もってもアリかも??w)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

せっかくなので、最初に通されたお隣の部屋も記録しておきます(部屋番号不明)
a0074049_14155796.jpg
#27よりもなんだかきらびやかなのはこの絵のせい??
a0074049_14172498.jpg
こっちの部屋の家具や壁の絵もなんだか可愛くて好きだったりするw
a0074049_14174448.jpg
どことなく懐かしくてツボー!
a0074049_141845100.jpg
こっちの部屋のクローゼットやバスルームや天井などなど
a0074049_14191036.jpg
バスルームの壁の絵を見て大爆笑してたらスタッフがヒキ気味www・
・・ってか、この3人だけじゃなくこの高さの部分の壁に数組のカップルが描かれてるわけでw・・・

この部屋は1ベッドのタイプだったのでツインの方のお部屋に変えてもらったわけですが
個人的には#27よりもこっちの部屋の方が雰囲気は好みかも??
(・・というか、もともと部屋に2つベッドが並ぶ佇まいが好きじゃないだけの話w)
a0074049_14193945.jpg
テラスも向かって右手なら少し開けてるので朝はこんな風景が見れます
a0074049_14201087.jpg
見通しは悪いけどこっちのテラスからは夕景の色もしっかり感じられます
a0074049_14204511.jpg
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そして、写真が混在しますが 1階の2部屋の記録もしておきます(部屋番号不明)

1階とはいえ、バリアガスイートの敷地事体がレセプションから少しずつ下り坂になった位置に
あるようなので、レセプションから階段ナシで部屋の裏(バスルーム側)の扉に繋がりますが
プールまで行くにはテラス側の通路から階段を降りなきゃいけないので
1階のお部屋そのものは、1階とはいえプールを見おろす位置にありまして・・・・
a0074049_23112235.jpg

これは、プールに向かって右側の部屋だったかな?
a0074049_14263365.jpg
バスエリアとクローゼット。これは2部屋分写真が混在かと。
a0074049_14282100.jpg
どうも1階にはバスタブもあるようなのですが、後で屋外にとってつけたような感じで
狭いわ屋根はないわで果たしてこのバスタブだけのスペースって必要なのだろうか・・・と(笑)
屋内シャワーの湯量や水圧は2階でも十分だったから 私的にはシャワーだけで十分だべ。

どっちがどっちか忘れたけど1階の2部屋のそれぞれのソファー。
a0074049_14265636.jpg
寝室からテラス側をのぞむ。 そしてテラスからのビュー。
a0074049_14282773.jpg
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

滞在時のほかのゲストは、100%白人さんで、毎日とっかえひっかえではありますが
稼動はヴィラの方もあわせて3~4部屋ずつ程度埋まってたかと思います
バリアガスイートに関しては、私達の部屋と斜め下の部屋の2部屋の稼動だったので
隣の部屋がうるさいとかそういったこともなくとても静かにリラックスして過ごせました
・・・つか、うちらーの声と足音が一番うるさかったかも??という噂www

インテリアの個性だけでなくソフト面に関しても万人におすすめできる類の宿ではないけど
同じような安っぽいモダン系ばっかり溢れてる昨今だからこそ、私はこのへんちくりんな感じは
大好きだったりします。そして、ずーーっと前からあるエリアの方はもっともっとバリっぽかったり
近隣国を含むコロニアルな感じもインテリアに取り入れられていてほんとに個性的。
私の写真がしょぼいからすすけて見えますが(いえ、実際もすすけてる感じもあるんですがww)
次のトピで、その他の各ヴィラの様子や 敷地内からみるすばらしい景色を記録しておきます

※すべて、'11年3月の滞在時の記録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2011-08-14 23:13 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/13284608
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Taman Bebek Res... Taman Bebek Res... >>