※ 今日の一言 ※ '17年の春バリも全行程を終了し帰国しております。夏は夏で他のおでかけが控えていますが 合間を見てぼちぼちとこの春の個別記録を残していきたいと思っています。

<< Wawa Wewe Rock ...

Villa Disana 拝見... >>
2011年 06月 28日
Palm Garden Amed Beach & Spa Resort @ Lean, Amed ('11年春)
a0074049_23431078.jpg
'11年春のAmedたてもの探訪。今回はレアンのビーチフロントにオープンしたお宿の話を・・。
去年の春の滞在時はまだ建築中だったけど秋にソフトオープンしたと公式サイトで知って
春バリではドリフから近いからごはん作るの面倒な時のレストラン利用を目論んでいた私。

ところが、2月末日。いざアメッドに到着してみるとオープンしている気配がない!
ニュピ後のはるららさんアメッド上陸時に乗り込んでみるもスタッフ1人として発見できず
お部屋も外から覗くしかできない状態。きくところによると、チョット前まで稼動してたけど
敷地横にある地元フィッシャーマン達のお参りポイント(家寺みたいなもの)への通路を巡って
村とひともんちゃくあったようで、その件がおちつくまで地元民がストライキ中だったとかw
でもしばらく経つと 問題が落ち着いたのか予約が入ってて開けざるを得なかったのかは知らんが
お客さんも入ってて稼動していたので改めてランチをいただきに突撃する運びとなりました。
ロケーションやリゾートな雰囲気、清潔さ、スタッフの対応などはとても良かったんですけど
ヨーロピアンオーナーだと聞いて期待していた肝心のお料理の方がローカルクオリティで
この時点ではこの雰囲気に対して少し期待はずれだったというのが正直な感想。
でも ほんとに雰囲気が良いので 他のメニューならいけてるかも?と期待半分で思い直して
朝・昼・夜と都合3回も通ってしまったから '11年春の時点での記録をしておこうと思います。





そのお宿の名前は Palm Garden Amed Beach&Spa Resort (公式サイト)

※ 場所は Ride On A Scooter Lipah⇒Lean編内の 最後の地点です※
この地図上では表記がないですけど、位置的には海側・Life In Amed とGood Karmaの間です


はるららさんのアメッド滞在中には閉鎖中だったのに、後日ウブドではるららさんと再合流した後
バイクでアメッドまで戻ってきた3/19の午後。スタッフやゲストなどの人影が見えたので
ついでに遅めのランチしちゃえ~!・・・と思いつきで単独突撃
a0074049_23262892.jpg
ゲートを入ってレストランは右手・海側なんですが、お宿のレセプションは左側にあります
こちらが宿のレセプションスペース。
a0074049_23264256.jpg
レセプションの目の前の小部屋は、小さなショップになってます
a0074049_23265822.jpg
その奥、客室側はこんな感じ。とっても整備されてます。
a0074049_2327157.jpg
ここからずーっと一番奥の位置に スパヴィラがありました。(夜もテラスでスタッフ待機中)
a0074049_23272943.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お部屋のカテゴリーは4段階あるみたいですが '11年春の時点で全部で11部屋あるとのこと。
ビーチフロントに2階建てが1棟(丸ごと貸しも1階2階と別途に貸し出しもできる様子
1階にはプライベートプールもあると書いてあるけど未確認。1階と2階が同じ料金なのは
1階ならプールがあるけど2階なら眺めがもっといいよ~ということで同料金なのかな?謎。)
その隣、こちらもビーチフロントにプライベートプールつきの1階建てヴィラが1棟
ビーチフロントではなくガーデンエリアに ヴィラというカテゴリーのお部屋が5部屋点在
ヴィラが点在するエリアよりレセプション寄りに Attached Bungalowというカテゴリーの
長屋状態の棟に一番エコノミーなタイプの小さなお部屋が3部屋並んでいました。
ここ、当時は「Losmen」っていうカテゴリーだったんですけど さすがに「ロスメン」と
銘打ってるのに 公示料金70とか85ドル(ユーロ)というのはヤバイと感じられたのか
先日サイトを見直してみると「Attached Bungalow」とカテゴリー名変更になってましたw
この一番お安いカテゴリーは、覗いた時点ではお部屋内の冷蔵庫もソファ兼ディベッドになる
スペースもなかったと思いますが、それ以外のカテゴリーは部屋内の設備はほぼ同じとのこと

これは、はるららさんと訪問した閉鎖期間中に覗き見した(笑)Villaカテゴリー
a0074049_23274458.jpg
後日、夕食で訪問したときに見せてもらった同じカテゴリーのお部屋
a0074049_23275797.jpg
あるといいな的な必要なもの(AC, 屋内のディベッド兼ソファ、デスクなど)は一通り揃っていて
過ごしやすそう。テレビはないし海ビューでもないけど明るいしお庭もきれいので◎
バスルームが半屋外なのとバスタブがないのだけが日本人のニーズには合うかどうかってところ。
立地が、階段昇ったり降りたりしなくてもいい平地のビーチ沿いってのも便利だと思う。
ただ、このカテゴリーが2人利用で公示料金150ドル(ユーロ?)ってのが
「TVもオーディオもないのにAmedの宿も高くなったナー」と物価の高騰を感じる昨今。
昔からある宿がどんどん値上がりするのは、ある程度スタッフも訓練されてるし
設備も改善されたりしてるからわかるんですけど、オープンしたてでこの強気設定ってww
2泊ミニマムとのことで、サイトからの2割引もあるようなので実際は120ドルくらいだから
円高の現在では1万円ぐらいと考えると 全然ありっちゃーありなんですけど。
飛び入りで70ドルとか80ドルぐらいにしてくれるならドリフからお試し泊してみたい(笑)
だって、こんな近場で1万払うならもう少し予算プラスしてアリラマンギスまで出かけるわ。
・・・でもそれは 近場に家があるタイチョ家の事情。遠くからアメッドまで来られるとなれば
1万円程度で快適に過ごせるなら この雰囲気やロケーションはとてもいいと思うのです★

私が訪問した時の宿泊ゲストはほぼスイス人でスタッフとの間でドイツ語がとびかってて
夫婦滞在か小学生ぐらいの子供を連れたファミリー利用が多かったと思います。
私の春バリ滞在中の後半になるにつれて稼働率もUPしてたようで そこそこ賑わってました。
(そのため、ビーチフロントの棟はゲストで埋まってて見れなかったのですw)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考までに、一番経済的カテゴリーのAttached Bungalowの長屋3部屋の外観
a0074049_23281264.jpg
きれいだし 悪くないんだけど、やっぱりこれで公示70~85ドル(orユーロ?)ってのは高いわー。
お部屋狭いし 敷地で一番光があたらない部分だし、冷蔵庫もないんだからせめて45でしょ??
いや、本来なら40未満っていいたいところだけど新しいしホテルのパブリックプール使えるから
50程度ならありかなー?って思うんだけど そんな私は 価格感覚崩壊でセコいのかしらん??

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

・・・というわけで、リゾートそのものは 「強気の値段やね」とは感じたものの
アメッド内のホテルとしての設備や雰囲気に関しては 久々にとても気に入った私。
(Bali JegegとかArya Amedとかは、ビーチ沿いというロケーションはいいけど
お部屋や建物の雰囲気があまり好みではなかったので過去に個別記録すらしてないからねw)

あとはレストランのお料理次第でドリフ滞在時のオアシスに追加されるかどうかが決まるわけでw

ちうわけで パブリックプールとビーチを臨むレストランへGO!!
a0074049_23283096.jpg
部屋数に対して意外と広く感じたのは、ビジターの利用も狙っての規模なのか?
a0074049_23284612.jpg
座敷席あり、グループ席あり。バーカウンターあり。
a0074049_232918.jpg
夜も明るくて風が通り抜けて涼しくて気持ちいい空間になってました
a0074049_23291749.jpg
まずは、初回訪問時の遅めのランチを・・・・
Frozen Guava Shake Rp.12,000(+15%税サ) と Lhaksa Rp.40,000(+15%税サ)
a0074049_23293443.jpg
お味の方は、ローカルな感じ。まずくはないけど決して私の求めるラクサではない(爆)
ラクサというよりカレー春雨だと思えばそれはそれでおいしいんですけど、
ローカルにありがちな「具沢山だったら文句ねーだろ!」みたいな感じで ちょっと違和感w
あ、フローズングアバは 普段からドリフでも飲んでる「Buavitaのグアバのフローズン」なので
安心の"想像通りの"お味です★ ヨーロピアンオーナー仕込みだといいな、って期待してただけに
レストランの食事の第一印象は ちょっと期待はずれかな?・・・というのが正直な感想。

でもこの時は、 閉鎖解除直後だったので普段のコンディションではなかったかも?
だって、メニューもペラッペラのコピー用紙にコピーされたものが出てきたから
「あぁ、まだちゃんとメニューも出来てない準備中的な感じなのかな」と思ったわけで。
だからこそ、この1回だけで判断するにはあまりにも時期早尚かも?と思いなおして
約1ヵ月後の4月の中旬。夕食をいただきに再訪してみましたwwwww
そしたら、メニューが一部変更になってて(一応ペラペラの紙はファイルされてた)
どうも一部料金改正もあったみたい。だって初回はサンドイッチが25,000ルピアだったのに
1ヶ月後のメニューでは35,000になってたし、サラダも5,000ずつUPでビックリ。
・・・っていうか、個人的に「食べたいと思う 目をひくメニュー」がないのが少し不満かも?

Diet Coke (Rp.15,000+15%税サ) , Pasta With Tomato Peperoni (Rp.45,000+税サ)
a0074049_23294918.jpg
このパスタはなかなかおいしかったです。量があるから途中で飽きたのでチーズに助けられる。
余談ですが 見た目はお洒落な鳥毛さんガラスの灰皿は いつも思うんだけど小さくて浅いから
確実に 灰と吸殻が風で飛ぶのよね~(笑)でも まぁこの場が禁煙じゃないだけヨシとする★
デザートに 1 Scoop Mocha Ice Cream (Rp.15,000+税サ15%)
a0074049_2330797.jpg
そして、ドリフ最終日の朝は 朝食作るの面倒だったのでここでソトアサ
a0074049_23302397.jpg
でもね、でもね、このソトアサが一番不満wwww
こんなことなら 毎度恒例の Anda Amedでソトアサしてりゃ~よかった・・・と大後悔。
だって この内容で 確かRp.75,000(7万)だったかも?)+15%税サだぜ!!高すぎ!
メニューはCBFからABF的なものまで数種類あるんですが一番高いABFを頼んだ私が悪かったのか?

時期によってはホームメイドブレッドもあるらしいんだけど、この時は欠品で苦手なバリパン。
ジャムもこのクラスならもっとホームメイド感のあるもの使えばいいのに・・と不満。
(ホームメイドだったのかもしれないけどなんか甘すぎ&色がつきすぎで違和感あり)
ベーコンだって一枚ポッキリで スクランブルエッグも全然ふわふわしてない炒り卵状態。
スイカジュースとバリコーヒーはおいしかったけど でもそれってどこでもおいしいやんww
宿泊ゲストがルーム料金に含まれてる朝食と考えるなら別に損した気分はしないけど
ビジターにその金額を要求して出される朝食としては 不満ありすぎの内容。
これが35000+税サぐらいなら なーんも言わんよ。でも税サ込みで9万ルピアって!!
うちで自分で作った方が全然豪華だし これなら私でも5分でできるから手間を惜しんだ意味ナシ。

ちなみに宿泊ゲストの朝食は ルームレートに込みで
コーヒーか紅茶かココアのドリンクを選んだ上で 以下のメニューからお好みで3品選択できるとな
a0074049_4331750.jpg
そう思えば、宿泊者だったらこれらの朝食でも特に不満はないとおもう。

・・・と 料理に関して辛口コメントしてしまいましたが

多分このホテルのレストラン部門は これからが改善&改良時期に入るのだと思うのよ。
メニューもまだちゃんとしたメニューブックにはなってなかったから試行錯誤状態なのだと
想像できるし ラクサだってラクサだと思わなければカレー春雨としてはまぁまぁだったし
パスタも悪くなかった。ヨーロピアンオーナーだから 普段田舎で珍しい欧米風メニューが
あればいいな?と期待した割に メニューがほぼインドネシアン中心だったのでガッカリしただけ。
他のゲストが食べてたナシゴレンはとてもおいしそうだったから私の選択ミスかもしれないし。
でも、またオーナーさんが訪問されてレシピを提案されたり シェフが訓練されれば
今後 食べたくなるようなメニューができないとも限らないので そこんとこ期待したいです。

だって、こんなにお席があるってことは絶対ヴィジターの利用も視野にいれてるはずだもん
この(高めの)価格帯でヴィジターの利用を狙うなら 味のクオリティと目玉メニューは絶対必要。
a0074049_23303840.jpg
辛口感想とはいえ それでもここにたびたび食事に来てしまう一番の理由は
このリゾートムード溢れるレストランの雰囲気にあり!!
a0074049_23504415.jpg
いやーこればっかりは 田舎では普段ローカルまみれの自分には新鮮な気分になれて嬉しい★
Amed内では 毎度おなじみの BalikuやSailsやAndaAmedやAquaterraceなど
食のオアシス的お気に入りのダイニングはあるんだけど、どれもオンザビーチではないから
自分にとってはアメッドでのレストランのロケーションとしても新鮮。
a0074049_23311766.jpg
だからこそ、オアシス的感覚でオンザビーチの気分の時はここを利用したいんだけど
現時点の料理レベルでは まだ私の田舎の食のオアシスに指定できないのがとっても残念。
ゆっくりゆっくりでいいし料金が高くてもいいから、今後 料理のレベルが上がれば
遠くからこられる皆さんにも 総合的に自信を持ってオススメできる宿なのになー・・
いえ、決して不味いわけではないんです。田舎の食レベルのアベレージはクリアしてます
ただ このハードと 感じのいいスタッフの対応を思うと 食のレベルが「普通」なのが
とっても惜しいというか。このエリアを愛するがゆえに期待しすぎる親馬鹿な私が悪いんです(爆)

でも、宿泊して食事があわなかった場合には 歩いていける場所にGood Karmaもあるし
Sailsまで歩いても1Kmぐらいかと(Sailsは送迎サービスもあるしネ)。同じ浜沿いにLifeもあるし
炎天下を歩くには少し距離があるけどAquaterraceだってそんなには遠くないからご安心を!

やっぱ こういう小洒落た雰囲気の眺めがあるレストランは 貴重なんよねー。
a0074049_23314158.jpg
浜側から見たこのホテル(やっぱり気になる海側からのセキュリティ事情w)
a0074049_23315626.jpg
目の前のビーチはけっこう広いです
a0074049_23321226.jpg
何度見ても癒されるわぁ~
a0074049_23255035.jpg
・・・というわけで、ぶっちゃけ感想も含めて またまたダラダラ&長々と記録してしまいました。
もちろん、これからもレストランの進化を期待して 滞在時には通ってみようと思うので
いつか、「料理がとってもよくなってた!」と報告できればいいな・・と思いますw

※くれぐれも、ソフトオープンから半年程度の時期の'11年春の時点の感想です※

★★ 追記 : 1年後の'12年5月時点での レストラン再訪の結果は ⇒ こちらのトピへ !★★


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2011-06-28 06:30 | bali & indonesia
<< Wawa Wewe Rock ... Villa Disana 拝見... >>