※ 今日の一言 ※ '16年の秋バリから無事に帰国しています。次の春バリまでの間に2度ほど別の国への渡航も挟みますが、ブログは'16年秋バリ記録+春バリで記録し残している分に特化してぼちぼち個別備忘録をあげていく予定です。

<< W Retreat & Spa...

W Retreat & Spa... >>
2011年 05月 19日
W Retreat & Spa Bali ~ Hotel Arrival Area の 昼と夜 ~ ('11年3月)
a0074049_22235941.jpg
黒が効いててシックでちょっとグラマラスなVilla側のArrival Areaとはうって変わって
Hotel(Retreat)側の Arrival Area (いわゆるLobby Floor)は 白が基調で奥に海が見えるから
とっても爽やかな元気さが溢れているのに インテリアのピンクが効いててとってもポップ。
だけど、それは あくまでもお昼の顔
(ちなみにトップ写真は丁度日没の時間帯。昼間は後方も白いですw)

そんな 昼と夜の顔がガラッと変わるリトリート棟(ホテル棟)レセプションのエリアを
本日は 昼と夜の写真を織り交ぜて記録しておこうと思います。
TOP写真もそこそこ照明が効いていますが、夜の雰囲気はそれどころの騒ぎではないので
行ってからの楽しみにしたい人は ↓をクリックせぬようにwwwww






ところで、このホテルチェーンでは一般的な名称の他にWで始まる独自の呼び方があって
例えば コンセルジュデスクの代わりに Whatever/ Whenever (desk)
レセプションの代わりにWelcome(desk)。Bell deskの代わりにWheels (desk)
プールは Wet などなど・・。他にも、お部屋に何かお願いしたとき、小さいものなら
「Wish」と書かれた袋に入って届いたり 新聞などは「Words」と書かれた袋で届く。
トイレなど掃除中でWet Floorの時などは「Woops!」ってこけるイラストが描かれた
立て看板がかかってたり・・・と 館内のダブリューらしいサインを探すのもいと楽し。

そしてホテル棟のWhatever/ Whenever deskWelcome desk (レセプション)の
付近には、W Lounge と呼ばれる カフェ・バー・軽食などを楽しめる場所もあるので
そちらの雰囲気もこのトピでざざっと掲載してしまいますが、そこにはプールや海を臨む
席もあるので 次回のトピで改めてもうちょっとちゃんと紹介するとして
とりあえず今回は ホテルの顔とも言えるロビー周辺の雰囲気を見ていただくと共に
昼と夜の表情を記録しておきます。・・デジカメ半壊状態なのでいつもに増してお見苦しい写真すいません・・・

まずは、お昼に到着したロビーで、車寄せのところを振り返った感じ。
ね、白くてシンプルというか 可愛いけど色的にはあんまりインパクトないよね?(爆)
・・・でも よく見ると天井とかかなり可愛いんですケドw・・・・
a0074049_22545550.jpg
この硝子の風鈴だらけの壁の奥はお部屋に向かうエレベーターホール(これは夕方6時すぎです)
a0074049_22563225.jpg
レセプションは 一番手前にWhatever/ Whenever Desk 向こう側は Welcome Desk
a0074049_22585060.jpg
スタッフ、垢抜けてますw (採用基準、きっと顔で選んでますね :爆:)
a0074049_3214343.jpg
時系列豪無視ですが、これはチェックアウトの時のご機嫌マダムK様
a0074049_2312470.jpg
はい、チェックインはヴィラのレセプションでしたが、途中でホテル棟にお引越ししたので
チェックアウトはこちらのデスクで手続き。部屋数数に対してデスク数が少ないかな?と
余計なお世話を思いましたが 滞在時はソフトオープンの時期だったので余裕でしたYOw
っていうか、後方の壁っていうか仕切りの部分の点灯前は白が基調ってのわかっていただけます?
その↑の デスクの後方もなんですけど、客室側への通路の仕切りになってる壁
硝子の風鈴みたいなものがびーっしりあって、風が吹くと ええ音がするんですわ。
a0074049_243682.jpg


車でロビーに到着して、右サイドにレセプションのデスクなのですが
左側はいわゆるミーティングポイントと申しましょうか、ここもW Loungeの一角かな?
ゆったりとして女子好みなインテリア。40歳超えても思わず頬がほころびますw
a0074049_2363680.jpg
このでっかいミラーのふち、わざとすすけさせてるんですw
a0074049_2384560.jpg
周囲に置いてある小物もいちいち可愛いので、行かれたらチェックしてみてくださいねー!

ロビーの奥正面はプール越しの青い空と海なんですが、のスペースの前にDJブース
a0074049_23135832.jpg
その横(ロビー入って正面)に W Lounge のカウンター。バーやカフェ利用ができます。
a0074049_2345664.jpg
外国の絵本にでてくるお菓子そのものwwww
a0074049_2395293.jpg
なんだろ?このアメリカンなケーキ達、普段なら食べたいとは思わない類のものなんですが
ここで見ると無性に魅力的に見えてしまうのは何故?(でも食べる勇気はナッシンw)

ロビーーラウンジのいちいち可愛いお椅子の先に見えるは・・・・
a0074049_23123098.jpg
プール、青い空 そして向こうにビーチ!!!
a0074049_152376.jpg
(ロビー周辺のプール側や、通路方面のラウンジ部分はこの直後のトピでまた改めて・・・)

私の写真が適当なのでいまいち良さが伝わってない気もして恐縮なのですが
お昼間は 明るいリゾート感の中に都会的なポップさと申しましょうか
とにかくこれはこれで若さの中に爽やかさすら感じてしまったわけですが
日が暮れてゆくに従って、次々と色が変わるヒップでエロアヤシい雰囲気のライティングで
(賛否両論あるだろうけど)悪趣味大好きな私は 無性に楽しくなってしまうわけで・・・・。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

というわけで、いよいよ夜の照明具合をみていただきます。
(ちなみに、照明はゆーっくりいろんな色に変化していきます)

エキゾティックでミステリアスなオレンジ~! (まだ、おとなしめ!)
a0074049_23205395.jpg

クレイジー&クールなブル~!
a0074049_2322091.jpg

ポップを通り越してエロいぜピンク~!
a0074049_2323394.jpg
ロビーやラウンジ界隈もこんな感じ
a0074049_2359104.jpg
たしかに、40代にはしんどいかもしれんさ(爆笑)でもこれでこそW World ★
a0074049_3464847.jpg

お昼間に見た時、「確かに細部を見るといちいち可愛いし ピンクも効いてるけど
なんだかシンプルすぎて驚きという点では物足りないわw」と欲しがりやさんだった私。
つまりちょっぴりハレンチな感じをどこかで求めていたわけ。だから夜の照明に万々歳。
・・・ってか、昼間が白い分この演出が余計に際立つわけですな。ははーん。

でもね、セントレジスバリでキングコールバーとボネカの屋根部分が夜になるとこのテの色で
変化していくのを お部屋への通路から見下ろして見た時は、 確かに楽しかったけど
「なんか安っぽい~。レジスさんはこんなことしないほうがいいのにー」と思ったんです。
だけど、Wなら全然違和感がない。むしろ天晴れ。って私のWのイメージってどんだけ~www

こんな風に普通に美しい清楚な(爆)照明の時間帯もありました。(ある意味、こっちの方が意外w)
a0074049_18321775.jpg

丁度この頃は既に日本中がざわざわしていた時期で 都心は計画停電やらなんやらで
日本人の私がこの凄いライティングに喜んでたらバチあたりそうな状況だったのですが
震災をバリ滞在中に知り 関西の実家談では実感がなく日本の状況がよくわからなかった分
(バリ東部の田舎生活中はネットは回線遅すぎて検索かけようにも本当に知りたい情報には
なかなかたどり着かない状況だし TVはNHK WORLDの英語放送のみが頼りだったんです)

本当に現場で起こっていること と 日本側が発表する状況報告 と 海外メディアが伝える不安と
それを総合した自分の想像 の4つが全くちぐはぐで なにがなんだか混乱していた時期だったので
ともすれば 無力な自分に対していろいろ考え込んで凹んでしまいがちだったところを
スタッフの皆さんからのはげましの言葉や 「ホテル側からの提案があって僕らも寄付したよ!」
という話などを聞いたり "せっかくバリに来れたんだからその間だけでも楽しんでいって!"
という心意気を感じたりしているうちに 徐々に自分のあり方について整理や決心がついた感じ。
そして、この非日常のワンダーな世界に入り込んだことによって 違う星にきたかのような感覚で
(それは単なる現実逃避なのかもしれないけど) なんだか とっても元気の素をもらった気分。

そういう意味でも この時期にここに来ちゃった事や いちいち浮かれていたことなんかは
世間一般的には不謹慎かもしれんけど 私のココロにとってはそれも貴重な栄養剤だったなー
なんて 今になってしみじみ思うんだな~。 でもだからこそ、この場所が印象的だったのかも。

・・・というわけで、次は このW Loungeでの朝食や、同じくロビーフロアにあるW STORE など
ホテル棟のエントランスフロアー界隈での記録がもう1本続きます。

※W Retreat & Spa Bali ’11年3月の記録。他トピはこちら※
バリ滞在中にUP分 ⇒ AwaySpaでmake a wish / 滞在全体の覚書き
帰国後UP分 ⇒Villa Arrival編 / Fantastic 1BedRoomVilla#35編 / Resort MapとVilla エリアの色々
Hotel Arrival(エントランス界隈編 / W Loungeでの朝食とW Store編 / Fire Restaurant編(主に朝食)
Wet (パブリックプール)で遊ぶ編 / サンセットタイムのパフォーマンス 編/ iCE BARでサンセットタイム
Star Fish Bloo 編 (主に夕食) / Woo BAR編 / Away Spa編 / Spectaculer Ocean Retreat #430


★★ '11年秋・2度目のW Retreat Bali 滞在記録は ダイジェスト版内から各個別トピへどうぞ! ★★


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2011-05-19 15:43 | bali & indonesia | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/12609050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by russi at 2011-05-20 01:34 x
確かに、このホテルの感じ、20代で来たら楽しいだろうな~。
私の中で、40代のプロデューサーが、20代のモデルの卵を連れてくる場所、に勝手にインプットされましたw
そうか、おしゃれだけど何か違和感、と思ってたのは対象が若すぎるからなのですね…そして私はそれから外れているわけだ。ずーん。
Commented by JAM at 2011-05-20 20:35 x
タイチョ、こんばんは!これ、これ!!このライティングが見たかった。照明だけでなく壁のガラスの風鈴?も凝ってますねー。ここへはバリ滞在を楽しむというよりW滞在を楽しみに行ったと仰ってたタイチョの姿勢。それって正解ですよね^^v。実物を見てみたいなー。
Commented by la_viajera at 2011-05-21 08:11
>russiさま~!
40代の自分にはちとしんどいかな?とびびりつつ、思いっきり対象年齢も私がバリに求めるものからも
外れてるんですけど なんせ、かつてたくさんワクワクさせてくれたWの最新プロパティとなれば
いかずにゃおれんww。
リゾートなので客層が若いカップルばかりだと浮くかも?と心配してたら、
それよりもファミリー利用が多くて、その点では40代がはしゃいでても
「おかあさんも楽しんでる」というテイで私の存在そのものに違和感感じずに済んでヨカッタっすww
Commented by la_viajera at 2011-05-21 08:16
>JAMんちょ~!
ふふふ、わしもこのいかがわしい感じの照明タイムを待っておったのじゃー。
とはいってもWだから楽しんでるだけで、普段日本でこんなネオンの所があったら
目がチカチカしてしんどいーって腰ひけちゃう予感。
せっかくのバリだから私とて大概はナチュラルでバリらしいものを求めがちだけど
そんなのカンケーネーと W独自のコンセプトを貫く潔さ・・・・すきですwww
<< W Retreat & Spa... W Retreat & Spa... >>