※ 今日の一言 ※ '17年の春バリが始まっているのに1か月以上放置しとりました。ブログはこの春バリの滞在中にダイジェストを逐一UPし、いつものように帰国後に個別で印象深かったことを順次詳細記録する予定です。この春も俺なりに楽しんでおりますぞ★

<< The Menjangan ~...

TG(タイ国際航空)・ロイヤル... >>
2011年 05月 06日
The Menjangan ~Beach Villa #03 編~ ('11年4月)
a0074049_2155018.jpg
現地から軽くダイジェストでUPしたように、今回は不死鳥・マダムK様の快気祝いを兼ねて
西部国立公園およびムンジャンガン方面で遊ぼう!!ってことで乗り込んだのがThe Menjangan.
(※ リニュアルした ザ ムンジャンガン の公式サイトは ⇒ こちら ※)

元・モンスーンロッジの内装はプチリノベ。ガゼボのカテゴリーはなくなり、そのエリアがスパになるとか。
クリフヴィラも4月前半時点でリノベーション中。そんな中、元々ガゼボカテゴリーのあったビーチ近くに
【ビーチヴィラ】なる新築のヴィラが7棟できてるとのことで楽しみだったんだけど
どうせ滞在中は敷地内で遊びつくす方向なので お部屋はモンスーンロッジでいいよね★ってDXを予約。
だって、いくらマネージメントが変わったと言っても辺鄙な田舎という立地。お部屋や設備には期待せず
ウットリよりもこの大自然の中でのアクティビティを楽しみたい!ってことの方が本命だったから。

ところが、滞在中に「ビーチヴィラもできてるよ♪」と言われて ひょいひょいと見学させてもらったところ
明るくて広くて気持ちいいビーチヴィラが どえらく気に入っちゃった 私とマダムK様。
どっちみち2人とも東部に大荷物置いて来てるのでマダムのダイビング用品以外は荷物少なめの2人。
せっかくだから最終日はビーチヴィラに引越しした~い!とわがままこいて急遽お部屋移動。
(リゾートにはちゃんとUG料金の設定もありますんで、交渉上等★★★)

おかげさまでモンスーンロッジの部屋も ビーチヴィラも、それぞれのいい部分を堪能することや
それぞれの使い勝手を検証することができて まさに1粒で2度美味しい滞在になったと思います。
ほんと、同じリゾートの敷地内なのにめちゃ広いからロケーションが違うだけで印象もそれぞれなんだもん。
・・・というわけで、このトピでは 新生・ビーチヴィラの記録をしておこうと思います

※ ただし 滞在したのは 新カテゴリーのオープン直後につき、その時点ではまだ完全に揃ってないものも
あったはず。今は現在進行形で進化・改善されてると思うので 滞在時点での感想とご理解下さいまし ※







滞在2日目の快晴の朝。この時は予定通りモンスーンデラックス(#102)に泊まっていたのだけど
午前中から2時間のカヤックを終えてジェッティーやビーチの付近で寛いでいたら
カヤックのガイド君が「新しいビーチビラがすぐそこだから、見てみる?」とのことで いざ、見学へ。
その時に見学したのが 直下の写真のBeach Villa #02
a0074049_22539100.jpg
a0074049_22574586.jpg
屋根がジョグロスタイルで雰囲気あるのに 内装はとーーーってもシンプルモダン。
新築でピカピカ。広いし明るいし静かだし、なんてったってビーチフロントというロケーション!!
モンスーン棟の方はプールやホットジャクージが目の前なので私的には嬉しいロケーションなんだけど
こっちの雰囲気も体験しておきたいよねーーってことで、翌日からこっちに引越し希望~。

ちうわけで、3泊目の朝食後にBeach Villa #03へお引越しと相成りました
こんな風に砂浜からではなく後方のの桟橋のような通路を通って各ヴィラへ向かいます
a0074049_03134.jpg
テラス側がエントランスなのではなくヴィラのちゃんとした出入り口はお部屋の横側なんです。
a0074049_17994.jpg
光がたくさん入る屋内はシンプルな設備なので余計に広く明るく感じるわけで・・・
a0074049_027089.jpg
逆サイドからどうぞw (見学した#02と 設備は同じですが逆の位置に配置されてます)
a0074049_0275358.jpg
ベッドはキングサイズ1台をハリウッドツイン仕様にしてもらえます。
ジョグロスタイルの屋根の中身丸見えでとんがり部分の天井が高くておもしろいんだけど
木の屋根だったらトッケーは出ないのかしらん??滞在中はこの部屋ではチチャさえも見なかったけど
環境が田舎かつワイルドなだけに、これトッケーの糞よけ代わりの天蓋はなくていいのか?とプチ不安w
・・・・実際には糞害はなかったんですけど ワイルドな環境となると田舎なりの覚悟をしてしまう慎重な俺・・・・・
a0074049_1104391.jpg
写真で見ると狭いけど 実際はけっこうスペースにゆとりのあるベッド後方
a0074049_0285290.jpg
こちらはベイシン。もともとゆとりのサイズな上、鏡も大きいので広く見える効果大。
a0074049_032424.jpg
バスルームはその更に後方。半屋外になってます。 バスタブのあるところは屋根ナシだったと思うけど
片側がトイレで片側がシャワーになってて、そこんとこは屋根が途中まであったように記憶してます
a0074049_0293114.jpg
夜も明るくて、全然怖くなかった。でも羽虫の季節はちょっと勘弁・・・
a0074049_030991.jpg
↑あと、この材質のバスタブって、水で変な染みができやすくありませんかい??
新しいヴィラなのに、屋外に置いてあることもあって(雨も降るしネ)手入れが大変そう!って思った私。
すでに茶色い線が出てたから、たとえちゃんと掃除してても抵抗ある人はいるかもしれないなー、と。
でもこれって多分メンテナンスできると思うので 現在はきれいに直ってるかもしれません(淡い期待w)

散らかし放題ですが 夜の雰囲気www
a0074049_0342363.jpg
ライトも明るくて夜も快適だったんですけど、ベッドサイドの読書灯みたいなものがなかったので
寝るときにどこの電気消してどこの電気つけとくか・・とかの判断がちょっとめんどくさかったかな?
でも、ベッド裏のデスクの両端に 反応しないスイッチもあったので おいおいベッドサイドにランプがついて
そこがスイッチになるとかそんな風な予定があるのかもしれません。なんせオープンしてまもなくだったので。

あとは、使用済みタオルをいれるボックスがなかったり タオルかけておくフックも外のシャワーの横に
1個あるだけなんですけど、そこにタオルやローブをかけておいたら次の人がシャワーしたら
そのタオルなりローブなりはべちゃべちゃに濡れる・・・という弊害発生wwwwww
それ以前に、そのフックが短いというか大きな重いタオルを支えれる感じのものでもなく、爆笑。
余計なものは置かないタイプのThe Baleさんの系列なので、今後 使用済みタオルボックスとか
他にも備品が増えるのかとかは定かではないですが 使ったタオル掛ける所ぐらいはほすぃーかも?

ミニバーやアメニティなどなど。
a0074049_0345731.jpg
ちなみに、TVはありますが放送は見れないので確かDVDのモニター用として置いてある感じでした。
そして特筆すべきは↑の4コマ目!! まだ電話がないのでスタッフ呼ぶ時はトランシーバー利用★

↓ これでの通信が すんげー楽しかったw
a0074049_0381425.jpg
今後お部屋に内線電話とかつく予定なのかなー?できればトランシーバー形式をつづけてほすぃーなー
なんかほんとに 秘境に来ている気分が盛り上がって楽しかったんよね。このシステム。
(ただし、普段はゲストには不要な業務連絡が入ってくるので 私達も自分たちが必要な時しかスイッチを入れないから
スタッフさんの方から私達に伝えたいことがある時はいちいちお部屋まで来てもらわなきゃいかんのよねwww)


バスタブの染みのこととかタオル掛けるところのこととか小姑的なことを言ったものの
まだまだ完成形ではないと思っている段階での滞在だったので、そういうことも文句や不満ではなく
田舎でもがんばってる感じをほほえましくめっちゃくちゃ楽しんだ感じ。
だって ここ ほんとにジャングルをかきわけて進んだ先の辺鄙な立地なんですもん。
そんな海辺にこんなきれいなヴィラがあってお湯がじゃんじゃん&エアコンガンガンってだけでも上等★
少々の使いづらい部分に対しては知恵を絞って適応していく楽しさを味わうのも田舎の醍醐味w

そしてその中でも 腹がよじれるほど大ウケしたのがクローゼット。 もう、クローゼット最強(爆)

まず第一に、開けようとしたら取っ手がいとも簡単に抜けるwwwww
a0074049_1114562.jpg
取れた後をよーく見ると、取っ手をとりつけてるネジ釘が推定5mm程しか噛んでないんよ。
しかも、以前も外れて修理した形跡ありあり。なのにやっぱり 5ミリ位しかささってない。釘短っ!
※ ただし、これは田舎では日常茶飯事のクオリティですwww 経験者は語る・・・・※

この点は、後日セールス担当の方にも報告させていただいたんで 次に行ったら根本的に直ってると
思うけど できれば そんなコントな部分も残しておいて欲しいと思うのは ふざけすぎかしらん??

でも、一番笑ったのが そのクローゼットのつくりそのもの

ハンガーに 届かないんですけどーー!
a0074049_0374856.jpg
こればかりはもう直しようもないだろうからこのまま行くだろうケド
いくら外人がでかくても この高さのハンガーラックを快適に使いこなす人は少ないと思ふ。
でも、ウケたわー。この高さwwww ありえなさすぎて 逆に「おもろいから 許すー!!」って(爆笑)

だってこの絶好のロケーションでっせ!!細かいこと気にしてる場合ちゃいますってw
a0074049_0393596.jpg
マダムK様は 常に焼き焼きモードでご満悦。
a0074049_0584451.jpg
部屋の前のビーチ。見晴らしがよければムンジャンガン島も見える位置
a0074049_0491794.jpg
でね、特筆すべきは 朝の美しさ。
a0074049_0495787.jpg
そりゃー、普段バリにおいてはAmedで朝日のビーチや海はいつでも見れる環境におる私ですがー
ジュクンの音や村人の声入りの朝の海の風景は見慣れていても、やっぱこんな風に静かで
プライベート感がある感じはちょっとまたベツモノですからwwwwwww
a0074049_0513938.jpg
ってか、この時間に起きれた私自身がミラクルw お出かけ気分炸裂中
a0074049_0524558.jpg
マダムKさまがまだ爆睡中の われらが部屋も朝の色に染まります
a0074049_0534194.jpg
朝日そのものというよりも、空の色 海の色の変化がすごいんよね
a0074049_0543550.jpg
お気に入り。
a0074049_0561558.jpg
お部屋の前でサンライズを堪能した後は もちろん二度寝。
あー、起き抜けにパジャマのままノーメイクで外に出て見れるプライベート感っていうのがしあわせー。
だって、部屋から10歩とかそんな至近距離だぜベイベー。

暑いときは冷房の効いた部屋の中にテラスのクッションを運んだり、屋内のディベッドを利用したりして
ごろごろと屋内で過ごし、 木陰ができたらお部屋の前のサンデッキで本を読んだりうたた寝したり
朝食をルームサービス(別途5㌦必要)にして ビーチで食べるのもGOOD !!
a0074049_0571376.jpg
3日目のランチと4日目の朝食は お部屋の前のテーブルで食べたんですけど
4月頭の滞在時はまだ建築中だったパンタイレストランやスパがオープンすれば
どちらもビーチヴィラからすぐの場所なので、ジャングルを楽しむ派ではなく海辺でのんびり派の人にも
食事やアクティビティ毎の敷地内移動に煩わされずにゆっくり休暇気分を味わえるかと思います。

※この2ヵ月後にこのリゾートに滞在されたmeroさんのビーチヴィラ付近のレポもチェケナー※
(2ヶ月違うだけで、このエリアの進化が続々とみられますよー)


とりあえず、今回は 新しいものを新しいうちにをモットーに、まだまだ現在進行形で成長中の
ザ・ムンジャンガンの新カテゴリー ビーチヴィラについて 2011年4月初めの個人的感想でした。

なんか読み返してみたら 細かい部分でネガティブにとられがちな内容もあるんですけど
個人的にはそーゆーのもぜーんぶひっくるめて めっちゃくちゃ楽しかったんよねー。
ザ・ムンジャンガンにはまたリピートしたいし、その時もまたビーチヴィラに泊まりたいもん。
ただ、モンスーンDXも 私にとっては利点があるんです。だってプールやホットジャクージが近いし
お値段もお手ごろだし レセプションも近いから何か頼みたい時は直訴できていろいろと便利だし。
迷うわー。お部屋のカテゴリー選択 ・・・ってわけで、続いて新・モンスーンDX編も記録しておきます。

<Monsoon Deluxe #102編 へと続く>

※ すぐにモンスーン編をUPするのでこちらのコメ欄は閉じております。もし質問等があらばそちらの方にお願いします※


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2011-05-06 20:57 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/12529781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< The Menjangan ~... TG(タイ国際航空)・ロイヤル... >>