※ 今日の一言 ※ '16年の秋バリから無事に帰国しています。次の春バリまでの間に2度ほど別の国への渡航も挟みますが、ブログは'16年秋バリ記録+春バリで記録し残している分に特化してぼちぼち個別備忘録をあげていく予定です。

<< バリ滞在43日目。Amedでの近況

I "W"... >>
2011年 04月 08日
マダムKさまの快気祝いは The Menjanganへ。
a0074049_205154.jpg
日本がこんなときに、結婚記念日だの マダムKさまの快気祝いだのと いささか恐縮ですが
平穏で幸せで健康であることの喜びは、こんなご時だからこそ一層ありがたさも身にしみるわけで。

去年のGWにバリで偶然合流となった超人マダムKさま。そのご帰国直後に子宮がんが発覚し
とても心配していたのですが、当初の予定通り初夏にモルディブにダイビング旅行を決行され、
モルディブから戻られた後 無事に手術は成功。年内はおとなしく闘病生活を送られたようですが
今年は年始早々1月よりダイバー&トラベラー生活を復活。さすが超人!そうでなくっちゃ☆☆☆
さらに3月。またまたダイビングクルーズ目的でパプア方面に行っておられた様子。
そしてパプアからの帰りにジャカルタからバリに飛んでくるわー☆ってことで 現地合流決定。
では 快気祝いがてら一緒にムンジャンガン方面で 思いっきり遊びましょう!
健康を取り戻せた証に、乗馬もカヤックもシュノーケルもダイビングもがんがんやっちゃいましょう!

・・・という展開になりました。それにしても63歳とは思えぬさすがの不死身っぷり。このパワー、見習わねば。

宿泊先は 元・ムンジャンガン ジャングル&ビーチリゾート (ムンジャンガンリゾート)
現在はマネージメントが変わって The Menjangan (ザ・ムンジャンガン)】という名前になっており
モンスーンロッジも内装が少しだけ手直しされ、新たにビーチヴィラなるモダンな建物が新設され
今後もビーチぎわのレストランやスパなどのオープンが待たれるリニュアル状態なのですが
スタッフは以前からのほっこり系だし、リゾートそのものの敷地は相変わらずワイルドかつ素朴なので
客室内がモダンでおっされーになってしまっても、ジャングルでの冒険感は損なわれておりません
以前、「3泊するには食事がネック」との噂をよく耳にしましたが、その方面も (まだまだ課題はあれど)
徐々に改善されているようで 今後2つめのダイニング@パンタイレストランがオープンするのにも期待大!

ここでは、各種アクティビティーを堪能し、マダムK様と共にそれぞれの健康のありがたみをかみしめた
そんな3泊4日でした。 アメッドからの往路は マンクーさん&むっちゃん夫婦にトランスポートを依頼して
道中 ロビナのBakeでパン買ったりみんなでランチしたり。(Bakeのサンドイッチ。おいしかったー!)
復路はネコフミに送迎を依頼し、Damaiでご飯食べたり(さすがのダマイ。田舎と思えぬ食のクオリティw)
シガラジャのカルフール(兼 ハルディーズ)で買出しをしたり、道中含めて思いっきり遠出気分を満喫。

ザ・ムンジャンガンは去年の11月に新しいマネージメントになってからの各所リノベーション中なので
あと1ヶ月もたつと状況が進化してると思われますので 今回私たちが滞在した時点での情報は
今後行く方々にとっては古い情報になってしまうかもしれませんが、4月初め時点での記録として
こちらもWリトリート&スパ同様、帰国後の早いうちに詳細をUPできればいいなーーーと思っています。
(※ 追記 ※ とりあえず 新設のビーチヴィラ編 と 改装したモンスーンロッジ編 は 先にUPしました)

とにかく、西部国立公園方面は過去2度とも10月の訪問だったので 当時、海はいい状態なんだけど
いかんせん木や山がハゲハゲで枯れ枯れで、ジャングル感がとーっても薄かったんです。
だから「次こそは 緑があふれる時期にジャングルを体験したい」という思いが 今回かないました。
そしてうわさ通りここのスタッフってば、とーってもフレンドリーで素朴でほっこりさせてくれましたYO!
到着早々からめちゃくちゃこき使ってやりましたけどね(爆) みんないい子たちでしたー。ありがとよっ!


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2011-04-08 21:26 | bali & indonesia
<< バリ滞在43日目。Amedでの近況 I "W"... >>