※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< 12th Wedding An...

Make A Wish @ W... >>
2011年 03月 31日
2011年3月第3週のウブド滞在メモ
a0074049_23132556.jpg
2/27出発。一旦本拠地ドリフを経て3月第一週はウブドに出向き おなじみルナゲーハーwでニュピを過ごす。
ニュピ明けからはアメッドに戻り、合流したH奥様とスクーターでうろうろしまくるドリフな毎日。
「また数日後にウブドで!」と奥様の移動を見送った後、お天気がぐずぐずの日が何日か続き
いつもの停電&モーター故障による断水・・・とドリフな顛末で、最後にはデジカメまで壊れちまった。
小さな災いが続いてストレスがたまりかけた頃に 報道で知った東日本の大地震。
「私の現状(ずぶぬれでも風呂も入れねぇ、電気つかねぇ、カメラ壊れる)なんぞは、たかがひとときの
いつものドリフな展開。気候は温暖で食べ物があって、予備のカメラや風呂を借りれるあてもある。
おのれの贅沢な不平不満は後回し後回し。」 と 妙にたくましくなってしまったわたし
たくましくなりついでに、H奥様との再合流@ウブド再び にはアメッドから自力でバイクでお出かけを決行
上の写真はそんな3月第3週のウブドでの写真を適当に気分次第でよせあつめてみました。
なんとか動くようになったけど焦点があわなくなった壊れたカメラで撮影っす(爆)





泊まったお宿は SayanのTaman Bebek. レセプションにはブルガリで見たのと同じバリの古地図
その他、腰がくだけるような「かわえぇ~&おもしれぇ~」が敷地内にいっぱいあってなかなかユニーク。
私達が泊まったのは景観がない新棟の方でしたが 旧ヴィラを見せてもらったらその絶景に呆然。
公示料金が高めだし 細かい小姑チェックした部分もあるので皆様にオススメできるかどうかは別として
個人的には長年の間とても気になるお宿だった上 今回はめちゃ安いPKGを更にお安くお2人様利用で
空港送迎料金も込みだったから H奥様の帰国時は確実&ラクチンに運んでもらえたことを思うと
その金額なら俄然お得感満載。ここでの3泊4日を充実して満足に過ごせてとても良かったです。

この再ウブド日程はニュピ前と同じく4泊5日間だったので、初日はまたルナGHでお世話になり
エアロビにも参加したり、かつての定宿@ベラで「食ってけナシチャン」をごちそうになったり、
2日目からのホテルではデリバリーを頼んだり、持ち込んだスクーターを足にしていろいろお出かけをし
可愛いカフェでアフタヌーンティーをしたり、素敵な建物のインドネシア料理ワルンで寛いだり
近くの夜しか開いてないナシチャンを歩いて買いに行くもやってなくて、見知らぬワルンでブンクスしたり
meroさんオススメのメキシカンのお店でタコス食べたりアリウブのレストランにも行ってみたり・・・・。
「たまには贅沢しようぜ!」と言って出かけたサマヤウブドのレストランが雰囲気・スタッフ・お味・サービス
ロケーションなど とても良かったので翌朝もソトアサで再訪してしまったり、と もりだくさん。

2週間前の滞在時に はまりまくったGaya併設のジェラート屋さんのチョコオレンジ味も忘れがたく
H奥様も毎日食べるに至るほどのお気に入りようw ここのオレンジチョコアイス、ほんまに最強です。
その後まじかるさんがご来店されたようですが そのフレーバーは「毎日あるわけじゃない」とのことで
滞在時に毎日この味を食べれた私達は もしや超ラッキーだったのか?・・・と小さな幸せw

これまたニュピ前からの持ち越し企画で、初来店時にスタバでもらったサービスレシートに番号を記入して
この再訪時に渡したらモカフラペチーノがタダになったというお得な展開もまちうけており
なんやかんやと【食】に恵まれた 3月第3週@ウブド滞在。 食べてばっかりの5日間でした。

行く先々で地震や津波や原発の心配をして下さるローカルさん達からのお気遣いの言葉をきくたびに
とてもありがたい気持ち半面、「こんな時に自分達は遊んでいてすみません」という申し訳なさ半面。
この時点で、日本での実情がよくわからないだけに心情的には一番複雑だった期間なのですが
それゆえに感じることも多く、今後の自分のあり方・過ごし方などに向き合えた期間でもあったと思います
ここ1~2ヶ月先の渡航予定をキャンセルされた方も多いと聞いて、「ならば今、ここで会えた方々には
帰国後に踏ん張れるように思いっきり元気になって帰ってもらいたいし、私もバリを楽しむ!!」と決意。
この時の食ネタ・滞在したホテルの話などもまた帰国後に各トピで詳細を記録していこうと思っています

でもこの時の一番の収穫は、念願だった 「自力でスクーターで往復できたこと。」 これに尽きます。
バイクでアメッドからウブドまでいける自信がついたから、次はサヌールまでか?!と調子に乗り中。
体が資本ですから、怪我や事故には十分気をつけて残りの滞在も充実させたいと思ひます。


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2011-03-31 11:32 | bali & indonesia
<< 12th Wedding An... Make A Wish @ W... >>