※ 今日の一言 ※ '17年の春バリも全行程を終了し帰国しております。夏は夏で他のおでかけが控えていますが 合間を見てぼちぼちとこの春の個別記録を残していきたいと思っています。

<< DPS ングラライ空港・ 国内...

Amanwana / ~レス... >>
2011年 01月 29日
モヨ島からバリへ帰ろう ~Amanwana 最終章・ 帰路の記録 ~
a0074049_1754670.jpg
今月1ヶ月かけて永らく続いたモヨ島記録もいよいよ最後。あとはバリへの復路のみ!です。
もともと、スンバワからのフライトは14:45頃発だったと思うのですが
当日の朝にリゾート側から渡されたフライトスケジュールは13時すぎ発とのことで
「さすがインドネシアのLCC!時間変更は当たり前なのね~」という感じで
私達はリゾートを11時すぎに出るボートに乗るようなので11時レストラン集合と言われました。
このボートには スンバワに社用で出られるスタッフのケヴィンさん&さやかさんご夫妻がご同乗。
というわけでTOP写真は ケヴィンさんとさやかさんとにゃんこせんせが船上で興奮中の3ショット。
波が高そうで船酔いが心配な航路だけど、お二人が一緒だと心強いわ~w
あと、チェックアウトはしたけど なぜかアクティビティにご一緒しているような錯覚がするので
リゾートを離れても なんとなくまだアマンワナの余韻を感じれるというか。 それってセコい?(笑)




さぁ みんなで揃って出発です。私達の手荷物、しっかり さやかさんとケヴィンさんが持ってますw
a0074049_17544395.jpg
ちなみに、この時期GMさんは出張か休暇か何かでご不在だったのでお会いしていませんが
フロントのシャーリーと ダイビングインストラクターであり日本人スタッフであるさやかさんには
本当にお世話になりました。さやかさんは ご主人でありダイブセンターのマネージャーである
ケヴィンさんとご夫婦で常駐していらっしゃるのですが 「こんな田舎で退屈しないですかー?」
という失礼な質問にも 「それがね、全然退屈しないんですよーw」とニッコニコ。

以前にご滞在されたmariさんから、スパでかかってたBGMのCDのタイトルがわかれば嬉しい
というお話があったので 初日にその件を尋ねるとスパ担当者にいろいろと問い合わせてくださって
特にどのCDをかけているわけではなく 数ヶ月ごとにi-podの中身全部も変えたりするので
何年か前のものだとその時にかけていた曲がどんなものかはわからないのだけど
現在使用しているものでよければCDに落としておけますよ・・・とのご提案。 もちろん依頼★

大量の曲が入っているので音楽CDとしてではなくデータの状態でいただいたのですが
その約2週間後にバリでお会いできたhiyokoさんを通じてmariさんにCDが渡ったところ
まさに1曲目がお望みの曲だったようで みんながみ~んなハッピーエンド。
英語でも交渉できない内容ではないのだけど、こういう細かいことは日本語が通じて良かった~、と。
そして これに限らず さやかさんのご提案や手配してくださることは やっぱり日本人感覚で通じるので
1を言うと10理解してもらえる感じで とーってもストレスフリーなんですよねw
おまけにダイビングだってここでは日本語対応だと思うと ものすごーい安心感。
まぁその分 さやかさんの負担は大きいわけですけど(爆)
それも「ゲストに楽しんでいただくことが私達の喜び」と仰っていたように
ムリヤリとか渋々ではなくごくごく自然に対応していただけるのがとーってもありがたかったです

そして一行はボートに乗り込むために西のジェッティへ
a0074049_17551388.jpg
うーん、やっぱ到着時の方が天気よかったw (これは初日の写真です)
a0074049_1881154.jpg
バリへ直行のフロートプレーン移動ならこんな感じらしい (※公式サイトより拝借※)
a0074049_17553456.jpg
でも私達は「お安い移動プラン」なので往路と同じ移動過程になりますwwww

※ 往路のボートでの記録は ⇒ こちらの過去記事で ※

ジープのドライバーに見送られてモヨ島を出発~
a0074049_1756075.jpg
見えなくなるまで手を振るおっちゃんw
a0074049_17561833.jpg
それにしても曇天(爆笑)
a0074049_17574737.jpg
ボートが沖にでて、往路よりも揺れてるね~なんて覚悟しながら
酔うと厄介なので昼寝を決め込もうと 私もにゃんこせんせも岩のようになっていると 後ろから

「見てー!イルカが居るよ!」の声。

さやかさんとケヴィンさんの指す方を夢中で覗き込むにゃんこせんせ
a0074049_1758785.jpg
しかし 毎度のごとくシャッターチャンスを逃しまくる俺(爆)
a0074049_17582222.jpg
Amed⇒Lombokへのスピードボートでも かつてパダンバイ⇒レンバールのフェリーでも
イルカの群れは見れたし そもそもアメッドに居て高台からイルカを見る機会もあるのだけど
やっぱり野生のイルカが跳ねてるのを見るのは 何度見ても興奮するし めっちゃ嬉しいよね~。

この海域では、見れて当然の当たり前のことかもしれないんですけど
私達にとっては滞在最後のサプライズになったみたいで超嬉しかった出来事でした。

お2人とはスンバワブサールの港・アマンのラウンジ(?)で解散。お互いに別々の車に乗り込みました。
あ、その前にプチ船酔いでぐったりのにゃんこせんせと私は トイレ休憩タイム。
ここで待っててくださったのは 初日の往路でお世話になった アマンのスンバワ本島スタッフ。
「はちみつは結局リゾートで買ったの。いろいろありがとうね~」なんて会話をしながら

往路と同じゆったり箱バンに2人で悠々と座って10分か15分で 空港に到着
a0074049_1758455.jpg
ところがー、やっぱりエアはディレイとなwwww
ディレイっていうより本来の14:45(か14:30かそこいら)頃発ってことじゃないのかなー
などとも思いつつ、この小さな空港にはラウンジなんていう気の利いたものはないので
冷房もきいてなくてローカルさんまみれのところで待つには にゃんこせんせには厳しすぎる。
聞けば、あと1時間以上はかかるみたいだったから ガイドスタッフは「もしご希望があれば
その間 近郊の市場や町などをご案内できますがご希望はありますか?」とのこと。

体力があればそれも楽しいと思ったんだけど あいにく高波によるプチ船酔いから回復してない俺達
「ご提案はありがたいのですが このままこの駐車場で車内で寛いでいたいのですがw」
と最後まで怠け者モード。 結局2時間以上のディレイってことで車内で3時間弱寛いだわけで(爆)
ちなみに、トランスヌサエアーとのことだったのに 復路も往路と同じ Riau Airline

途中、1回だけ私が構内のトイレに行ったw (あと、煙草休憩) 写真中央の女性が担当ガイドさん
a0074049_1759794.jpg
待つこと2時間ちょい。やっと飛行機がやってきたよーん
a0074049_17592483.jpg
わらわらと出てくるのはここで降りる乗客たち。
a0074049_17594690.jpg
やっと搭乗。にゃんこせんせは顔出しOKなんですが、いつもの癖で隠してしまったぜ
a0074049_183877.jpg
そして約30分?のフライトでロンボクのマタラム空港到着。
帰りも オベロイのラウンジでの利用券をいただいていたのですが、大幅ディレイだったので
降りる人は降りて 乗る人を乗せたらすぐ出発ってことで マタラム空港では機内待機。
結局3時間以上待ったとはいえ、もともとは14時台の予定が当日13時台発といわれ、
結局16時前の出発となり 予約時点では16:30のバリ着予定が結果は 18時前着という結末。
余談ですが 今思うと、往路に渡されたパンの入った配給袋wは 復路ではもらわなかったような・・・。

※ 往路のRiau Air 搭乗記録は ⇒ こちらの過去記事で ※

私のお迎えを頼んでいたネコフミ(仮名)にはそのつどSMSで連絡していたので問題なかったし
にゃんこせんせもその次のお宿へのチェックインをすることしか予定は入れていなかったので
フライトの少々のディレイはこの後の旅程に何も影響がなかったのですが
モヨからバリへ戻る日に何か予定をいれたい方は ディレイの可能性も考えて
ちょっと余裕を持ったスケジュールで旅程をくまれる方が安心かとは思います。
モヨ島へのフライト情報は アマンワナのこちらのページにありますが、変更などは随時確認です。

※アマンワナに関する総括は、以前に覚書としてまとめトピを上げたのでそちらで※

時間はかかったものの、スンバワでの待ち時間は涼しい車内で体のばしてダラダラできたし
あまり「疲れたー」という実感はなかったんだけど、船酔い対策で朝食が軽めだったもんだから
17:55のングラライ到着時には はらぺこー。思わず国内線入口のケンタッキーに駆け込んだ2人。

しかし激混み&蒸し暑いため テイクアウトにして車の中で食べること決定
a0074049_1833047.jpg
思えば、'10年春バリでは国内線の出入り口のファストフードに何度かおせわになったもんよw
というわけで、このトピでモヨ遠征編は終了ですが 次回は 国内線入口での買い食い記録でも。

※ここ1ヶ月間、モヨ編をUPしながらもバタバタしてて投稿だけでいっぱいいっぱいだったので
コメント欄を開いたり閉じたりの気まぐれ対応でしたが モヨ編最後という事でこちらのトピに関しては
コメ欄をあけておこうと思いますので もしもご質問や業務連絡等ありましたらお気軽にご利用くだちゃい※



[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2011-01-29 20:57 | bali & indonesia | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/12016409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2011-01-30 10:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-01-30 17:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by magical_cat7 at 2011-01-30 19:02
タイチョ、お久しぶりです~。
モヨ島レポ、一気読みしちゃいました☆
マッサージ苦手なタイチョお薦めのイプのマッサージ私も受けてみたいです。
お天気がよかったら海の中もさぞかし綺麗でしょうね~。
行きたい場所が増えていくけど再訪したい場所もたくさんある。。。
Commented by JAM at 2011-01-31 20:00 x
タイチョ、こんばんは。ガッツリ記録しましたね@モヨ。タイチョががっつり記録する時は再訪時のためのご自身の復習用狙いと踏んでいるJAMですが、やっぱり再訪計画アリですかー???^^v。でも詳しくレポしてもらったおかげで私も脳内トリップできた気分。いつもいろんな意味で未知の世界を見せてくれてありがとー。次のバリ滞在中はどんなところへのおでかけがあるのかも楽しみにしてますよー!
Commented by nekotanyan at 2011-01-31 21:45
最後にイルカのサプライズなんて、羨ましい~☆
エアのディレイも含めて(笑)、フロートプレーンでひとっ飛びしたのでは
味わえない、まさに「遠征」感たっぷりですね^^。

タイチョさんのレポのおかげで、写真で見ただけのアマンワナが
スタッフの雰囲気も含めて、親しみやすい雰囲気に感じられました~。

滝ツアー(滝好きなの^^と)、テントの掃除風景(他では見られまい)が
特に個人的にはツボです(笑)
Commented by russi at 2011-01-31 22:13 x
初コメント失礼致します。
個別にした質問では大変丁寧に答えて頂き、感激しています。
私はランカウイで曇天と晴天の落差を味わいましたが、モヨも天気によってここは…違う国!?という位違いましたか?
でも、例え曇天でもいいなあ、と思える位素敵ですね。
何にもしない休日、ああ、いいなあ…ご飯がおいしいのも、スタッフがちょっとおとぼけなのも、いいなあって思います。
そして、タイチョさんがリゾートを本当に愛していて、これから行く人の参考になるように、という記録を残して下さっているのがわかるのが、本当にうれしいです。
Commented by bunga5 at 2011-02-01 00:31
viajeraさま、こんばんは。
たっぷりのwanaレポ、すっかり行った気にさせていただき感謝です。
aman resortsは料金設定でいうと松クラス?ですが、欧米の同料金帯のresortに滞在するより
気張らず素で寛げる度が高いと個人的には思うのですね。
一連のレポを拝見し、その究極が此処amanwanaかもと思いました。
機会があればwanaにも是非行ってみたいです♪
Commented by la_viajera at 2011-02-01 08:42
>カギpiちゃ~ん!
業務連絡了解。その日でええよ~。時間も問題なし
場所も希望があればそちらにあわせまーす
でも5連勤の初日なので翌日からのことを考えるとあまり長居はできひんw
また近くなったらソフトバンク経由でれんらくしまーす
Commented by la_viajera at 2011-02-01 08:42
>カギコメちゃ~ん!(1/30 17:16)
お疲れ様ー。メール届いてます。
せっかくなんでいっぱい遊んでからかえってきんさい!
Commented by la_viajera at 2011-02-01 08:42
>まじかるさ~ん!
おひさしぶりでーす。モヨレポ、写真がしょぼくて全然素敵さが伝わらんのやけど
それでも楽しかったし、だからこそまたいきたいなーと思うわけで。
ほんとに、新しく行きたい場所、再訪したい場所 煩悩がふえていくばっかりでこまりますー。
でもそれが鼻先の人参になってくれてるので働く気力になって
怠け者の私にとってはいいことなのかもしれませんなーふふふ。
Commented by la_viajera at 2011-02-01 08:42
>JAMんちょ~
そうなのそうなの。また行きたいのー。でもそんな予算はない(爆)
だから、いつでも思い出してまた行きたいなという気持ちを思い起こすためにも
行き急ぎ気味ではありますがまじめに記録してみました。
次のバリは未知の世界というよりどちらかというと「リベンジ」です。
ま、お初に泊まるところは多いので新鮮な気持ちにはなるはずなんですけど
「お初でもリベンジな気分」というか。うっとりプランはほとんどないんですけど
楽しいプランにはなってますのでまた楽しみにしといてください。
Commented by la_viajera at 2011-02-01 08:43
>nekoさ~ん!
正直、(いい意味で)アマンだアマンだと緊張していく場所じゃないと思うから
そういう肩の力の抜けた部分と 高級リゾートとしてちゃんと快適な部分との
バランスの魅力を この記録を通じて感じていただけたら本望でございます
ほんと、ここならうちのおっさんも緊張せずに楽しめそうなんだけどなー
・・ってか、私が一番 また行きたがってるんですけどねwww
でもその前におっさんをロンボクのトゥグにつれていきたいんだよねー
(ロンボクからも島内の滝ツアーがあったりするのら~)
ほかにもたくさん再訪したいところがあるし
あー時間とお金と体力が足りなさすぎ~!
Commented by la_viajera at 2011-02-01 08:46
>russiさま~!
こちらでははじめまして!! おうちの美猫ちゃん達もお元気ですかー?
私は以前晴天と曇天の落差で怖くなったのは3度目か4度目のプーケット滞在時でして
さっきまで晴天だったのに急に暗黒星雲がたちこめてスコールの前ぶれって感じで
背の高い椰子の木がヘッドバンキングしはじめた時は「負ける!」と思いました
いや、何に勝って何に負けるねん?!って感じですがw うまくいえないけど
「かなわない」というか。 ビーチからホテルの部屋の方に戻るにも足がすくんで呆然w
あの落差を思うとモヨは曇天でもすごーく穏やかで平和だったのでその憂いも風情があったと思います。
基本的には自分の備忘録&次のための復習用記録なんですけど こんな個人的なレポでも
万が一どなたかの参考になっていれば私にとってもほんとうに嬉しいです。
次のバリ予定でもほとんどうっとりなネタはでてこないと思うんですがこれに懲りずに
末永くよろしくおねがいしますねーw
russiさんの春の野望、実現したらまたどんなだったかまたいつか教えてくださいねー
あのリゾートもいつか再訪したいリストの上位なので私も参考にさせていただきたいのっ★
Commented by la_viajera at 2011-02-01 08:51
>bunga様~!
長らくだらだらと続いたレポ、読んでいただきありがとうございます
私にとってはこの松クラスの料金設定も フルボードPKGのおかげで
トータルでは高額に感じなかったのが 少々のポカがあっても愛せた理由かもしれません
この1~2年前にタヒティやカリブでなんでもかんでも高かったのを経験していたので
(もちろんそれはそれなりの価値はあったのですが)それと比べるとずいぶんアクセシブルな料金だなーと、
自分の懐具合省みず思ってしまったわけで。そういう比較対象がなければ 逆に「なんでこんなに
立派な料金なのに抜けたとこがあるんだろう」としょっぼーんだったかもしれないです(爆)
bungaさんも仰るとおり欧米の同価格帯のリゾートと比べたら日本人にとっては寛げる度が非常に高いから
そういうリラックスを求める方には大きな魅力を感じれるリゾートだと思います@アマン。
ワナはアクセスの点で日程のしばりがあったり時間の前後があったりするのがネックなんですけど
だからこそ重い腰をあげてたどりつけた喜びもひとしおですし、いつかこーいう所に
一人でふらりと行けるぐらいの経済的&精神的余裕を持ちたい私です!
Commented by hiyoko at 2011-02-03 11:31 x
タイチョ、こんにちは!
ワナからお帰りなさ~い。
た~っぷり楽しませていただきました。
やっぱり是非行ってみたいリゾートの一つであります、こちら。
バスタブがないのはちょっとネックだけど、バリでもけっこうシャワーで済ませちゃう事も多いし、行ってみれば案外気にならないかも。
ここは他に逃げ道がないので、お食事が美味しいのはとても嬉しいし、夜のメニューが毎晩変わるというのもメチャ嬉しい。
アマンギリのように3泊限界という事もなさそう。(笑)
親切な日本人スタッフが常駐というのもポイント高いですよね。
離れ小島で何か緊急の事態が起きた時、やっぱり安心!
泳げない私としては、モルディブもそうだけど、こういう環境ってどうしても優先順位が下がってしまうのですが、食わず嫌いはいけないですね。
ただ、まどろんでいるというリゾートでの過ごし方もそろそろ覚えないとっ!

Wの情報ありがとうございます!
次のバリ、一瞬、ホテルを変更しようかと思ったけれど、とりあえずご飯だけでも行って来ようかと思います~。
多分、タイチョとは日程は合わなそうですね。。。涙。
Commented by la_viajera at 2011-02-04 00:26
>hiyokoさ~ん!
ブログ上でワナから戻ってくるのに8ヶ月以上かかってしまいました(爆)
hiyokoさんが、どーせアメリカだからと思ってお食事面で覚悟していかれたように(アマンギリ)
私も、どーせ田舎だからと思って覚悟した上での食事の感想なので
期待して行くとがっかりなのかもしれないですし、グルメなご夫妻には
物足りないかもしれないですけどアレンジはききそうだから
ウエスタンばっかりで飽き飽き・・なんてことはないと思われますわ!
私、泳げるけど実は海の中より川遊びが好きなタイプでしてw
だからモルディブのような場所よりこういうジャングルを兼ねたところが好きなのかも?
まどろんでいるだけというより、単なる食っちゃ寝ぇ~な過ごし方だったので
やってることは日常と変わらないんですけどねー

W,お食事あんまり期待してないんで泊まっても近隣の別のレストランに
行きそうな私なんですが せめて目で楽しませていただけたら本望かと思い
食後に一服が出来ないのを覚悟で挑んでみたいとは思っております。
日程が合えばスミニャックで一緒にお食事会できるのに残念っす(泣)
でも、バリの前に・・・・むふふwww
Commented by carambola at 2011-02-06 15:54
ウットリテントのお話(えっ,そんな話だっけ(笑)?)
じっくり読ませて頂きましたわ~.
お部屋も食事も素敵…と思ったけど,
最大級気になったのは,カクテルのお値段(爆)
1杯Rp.220000だったらどうしよう~(>_<)
な~んて,こんなウットリなお宿には
まだまだ泊まれない小心者の鯔なので
心配しなくて良し!自分(笑)!
Commented by la_viajera at 2011-02-12 03:46
>鯔ちゃ~ん!
メールは返すくせにレスは放置しててすんませーん。
(あ、でも最後のメールにはまだ返信してないなw さーせん。でも人数了解しやしたー)
うっとりテント。思い返せば去年、鯔ちゃんがJLの高値のGW便をポチッとしてしまった頃
私もうっとりテントをポチッとしてしまって「やっちまっただー!」とお互いの散財を
笑いあったものですなーwwww 懐かしい~!

22万ルピアの謎・・・やっぱりカクテル代だけの金額なのかなー?
もちろんそれもアマンと考えると十分ありうる金額なんだけど
いろいろ考えて食事のセット料金とみなした私の金銭感覚って(笑) なめてる??(爆)
でもさ、それぐらい緊張感なくリラックスできたってことでお許しをwwww
鯔ちゃんといえばアマンダリの部屋履きのシンデレラ。
いつかアマンダリから使いの者がガラスの靴(鰐さん状態になったミュール)片手にお迎えにくるかもよ?
そんな時はパックワイン持込で挑むべし。そしてプールで冷やすべしw
<< DPS ングラライ空港・ 国内... Amanwana / ~レス... >>