※ 今日の一言 ※ '16年の秋バリから無事に帰国しています。次の春バリまでの間に2度ほど別の国への渡航も挟みますが、ブログは'16年秋バリ記録+春バリで記録し残している分に特化してぼちぼち個別備忘録をあげていく予定です。

<< 外灘の夜を歩く  【'...

上海へ戻ろう ~タクシー難民物... >>
2010年 11月 17日
小吃は好吃 @ 小揚生煎館(黄河路店) 【'10年10月・弾丸魔都 その⑮】
a0074049_20135733.jpg
地下鉄人民広場駅を降りた2人が向かった先は黄河路美食街。この通りは海鮮料理のお店が
たくさんあることで有名らしいんですが、私達が目指すのは小吃(軽食)と呼ばれるお手軽系。

当初は、明日のホテル朝食を蹴ってこの通りまでソトアサハシゴに来るつもりだったんですけど
明日は10時から写真館予約が入ってたし ウ子ちゃんも昼からハードワークが待っている。
早起きソトアサは撤回してホテルでギリギリまで寝ていよう・・と急遽計画を変更した私達。
でも佳家汤包蟹粉小籠包は食べたい2人w 上海ナビ掲載の西蔵南路店は17時閉店と
書いてあるけれど、ウ子の同僚さんが仕事終わりの時間に黄河路店で食べたという噂を聞いて
そっちならこの時間でも開いてるのかな?といちかばちか黄河路店を覗くことになったんです。
もともと売り切れ次第閉店らしいけど、普通の小籠包が売り切れてる時間でも 値段のケタが違う
蟹粉汤包はまだあることが多い様子。ウ子ちゃんいわく「通常の小籠包も 佳家汤包のがイチオシ!
だから普通のも食べてほしいけど高いメニューの蟹粉は未体験なので帰国までに是非食べたい」と。
私とて上海に来て大好物の小籠包を食べずには帰れませんw 有名店での食べ比べもいいんだけど
他国にも(しかもジャカルタにまで!)ある南翔饅頭店鼎泰豊よりは佳家汤包に興味津々
たとえ閉まってても 付近に小吃類が食べれるお店は多いから食いっぱぐれることはなかろう
目の前に小揚生煎館の支店もあるしねw 閉まってたらそっちで生煎食べればいーのよ♪





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

が、しかし 案の定 既に閉店でがが~~ん!
a0074049_14173086.jpg
お店を覗いたら、中でお店の人が売り上げ計算してはったwww
やっぱりねー、だってもう既に19:30近くだもん。まぁ、ウ子ちゃんはまだ在任期間があるから
その間に食べに来る機会があるだろうから ここは明日の朝は無理せずにホテルでゆっくりして
私は、行き方がわかったから明日写真館が終わってからソロ活動で昼ごはん食べにここに来るよ。
・・・ということで話が落ち着く。(後日談ですが 帰国後ちゃんと調べて立地関係を見たら
翌日行くなら西蔵南路店の方がホテルからorへのアクセスがよかったという無念すぎるオチwww。
・・単独時に初めての所より場所がわかる店舗優先したつもりが 翌昼はその遠回りが仇に・・w 次回の教訓です★


とりあえず、値段だけは確認しておこうというわけでメニュー激写。

a0074049_14232068.jpgブレブレでサーセン。
お分かりいただけるでしょうか?
普通の 純鮮肉小籠包9元(約110円)
に対し 蟹粉小籠包96元(約1200円)

ひやー!この蟹小籠包のぜいたく値段っぷり!!
それもそのはず、他店の蟹粉小籠包が「蟹風味」
とすればここのは「蟹エキスそのもの」と
いわれるぐらいしっかりと蟹のうまみを感じるらしい。

12個入りは飽きちゃうから半分こしようねー♪
なんて言ってたんだけど、普通のお肉のも
相当美味しいらしいのでその2点をシェアしたら
満腹&ごちそう気分の上合計1300円てw(妄想中)
でも明日は1人で来なきゃいかんので 明日の昼は
蟹のだけにしとくか。でも12個食べきれる自信はない
こんな高いの残したら顰蹙だろうな・・・と
更に妄想は続くwwww
※ちなみに、「汤包」と聞くと肉まんサイズのでっかいのにストローさして汁を吸うものを
想像してしまう私ですが、いわゆる普通の小籠包サイズでも汁が多いものはそう呼ぶようです。
ここは出来立て提供がモットーの為 注文後に作るようなので待ち時間を覚悟せよとのこと。※

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかーし、明日の妄想をするより 今の小腹の減りを満たすのが先決じゃwwwww

・・というわけで 私達が向かったのが そのすぐ目の前のお店。小揚生煎館(黄河路店)
a0074049_1439943.jpg
こちらは、小籠包は小籠包でも生煎と呼ばれる「焼き小籠包」の人気店
さすがにお店の前に行列ができちょりました。

買い方のシステムは、まず向かってお店左手前のレジでおねーさんに注文しレシートをもらいます
そのレシートを持って右側の「焼き焼き販売窓口」に並びます。イートインでもその手順ですw
(他の料理を注文する人はどうするのか知らないけど、生煎だけの場合は並びましたー)
ウ子ちゃんいわく、以前は1人前(4個)4元か4.5元だったのに5元に値上がりしてるとのこと。
4個といっても1個がかなりずっしり食べ応えがあるので2人で4個でいいだろう、とのウ子談。
だよねー?どうせ私、同じものばかりだと飽きちゃうし熱いうちに食べ切れなきゃ良さ半減だろうし
もしお腹いっぱいにならなかったらまた道中で何か買い食いするのも楽しそうだしネ★
・・・というわけで 2人で5元(60円ちょい )をレジで支払い、隣の行列に並びました。

中では娘さんたちがコネコネし、おやっさんが蒸し焼き現場を仕切ってました
a0074049_1525762.jpg
飛ぶように売れていき、釜?もあっというまにカラになり次の釜が運ばれてきます
a0074049_1512651.jpg
ホーローのお皿にいれてくれます
a0074049_15131983.jpg
そのお皿を持った状態で店内へ行きまーす。2階席があいてたのでそちらでたべまーす
a0074049_15144616.jpg

アツアツで肉汁たっぷりでウマー!

確かに1つの大きさはそんなに大きくないけど皮も薄いながらもしっかりと食べ応えがあるし
お肉もしっかり&スープもたっぷりなので一度に4つはちょっと多すぎw 私には2つが丁度いい!
でもお客さんは3人で5人前とかのペースで1人6個ぐらい平気で食べてました。スゲー!
こげている部分は熱くて固くて食べ辛かったんですけど、結び目の部分がしっかり閉じてるので
小籠包の中の汁やうまみが逃げることなくぎゅぎゅぎゅっと濃縮されておいちいんですw
焼いてる側の皮の粉感は好き嫌いがあるかもしれませんが、小籠包の皮の食感とも違うし
もちろん肉まん生地のふんわり感とも全然違う食感なので新鮮。興味深く美味しくいただきました
他のお客さんに別オーダーのスープなども届けられてましたがどれも美味しそうで・・・。
黒酢などはセルフサービスになってたので、油っこく感じてきたらお好みでドーゾ★

実は、アツアツじゃないと美味しさ半減と聞いて、猫舌&粘膜弱いのに急いで食べたら案の定
上あごの皮がべろーーんとなりましてwww みなさまお口のヤケドにお気をつけあそばせ~。

※ 店舗情報はこれまた上海ナビさんに掲載があるのでこちらの記事でドーゾ※
また、屋台街で有名な呉江路にある店舗の方が詳しく載っているのでそちらの記事もドーゾ


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

時刻は20:00 。これからの予定は決めていないので、どーする?どーする?とか言いながら
とりあえず南京東路のホコテン経由で買い食いしながら外灘方面を目指すことになりました。

写真ではうまく撮れてないけど とてもナニワなネオン街ww
a0074049_1536079.jpg
地下鉄に乗って東方明珠塔まで行ってミニチュア買って渡し舟でホテル前に戻るという案や、
和平で一杯飲んでいくという案や、いろいろテキトーに喋ってるうちにホコテンエリアに突入

・・ってか、人多すぎー!! 路沿いのお店にふらりと寄ろうという気さえおこらんwww
そしてもちろんカメラを構える気にさえならない人通り。ちょっと人が減ったなーと思っても
人の流れも観光トラム?(カート?)の流れも安全無視の傍若無人なんですけどー!!
この観光カート?の連結の後ろには結構長い観光車両がくっついてます。曲がる時あぶねー
a0074049_15345332.jpg
この付近にはつまみぐいできる小吃系のお店もたくさんあるらしいのにこの時点で満腹感がある上
ウ子さんもこの通りは初めてってことで、調べたらいろいろ気になるお店はあるんだろうけど
どの店も小奇麗からいまいち寄り道買い食い心をわしづかみにされない心理状態w
ただただ観光地のストリートをおのぼり気分で歩いてる気分を楽しんだ・・という感じ。
流れに沿ってあるいてるうちに、つまみぐいすることも忘れて30分間ガッツリ歩き切ってた。
生煎2個しか食べてないのにお腹が全然減ってないのはなんでーーー??
口の中ヤケドしてるから おくちが食べるモードにならないだけなのか?!不思議ー。

※ 上海ナビさんで南京東路の特集記事がUPされてたのでご参考に※

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

気づくと租界時代の建物群が傍に。そして河の向こうに東方明珠電視塔。既に外灘ですやん!
a0074049_15452254.jpg
あーこの先が「ザッツ上海な夜景」やないですかー!・・とオノボリ気分は最高潮w
でもね、川岸に行く前に ちょろっと道沿いの建物に寄リ道してみましょう。ムフ。

・・・・時刻は20:30。ネオン街から夜景エリアへの夜道のお散歩は続く ※明日UPを目標に※・・・・・・


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2010-11-17 23:25 | たびにまつわるえとせとら
<< 外灘の夜を歩く  【'... 上海へ戻ろう ~タクシー難民物... >>