※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です

<< 小吃は好吃 @ 小揚生煎館(黄...

杭州・霊隐景区をカートで移動 ... >>
2010年 11月 14日
上海へ戻ろう ~タクシー難民物語~  【'10年10月・弾丸魔都 その⑭】
a0074049_2204383.jpg
散策路から戻ると正面に こんなお土産物屋さんがあったので少し物色するも
石だとか木彫りだとかチャイナドレスだとか(あ、パジャマもあったようなw)全く興味なしで
即効店をでた2人。でも目の前のタクシー乗り場にタクシーそのものが全然来ないでやんの。

同じように待ってた人が 白タクの運ちゃんに声をかけられたり 諦めてバス乗り場の方に
行ってしまったりが続き 不思議に思ってウ子ちゃんが乗り場で仕切ってるおっさんに聞くと
どうも「無理無理。バスで行け」といわれたらしい。だがしかし、バスの路線もわからぬ俺達。
ってか湖底トンネル通ってタクシーで30分かかる場所に路線バスでちんたらちんたら行くには
乗換え含み何分かかるのかを想像すると、うかうか路線バスに乗ってられる残り時間でもなかろう。
実は、3週間前にウ子ちゃんが杭州に来た時もどこか(河坊街か?)から最後に駅に行くときに
利用者多すぎてタクシーが捕まらずタクシー難民になったようで、結局白タクを利用したらしい。
このままじゃ、河坊街に寄るどころじゃねーな、と判断した私達は、お客さんを乗せてきた
タクシーが入口に何台かいたのでとっ捕まえて「杭州駅」と字を見せると皆が皆 乗車拒否。

なんで~~???

※ 以下、いつものごとくめちゃめちゃ長い記録になります。すいません・・・※






各タクシーに中国語の紙を見せられたけど「16:30 杭州南駅 / ○○(地名)」しか解読できぬ私
ウ子ちゃんいわく 「なんか、16時半までは 杭州駅方面しか乗せられない・・ってことみたい」

時は16:10。 これが16:30まで待てば全方向OKになるのか、この会社のタクシーだけなのか
どこかその途中までならいけて、その先は別会社のタクシーに乗り継げるのか
通常料金に上乗せしてチップ払えばつれていってくれるのか、事情を尋ね交渉しようにも
英語がわかる人も居ず、ウ子ちゃんだってそこまで交渉できるほどの中国語力はない。
またカートに乗ってアマンまで戻って車を手配してもらおうにも この時間になって一気に
カートも見当たらない間の悪さ。(カートの営業は17時過ぎ頃までなのでまだ動いてる時間)

数日前に知ったんだけど(遅っ!)フォーシーズンズ杭州がこの時点で既に開業していたようで
しかもその位置がここから西湖沿いに出る途中のかなーり近くの位置だったみたい。
この時それを知っていたら、行き先制限のあるタクシーでもFSなら近いからそこまで乗せてもらって
お茶している間にホテルに車を手配してもらう手もあっただろうに その時はそんな事とは露知らず
とにかく指定席券の新幹線に乗り遅れない為に 一刻も早くタクシーで杭州駅に近づく事に集中。

一般駐車場がある方や通りの方まで歩きながら見かけるタクシーにいちいち声をかけてみても
みんな杭州駅ときくと「ダメダメー(・・と中国語の例のプレートを見せる)」で玉砕。

事情もわからず路頭に迷ってると 駐車場から出てきた1台のバンが「どうしたの?」って感じで
すーーっと停車してくれたから、ウ子ちゃん猛ダッシュでその車に駆け寄るwww
中には優しそうなおじじと世話好きそうなおばちゃん夫婦が乗っていて今から家に帰る所みたい。
「タクシーでhangzhou駅に行きたいんだけど」って訴えると「今の時間帯は難しいよ」って
何か少しずつ中国語会話が始まったw。 中国語がわからない私には何が起きてるのか不明だけど
結局は この車でいくらかの料金で目的地までつれていってくれるという話になったらしい。

ただ、ウ子ちゃんも自分達の会話&交渉が本当にお互いに間違いなく意思疎通できているのか
そしてこのおばちゃんとおじちゃんを信用していいのか自信がないのもあって
お仕事場のバイリンギャルに携帯で電話して 事情を話しおばちゃんと直接会話してもらって
通訳&アドバイスをこうことに決定。昨夜の蟹の時はお仕事中で出られなかった女子も
この時はばっちりSOSをキャッチしてくれて、電話による通訳をしてくれた。

いわく「タクシー会社の交代時間の都合で、そのエリアにいるタクシー殆どは この時間帯は
行き先制限があるから 今 杭州駅方面への流しのタクシーを捕まえるのは難あり」と。
「このおばちゃんが○○元でつれてってくれるって言ってくれてると思うんだけど解釈は合ってる?
合ってるとしたら ついていっても大丈夫なのか?」って聞くと 電話相手には心配されるどころか
「ぜひ そのおばちゃんについていくべし。でないと列車に間に合わないかも?」と推奨され
おばちゃんに金額と行き先をもう一度確認してめでたく交渉成立。わーい!!

そうだよね、4時半になれば行き先制限ナシの車が必ずすぐに来るという保障はどこにもないし
もし交代が5時とかだったら遅番組の車が来るのはそれ以降の可能性大。で、 新幹線は17:24発。
タクシーだって順番待ちの場合の30分や40分はかまわないけど、いつ来るかわからぬ状況で
来た所で乗せてもらえるかどうかわからないのはタイムリミットある身にとっては不安この上なく
後で思えば僅か15分程度の難民状態だったけど この時は果てしなく長く感じた捨て猫気分。
雨だしだんだん日が暮れてくるし言葉も地理も疎すぎる状態での この助け舟はまるで仏様w
おばちゃん&運転手のおじちゃん、そして通訳してくれたウ子のお仕事仲間さん、ありがとう★

おばちゃんを激写★(もう一枚あるけどおばちゃんの女心的に微妙だったらしくw撮り直した)
a0074049_2255686.jpg
運転してた旦那さんは、めっちゃ味のあるお爺ちゃん風でオジジ好き的に超ツボ!

車中、おばちゃんがしきりに「もう一度友達に電話して」と言うので「仕事中に何度もかける
のは申し訳ない」と渋るウ子さんだったけど、押し切られてもう一度架けて通訳してもらうと
駅で着いたときにごそごそお金渡してるところを公安に見つかったら白タクとみなされて
大きなお咎めがあるので、駅では【お友達を送ってきた風】を装いたいから 今この道中の間に
お金払って欲しかったようで「あーそら、はよ電話して通訳してくれ!って焦るわなー」と納得w
・・ってかタク乗り場の白タク客引き達も だから言葉の通じない私達には声かけなかったんだ!と気づく。
行き先は駅までって言ってるし 見るからに観光客。駅の警察に捕まったら面倒くさいもんねー。納得w


私も、警戒心がゼロだったわけではないので乗り込んでからずっと 言われた金額を握り締めて
「着いたらちゃんと払いまっせー」をアピってたんですけど、ちゃんと連れてってくれると判断
できたので、電話で事情がわかった後にすぐお金を渡すと おばちゃんめっちゃ嬉しそうwww

多分 こちら方面に30分車を飛ばすことは彼らにとってロスタイム&遠回りだっただろうし
金額的にも言い値がメータータクシー使った場合より日本円で100円ぐらい多い程度だったし
うちらーもとっても助かったから有難い以上に、それっぽっちの値段でそんなに喜んでもらえて
「今日はご馳走食べようっと♪」的な無邪気な姿を見たら さっきまでの自分たちの焦りや
迷える子羊っぷりやタクシー難民でずぶぬれドブネズミな気分も吹っ飛ぶってもんです★

途中、西湖沿いを通り・・・・(ってか、うちらーの見た西湖、これだけ:爆:)
a0074049_2264840.jpg
まぁ、お天気悪かったから時間があったとしても西湖観光どころではなかったんだけどw
a0074049_2273647.jpg
この写真を撮った時&場所は閑散としてたけど、往路に湖沿いを通った時は雨なのにわりと
人影もあって「さすが観光地やねー。けっこう人通りがあるー!」って思った記憶あり。

それにしても,100箇所以上見所がある杭州市で、今回行ったのが霊隐景区の一部だけってw
(杭州観光のいろいろについては、杭州政府観光局の日本語ページもありまっせー)

以下、今回は観光してないけど またいつか再訪した時にはゆっくり見たいなーと
帰国後に復習していて心に留まったことを次回の為にwメモっておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

西湖、ほんとはこんな感じらしい。
a0074049_2282531.jpg
西湖10景といわれているぐらい見所が多い場所なので日数があればじっくり巡りたいなー
ウ子ちゃんは中秋節に来た時に遊覧船に乗ったらしいのですがその日もお天気が悪く
めちゃくちゃ寒かったらしいので、船に乗られる場合は季節や天候に応じた服装にご注意あそばせ~
フォーシーズンズにいたっては湖上でチェックインできるシステムもあるとかないとか。
湖周囲には西湖天地と呼ばれる昔風町並みを復元したちょっとお洒落なエリアもあるらしいし
湖畔の茶館やお食事どころ、そしてホテルもたーくさんある上、レンタサイクルを借りての移動も
楽しそう!湖一周が約15Kmらしいのでちゃりで一周・・ってのもありかも?(え?ナシか?!)

そして 今回行き残した 夜も賑わう清河坊(河坊街)
a0074049_2291519.jpg
この城下町風商店街、ザッツ観光地って感じでいいわーww
お土産買いに来たり 老舗の茶館でお茶したり 夜の屋台やつまみぐい含めて食事をしにきたり
そーいうのも楽しそう。ベタだけどこーいう場所に来たら観光客気分高まる単純な私w

更に 西渓国家湿地公園なんて~のもあるようで(風景地についてはこちらを)
a0074049_230524.jpg
↑で、バニヤンツリー杭州はこの西渓国家湿地公園にあるのでこれまた風情がある環境なわけでw

やっぱりこの街、再訪したいっす!!
・・・でも次回こそは 少しは計画的に、、そして泊まりでゆっくりと w・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

車は渋滞にもひっかからず、車内でほぼジェスチャーゲームのようなやりとりを楽しみつつ
おばちゃんが上海出身ってことで少し盛り上がりながら 無事に30分程度で鉄道の杭州駅に到着。

おじちゃんおばちゃん、この迷える子羊たちを拾ってくださってほんとにありがとうございました。
お金を払っているから白タク状態とはいえ、金額的にも大金ふっかけられたわけではないし
ある意味、都市観光旅行中ではあまり交流することもないであろう一般の杭州市民のお二人と
言葉がチンプンカンながらも笑顔で交流を持てた30分間だったので 貴重な体験でした。
お友達に送られてきたテイを装う予定が、なぜか本当の知り合いに送ってもらったような錯覚で
「謝謝~!再見っ~!」って なんだか本気で少し名残惜しくさえ思うわけで・・・(笑)
ほんとに、こうやっていろんな人に助けてもらって無事に旅行できているんだなとしみじみ。

そして杭州駅。近代的なんだけど座り込み軍団がフツーにちらほらw
a0074049_2304934.jpg
改札より手前の 肉まん?系を売ってる店やお土産用の食品を売ってる店をひやかしつつ
a0074049_2314120.jpg
とりあえず、改札にはいっちゃいましょう・・・と構内へ。( 帰りの切符ネ)
a0074049_2321836.jpg
構内に入っても大きくて改装された駅ではあるんだけど待合室は やっぱり中国的な体育館仕様w

構内のトイレは、美しくはないけれど日本の田舎の駅の和式レベルなので使えないことはないです
ただ、トイレエリアへの入口の所にお茶用の給湯器があるのには正直カルチャーショック(爆)
トイレそのものというよりも洗面所の並びにあると考えれば合理的なのかもしれないけど
私ならそのお湯は飲食には使いたくない気分w でも中国方式に慣れるとこれが普通なのかな?

無事に予定の新幹線にも余裕で間に合いました。ホームはこんな感じ。
a0074049_234755.jpg
ふと前を見ると年季の入った寝台列車。 中国広いから寝台列車移動もおもしろそうかな?
なーんて一瞬思ったけど、中をのぞいて 「・・・これ、無理・・」と、即効断念。
むさ苦しくて狭い車内に溢れんばかりの人・人・人。あきらかにベッド数より多い人数
a0074049_236199.jpg
あー、でも若い頃なら「逆におもしろそうw」とか「中の人楽しそう」って思ってたかも?なので
年を取ってヤワになり 海外でも快適環境に慣れてしまった自分をほんの少し寂しく思ったり(爆)

そんな中、時刻どおりに 和諧号・D5678 到着ぅ~
a0074049_2365461.jpg
復路も、往路とおなじように 座席番号が運悪く通路を挟んで分かれてしまってたんだけど
真ん中だった人に通路向こうの端と代わってもらえたので、2人並んで座ることができました。
うとうとしてたらあっという間に1時間半の時間が経ち、19時前 上海南駅到着。外は既に夜。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上海に到着したら、鉄道・上海南駅に隣接する地下鉄1号線の上海南駅に移動。
これは看板通りに進めば問題なし。ウ子ちゃんは交通カード利用だけど 私は持ってないので
タッチパネルの券売機(中国語)の使い方を教えてもらって 目的地までの切符購入~。
この後 同じ1号線の人民広場駅を目指します。上海南駅から4元(50円程度)。

地下鉄、すんげーわかりやすくて安くて 思ってたよりきれい
a0074049_2373769.jpg
ここから、地下鉄に乗ること8駅で30分弱。今夜は人で賑わう場所にいきまーす★


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2010-11-14 23:55 | たびにまつわるえとせとら | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/11567865
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mahaloa at 2010-11-15 12:35
viajeraさん、こんにちは!
海外でのタクシー難民、焦りますよね~!!
私は初バリでUbudでお宿のお迎えがむっちゃ遅れた時、タクシーも
一台もいない真っ暗なハノマン通りで、むちゃくちゃ怖くて不安だった
ですもーん!(笑)

viajeraさんとウ子さんの力を集結し、やさしいおじちゃんとおばちゃん
の出現もあり、無事に移動出来て、本当に良かったですね~!
一緒にすんごくドキドキ、胃痛を覚えてしまいました!(爆)

ドキドキの体験って、その時は大変ですが、後でとってもいい思い出に
なりますよね♪(^^)
Commented by JAM at 2010-11-15 21:03 x
こちらにもこんばんは!乗車拒否と聞いて日中関係のもつれでの日本人拒否?なんて一瞬思いましたがそうではなかったのですね^^;ほっ。何か予定通りにいかないことがあってもそれがまた旅のおもしろさ。
結果的に無事に時間通りに帰れて良かったですね。困ったときにちゃんと救世主が現れたのはタイチョ達の日ごろの心がけが良いからだと思いますよー^^v。それとも直前にお寺参りしていた仏様が助けてくれたのかな??
Commented by enakdays at 2010-11-16 00:55
タイチョさん、こちらにも失礼します~
タクシー難民大変でしたね
私も前シンガポールでそんな経験があって、
炎天下で探し歩いていたのでぶっ倒れそうになりました(笑)
しかし言葉が通じないって本当に不安な気持ちになりますね
中国っていうだけで私ならば不信感いっぱいなんですけど
しかも白タクと交渉なんていったら物凄くストレス感じます~
そんな中救いの手を差し伸べる人がいて本当良かったですね
善良な方だったみたいでホッとしました
何事もなければこういう出会いも良き思い出ですね
Commented at 2010-11-17 13:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-11-17 22:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by la_viajera at 2010-11-17 23:05
>mahaloaさ~ん!
レス遅くなってすみません。
ええー!初ウブドで夜でハヌマン通りでトランスポート難民はそりゃー心細かったでしょ??
しかも来るはずのホテルカーだったらなおさら不安!!もしやそれが「唯一ドライバーには
言いたいことがある!」と仰ってたお宿の時の運転手に関する出来事の1つかしら??
そういうご経験がおありだと、その時の気持ちを思い出して一緒に胃が痛くなっちゃう気持ち
わかりますー!でも安心してくださ~い、ハッピーエンドでしたから!!(爆)
私ね、基本は「なんとかなるさ」の性分なんだけど、この時ばかりは私は言葉覚えることも
地理やいろいろなやり方を調べていくことも放棄してたのをウ子ちゃんが知ってるだけに
ウ子自身が「私ががんばらなきゃ!」ってプレッシャー感じちゃうだろうなと思うとなんとしてでも
なんとかしたかったのでいつも以上に焦りましたw。でも結局私はなーんもしてないんですけどねw
すべて、交渉してくれたウ子と通訳してくれたウ子お仕事仲間さんと乗せてくれたご夫婦の
おかげさまなんです。私は役立たずを自覚してたのでとにかく愛想ふりまいてただけですからっ(爆)
Commented by la_viajera at 2010-11-17 23:07
>JAMんちょ~!(連コメ上等!)
こちらにもありがとー。かさねがさねレス遅くなってすいやせん
多分、このエリアに来る流しのタクシーは杭州みなみ駅付近が拠点の会社なのか
交代時間?と思われる間の悪い時にあたっちゃいましたw
もともとはランチが終わったらアマンで車呼んでもらうつもりでいたので
そうしておけば安心だったんだけど、やっぱり気の向くままにうろうろしたいわけで
いきあたりばったりの結果がこれwwww.でも無事に時間に間に合ったし事故も怪我も
なく親切な人にも出会えたのでこれも無計画旅行の醍醐味か、と(笑)懲りてねぇ~!!
ハイキング気分でにわか詣でゆえ仏様のご加護をいただけるほど良い子ではないと思うんですけどー(爆)
Commented by la_viajera at 2010-11-17 23:14
>sukuさ~ん!(連コメ上等!)
こちらにもありがとうございまーす。中国はまだ漢字のわやくそ筆談で 言いたい核心は伝えられるし
相手の主張もなんとなくわかるけど、ハングルやタイ文字やアラビック
だったりするともうそれが文字だという認識すらできない私なので(爆)途方にくれるしかないwww
だけどそんな時に限って救世主登場なのも世の常旅の常の不思議な感じ。
実は タクシーが来なかったらまたアマンに戻って車を手配してもらうとか、
新幹線遅れても後の便に振替えてもらうなり新たに券を買うなりなんとかなるさ
と腹はくくってたんですけど、この時はチケットの振り替えおよび購入も窓口は英語通じないし
段取りもわからないので まぁそれもなんとかなるんでしょうが、 案内人のウ子ちゃんが
責任感じたり「タイチョは言葉や手順がわからないから私ががんばらなきゃ」って思ってもっともっと
プレッシャーを大きく感じるだろうからそれを申し訳ないと思う気持ちが強くて
どうしても間に合いたかったんですw。「いい人に拾ってもらえてよかった」と思う気持ちと同時に
私もこのご恩はちゃんとどこかに還元していきたいな・・と思ってます。
Commented by la_viajera at 2010-11-17 23:15
>カギブッカーw!
はーい、貴方の主任さんはお元気でしたよー。初ブッチョは強烈キャラで爆笑しました
いやー君とこのチーム いろんな意味ですごい!!私も、そんな職場なら働きたいかも?(爆)
でもそんなんいうたら本当に馬車馬のように働かされそうなので その発言は却下させていただきます。
Commented by la_viajera at 2010-11-17 23:16
>カギコメさま~!(11/17 22:21)
きゃー★。すっかりご無沙汰してたのでそろそろおうかがいしようと思っていた矢先に
なんとエキブロでの復活、うれしーーい。今夜、あるいは明日中にはリンクいただきに伺いますねー
これからもどうぞよろしくお願いしまーす。わっくわく♪
Commented by hiyoko at 2010-11-20 14:49 x
タクシー難民!!
その場のことを想像して、こちらまでオロオロする気分に~~。
ほんと、何が起きてもおかしくない彼の地。
でも、タクシーつかまらなくてもお金で解決できるというのもあの国の特徴??
とにかく、いい人に出会えてよかったよかった。
それにしても、やっぱり現地にバイリンガルの知り合いにいるって心強いね~。

で、で、↑の記事の焼き饅頭。
めちゃくちゃ美味しそう~。
これまた夫から話だけ聞かされていて、、、、。
行ったら絶対食べるもーん!って思っていたんだけどな。
Commented by magical_cat7 at 2010-11-20 18:34
こっちにもこんばんは!
そうか、タクシー難民になったのですね。。。。
無事、駅までたどり着けて良かった、よかった(^^)
私もこういうピンチがあるたびに現地の方や見知らぬ旅行者が助けてくれて、
「旅は道づれ、世は情けとはよく言ったもんだ」といつも思います。

Commented by la_viajera at 2010-11-22 00:53
>hiyokoさ~ん!(連コメ上等!)
こちらにもありがとうございまーす
>タクシーつかまらなくてもお金で解決できる
・・・そうなんです、その魂胆もあってあまり焦る必要はないんですがw
やっぱり一人旅の時とは違って自分ひとりのリスクだけでは済まないのでおろおろ。
で、これを教訓に「今後はちゃんと手配しておこう」とか思うのが普通なんだろうけど
「結局なんとかなるってことやね」とあくまでものんきなのが私の悪い癖www
いやいや、ウ子ちゃんの交渉力とお友達の語学力のおかげなんですけどーっ!ハイ、肝に銘じます

焼き饅頭、私達が食べたのは小籠包っぽい皮でしたがお店によって皮が肉まんっぽいのも
あるみたいなので生煎食べ比べ・・ってのもよさそうですよね!
アツアツの上に中からスープがあふれ出してくるのでヤケド注意ですぞ★
Commented by la_viajera at 2010-11-22 01:22
>まじかるさ~ん!(連コメ上等!)
こちらにもありがとうございまーす。
そうなんですよ。何か困ったことがあってもなんとかなってる不思議。
やっぱりこれもたくさんの親切な人とのご縁があってこそ。
そしてそれらは行きずりというかその場限りのご縁の場合が多いので
同じ人にご恩を返す機会はなくとも 自分もどこかで還元できればいいなーと思うわけで。
ピンチはないにこしたことないけど、ピンチがあるから見えてくるものもありますよね
旅先ではそういうことをいつも教えられている気がします。
<< 小吃は好吃 @ 小揚生煎館(黄... 杭州・霊隐景区をカートで移動 ... >>