※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です

<< 杭州・霊隐景区をカートで移動 ...

お散歩とランチ @ 安縵法云 ... >>
2010年 11月 10日
ならば問う 人生とは何ぞや? @ 杭州の禅寺参拝   【 '10年10月・弾丸魔都 その⑫】
a0074049_1451752.jpg
14:30。 結局、雨の中をアマンのレセプションまで戻るのが面倒でチケット購入して関所越えw
何もわからずに購入したので、後で大きな落とし穴システムがあったことに気づいたんだけど
この時はその事にも気づかず 一人45元(600円前後)という日本の寺並みの拝観料を支払って入場。

この一帯はたくさんの有名なお寺があって本気の地元参拝客含む国内外からの観光客も多いとか。
でも本来 団体の観光客や参拝客がお寺群に向かう王道ルートは全然別方向からになるので
参拝客の皆が皆ファユンの小道を横切るわけではないのでアマンのゲストの方はご安心を。

有名なのは靈隐寺(ling yin temple)らしいのだけどアマン側からはまず永福寺入口に着きます。
でも元々参拝する気はなかった私達なので このお寺群の前知識は見事に一切ナッシン。
敷地内の観光案内看板によると どうも禅寺群みたい。禅宗って言われてもピンとこなくて
座禅組んで一休さんの"そもさんせっぱ"@禅問答・・・ぐらいしか頭に浮かばないアホっぷりw
最初に「一休さん」が浮かんでしまった為思考回路はポクチンに一直線。更に「禅問答」という
言葉から 脳内ソングは スラッシュ禅問答♪のサビ がヘビロテをはじめる羽目に・・・。
でもどっちもウ子に言っても「何それ?」だろうから 心の中に そっとしまう2つのアイテムwww





観光地なので英語の案内はあるし(日本語表記のものもちらほら)行き先看板も漢字表記なので
どっちに行けば何寺があるかはわかれどその寺が何なのか観賞価値もわからんので行き先を選べない
更に 入口的にはここから一番近い 永福寺(yongfu temple)は どうも山の上らしく
その方向に他のお寺もあるようなのだけど、どれぐらいの所要時間がかかるかわからないし
雨の中 寺に続く目の前の階段と坂道を見上げた時点で 速攻心がくじけたヤワな2人www

で、他のお寺に行ってみようと看板とにらめっこするも 川の向こうは雨で足元悪くて行きにくそう
a0074049_313088.jpg
a0074049_8291468.jpg
その中で、看板に中国語・英語・日本語で
ひときわ説明文の親切な寺があったので
きっと一番有名どころだろうと目安をつけ
看板が指す「霊隐寺」方面へ向かうことに。

ファユンの小道から関所wを越えてそのまま
まーっすぐ行った左手にあたる場所に入口発見

距離はそんなにないし、山になってるわけでもなく
通りからチラリと覗き見できる状態だったので
「これなら(階段の山道を登らずとも)
すぐに中に入れて、見ごたえもありそう」
と思い、参拝決定。

ところが!
受付でさっき買ったチケットを見せると
「違う。それじゃなくて靈隐寺用のものが必要」って。
さっき買ったチケットを見ると、霊隐飛来峰造像・永福寺・韬光寺は入れるけど

最後に【不含 霊隐寺】・・って書いてあるぅー! ひー!!

あたしゃ、靈隐飛来峰造像(有名な石像群らしい)の最初についてた霊隐っていう漢字で
すーっかり一律チケットかとおもてた~! もしこれ、事前にガイドブックとか読んでたら
チケットはそれぞれあって売り場も様々なので 自分の目的に合った券を買いましょう・・とか
霊隐寺への参拝料は別途必要です・・・・とかの 注意書きがしてあったんかな??
ひやー、いきあたりばったりだったのと 売り場で確認しない自分がうかつだったとはいえ
なんか、テーマパークで「ちょっと高くね?」って思いつつ乗り放題パスを買ったつもりが
第一希望の人気アトラクションの前で「これは別料金です」・・って言われた気分(笑)

ならば問う 人生とは何ぞや?
 --------- 1日フリーパスに対象外のアトラクションのあるが如しっ!!!

・・ってかアマンの関所にはこの券しか売ってなかったんで、これがとりあえずエリア入園券で
靈隐寺にだけ行きたい人は両方買わなきゃいかんシステムなのか、あるいは「霊隐寺しか
入らないので、中の霊隐寺でチケット買います」と言えば関所そのものはスルーなのかが全く不明

そして、ウ子さんが霊隐寺のチケット売り場で参拝料を確認すると1人30だったか40だったか
なかなかの日本並みの拝観料だったので 「よくわからんから 持ってる券で行けるとこに行こう」
永福寺方面に戻ること決定。"せっかくだから寺にでも寄り道しとく?"のノリで来たので
ガッツリと寺ハシゴをしている時間の余裕もないし、お茶休憩の時間を残しておかねばならぬ。
あと、永福寺前は人通りも少ないのに 霊陰寺に近づくにつれ観光客の数も増して繁盛中(爆)
アマンファユン内では雨も風情のうちだったけど 寺エリアに来てしまえば 雨も傘も邪魔すぎ。
ここに来て「雨」に気持ちを削がれた感じww。でもそれもご縁というかタイミングやんね?
お天気が良くて時間もある状態だったら"せっかくなので"って事できっと入ってたと思うから。

そんなわけで、霊隐寺は すきまから覗いただけでその場を後にします
a0074049_7375792.jpg
来た道を戻ること数十メートル(短っ!)
しょーがねー、こっちに登るかww・・・と腹をくくる。
a0074049_8191925.jpg
そして、登る(そんなにしんどくない :嬉:)
a0074049_8214187.jpg
・・ってか、これ お天気良かったら景色も含めて相当気持ちいいだろうな、と予想。
※ここんとこmiyu大統領との神社ハイキングが恒例のためハイキング目線www※

とりあえず永福寺って書いてある門まで到着
a0074049_8431466.jpg
この後、また少し階段を上ったような記憶もありどこかでチケットを提示したような記憶もあり
なんかあまり覚えてないけどお参りポイントがあったので一旦参拝。

その入口に敷地内に向けて立ってた木彫り。かっちょいー!
a0074049_8451070.jpg
参拝した場所の小さな敷地内をきょろきょろしてみる
a0074049_8474073.jpg
まだ上の方に続く階段発見。しかも気持ち良さそうな道
a0074049_8482899.jpg
この上にもいくつかお堂かお寺があるみたいで、全部まわってみたい気もするけど
これ以上遠くに行くと時間かかりそうだったので下山(下山という程たいした距離ちゃうけどw)
一応お参りをした・・ということで来た甲斐があったと思い込むことに成功(爆)

確かに、特にお寺関係に興味のない人にはわざわざすすめるまでもないんでしょうが
自然環境がとっても良かったので周囲含めてハイキング気分を味わうにはかなりいい場所だし
お寺に来たついでに、私達の逆ルートを歩いてファユン小径上の各店で休憩もアリだし
この山間のお寺群地帯はある種パワースポット的な感じなのかもしれないとほんのり思ったので
帰国後に復習の為 この付近のお寺や石像のことを調べたら 霊隐寺は 特に歴史も古く
中国最大の木の座像があるとかで 見ごたえありそうだったので「入れば良かった」とプチ後悔w
寺の裏側にある(らしい)石像群も説明を読んでたら確かに一見の価値はあると見た。
父には、「チケットに含まれてる飛来峰磨崖仏も見てないん??」とあきれられる始末

ふんふんふーん、それはきっとまたいつかここに来るから その時はちゃんと下調べをして
賢くなってからおいでー!ってことさ♪ ・・それってつまり"出直して来い"やんwwww
永福寺方面だっててっぺんの方までは登ってないけど あんな霧に煙る雨の中だったから
もっと上の方まで行っても西湖や杭州市内を見晴らせなかったと思うし、
川の向こうのお寺だって お天気がよければいいハイキング気分になりそうなので
この土地の神様が 次に来た時にもっといいものを見せてくれようとしたのだと思うことにしよう!

ならば問う 人生とは何ぞや?
    -------- 再訪(再挑戦)の理由は「忘れ物取りに行く」といういいわけの如しw

♪ ぼぉ~くぅらぁ~は~迷い子ぉ~。わらぁをも掴め スラッシュ! 禅問答ぉ~♪
 (ちなみにこの約1時間後に 迷い子の2人は 本当に藁をも掴む羽目になります・・・)

時間は15:15 この雨では名所の西湖も靄で真っ白だろうから西湖はスルーして
清河坊でウ子さんは3週間前に買いそびれたお買物をし、カンフーな茶館で一休憩しまひょか?

丁度、永福寺を下りた所の三叉路?に、カートが停まってて ルートは2つあるけど
どちらも タクシーやバス乗り場のある駐車場方面に行くとのことだったので
アマンのフロントまで戻ってタクシー呼ぶよりは早いだろうし、通ったことのない道を通るから
おもしろそうだと思って 各お寺間を巡回しているカートに乗ってタクシー乗り場を目指します
a0074049_912259.jpg
ところでウ子ちゃん、帰りの新幹線の時間って何時?? ふーん、17:30頃か~。
じゃー17時過ぎには駅についておくつもりで河坊街ではちょっと急いだほうがいいよね?
え?ウ子ちゃん、もうお買物しなくていいって?? お茶館も河坊街じゃなくていいって??
ロンジン茶葉は この近くのお店で買えばいいって? じゃー道中にめぼしいところがあれば
タク乗り場の近くとかの茶館でお茶して 時間ギリギリまでこの付近に居てもいいしネ。

ならば問う 人生とは何ぞや?
     -------- この期に及んでなお、いきあたりばったり続行の外国人観光客の如しw


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2010-11-10 01:05 | たびにまつわるえとせとら | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/11545722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2010-11-10 19:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by JAM at 2010-11-10 21:34 x
こんばんは!アマンで雨の古都もいいなと思ったけど観光客が多くて坂や階段が多い山寺ではちょっと雨は喜ばしくないですね^^。せっかくの西湖も2度目3度目ならともかく、はじめてで雨模様だとやっぱり残念、、、。でもその分、精力的に観光しまくるよりマイペースでゆっくりできたから良かったのかな?拝観料が日本並みなのはそれでもお参りされる方や観光客が多いからなのかな?お寺の黄色、かわいいですね。次に来る時は晴れますようにってお願いしておきましたかー??
Commented at 2010-11-12 12:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by la_viajera at 2010-11-12 20:16
>カギちゃ~ん!(11/10 19:32)
レス遅くなってごめーん。来週から忙しいのでその準備や、昨日青春3年間を過ごした町で
当時よく食べていたなつかしのうどんを食ってきたりしてたのでネットから離れてましたw
12月の件はお任せコースなのでビザのいらない地域であればどこでもオッケーだと
伝えてあります。月末に詳しく聞くつもりなんだけど こうなれば空港でチケット
受け取るまで秘密でもおもしろいかも?などとまた適当なことを考えてます
そーいえば、しばらく行ってないバリですがこちらも勢いでエア確保しておきましたw
出発は 鬼も笑うほどぐーんと先なんですが、帰国となればもっともっとぐーーんと先ですわ(爆)
Commented by la_viajera at 2010-11-12 20:17
>JAMんちょ~!
拝観料に関しては「高っ!」と思えど、神さん仏さんがからむと「高い」と口に出すのも
はばかられる感じがして言いづらいわけですが、罰当たりな性分なので言っちゃったー!
でも歴史とか文化的な価値もあると思うので博物館的な意味でも入場料は妥当なのかも
しれないなー。ま、この入場料?でお寺がいつまでもいい状態で維持できて
エリア内もいつも掃除されてきれいにしてあって(ごみは落ちてなかったです!)
昔の人の教えとか寺にある貴重な仏像や石像なんかが後世に受け継がれていくなら
入場券がちょっとした寄付金だと思えば安いもんなんだけどね。宗教からむことの出費って
なんだか足元見られてるみたいでちょっとひっかかるというか疑い深くて素直じゃない私ww
私ね、祖父の影響で 神様や仏様に何か頼みごとをするという習慣がないのですが
(何かを頼むよりも神前や仏前では「今までの健康や平安を感謝する」という方向なんです)
やっぱ今後のことお願いしなかったからこのあとタクシー難民になってしまったのかしら?ひーw
でも最終的には拾う神があったから 一応ご利益はあったのか??
Commented by la_viajera at 2010-11-12 20:18
>カギ様~!(11/12 12:51)
了解しました!! 今夜メールでお伝えします。、まっててね。
<< 杭州・霊隐景区をカートで移動 ... お散歩とランチ @ 安縵法云 ... >>