※ 今日の一言 ※ '17年の春バリも全行程を終了し帰国しております。夏は夏で他のおでかけが控えていますが 合間を見てぼちぼちとこの春の個別記録を残していきたいと思っています。

<< お散歩とランチ @ 安縵法云 ...

Les Suites Orie... >>
2010年 11月 06日
D列車で行こう ~いざ 杭州へ!~    【'10年10月・弾丸魔都 その⑩】
a0074049_1843959.jpg
初日は上海市内で 旧租界時代の面影を残すお洒落な町並みや オールド上海的な空間や
若者文化が作り出した雑踏などを楽しみましたが、「上海」と考えず「中国」と考えた時に
私が真っ先に想像するのは 水墨画にでてくるような景色だったり 田舎の素朴な村だったりw
せっかくだから、この弾丸中にそういう雰囲気も味わいたいナーと欲張りこいて
上海近郊の 蘇州だとか杭州だとか水郷古鎮のどれかだとかに日帰りで行くこと決定。

父いわく「シータン(西塘)がいいよ~」とのことだったんだけど、話を聞けばシータンは
夜の風情が更にすばらしく日帰りより泊まりを推奨(by父)なのと、上海・杭州両側からの
アクセスもちょっと面倒くさそう。町外れの遺跡とか歴史モノが大好きな父が推奨ってことは
それなりに歴史的鑑賞価値や ノスタルジックな田舎の町並みやローカルっぽさも期待できるけど
それは、もしも私が上海を気に入って再訪することになってから足を延ばしてもいいんじゃないか
とりあえず25年以上ぶりの上海。 もはや「初めての上海」と言って過言ではない浦島状態なので
ここは初心者らしく 行き易い 【杭州】を選択。上海から新幹線で1時間半だって言うしネ

ここんとこ、素敵ホテルが続々オープンしてる杭州。関空ー杭州の直行便もあるとのことで
エア取る前は 上海すっとばして ウ子ちゃんと杭州合流しようかと思ったくらいなんだけど
ウ子さんが連休とれるかどうかわからなかったその時点でおとなしく上海からの日帰りで合意。

国慶節に開通予定だった滬杭高速鉄道(上海虹橋駅ー杭州を40分弱で結ぶ高速G列車含む)
予想通り開通が遅れていて 2010年10/13時点ではまだこの区間をG列車が運航していなかったので
この時は上海南駅から上海新幹線D列車和諧号を利用。(後に滬杭高速鉄道は10/26に開通済っす)
いい時間帯の新幹線@動車組:和諧号 は混むらしく、事前に乗車券を手配しておけとの前情報も
ウ子さんのお仕事仲間が 事前に買いに行って往復共に手配してくださったとのことで準備万端。





宿泊ホテルのある外灘から和諧号の出る上海南駅までは 地下鉄でもいけるんだけど
今にも雨が降りそうな曇天の中 ホテルから最寄の駅・10号線「豫園」までがちょっと距離があり
1号線への乗換えや所要時間もよくわからんので 迷っててロスタイムするよりここはタクシーw

8:20 ホテル前からタクシー拾って 上海南駅へ
a0074049_18395138.jpg
上海南駅っつーても、地下鉄の駅もあれば列車の駅もあればバスターミナルもあるので
運ちゃんに 和諧号の切符を見せると 「あ、列車に乗るのね」と理解してもらえたようで
問題なくスムースに まるで空港のような列車のターミナルの入口で降ろしてくれた。

※ 私達の利用時はD列車の発着は上海南駅が主でしたが、その約2週間後に上海虹橋駅発着で
もっと高速のG列車が運航をはじめました。そのG列車が上海南駅に乗り入れになる予定の
2年後まではD列車も虹橋駅発着になっているらしいので D列車ご利用の方は乗車駅のご確認を※


恐れてた渋滞にもひっかからず 8:45。 駅に到着~。ホテルからの所要時間約30分 料金は約50元(600円ちょい)
a0074049_18505613.jpg
適当にこんなの(パトカー)撮ってたら・・・・
a0074049_18532741.jpg
ウ子に「公安関係撮ったら後々ややこしいから気をつけてー」と注意される

そーいや、ここ中国やったんやwww・・・とまるで緊張感のない私。

鉄道の上海南駅は 私の勝手な「中国の長距離鉄道駅」というイメージを覆す近代っぷり
それもそのはず、このドームタイプの駅は4年前に開業した若い駅なんだってさ。
(上海と中国各地を結ぶ鉄道のターミナルは 上海駅・上海虹橋駅・上海南駅など数箇所あります)

実物を見る前の勝手なイメージはこんな感じwwww(戦時中的色合い)
a0074049_18571310.jpg
実際はこんな感じ (日本の地方空港でももっとしょぼい所たくさんあるぞw)
a0074049_1858585.jpg
駅の中の売店は、なんとなく共産圏をここで実感したほど品揃えも並びも田舎臭いんだけど
こんな看板娘?が居て 心 わしづかみにされる私w
a0074049_1902814.jpg
写真撮らせて~♪とジェスチャーすると この笑顔w 誰や、中国人無愛想やって言うたんは!ww
いや もしかしたらこのおばちゃんは 大阪のおばちゃんかもしれんw 一気に親近感。

ホームまでの通路のゲートは 乗車10分程前に開くのでそれまで待合エリアで待ってましょう
a0074049_1944227.jpg
ゲートが開いたら係員に切符を見せて ここで鋏を入れてもらった記憶・・・。
a0074049_1961711.jpg
地下鉄も空港のリニアも自動改札でかざすシステム採用(1回きりなら使用後回収)だったのに
日本でも今やなかなかお目にかかることのない「切符に鋏が入る」という状況に ちょっと旅気分w

そうそう、この切符をみておわかりのように上海南から杭州まで 片道たった54元なんです
和諧号は日本で言う新幹線。1時間30分弱の行程を特急料金込みで2等席(指定席)700円弱!!
あーた、私の自宅の最寄新幹線駅から1時間半弱っちゅーたら丁度レールスターで名古屋まで。
うちから名古屋までひかり利用で片道8000円ちょいでっせ。その10分の1以下の料金LOVE★
※ 今回はD列車なので、新しく開通した現時点で最速のCRHであるG列車の料金は不明っす。※

ホームに降りたら 既に和諧号が乗客をお待ちかねでした
a0074049_19192351.jpg
座席は、各車両の最前列と最後尾だけが2人掛けの向かい合わせになってて、その4人席だけは
方向が変わっても椅子の向きは変わらない仕組みになってるみたいなんですけど
他のところは通路を挟んで3席ずつの配置になってました。座席が「何両目の何列目のどこ」
ではなく「何両目の何番」となっており 各車両の前から順番に座席番号がついてます

私達は、不幸にも(爆) 4両目の進行方向に向かって後ろ向きに進む(一番前の列)の
しかも通路挟んで生き別れな通路側の2と3だったので、そ知らぬ顔で1と2の2人席に着座w
後で1だった青年が来たんだけど ジェスチャーで説明すると事情を汲んで代わってくれた。謝謝

狭い座席(もちろん2当座@普通指定席にひじかけはない!1当座ならあるかも?でもしらなーい)
にウ子と2人掛けで娘さんの隣で遠慮するよりも、慣れた中国人のオッサンの隣でのびのびと
1時間半を過ごす方をとってくれた様子www.でももしかしたら青年は「窓際」を希望して
1の席を楽しみにしてたのかもしれないので ちょっと申し訳なかったかな? とにかく謝謝。
・・・ちゅーても逆走席なので 進行方向の車窓を楽しむには酷な状況だったんですけどねwwww

うちらーの席。幅狭い&前との距離狭い (前の人がデカければおのずと膝頭ごっつんこ)
a0074049_1935550.jpg
この、ボックス状態でテーブルのある席は各車両の最前列&最後尾の両側計4箇所だけで
他のシートは フツーに前の座席に収納型テーブルのある 飛行機のY席みたいなタイプですw
連結部分に立ってる乗客もいたので、立ちのりの安い料金もあるのかな?
立ち乗りちゅーても地面座り込みがごく一般的な中国なので 乗降口の床やキャリーに座る人多数。
3週間前に杭州プチ旅を敢行してたウ子ちゃんも、片道は中秋節の満席で立ち乗りだったらしい
ま、今はG列車が開通したから虹橋駅から40分程度だと思えば立ち乗りでも我慢できる距離かな?

テーブルに置いてあった雑誌が気になるウ子さん
a0074049_1938866.jpg
上海を離れるにつれ 雨模様も激しくなるw でも 田舎度は増すので車窓からの景色を楽しむ
a0074049_19393833.jpg
なんか中国っぽくない(爆)
a0074049_19473463.jpg
ウ子ちゃんは日頃の激務のお疲れが出て 後半30分ぐらいうたたねw
私は乗り物大好きの興奮と この肘掛のない細い座席&後ろ向きに進行に慣れなくて寝れず
途中で汚いのを覚悟しつつトイレに行ったら、たまたまこの便の乗客マナーが良かったのか
そんなに汚くもなく昔の新幹線のトイレっぽくてちょっと懐かしかったwwww(和式です)

ひじかけの件とかボックス席の足元が狭い件とか、日本方式に慣れた贅沢を言えばキリがないけど
もっともっとボロい一般車両だとしても 基本的に列車の移動ってなんだか好きなんよね
むしろこういう新型は速くて便利なんだけど 一方で旅情感が激減するのが複雑なところw

とかいいつつ次に行く時は半分以下の時間で行けるG列車で時間短縮する気満々なんですが(爆)

朝9:29に上海南駅を定時出発したD5657は 10:53に杭州駅到着~。

ホームに着いたらちょうど私達の目の前で 鉄道乗務員らしき人達がTV取材をうけてたw
a0074049_1957921.jpg
女性クルーが髪やメイクを確認する為に この車両の窓を鏡代わりに使おうと寄ってくるので
まだ中に居た私達は「何事か」とちょっとびっくりした後「あ、鏡にしてるのね」とにんまり★
どこのお国も女子は女子。みなさん別嬪さん揃いでしたよー。

杭州駅は、さすが観光地だけのことはあってすんごい人w しかも並ばない中国人(爆)
ウ子ちゃんが「横入りとかよりも、階段降りた所とかの"停まると後ろがつかえて迷惑する場所"で
揃いも揃って急停止する習慣が一番迷惑。
あれを何とかしてほしい」と言ってた意味を痛感www
まぁ、みんなイナカモンなので次にどっちに曲がるか迷ってるんだろう、と田舎者の私には
わからなくもないんだけど あの団体でのマイペースぶりは確かに迷惑だし何よりも危険じゃ。

改札を出るときに、切符の提示は求められたけど回収はなくそのままタクシー乗り場へ直行。

ところが、雨の杭州もタクシー待ちの行列は長かったwwww

ウ子ちゃんいわく「中国人は 人と人との間隔が狭い」とのことで、まぁ人数も多いから
ぎゅうぎゅうづめなのが普通なのかもしれないけど、エスカレーターに乗ってたり、混んでる
地下鉄に乗ってるとすぐ後ろのおじさんがめちゃ近くて(痴漢ではない)片手を壁についてるから
周りから見るとウ子と肩組んでるみたいな錯覚になり「ツレかよっ!w」と思わず突っ込みたく
なるようなことが多々あるらしい。 当のおじさんは何の思惑もなくそれがフツーなんだろうね。
まぁ確かに 割り込み天国なので ちょっと隙間あけようものならそこに付け入られるんで
接近が習慣化してるのかな?と思ってたけど 実は案外 滞在中の割り込み被害はなかった今回。
なのになんで他の国に行くと 揃いも揃って団体で割り込みたがるのかね?!

横入りはなくとも観光地ゆえのタクシー待ち行列で 杭州駅脱出までに30分以上を費やした私達。
順番が来て タクの運ちゃんに 「法云安縵」と住所&電話番号を書いたメモを渡しいざ出陣w

杭州のタクシーは 助手席頭部の後方に観光案内VTRが流れてた!
a0074049_2021884.jpg
運ちゃんは場所がわからなかったらしく携帯電話で「西湖街道の法雲村。霊隠寺方面」と確認し
西湖の西側まで出て霊隠寺参拝の駐車場まで行き 地元の人に道をきいてくれたので
雨の中特に迷うこともなく分岐点の看板までたどりついたよーww
a0074049_20502971.jpg
時間はきっかり正午。駅からの所要時間約30分。乗車料金は約50元(だったと思う。もしくはそれ以下)
a0074049_21113514.jpg
今からここでお散歩とランチタイム といきますかーw 雨降ってるけどそれもまたよき風情。
だって私が郊外で見たかったもの・・それは悠久の歴史を感じさせる中国の普通の村のしっとり感。
さぁ、山間部のいにしえの村と 安縵のセンスの融合を しばし堪能させていただきましょう。

・・ってか、杭州に来て名所の西湖も観光地の河坊街もすっとばしてここに来る私達ってw
(※ 念のため、ウ子さんはこの3週間前に既に西湖遊覧観光と河坊街でお買物は体験済みです※)


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2010-11-06 01:08 | たびにまつわるえとせとら | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/11527070
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hiyoko at 2010-11-06 10:07 x
おはようございます~!!

すごいねー、新幹線。驚き。
18年前に上海から蘇州に行った時は、まさにタイチョのモノクロ写真の様な雰囲気の駅で、普通の列車で3~4時間くらいかかったような記憶。
たぶん今は1時間くらいなんでしょうね。
駅に列車が到着すると、窓から一斉にごみが捨てられる光景は今でも忘れられません。
絶対にこの国には住めないと思った。。。
今はそんなことないんでしょうね~~~。
にしても、二人分予約しても通路を挟んだ席になって、隣には違う人が来ちゃうというシステムこそが中国的??
きっとそういうことって気にならないんでしょうね。
というか、そんなリクエストが叶うなんてこと、人生で経験したことがないから思ってもみないんでしょうね。
あー、やっぱりそんな国には住めないわー。
でも、昔は日本のチケットもそうだったかも、、、。

雨の杭州も風情があっていいわ~。
アマンレポ、楽しみ~~~。
今年の秋の中国、杭州が第一候補だったの。
その後、父親が一昨年行っているから嫌だと言いだし、北京に決定。
今思えば、杭州にしていたら当日のアクシデントで行かれなかったかもー。(笑)
Commented by JAM at 2010-11-06 14:50 x
タイチョ、今日もこんにちは!中国の広大な地理に疎いJAMは杭州・蘇州って観光地としての都会だろうけど場所は奥地のイメージがあったんです。でも、上海から近いんですね!!新幹線で1時間半でびっくりして、さらに今は40分?!タイチョももし2週間後の出発だったら40分で行けてたんですね^^。時間があるならのんびり鈍行も旅情だけど、弾丸旅の時の移動時間短縮はありがたいですよね。しかも日本の特急料金に慣れてると料金的にもとっても気軽に行けちゃう。郊外への拠点としての上海もなかなかのもんですね。駅きれいし、いい味出してる売店のおばちゃんも居るし^^v。
Commented by magical_cat7 at 2010-11-06 15:47
駅が近代的になっとる!!私が行ったときは休みでもなんでもないのに「マンリュウ」とよばれた出稼ぎの皆さんで大混雑&しかも駅の待合室がどれも体育館のようなつくりで「大陸」を実感しましたー。
観光地なのにいきなり、優雅なランチ&お茶タイム(笑)中国もこういうお洒落なホテルができ、ソフト面強化がされてて、こういった楽しみ方ができるようになったってことですね~。おいしいロンジン茶も頂かれましたか?^^
Commented at 2010-11-06 17:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by la_viajera at 2010-11-07 00:12
>hiyokoさ~ん!
杭州まで1時間半弱でも驚いてたのに10月末からはG列車で上海虹橋駅から40分弱ですって!!
現在、蘇州は上海駅から30分とのことなので ホントに気軽に行けちゃえます。
鉄道は上海駅・上海南駅・上海虹橋駅・と路線や列車によって
各々発着や通過駅が違うようですが上海内は万博対策でどこも改築&新築はしてそうですね。
到着駅で窓から一斉にポイ捨てしようにも、今や速い列車は窓が開きませんからー!!!
座席の件も、コンピュータ管理されてるようですが、確かに順番に売るのが大前提で
「隣同士にして」とか「窓際」とかのRQ事体が習慣ではないのかもしれないですね
私達の向かいのおじさんとおばさんは仲むつまじい夫婦だと思ってたら実は他人だったんですけど
あんな密着席だったら厳格なイスラム教の人、乗れないじゃないーw(え?そもそも乗らないってか?!)
12年前のトルコの長距離バスでさえ、見知らぬ男女はわかれて座らされたんで・・・

あ、ほんとだ!黄門様の旅、もし杭州直行だったら午後便がない!!
そんな場合は便数が多い上海→列車で移動という、一層マスオさん泣かせな結果になっていたのかも?(爆)
Commented by la_viajera at 2010-11-07 00:12
>JAMんちょ~!
いつもブログのぞいてくれて&コメありがとねー!
私も、蘇州や杭州って北京の方が近いような勘違いをしていたほどの中国地理に疎い女w
でも上海の方が近いんだっていうことを今回認識(恥)
そうそう、G列車、ウ子ちゃんと「国慶節(10月頭)までにとか言ってどうせ開通は遅れるよね」
って「やっぱり遅れてるw」なんてD列車にしたんだけど、遅れるなら12月とかまで遅れてくれりゃー
あきらめもつくものの、うちらーの行った2週間後に開通ってどうよ?!(爆笑)
中国も「なんとか10月中に」ってがんばったんだろーなー。そーいうとこはインドネシアより
頑張り屋さんだとおもふwww。杭州もまた行きたいけど、蘇州も未踏だし、なによりも
父推薦の西塘(泊まり推奨)にいつか行きたいんっす(でも泊まりたいと思うホテルがない:泣:)
カユマニスのある南京までも高速列車が出てて意外に早く行けるみたいなので【カユ詣で】もアリかな?
(でも実は現時点ではあんまり食指は沸かないwww)とにかく、郊外も含めて上海にはまた行きたいっす。
Commented by la_viajera at 2010-11-07 00:13
>まじかるさ~ん!
上海は全体的にどの駅もとっても近代的でしたが、帰りの杭州駅に関しては改築はされてるんだろうけど
まだまだ待合エリアには「体育館待合室」の面影がむんむんとありましたよww
構内に入る前(改札より手前。いわゆる駅ビルエリア)の地点での座り込みプチパーティーもちらほらw
びっくりしたのが杭州駅内のトイレの入口に 優雅なお茶タイムのためのお湯供給所があったこと
カップラーメン食べたりお茶いれたりする用の給湯器なんだけど、【トイレの前にあるかー!?】って驚き。
ロンジン茶そのものは飲んだんだけど、計画上はちゃんと茶芸館で飲みたかったのにいろいろありまして(爆)
上海および杭州での風情ある茶館には行きそびれています。これも再訪の時の目標なんですけど
なんでそーいうことになったか・・のいきさつは今後の記録で徐々に・・・ふふふ(笑)
Commented by la_viajera at 2010-11-07 00:13
>カギ太太様!(11/6 17:35)
はじめまして。ご訪問&コメントありがとうございますw 非公開コメでも大上等ですよ!
おー、タイタイからマダムを経て来年からイブと呼ばれるエリアへのご転勤、グローバルぅ~!
ジャカルタは私もまだまだ未知の部分だらけで初心者気分なのですが、旦那の出張が多い都市なので
今後もちょくちょく便乗する気、満々ですww今後お互いにいろいろ開拓できたらいいですね!!
上海については言葉もわからないし地理もちんぷんかんぷんで友達に丸投げでしたが
近郊含めてまた行きたいと思っているので カギ様の「元・駐在者のお知恵」拝借しとうございます
これからもこれをご縁にどうぞよろしくお願いします
Commented by titiang3 at 2010-11-07 15:53
こちらにもお邪魔しまぁす。
確実に高知空港は上海南駅よりもしょぼいですわ^^;
だけど、新幹線なのに安くてビックリ~!!!
ホテルから駅までのタクシー代も安いと思ったのに、それと変わらない金額!
まぁこれなら、狭い座席などは仕方ないと思えるよね。
この新幹線からの景色、私すごぉく好きなんですけどぉ~♪
1時間半でこんな風景が見られるんだね。
ここでの風景、とっても楽しみだわ~^^
Commented at 2010-11-07 17:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by la_viajera at 2010-11-08 05:42
>ふふちゃ~ん!(連コメ上等!)
こちらにもありがとう。上海南駅、中央に柱がないドーム型なんっすよw
入口が上の方にあって、例えば4階がチェックインフロアーって感じでほんとに空港っぽい。
上海人のサラリーも物価もわからないので地元の人からすると高いのかもしれないけど
インドネシアと比べてもやっぱりタクシーに割安感を感じてしまうwww
地下鉄も距離によるけど2元(20円台)からスタートの安さ!そして万博効果で
路線がいろんなところに繋がったので交通がものすごーく安上がり。
新幹線の車窓の景色、いいでしょー? でも、到着した先はかなりのしとしと雨だったので
ウ子さんもカメラあんまり出してないし 杭州らしい風光明媚な風景みたいなのはちゃんと撮れてないwww
だから期待はずれかもしれないけど 私達なりの記録はくじけずにUPしていきます!
Commented by la_viajera at 2010-11-08 05:42
>カギららお義母さま~!
ほーい、そっちにいきまーすwww・・・こんな朝っぱらから(爆)
<< お散歩とランチ @ 安縵法云 ... Les Suites Orie... >>