※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です

<< なぜか上海・なぜに上海? ~&...

イタリアからただいま~のご報告... >>
2010年 10月 09日
リゾート地には女子と❤  ('09年 Capri )
a0074049_1522795.jpg
                                                    Sep. '09. Isola di Capri

1つの旅行が終わって次の旅行がはじまったら、店名とか細かい出来事はすぐに忘れがちな性分なので
本来ならば 先週まで居た旅先の記録をしておくべきなんでしょうが、今年は買物以外は何もしなさすぎて
逆に「今年は滞在中に起こった小さな楽しい出来事を忘れようもない」という感じなので
簡単な備忘録を兼ねて 去年の 父のお供旅 の方からさくっとピンポイントで少しずつ消化しておきますw

で、今日記録しておくのは去年の周遊旅の後半に Kちゃんと過ごしたカプリ島。
カプリだったらTop写真は青の洞窟にすべきなんだろうけど、案の定写真プレプレなんで後に掲載します
去年は在欧および配偶者の里がこの方面という友人夫妻3組に案内人としてお世話になったんですけど
フィレンツェ以降の一番ハードな旅程の案内人は 伊人の旦那様の長期里帰りで同時期滞在になったK夫妻。

父は世界遺産目当てなのでカプリ島には用ナシ。青の洞窟ぐらいは行っておこうかな?という感じで
友人の旦那様を案内人にして男2人でナポリに泊まって街を楽しんで、翌日日帰りでカプリ上陸予定。
私は友人と女同士で、カプリ島に滞在するという『男女分かれての別行動』 でた!恒例の自分勝手攻撃w
(っていうか、今思い返すとなんと無茶な旅程。フィレンツェ以降もここ以外にサンジミ・シエナ・アッシジ・ローマ・バチカンを
くまなく回ってるから私ならもっと日数かかってる。父の希望旅程に従ったんだけど、改めてそのタフさを尊敬。)





ナポリで男チームと解散して 女子2名は高速船でカプリ島に到着~♪ (所要時間40分くらい)
a0074049_153437100.jpg
とりあえずホテルのシャトルに乗ってホテルにピギーを置きに行く。(大荷物はナポリチームに丸投げw)
その後は、この島のことなーんもわからんのでひたすらKちゃんに手を引かれての島内行動。
ってか、この日 アッシジ7時頃発の列車を乗り継ぎ11時前ナポリ着直後に島へ向かったから記憶も朦朧。

どこかでこんなタクシー見つけて「乗りたい」とおのぼり炸裂すると「ハズカシー」とKちゃんに言われたw
a0074049_15434970.jpg
それまでの父との行程が 都市部および 田舎の村って感じだったのでこのリゾートムードは新鮮
a0074049_15362183.jpg
青の洞窟は、もう午後だし明日男性チーム@うちの父&Kちゃんの旦那ちゃんと合流後に行くつもりなので
(後できくとこの日は波が高くていけなかったみたいなんだけどそんなことは翌日知ったいい加減な私達)
今日は別のところを観光しようってことで前もって候補を挙げられた中で、私がくいついたのが コレ!
a0074049_15371635.jpg
スキー場のリフトみたいなのに乗って ソローラ山上へwww。乗り物大好きなので、楽しすぎる。
眺めもうつくしー&きもちいー。
a0074049_15374063.jpg
上の展望台エリアみたいなところでのんびりと休憩したり 海を眺めたり・・・
a0074049_15383280.jpg
ここは、ツアーの人とかが海の荒れ具合で青の洞窟に入れない時の 代替観光地になる場所らしいけど
高いところ好き&しなびた乗り物(リフト)好きの私には こっちメインの観光でもいいぐらい。

その後、可愛い町並みのアナカプリのショップなどを物色したり、リゾート気分で女同士の時間を楽しむ。
でも一番記憶に残ってるのは レモンチェッロを買いすぎて重かったことw
滞在から1年以上経ってるのでこまかいことをすっかり忘れてる・・ってのもあるけど
去年の父との15日間は 見所が多すぎて私の脳みその記憶許容範囲を超えてるんっすわ。
自分で希望して自力で調べてやりくりした行き先&旅程ではなく、父の希望を案内人に丸投げしたから特に。
『鉄は熱いうちに打て』とはよく言ったもので、やっぱ新鮮な記憶があるうちにUPしておくべきだった・・・。


翌日、かなり朝早い時間に男性陣のカプリ到着を待っていよいよ青の洞窟に向かった4人。
これは港に行った時に撮ったものだけど、ここが青の洞窟への海からのアプローチの為のボート乗り場?
a0074049_1539237.jpg
「アプローチ用ボート乗り場?」なーんて自信なさ気に書いているのはなぜかというと、
私達はここからボートに乗って洞窟前で小さいボートに乗り換えて・・じゃなくて 陸から直接行ったから。

というのも、船で洞窟前に行っても何分待つかわからないし、その間波にゆられて船酔いするとしんどいし
ボートからボートに乗り換えるのも面倒くさい。K旦那いわく、「陸から洞窟横のミニボート乗り場にいけるよ」
とのことだったので、直接洞窟への小船に乗れるそっちの方法で向かうことに。
陸路の場合、バスの便が少ないとかなんとかでアナカプリに宿泊してる方が便利なんですが
料金は高くともタクシーに頼めばつれてってくれるので無問題。早い時間に行くと待ち時間も少ないしね。
陸路からは階段に並んで洞窟に行く為の小船を待つんですが、たまたまタイミングが良かったのか
待ち人も少なく、すぐ順番になったので思っていたよりもスムースに洞窟に入れて、ちょっと拍子抜けw

さすがに、美しい青の世界でした。(私のヘボ写真じゃ伝わらないよー!)
a0074049_1540247.jpg
この後、ホテルに戻ってお茶&チェックアウトして昼にはナポリへ向かい、4人でウマウマピザのランチ。
女衆の大荷物もナポリの男性陣のホテルに置いてたので、荷物をピックアップした後はいざ、ローマへ。
私達は前日にカプリでの街歩きとかお買物とかリゾート気分も少しだけは味わいましたが
親父チームは青の洞窟に行く為だけにわざわざカプリ島にやってきたというなんとももったいない行程。


a0074049_15385715.jpg
カプリについた午後1時前から翌午前中までの
弾丸旅ともいうべき短い島滞在の上、
日の出てる間は外出しまくってたので
せっかくのうっとりホテル滞在が満喫できなかったけど
夜はじっくりお宿でのんびりできたのがありがたかった

というわけでカプリのお宿はこちら。

できればゆーっくりとした滞在をしたかったんだけど
この時は、父の希望優先のスケジュールだったため
一時的に別行動でKちゃんと抜け駆けリゾート気分に
浸れただけでもありがたいとしまひょwww
案の定、いつもの適当撮影の為、
部屋内の写真は夜でブレブレなので今回は割愛。

昼もいいけど、日が落ちる頃の雰囲気もよいのです

a0074049_15505134.jpg
という感じで、駆け足の '09年 カプリ・ピンポイント記録。
方向音痴&名前などが覚えられないオバカさんなので 最低でも1都市に3泊しないと土地勘が掴めない私
移動は大好きなんだけど、こんなあわただしくて早起き続きで詰め込みまくりの旅程は最初で最後かも?

なんせ、カプリに到着する前日も チャーターでトスカーナ州の名所旧跡をまわってからのアッシジ入り。
カプリ&ナポリを出た翌日も バチカン市国→ 午後はコロッセオなどのローマの名所巡りと大忙し。
2週間の周遊って普通はこんな感じなのかなぁ? 何度も来てて土地勘がある地域ならともかく
私にとっては 土地勘のない各所でこんな詰め込み&移動続きの観光旅行は初めてだったので足が棒に。
疲れを取るために私が毎晩2時間風呂に篭ってたローマでは、その間父はトイレが使えないので
ロビーまでトイレを借りにいっていたとか・・・。どんだけ親不孝&軟弱な娘やねんwwww
でもまぁ、それほど各所で外せない名所旧跡の見所が多いってことなんですよね。 おそるべし、イタリア。

パックツアーでもないのに、かなりのハードスケジュールを希望し それを遂行した父上のタフさに驚愕。
そしてそれにつきあってくれた 合計3組の友人夫婦に感謝。 一生足向けて寝れません。

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2010-10-09 19:38 | 過去の道楽(たび)
<< なぜか上海・なぜに上海? ~&... イタリアからただいま~のご報告... >>