※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です

<< 窓から窓へ    ('...

田舎のお役立ち地図 '... >>
2010年 09月 17日
Honey Comb Ice Cream と Amanwana 覚え書き ('10年4月)
a0074049_0131668.jpg
                                honey comb ice cream @ Amanwana

モヨで獲れたおいしい蜂蜜を使った フロントマネージャーのシャーリーおすすめのデザート
バニラビーンズが香るアイスに キャラメルコーンのような食感でシャリシャリのハニーコム入り。
(※ 現時点で私のナンバーワンデザート@インドネシア と言って過言ではないですwww)

'10年4月・アマンワナでのにゃんこせんせとの4日間は お天気にはあまり恵まれなかったけど
自然を満喫する中で ご飯もデザートもとーっても美味しかったのが印象的でした。
この時のことは、また 現在の日常のどたばたがおちついたらゆっくり記録するつもりですが
記憶が薄れないうちに 今日は総括風に 長めですがメモっときます。





::リゾートまでの移動について::

水上飛行機でダイレクトインか、トランスヌサエアーでスンバワまで移動後アマンのお迎えで
車→ボートに乗り換えての移動になります。(どちらも予約時にアマンワナが手配してくれます)
私の懐が怪しかったので、乗り継ぐ安い方を選択したので復路はディレイにあいましたが
待つ間にスンバワの観光にもつれてってくれるので、スケジュールに余裕があれば問題なしです
※この時は 海が荒れてたので水上飛行機チームもリゾートへダイレクトではなかった可能性もあり
結果的には トランスヌサエアー利用で問題なかったかな・・という感じです※

実は復路のスンバワ発便のディレイだけでなく 往路のデンパサールでもフライトC'k in 時に
アマンのアシスタントサービスさんが来ないというプチトラブルはありまして、これは後で思えば
のっぴきならない事情だったんですが その辺の事は後日島間移動の記録で残そうと思います


::リゾート・お部屋について::

開業から約18年?経っているのと、大自然の中ということもありくたびれ感は否めませんが
この【ワイルドな環境】と【田舎のインドネシア人の掃除やメンテに対する意識の適当さ】を思うと
メンテナンスちゃんとしてる方だよな~と感心できるレベルだと思います。
もちろん、「アマン」ときいて「ゴージャス」なイメージを持ってはる方からすれば
トイレが昔の上方タンクで紐をひっぱるタイプだったりバスタブがなかったりと
細かい部分で「しょっぼー」と思うかもしれません。でもこの素朴さが私にはキャンプ気分で嬉★
お部屋は2カテゴリーありますが全部同じ設備です。部屋番号が若い順にレストランに近く
歩くのが面倒な人や藪の中が嫌なひとは レストランに近い側をリクエストされるとよいでしょう
逆にジャングル感がお好きな人は番号が大きいお部屋の方が「気分」になると思います。
私達は最初#10に通されましたが 目の前が芝生ではなかったので 海まで芝生でぱーっと開けた
#8が気に入ったんですけど先客ありだったので 結局は#4に落ち着きました。
かつてGMさんが#12をお気に入りと聞きましたが#12はオーシャンフロントですが周囲は
ジャングルっぽいので部屋から海までをすっきり開けた眺めを求める人には向いてないと思います

島にスーパーとかがないので お部屋の冷蔵庫内のフリードリンクもコーラやスプライトなどの
よくある炭酸系しかありません。バリのように小じゃれた100%フルーツジュースとかはナイです
でも、レストランにオーダーするとフレッシュジュースやアイスティーなどはもってきてもらえるし
私達はフルボードのPKGだったので アルコール以外すべて無料なのでそのつど注文しました。


::スタッフ・サービスについて::

アマンという冠がついてると思うと「え?そらヤバイだろ?」って部分は多いにありましたw
つか、普通のホテルだとしても「そりゃないぜ~」的なことはあったので 普通なら凹むんですが
私達は、逆に「天下のアマンなのにーwww」って笑い話にしちゃってました
・・というか、それらもすべて担当してくれたスタッフ次第なんですよね
気がつく人はとことん気がきく。でも 油断しちゃってる人は要所要所油断してるwwwww

とりあえず、これだけはいっときます
「ココア入れた水筒はしっかり洗ってください。カモミールティーがどえらいことになってます」
「若いセラピストさんよ!にゃんこせんせの服の上に座っちゃ~ ダメーッ!!」 ←凍りつく私(爆)

でもね、なんか憎めない。ほんとはこの価格帯のリゾートなんだから完璧であってほしいけど
ところどころ抜けてる感じと そういったクレームを入れる時も「怒って訴える」って風じゃなくて
「これ、どういうことかしらん?(ニヤリ)」って茶目っ気出しつつ交渉しやすいというか、
アットホームな雰囲気だったから 思ったことを言いやすくてストレスにならなかったんです。
<さすがに、ゲストの服を尻に敷いてた時は唖然として言葉を失ったのでその場で咄嗟にはいえなかったけど:笑:>

それにしても、他に見て研修できるようなリゾートが近くにあるわけではないこの島で
島の出身者をスタッフとして教育していかなければいけないリゾート側の事情を思うと
ここまで訓練しただけでもすごい労力じゃない?と 田舎の村人慣れした私が思うわけで(爆笑)
でも、訪れるゲストにとってはそんな事情は関係のないこと。ちゃんとできて当たり前なんだけど
中には気の利き方が十分ではないちょっとトホホな人がいるのもご愛嬌・・と思える人なら
ここで過ごしてもなんらかの不満よりも それも含めて楽しめる部分の方が大きいかと思います。
というか、この自然の中に身を任せたらきっと細かいことが気にならなくなる南国気質になれます。

私はフロントマネージャーのシャーリーを気に入ってしまい、初対面から彼女に「大好き」と
告る有様で、彼女が出勤の時間帯はなんでもかんでもシャーリーにお願いしてましたが、
言葉が日本語で通じる方が確実であろう内容や ややこしいリクエストに関しては
常駐の日本人のダイビングインストラクター・さやかさんにとてもお世話になりました。
どのスタッフもとっても話しやすくて頼みやすくて本当にアットホームで緊張感ナシな私でした
ビーチのスタッフもいろいろ提案してくれて無料でいろんな海遊びをエスコートしてくれます
ほんと、気負う必要全くナシ。出費の心配する必要も全くナシ。(滞在中の出費の心配するぐらい
なら泊まるなっちゅう説もありますがw)自然体できもちよく過ごせたのが嬉しかったです。


::食事やレストランについて::

私達は フルボード(3食付ソフトドリンク込み)のパッケージをお願いしていたので 日々の食事は
黒板にかいてあるメニューから選びます。ただし、できる範囲のものなら黒板にかいてなくても
融通がきくので「昨日の○○が美味しかったから、今日もできる??」なんて風にオーダーしてました
食事は全体的にとても美味しかったです。他に食べに行くところがないからこれは重要ポイント!
レストランでたべてもよし、黒板から選んでルームサービスにしても 朝はビーチで食べてもよし★
のみものや写真のハニーコムアイスなどは 飲みたいときや食べたいときにそのつどオーダー。
もちろんフルボードのパッケージだったのですべて無料でした。
ハニーコムアイスは黒板メニューには載ってなくてもぜひオーダーしてみて下さい。超オススメ!


::アクティビティ::

私達は3泊PKGで一日に1つ何かのアクティビティがつくプランでの宿泊でした
一応、ビーチエントリーの体験ダイビング / スパでマッサージ / 滝へのトレッキングツアー
の3つと決まっていたのですが(1日で3つ全部やりきってもOK)
例えばダイビングに興味がない人、体調の関係でそれらのメニューを選べない人などなど
ゲストに合わせて 別のアクティビティへのアレンジは可能でした。
その他、別料金でいろいろなアクティビティがあったのですが 滞在中はお天気がぐずぐずで
海遊びを追加する感じでもなかったり プライベートビーチへ行くアクティビティにしても
稼動が少ない時期で、すでにリゾートのお部屋の前がプライベートビーチ状態だったので
結局は ついていた3つ分しか参加していません。しかもダイビングは別物に変えてもらったしw

つまり、ゲストのニーズに合わせて臨機応変にアレンジしてもらえるのでその点も安心です。
天気の都合などでギリギリまでいろいろと変更内容を決められなかった私達なのですが
「ゲストに楽しんでいただいて満足していただくのが私達の喜びですから」と言ってくださって
いろんな代替アクティビティのご提案をいただいたり、変更も快く手配していただきました。
そして、このリゾートに行ったら ぜひ滝ツアーは参加してみてください。とてもオススメです。
スパは屋内になったスパテント(通常客室と造りは同じ)とオープンエアのジャングルコーブスパ
がありますが 屋外の方は雨天で使用できず。テントでのトリートメントを2度うけましたが
LAILIAさんというイブのマッサージが 私とは相性バッチリで絶品★ でした。


::その他::

スタッフだけでなく同時期滞在のゲストとのご縁も楽しかったです。
特に 1つ飛んで隣のお部屋のカップルさん(ゲイカッポーです)は 私のツボのど真ん中で
見た目「おばちゃん」って感じのおじちゃんなんだけどしぐさや立ち姿がもう可愛くて可愛くて
遠くから見つけると 私からちぎれんばかりに手を振ってみたり・・・・。
ま、いつものごとく私とにゃんこせんせも「お仲間」と思われてたとおもいますが(爆)
そんなこと気にするような2人ではなーいw にゃんこせんせと「あのカップル幸せそうでいいね」
って、滞在中はお2人から ハッピーな気分をわけていただいてました。

洗練されたリゾートという感じではないけれど 自然だらけの田舎の小島だからこその
素朴で温かいおもてなしと この環境下でネットがお部屋でもサクサク繋がったり
お湯がちゃーんとたっぷりと供給されたり、エアコンがんがんで快適なテント・・と思うと
多くを望むと物足りない部分はあれど(例:バスタブ・テレビ・オーディオは部屋にありません。
i-podを聞いたり DVDを観る時はジャングルの奥にそれ専用のオープンスペースがあります)
モヨの自然とスタッフを含む島の人々と親しむ アドベンチャーなリゾートライフの為には
この設備でも全然オッケー!とも思います。・・というかすべてにおいて完璧すぎないところや
四角四面の事務的ではない部分が 私にとっては ものすごーく居心地が良かったんです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

トホホと笑える出来事もあったので 普段最高級のサービスや設備を求めるセレブな方々に
手放しで「すばらしい」と連呼&ご推薦できる宿かといえば 相手を選ぶだろうと思いますが
どのみち ここは都会の喧騒を離れてのんびり静かに過ごす為に来る人か、ジャングルと海の
大自然や冒険を求めて来る人かのどちらかだと思うのでその心配は余計なお世話かな?(笑)

私にとってはたま~のトホホも微笑ましいとすべて含めた上で 大好きなリゾートになったし
またいつか 夫婦旅か女同士の冒険休暇としてリピートしたい・・と心から思っています。
それは多分、小姑的な突っ込みポイントはあれど 全体的には「ゲストに 満足のいく休暇を
楽しんで欲しい」というアマンの精神を きちんと感じることができたからだと思います

出発前、島間フライトのことやリゾート内での疑問や不安な点がいくつかありましたが
その時に 相談にのっていただいたmariさん、的確で丁寧なアドバイスと
私達のアマンワナ行きの背中を優しく押してくださって 本当にありがとうございました
そして、にゃんこせんせ! 貴女とここで過ごせて楽しかったよ。ありがとう

mariさんの素敵な写真と文章で綴られた 快晴のアマンワナ日記は こちらから どうぞ!※

以上、個別トピがいつになるかわからないので 記憶のあるうちに 概要の覚書きでした。
年末ぐらいには アマンワナ個別記録を投稿できたらいいなーとほんのり予定していますw

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2010-09-17 00:14 | bali & indonesia | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/11291584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by JAM at 2010-09-17 20:53 x
タイチョ、おひさしぶりー。モヨの素朴な島ならではのおもてなし、ゆるいところも含めて微笑ましいですね^^。同じサービスでもゲストやシチュエーションによって求める内容は違うと思うのでそれぞれに感じ方があると思うけど、具体的なことよりもスタッフからの「ゲストに喜んでもらいたい」というハートを感じられることが一番ですよね。とほほがあったとしてもタイチョがワナをとっても気に入った理由がわかるような気がします^^v。
Commented by miyukyoto at 2010-09-17 23:29
タイチョ こんばんは
よっ!アマンワナ、待ってました!の件
でも写真が1枚ぽっきりで、後は小さい文字ばっかりって・・・
もしかして嫌がらせか?w
私信:こないだのビーバップ見た?子供の頃からお京阪の私には
小杉が本当に憎たらしかった(爆)
Commented at 2010-09-17 23:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mahaloa at 2010-09-18 12:18
viajeraさん、こんにちは!
「天下のアマンなのにーwww」って笑い話にしちゃう、viajeraさんの
余裕が素敵です♪
見習いたい!
それなりのお値段や評判のお宿は、それなりの期待をしてしまうし、
その期待に応えて当然だろうと思ってしまいがちなのですが、それは
自分の勝手な期待であって、そうとは限らないんですよねー!(^^;;
しかも大好きなバリだと、行きたい♪気持ちから妄想が膨らみまくって
どんどん期待は上り詰める一方!(爆)
そして、何かちょっと「ぶー!」となる出来事があると、落胆激しく・・・。’^^;;

それを笑い話に出来る余裕を持っている事が、旅の達人さんだと思い
ます♪
見習わなくちゃぁ~~~。 ←ものすごくしみじみと思っているところ
Commented by Louise at 2010-09-18 14:50 x
viajeraさん、はじめまして
以前からブログを拝見させてもらってます。
いつも読むばかりでしたがアマンワナの話なので
書き込まずにはいられなくて初コメントさせていただきます。

今までアマンの12のプロパティーに滞在しましたが
確かにアマンワナは他と比べると少し緩さがありますよね
しかしその緩さがこのプロパティの温かい魅力になっている部分も大きく
viajeraさんのご感想を聞いてふむふむと大きく頷いてしまいました

私は このアットホームで気さくなアマンも大好きなのです
他のアマンと比べてアラを探せばキリがないもしれませんが
その点を責めてネガティブに捉える人も少なくはないだろう中
それも含めてここを大好きだと仰るviajeraさんに
勝手ながらも一方的にシンパシーを感じてしまいました

これからもブログを楽しみにしています。
Commented by la_viajera at 2010-09-18 16:23
>JAMんちょ~!
お、世間は連休やね。私はとりあえず怒涛の1週間、終了!今日からは遊ぶ準備の1週間
なので相変わらずブログいじったり徘徊してる時間が少ないんだけど、体力と気力は比例するのか
口内炎も軽い蕁麻疹疑惑もすっかり治ったゲンキンな本日(爆笑)
アマンワナの件、とほほ数個を超えるすばらしい部分がいっぱいあったのでプラマイでいえば
多いにプラスなんですよ!だからこそリピートしたいと思うしとても気に入ったわけで・・・。
でも時間がたつといいことしか覚えていないご都合主義な私だから、覚えてるうちに「とほほも
少しあったぞー(笑)!」ってことと次へのプチ覚悟だけは自分のために残しておこうとwwww
Commented by la_viajera at 2010-09-18 16:26
>みゆちこ~!
写真な、まだ整理&縮小してへんねん(笑)曇り空の南の島ゆえにリゾートのイメージダウンに
繋がりかねないんでちょっと思案中。つか、トホホ事件2つ書いてもうたからすでに営業妨害???
でもな、カモミールティーは夜中爆笑したからネタとしてアリだとしても、服の上座る・・は
基本中の基本やろ!と青くなった。座るならお嬢のドレスでなくせめて私の服の上にしてくれー!
それでも、それらのトホホを超えるすばらしいホスピタリティがあったのも事実。
個別トピをUPする時は 写真多めとすばらしいことを中心に書いていくので寒い季節まで待っといてかー。

ビーバップみた!関西鉄道ミステリー2。 でも中津駅の謎は知ってたねんw。
ユニバの京阪の野望推測も出張一時帰国でユニバにおつかいいった時に丁度話題になってん!!
ってか、みゆちこが私鉄がおけいはんってちょっとうらやましー。(なんでや?)
わしは今日も山陽電車の駅から阪神電車にのって途中阪急電車に乗り換える怒涛の1週間のラストでした
この42年間 通学、通勤ラッシュを経験してなくて のんびりの時間帯しか知らんので
電車、たのしい。来月はリニアか(爆)
Commented by la_viajera at 2010-09-18 16:27
>カギコメちゃ~ん!(9/17 23:57)
わー。なんてタイムリーなwww
昨日、正式に日程決まったとこ。あとはあちらさんの休暇次第で
そこまで足をのばせるかどうかが問題。もともとの休みの日とは偶然バッチリ合ったんやけど
私もソロ活動OKなので連休を強要するつもりはないんで、連休とれんくても日帰りで考えてますw
だってあの庭(つか、村)は見とかなあかんやろーww
ってか、今はそれよりも来週末からのなーんも考えてない秋の行事詰めるのが切実な問題。
Commented by la_viajera at 2010-09-18 16:29
>mahaloaさ~ん!
この遠さ、この金額、このブランド力?を思うと ほんとは、トホホが皆無であることが前提で
期待しまくって当然!でも、私自身は「完璧すぎるところは緊張して落ちつかん」という貧乏性で、
うっとりの中にもアットホームでフレンドリーな何かを求めてしまうゆえの感想だと思われます
というか、今までに ここよりずいぶん安くて 何かあってもあきらめのつく値段のバリの某宿でやられた
連続トホホ小説の方が全然「許せないw」範疇だったので あの時を思うと何でも笑って楽しめます(爆笑)
もちろん、過去の某宿については これまでは営業妨害になったら悪いから書けなかったけど
既に6年以上たっててマネージメントも改善されて 現在は評判もいいし、私自身が当時の事も「ネタ」
として笑いに昇華できるまでになったので【時効】ということで いつか別途UP予定w

JAMんちょへのレス↑にも書いたけど、アマンワナにおいては数少ないプチトホホよりもそれらをうわまわる「さすが!!」って部分が本当にたくさんあったので、大好きなリゾートになりました
個別トピの時は「さすが!」の部分での良さを伝えていきたいと思ってますw。
Commented by la_viajera at 2010-09-18 16:29
>Louise様!
はじめまして。ご訪問&コメントありがとうございます。
ひえー!12箇所のアマンをご体験済み・・・と聞くと私とは違うセレブ感をむんむんに
感じてしまうので、シンパシー感じていただけているなんておそれ多すぎです!
私も、失礼を承知で発言させていただけるとしたら「 緩さも含めてそれがここの魅力であり
そんなアマンワナが大好きだ」と仰るLouise様の感性は 私、大好きです★
だって、細かいトホホを超えるすばらしいことや「さすが!」ってことがたくさんあるんですもん
ま、私にとっては他のアマンと比べてというよりもモルディブとかの1島1リゾートのフルボード
料金と比べて「安い」(しかもごはんが美味しいし!)とまで思ってしまったことや
この雰囲気なら、普段は高級リゾートでは萎縮して楽しめないうちの旦那もきっとリラックスして
楽しめるだろうなと思った・・という点での高評価の原因だったりするんですけど(爆)
いつかまた行きたいリゾートなんです。その時は快晴だったらいいなー、とw

アマンワナの個別トピはまだまだ先になりますがこれからもどうぞよろしくお願いします。
Commented at 2010-09-18 19:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bunga5 at 2010-09-18 21:46
viajeraさん、こんばんは。
毎度のことながら客観的で的確な所感、ふむふむと拝読させていただきました。
ネガな部分をもポジ感に変えられるココロの懐の深さはviajeraさんのお人柄ならでは。。
日々何かとブツブツ...な私、見習わねばと痛感でございます。

いつかはと思いつつなかなか実現しないamanwana。
どうせなら天候が良いシーズンに是非行ってみたいです。
いずれUPなさる詳細を楽しみにしています♪
(あ、決して催促してる訳じゃありません。w)
Commented by enakdays at 2010-09-20 00:16
タイチョさん、こんばんは!
ついついCPを意識してしまう私としては払った分以下だとクレームしまくりそうですが(笑)、笑って許せてしまうタイチョさんに懐の深さと余裕を感じてしまいます~
でもそれ以上にゲストに満足して楽しんでもらいたいというスタッフのホスピタリティを感じられる場面が多く、充実した滞在だったのですね!
恥ずかしいのですがモヨ島自体存在を知らなかったくらいで、
アマンの上から引っ張るタイプのトイレも気になりますし(笑)、
画像入りのレポを楽しみにしております^^
Commented by la_viajera at 2010-09-20 01:13
>カギチョコた~ん!(9/18 19:32)
やっとほっと一息ですー。期間中はお茶の相手、ありがとー。
ってか、主婦ってたいへーん(爆笑)やっぱり炊事はむいてないwww
今日もすき焼き用のごっついええ肉ととれたてきのこ類が届いたんやけど
「viajeraちゃんが作ったらダイナシやから」って言われてC家の嫁に出張シェフしてもらった。
すきなもの作ってもらえて食べたいときにアイスがでてくる旅行中って素敵★
ハニーコムアイス、また食べたいんで しっかり稼がねば!
でもとりあえず年内は働く状況ではないんですけどー(爆)
Commented by la_viajera at 2010-09-20 01:17
>bungaさま~!
結局はとても良かったし楽しかったからネガな事を書く必要ないんですけどこれも素直な感想w
気持ちの懐うんぬんよりも、私が鈍感なだけかも??その時は「あれ?」と思う程度で
思ったら一応相手には伝えるけど 実はあまり重要視してなくてw。でも後でよく考えると
「笑い事じゃないよね」、な。多分旅行中の高揚感が笑いに換える力になって
ぐうたらしすぎて麻痺した感覚が「どーでもいいやん」っていう気持ちにさせてくれてるのかも?

アマンワナ、ぜひお天気のいいシーズンに楽しんでほしいです。雨や曇りでもお嬢と一緒だったから
私はとっても楽しかったけど、お嬢にクリアーな海をみせてあげたかったなーってのが心残りなんです
ここでは、黙ってたら1日中ワインクーラーの氷は取り替えられてないと思いますが
前もってお願いしておくとちゃんとやってくれるスタッフはいるので「デキル人」に期待を!(笑)
Commented by la_viajera at 2010-09-20 01:29
>sukuさ~ん!
それがねー、CP考えたら「逆に」許せるのよwww.
これもひとえに去年のカリブ散財とボラボラの物価の高さを経験してしまったので
確かにバハマもバルバドスもボラボラもお部屋の調度品やサービスやもろもろ、
それだけの価値はあったんだけど、ちょっとのどが渇いたからジュース頼んだら出費
ランチやディナーはめっちゃ高い。車を出してもらったりスパやアクティビティにも
いちいち高額料金がかさむetc・・・ってとにかく何にでもいちいちチャージがかかるので
(そして、うっとりリゾートに行ったらお財布のことは考えたくない主義なので
何も考えずに滞在中にぼんぼん使って最後にカード請求で青くなる私w)
その時の出費と比べたら「アマンワナ、安いー!」って金銭感覚麻痺してたんです(爆)
そういう意味ではCPは悪くないと思ってるんです。だってこの島には
他に宿の選択肢がないからそういう意味でも希少価値もあるしね!

トイレのタンクの写真は撮ってないと思うのですが、年末までに
がんばって写真整理しますねーw。テントヴィラの生活、かなり気に入りましたから!!
Commented by nekotanyan at 2010-09-20 08:35
あぁ~、憧れのアアンワナ♪
「トホホ」もあるってことで逆に親近感がわきました~(笑)
以前うちの相方に「テントみたいで素敵なんよ~」と言ったら
「本物のテントに泊まったらいいやん」と身も蓋もなく突っ込まれ^^

>この雰囲気なら、普段は高級リゾートでは萎縮して楽しめない
>うちの旦那もきっとリラックスして楽しめるだろうなと思った・・
むふふ、タイチョの旦那さんと一緒にするなって話ですが
頃合をみて相方にアマンワナ再リクエストしてみよーと思いましたわ。
ただ・・・値段が親近感とは程遠いのでいつになるのやらですが(爆)
Commented by la_viajera at 2010-09-20 21:25
>nekoさ~ん!
そうなんです。わたしもプチトホホのおかげで親近感が沸いて大好きになったクチ~!!
テントの中、キャンプでは考えられないくらい快適よ★
窓辺のディベッドソファーがもう気持ちよくて気持ちよくて
しかも両サイドにあるから2人でも余裕でそれぞれが陣取れる!
>値段が親近感というには程遠い
・・・確かに(笑)島までのトランスポート代が必要ってのも大きいよね
でもそれだけのお値打ちはあったとおもひますw
ただし うちももし夫婦で行く場合、セニョに価格を正直に伝えたら即却下間違いなしでしょう(爆)
「ロンボクかムンジャンガンでええやん」っていいそうwwww
Commented at 2010-09-21 15:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by la_viajera at 2010-09-21 19:14
>カギねーさん!(9/21 15:10)
我が家の実家の事情で決行が3週間延びたんで、
例の重要行事と重なっちゃいましたー(泣)
でも、そこはぬかりない私。あとでメールで詳細を送りますw
Commented by maribali at 2010-09-30 01:03
タイチョさ~ん!
たいそうな出遅れコメでゴメンなさい。
文中リンク本当にありがとうございます~。
的確なアドバイスなんてとんでもナイです。
逆にいろいろご丁寧なお心遣いに感謝しています。

何故かこのアマンワナのこのユルサが私には
とても快適で、出来る事ならもう一度行きたいです。
レストランの予約も買いモノもナシ。。。
何も考えなくて良い環境って究極のリゾートかも!

アマンワナ特製CDいつも聞かせていただいてます。
コチラこそ、ありがとうございました。

Commented at 2010-09-30 09:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by la_viajera at 2010-10-05 15:18
>まりさ~ん!
せっかくコメントいただいてたのに長らく留守にしてて放置すみません(汗)

この時は大変お世話になりました。ほんとに感謝です
私1人ならディレイだろうがアクシデントだろうがオモロ話で乗り切れますが
なんせお嬢も一緒だったので、トランスヌサエアーを選ぶことの
リスクを考えると
いまいち踏み切れずにいたところ 体験談を聞かせていただいたことで
安心や覚悟などもできましたので、まりさんのおかげでこの日々があったと言っても
過言ではないんです!!そしてはちみつ情報のおかげで たくさんの人にお土産で
喜んでいただくことができましたし、音源の件も、それがコミュニケーションのきっかけになって
スタッフとの心理的距離感が縮まって楽しい会話や時間を持つことができたんですもの!!

あの時「今、パマリカンよりもモヨが恋しい!」と仰ってたまりさんのお話を聞いて
実は 一層まりさんのファンになった私なのです。
アマンワナ、ユルいとこも含めて本当に愛すべきリゾートですね。大好きです!
Commented by la_viajera at 2010-10-05 15:21
>カギeさ~ん!(9/30 09:49)
遅すぎるレスですんませんー。レスする前に会っちゃったし(爆)
まさか大阪で会えるとは思ってなかったので嬉しかったよー
ってかこれもレジスさんオープンとJスケのおかげ?!
12月、どうしようねー。もう、R子さんに丸投げでよかですか?
私 今月まだ重要行事が残っててそれどころではないのでありんす
日にちだけはあけとくのでよろすくw
<< 窓から窓へ    ('... 田舎のお役立ち地図 '... >>