※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です

<< 田舎のお役立ち地図 '...

チャンディダサ異色のレストラン... >>
2010年 09月 08日
雨上がりのレゴンダンスディナー @ Tandjung Sari , Sanur
a0074049_2364027.jpg
物事の区切り時にタンジュンサリと決めてたので、本来ならもっと後日にUPするつもりでしたが
この秋・今週末からしばらくは、コンスタントに長文記録を綴っていられない状況なので
今後はピンポイントUP & 暇な日は過去旅思い出し期間 に切り替えて寄り道しようと思ってます。
春のスンバワ・モヨ記録がまるまる残ってるんですが それはまた後日まとまった期間に
集中して記録しようと思っているのと、今までに記録し損ねているバリの小ネタなどは引き続き
少しずつUPするつもりなので、実質上今回が'10年春バリ記録の長編最後のトピになります

夫婦揃って大好きなタンジュンサリ(公式サイト)。 この春も泊まる気満々だったのですが
うまく日程の調整がつかず悶々としていたGW明け。最終手段で帰国直前の2泊3日で泊まろうか
とも考えたけど セニョの急な出張変更の連絡やら何やらが入り バタバタしてて計画が進まない。
基本自由行動の自分勝手夫婦にとっては 暇な私だけ勝手に泊まってくれば済む話なんだけど
タンジュンサリに関してだけは「ぬけがけだー!」ともめる元なのでそうはいかない・・・。
せめて帰国のフライト前にBarぐらいは行きたいよね~なんて言ってて思い出した!!!
あれ?私の帰国便は16日(日曜)だけどチェックインは15日の深夜だから 第3土曜の夜じゃね?♪

'08年3月滞在時のレゴンダンスディナーは、ゲスト少なすぎて開催がキャンセルになっちゃったし
それ以降も宿泊時は開催日にあたらなかったので この機会にビジター利用でディナー予約して
今年の春バリ最後の思い出をTandjung Sariで〆ることになった ♪15 の夜ぅ~♪ (歳ではなく日ですが)





雨天の中、♪ 盗んだバイクで走り出し~(嘘。ほんとはドリフ号)サヌールをめざし、
(道中スラヤの景色で感激したり、 夕方にバリに到着した703さんとハイタッチ面会したり
道中もいろいろとドラマがありましたが それはまた別の機会にワンポイントUPします)

♪ 雨上がりの夜空にぃ~♪、輝くぅ~ タンジュンサリ到着 (ビーチの椰子、少しずつ育ち中)
a0074049_23455622.jpg
夕方まで降ってた雨の名残りがわかるかな?
a0074049_2134687.jpg
電話で予約した時に、私のファーストネーム(よくある名前)で2名としか伝えてなかったので
いつものイブが 私達を見て 「ご予約はBapakとIbuでしたか!さぁさお席へどうぞ~」
・・・と言って下さったのですが 残念ながら セニョ~ル@旦那はここまでーー!(鬼)
おっさん、この後JKT経由でパレンバンへの出張が急遽入ったのでタイムリミットなのら~。
スタッフのイブも「あら~残念だわ~。でもなぜ2名で予約??」ってそりゃぁ不思議だわな~
ふっふっふー。この日のディナーのお相手は いつものイブMなのでございますw

少し時間があるからIbu Mの到着までに Barで乾杯ぐらいはしよう♪(私はノンアルコールだけど)
a0074049_23554584.jpg
そうこうしているうちに、イブMもご到着(この時点で私のスーツケースをイブMカーに移動w)
ダンスディナーの用意も整ったようなので セニョと解散して私達は予約席の方に移動します
a0074049_23592554.jpg
この日は夕方まで雨が降っていたからか momokkaさんのレポで見たようなコートヤードではなく
レストランの屋根席の一番奥のステージ上で開催されました。
a0074049_03535.jpg
いつもどおりの適当撮影なばかりか 写真撮るよりも観る&聴く方に集中したので
あまりいい写真がないんですが せっかくなのでダンスの様子も記録として残しておきます

踊り手は子供(といっても年長組)なんですが、伴奏はベテラン勢がぴしっと脇を固めますw
a0074049_041099.jpg
楽器の装飾もいちいち渋いw
a0074049_05941.jpg
まずはお約束。お嬢ちゃんたちによる Tari Pendet
a0074049_045175.jpg
お坊ちゃん(でも女子にも見えるー!)による Tari Baris
a0074049_053764.jpg
おねーさんチームの Tari Legong Keraton
a0074049_064310.jpg
最後は Tari Oleg Tambulilingan
a0074049_08410.jpg
以上4演目。いわゆる「クラシカル・レゴンダンス」だったんですが
少年?少女とはいえ、なかなか見ごたえがあり イブMとも「久々に真剣に見た気がするw」って。
もちろん 有名劇団・楽団を見慣れている目の肥えた人には物足りないかもしれないけれど
渡バリ初期にはよく行ってたけど最近は殆ど踊りを見に行かない・・・という私レベルにとっては
「レストランの観光客向け子供レゴン」となめててごめんなさい。良かったです!と脱帽w
もしお天気が良く、コートヤードでの開催だったらもっと臨場感を味わえたと思うのですが
それはまたいつかの機会のお楽しみということで今回は今回で とーっても満足です。
レストランでのダンスの最後にありがちなジョゲがなかったのもジョゲ苦手な私には嬉しい限り。
(指されて断ると変な間ができるから雰囲気悪くなるのは嫌だけど、踊りたくはないというジレンマ)

踊りが始まる前にibu Mと話してて、最近イブんちの長男君(4歳)が女子舞踊に興味しんしんで
「ママぁ~」って言いながら女の子の踊りのポーズをしながら前進して来るんで、もしかして
未来の女形疑惑?!って話で大盛り上がりしてたところなので、きっとイブ家の坊ちゃまが見ても
楽しめたレゴンダンスだったんじゃないかなー、なんて。でも癖になったらヤバイ?!www

踊りの最後にはこれまた全員集合~。写真撮影大会
a0074049_083543.jpg
一通りダンスの演目が終わったら、それにあわせて会場内にビュッフェの用意ができました。
うまく時間も調整しているようなので 出来立てアツアツとまではいかないけどホカホカですw

お料理の種類は15種類程度でそんなに多くはないのですが、一通りの有名ご当地料理が並んでて
肉・野菜・魚・卵とバランスよく料理が並ぶので過不足がない品揃えだと思います。
1つ1つがきちんと美味しいので満足度が高く、ベジタリアン用の料理も少しあったような記憶。

邪魔になっちゃ悪いのでちゃんと写真を撮れなかったのですが、まず壁際に数種類の料理が並び、、
a0074049_01132.jpg
中央のテーブルにもずらっと料理が並びます。(1つのテーブルを別方向から撮った2枚です)
a0074049_0112555.jpg
こちらはデザートのコーナー (残念ながらこの日はココナツパイはなかったです)
a0074049_0114131.jpg
私達のお皿。(ブドゥグデルがあって嬉しい私)
a0074049_011599.jpg
ダンス同様、「レストランの観光客向けビュッフェ」と思ってなめてたら
いえいえなんの! 海老はぷりっぷりだし 1つ1つのお料理がしっかり丁寧なしたごしらえと
味付けがなされていて 辛いものが苦手な人でもOKな観光客向けのマイルドなお味ゆえに、
パンチの効いた(いい意味で下品な)ローカルフードを求めた場合には物足りないのですが
スパイスはきちんと感じることが出来て きちんとおいしゅうございました。

うちの母なんかだと、最終的には 辛くて食べれないとか演奏中に寝ちゃったりするくせに
「せっかくだからその土地の料理が食べたい」とか「踊りが見たい」とか言い出すタイプなので
ここならわかりやすく飽きない演目の踊りで(少女たちががんばってるのも微笑ましいしネ)
辛いもの苦手でも美味しく食べれるインドネシア料理で 雰囲気もおちついているから
母世代にとって とびっきりではなくともきちんと質のいい時間を過ごせるのではないかとも思います

タンジュンサリのレゴンダンスディナーは毎月2回('10年春の時点で 第1&第3土曜日) 開催。
夜7時開演だったと思うのですが、最初に90分ほど踊りを見てからビュッフェディナーになります
ただし、時期によっては予約が少ないと開催事体が当日キャンセルってことが過去にあったのと
催事時期や満月新月などバリの暦にあわせてイレギュラーで開催される日もあるかもしれないので
(その場合はケチャだったり別の演目だったっりするかもしれないのでそこもそのつど要確認です)
ご希望の人は事前に開催日を確認&お席のご予約をされた方が確実だと思います。
料金は '10年春時点で1人250,000ルピア+税サ。飲み物代は別です。(子供料金はあるのかな?)

ビュッフェを食べないお客様でも バーやレストラン周辺で飲みながらチラ見はできるようなので
イネ料理が苦手な人や 夕食を8:30まで待てなくて早く食べちゃった人やお酒だけ希望の人は
Barで過ごしながら 生演奏をBGMにバリらしい雰囲気を楽しむのもアリかと思います。

★★ '09年1月のご滞在中に開催日と重なったbungaさんの記事もご参考に!★★

★★'09年のゴールデンウィークに体験されたmomokkaさんのレポもご参考に!★★

(momokkaさんの子連れでエントリーのレゴンディナー記事に、TB貼らせていただきまーすw)


私がタンジュンサリを大好きになったきっかけを作ってくださったgunungさんの記事にも
リンクさせていただこうと思ったのですがblogお引越し後の過去記事を探しきれていないので
発見次第、gunungさんの過去のレゴンディナーの記事も追記させていただこうとおもてます~

この後、帰国便のチェックイン時間まで 珍しいもの見たさにクタの繁華街をドライブして
車内でひゅーひゅー言いながらイブMに空港まで送っていただいたのですが
VOA有効の30日間滞在の最後の最後にやっとタンジュンサリで数時間だけでも過ごせて
更に、恒例イブMとのデートができて 最高の旅の締めくくりになって幸せでした。
イブ、いつもおつきあいありがとうございますw また次もどこかで美味しいものたべましょう!


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2010-09-08 04:23 | bali & indonesia | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/11248767
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mahaloa at 2010-09-08 12:09
viajeraさん、こんにちは!

>物事の区切り時にタンジュンサリと決めてた
そんな風に大好きなお宿って、ありますよね~!!
viajeraさんには、それがタンジュンサリなんですね♪

これだけのおいしそうなお料理を頂けて、こんなに可愛いバリ舞踊も
見る事が出来て人250,000ルピアは、お得です~!
しかもタンジュンサリの雰囲気も満喫出来ますしね♪
Commented by JAM at 2010-09-08 20:11 x
こんばんは!テーブルのキャンドルがタンジュンサリらしくて素敵ですー!ダンスも若い子の踊りをとーちゃんやじーちゃん楽団が見守ってる雰囲気なのもいいですねキャンドルでバリの夜の匂いを思い出して、雨上がりの敷地写真から雨上がりの匂いを思いだして、最後にはバリ料理の匂いが漂ってきたので妄想に拍車がかかっちゃった。タンジュンサリ、やっぱりいいですね。(溜息)
Commented by bunga5 at 2010-09-08 22:32
viajeraさま、こんばんは。そして文中リンクありがとうございました。
やっとダンス&バッフェ@TS体験されたのですね☆ 
開催日限定なのでなかなか滞在時のスケジュールが上手く合わないですよね。
子供ダンサーだけど一生懸命だし、おじじ楽団の演奏が本格的なので、
観光客向けレストランがサービスで開催してるダンス・ショウとは確かに違いますね。。
大晦日のガラ・ディナーでは大御所的おばさまダンサーも登場して一見の価値ありですよ! 機会があれば是非♪

私もTSではなかなかチャンスがなかった朝食のナシクニン@月曜、
やっとこの2月にいただく事が出来ました。
まさにタイミングですね。
Commented by momokka at 2010-09-08 23:41
こんばんは~。
TBありがとうございました。
TB返しさせてもらいたいのに、未だわからんmomokkaです。(泣)

ところでやっとレゴンダンスディナーに参加できて良かったですね。
私たちの時は、ランプにお花の飾りは無かったような・・・。
ほぉ~とため息の出る素敵な写真♪

私たちの時は、舞台が外だったので、明るさが全然違う感じですね。
多分私たちの食べるお料理が置いてあった場所が舞台になってるんだと思います。
そしてお料理と言えば、ココナッツパイ無かったのは残念でしたね~。
でも、何を食べてもパンチは無いけど上品な味付け、焼き方、で今思い出してもヨダレモンです。
ほとんど味見状態だった私は絶対次回お料理部門を中心に再トライしたいと思います。

あ、ちなみに子ども料金はあったと思いますが
うちの当時4歳児は無料にして下さってました♪

Commented at 2010-09-08 23:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pome_kuma at 2010-09-09 23:35
なんかタイチョとセニョ様の旅スタイルっていいですね~
いつかもっとぽめが旅慣れテーラーになれたらくまと別行動もできるかしら?
今回はぽめが同じロスメンの女性と一緒にエステ行ったり買い物に行ったり、くまはその間プールだったりと、別行動時間も多少あったのです。
それだけでも「外人サンと2人行動なんて、大人になったな!」と思えましたw
でもやっぱりまだ幼いので女1人ではいくらバリでもよー歩けません・・・。

でもセニョ様、タイムリミットで大好きなTunjung Sariを後にしなきゃいけないのかわいそー。
そんな旅スタイルの2人が「ぬけがけだー」と思っちゃうほど、波長あっちゃう大好きホテルなのですね!
ってか、あ~っ!せっかく今回サヌールに行ったんだから、Tunjung Sariに立ち寄るべきだった・・・
いまだにビーチ沿いのホテルはどこがなにやら分かりません。まるで映画のセットのよう、と傍観していますw
またサヌールへ行かなきゃいけない宿題が増えましたなw

タイチョ、今月はイタリアでしたっけ!?うらやましい限りです!
お忙しいでしょうからムリをせずに!本業の道楽?(でら失礼)は本気入れて楽しんできてくださいねっ!
Commented by la_viajera at 2010-09-10 17:15
>mahaloaさ~ん!
趣味正反対の夫婦が、なぜかここは2人とも大好きなんですよね
おっさんは最後早退でかわいそうなことしたけど最後にバーで飲めただけでも
喜んでましたw 細かいことを言えばお部屋がもっとこうだったら便利なのにとか
違うお宿の方が魅力的な部分もあるんですけど、なぜかここでは自分のエゴとか好みとか
こだわりがどうでもよくなるんで(笑)そういう気分にさせてくれる空間があるってことの
ありがたさも感じるんです。多分すきだからこそいろいろ許せちゃうんでしょうけど
行くたびに「またここで過ごしたいな」と思える場所なんです
もちろん、宿泊する時間があるのが一番なんだけど25万ルピアで踊り・ごはん・雰囲気を
たのしめただけでとーっても満足な旅の〆になりましたw
Commented by la_viajera at 2010-09-10 17:15
>JAMんちょ~!
こちらの花あしらいはいつも清楚で可憐で可愛いすぎます!
次は食事だけじゃなくて泊まるように計画しようねとおっさんとも後悔w
どの部屋にしよっかなー。VBかGVBかな~??
ってかその前に、いつバリに行けるのかを考えねば・・・。
Commented by la_viajera at 2010-09-10 17:15
>bungaさま~!
やっと体験できましたw。まさに、子供ダンサーが一生懸命で真摯なのが良かったです!
ジジイスキーな私にとっては おじじガムランで目と心の保養というのもありますし(笑)
レストランでサービスの たどたどしい子供の練習発表会系ほのぼのダンスかと思ってたら
ダンサーはみな一生懸命だし、演奏チームも手抜きでおしゃべりなんてことはせず
バンマスみたいな人が踊り子の動きや呼吸に合わせようとちびっ子を見つめる視線は
先生と生徒的なものではなく世代を超えた演者同士の信頼や誇りやプロ魂を垣間見た気がしました
いつか、大御所イブの腰の据わった踊りも見てみたいですーーー!!でもその場合ってジョゲが
ありそうでちょっと躊躇w 見る分には楽しいんですけど いつも指名から逃げ回るのに必死の私。
ダンスもナシクニンも、本当にタイミング次第なのでご縁のあるときに体験はmustですね★
Commented by la_viajera at 2010-09-10 17:16
>momokkaさ~ん!
やっと観れました!屋内だったので、いつかはコートヤードでの臨場感を楽しみたいですw
そうそう、パンチがなくて品のある味のご当地料理だからローカルフード好きさんには
物足りないかもしれないけど、これはこれで美味しいから私はすきなんですw
っていうか8時半くらいまで夕食を我慢するわけですから腹ペコ状態も美味しさのうちだしネ!
こちらのココナツパイはオーブンから出たてのアツアツが肝だと思っているので
ビュッフェではそこそこ冷めてそうだから、なくてもそれはそれでOKなんですけど
やっぱりあると嬉しいわけで@欲張り。子momoちゃんの無料もよかったですね!
Commented by la_viajera at 2010-09-10 17:16
>カギkkaさ~ん!
実は 来週は毎日神戸通いなんで、バタバタはしてるんですが
時間が会いましたらまたお茶でもww
残念ながらバリ行きはまだまだ全然予定ナッシンなんです、、、、。
Commented by la_viajera at 2010-09-10 17:43
>ぽめちゃ~ん!
あ、うちの夫婦は普段から自分勝手行動が基本ですからwwww
私はもともと団体行動が苦手な一人っ子で、単独行動が一番気がラクだという性格ですが
気の合うお友達や同行者がいて楽しく賑やかなパターンもそれはそれで貴重な体験ができて
おもしろいしありがたいことだなーと、そっちにも開眼した次第でwww.
夫婦旅を楽しめはじめたのも、絶対に合わないと思ってた2人の好みが
タンジュンサリでは妙に意気投合したのもいいきっかけになったと思います
タンジュンサリは簡単に潰れたりしないから、慌てなくてもいつかたどりつけると思うよ!
くまさんがサヌールに泊まる気になってるのも、ちょっとずつ呼ばれてる証かも??
無理に計画しなくてもきっといつかふらりと立ち寄れるご縁が出来ると思うので
その時は、おもいっきりタンジュンサリの独特の雰囲気を味わって来てね!!

イタリアねぇ~、来週の頭にならないと日程が確定しないどたばたっぷり。
秋にはセニョのドイツ出張もありそうな気配なんだけど、「ふーん」って感じで
自分のイタリア遊び計画のことしか考えてない自分勝手夫婦の鬼嫁でございます(笑)
Commented by mero at 2010-09-10 23:16 x
タイチョ~こんばんは。
気になってたTSのレゴンダンスディナーだ~!!
月に2回だと、サヌールにいる確立って低いからなかなかね~
でもタイチョ~、ラッキーだったね^^

やっぱり7月に見たオジジたちのダンスより、お嬢ちゃまとお坊ちゃまたちのダンスの方が生き生きしてていいな~♪
私は、このまだうら若い男の子がバリスを踊る姿って好きなのよね^^
だって、頑張って勇ましく見せようと気張って踊ってる感が伝わってくるし(笑)

お料理はさすがTSだわね~^^
一つ一つ丁寧に作られてて、ブッフェでも十分に満足しそう♪
いつかサヌール滞在で機会があったら行ってみたいな~25万ルピア++じゃお安いよね!!
Commented at 2010-09-11 02:16
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yon_ash at 2010-09-11 08:39
いいおばさんが歯を腫らして歯痛に悩まされ、コメントが遅れてすみませぬ(^^;)

タンジュンサリ いつもこちらでの記事で気になってはいるものの旦那がグリヤのファンでサヌールといったらグリヤなんですわぁ~! いつか紹介されていたこちらのココナッツパイを食べようと毎回気にはかけているもののグリヤでの遅めの朝食そして
お気入りのグリア中間部のプールでゴロゴロ・・・日が暮れる前にシャワーして早めのディナー で、行く機会が・・・

確かグリアも毎月曜に浜辺にでBBQディナーがあり何度がいってみましたがバリ舞踊などなくバンドがガンガン状態
シックなタンジュンサリとは大違いですわぁ~

11月もグリアに3泊・・・今度こそ、せめてココナッツパイだけでも経験したいですよぉ~!!!

てか、Hiyokoさんお誕生日であげられていた「うらん たふん」
私のツボ!!! 娘にカタカナにしてもらって年中唄っていたら
家族も中毒に!(爆)
ようつべの再生数の半分以上は・・・私と娘と息子で占めたとおもいます! ・・・って息子が云っておりましたぁ~!(苦笑
Commented by magical_cat7 at 2010-09-11 12:05
タイチョ、こんにちは!
帰国日の最後の最後まで楽しい時間を過ごされましたね☆
やっぱりタンジュンサリの雰囲気はいいわー。
あのホテルはなんだか他のホテルと時間のながれが違うんですよね。
は~、また泊まりたい(*^^*)
Commented by enakdays at 2010-09-13 19:57
タイチョさん、こんばんは!
今度初サヌールの予定で宿を悩みまくった結果、
別の所にしてしまいました~
レゴンダンス&ディナーが出来るなんて素敵♪
食事もローカルフーとがすごく美味しそうです~
お値段もホテルとは思えないリーズナブルですね!
タイチョさんの記事を見るにつけ、やはりサヌールはタンジュンサリだったかな~とちょっと後悔です^^;

cafe des artistesの記事をアップしたのですが、
文中リンクをしてしまいましたのでよろしくお願いします~^^
Commented by la_viajera at 2010-09-14 01:54
>meroさ~ん!
レスが遅くなってすいませーん(汗)
開催日が帰国便の前日とかだったらわざわざアメッドからの往復が
めんどうくさくて行かなかったであろうところ、丁度フライト前だったから
ほんとにタイミングがよくてラッキーだったよぉ~。おっさんはご愁傷様ですが・・。

小さな男の子がバリスで勇ましく見せようとしてる姿っていいよね~(おかんの気持ちw)
そう、お料理はたしかにここよりも美味しいローカル料理はあるんだろうけど
「やっぱりビュッフェっていまいちでがっかり」なんてことは全然なくて
期待してなかったからというのもあるのかもしれないけど、おもってたよりもおいしくいただけたのも
かなり嬉しかったんです~。たまにはこういうマイルドで優しいインドネシア料理もアリだねw
Commented by la_viajera at 2010-09-14 01:55
>カギちゃ~ん!(9/11 08:39)
レス遅くなってごめんねー。忙しい1週間がはじまってまーす。普段は夜型・ひきこもりの
もやしっ子なのに朝から行動&炎天下移動が続いてるので多分来週1週間はぐったりの予定w
でもまぁ仕事じゃないからストレスは溜まらんのでとりあえず乗り越えまーす
コメントで質問の答えはメール送りましたのでよろしく。
Commented by la_viajera at 2010-09-14 01:56
>ashさ~ん!
レスが遅くなりすぎですみませーん。私もそちらにも伺いたいのですがちょっとばたばたしてて
ご無沙汰しております(ペコリ)明日か明後日には時間ができるので徘徊予定w

グリアってプリとともにいつも人気でお部屋取るのも難しいと聞いているので
旦那様のお気持ちもわかりますー!!
数件隣なので、もしTSで開催されてたら遊歩道からバー利用とかでのぞいてみるもよし
お気軽に行ける範囲じゃないですかーw
ココナツパイは中身もアツアツの方が美味しいので、もしテーブルに届いた時に器が熱くても
中身がつめたかったらぜひ温めなおしてもらってくださいねー。
冷めてても私はすきですけど感動が全然違いますから!!

Ulang Tahunのお歌、可愛いでしょ~?またカユジンでご家族のお誕生会の時にでも
何気に口ずさんでみてください。つられたスタッフが総出で歌ってくれるはずですわ!!
Commented by la_viajera at 2010-09-14 01:57
>まじかるさ~ん!
レスおそくなってすみませーん。
雨上がりの匂い、TSの雰囲気、がんばるちびっこダンサー、渋いガムラン隊、いつものスタッフ、
丁寧なお料理、それに「今から帰国」というなんとも甘ずっぱいシチュエーション。
この日、この時は そういうものがやさしーく混じりあったごちそうな時間でしたw
現実の時間の流れだけでなく 思い出もスローモーションのようで ねっとりと甘いですわ~
私も、また泊まりたい~!!!!
Commented by la_viajera at 2010-09-14 01:58
>sukuさ~ん!
私もサヌールでは、何度も遊びに行くだけでまだ泊まってない、でも泊まりたい~っていう
悩ましいお宿があるんですけど 結局タンジュンサリに惹かれてしまうwww
子供たちが演者なのでダンスのレベルは有名舞踊団にはかなわないかもしれないけど
みんな一生懸命なのでこちらも真剣に見入っちゃえるんです。
ビュッフェも「ぜひこれを食べて!」とか「もう一度これを食べたい」って感じではないのですが
観光用のレストランダンスディナー・・となめてたら(失敬!)ちゃんとしてたし
私的にはとっても満足でした。これも贔屓目込みのタンジュンサリの魔法っていう効果なのかも
しれないですけど 私、こんな魔法なら大歓迎なのですww

Cafe des・・・のリンク、ありがとうございまーす
ちょっとバタバタしててなかなかPCに向かってる時間がないので
明日以降、改めてリンク返し&ご訪問させていただきますね。今日はもう眠さMAX(泣)
Commented by maribali at 2010-09-14 07:43
タイチョさんのタンジュンサリ見る度に、お泊まりに行きたいと思うのですがたどり着かないまま。。寄り道ばかり。

そういえば、最初の頃は頑張って見に行ってたバリ舞踊も
行って無いし。。。
こういった本物のインドネシア料理も食べてないな~。

初めて行った時、観光地のご当地料理があまりに
美味しく家族で感動してたことを、ふと思い出しました。

その感動がここにはちゃんとありそうです。。。

後ほどメモリアルストーンの記事のリンク貼らせて頂きに
再度来ますね。よろしくお願いします~!
Commented by la_viajera at 2010-09-15 20:35
>mariさ~ん!
タンジュンサリは、お部屋にも古かったり使いにくい部分があるので
現代的な快適さには及ばないところもありますが、スタッフの対応、
こじんまりとしながらも(つまり、決して広くはない^^)にこやかにリラックスできる
パブリックエリア。丁寧でやさしいお料理。派手さやかっこよさはないけど
バリの魅力をぎゅっと濃縮した空間なのです、行く度に
さすが長年多くの人に愛されてきた場所だなーと実感せずにはいられません。
私の場合は、もはや思い入れタップリなので評価は大甘ですが・・・ww
もっともっと素敵なところに泊まってらっしゃるまりさんご一家ですから、
お泊りは別のヴィラになったとしても、いつかお食事なりダンスなりで
訪問される機会がありましたら、まりさんがどうお感じになるか
&まりさんの素敵な写真でどう写るかがとっても気になるタイチョですw

メモリアルストーン@カジェン通りをお散歩ですね!のちほどうかがわせていただきます!
<< 田舎のお役立ち地図 '... チャンディダサ異色のレストラン... >>