※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< '10年春バリAmed...

Villa Pandan Wa... >>
2010年 06月 03日
建築中の The Griya Villas And Spa に突入 @Bunutan (Lipah?), Amed ('10年5月)
a0074049_20424487.jpg
前回の渡航から半年もたてば道路もネット環境も良くなるし建築物も益々増えていくアメッド。
今回も、「○年のあの頃はまたこんな感じだったんだーっ」て老後に振り返る楽しみ記録として
この週末あたりには2010年春のAmed自分メモをブログで残しておこうと思ってるんですが
ここんとこちょっとバタバタしててなかなかPCに向かえないので今日は作り置きでお茶を濁す気w

このリゾートも、本来ならもっと工事が進んでからUPしたかったのですが
ある意味「渡航時のグリヤの進み具合」って感じで今後も見守っていこうと思ってるので
今回はその第一弾っつーことで中途半端なままだけど、あげちゃいます。
・・・というのも、ブヌタンに建築中の The Griya Villas And Spa (公式サイト) は
Amedで初のオーナー制の分譲ヴィラ群なんです。いわゆる 投資目的のVilla For Sale かな?
場所柄、投資物件としての価値があるかないかは私にはわかりませんが
サイトを見ると「住む為」というよりも おいおいオーナーさんが留守の間に貸し出す
レンタルヴィラのシステムをとられるとのことで、オープンしたらおでかけお泊りで気分転換♪
なんてーのも楽しそうかな??なんて思って 完成を心待ちにしている私。
決して好みの路線やインテリアではないけど、現時点でこの規模でこの綺麗さの宿はないから
「もしや、ここのレストランやスパができればアメッドに居ながらにしてお洒落リゾート気分?」
なーんてちょっと期待もたかまるわけで。(ま、田舎なので過度の期待は禁物ですが・・・)
しかもかなり高台に建築中だから、道路沿いは今までの垢抜けない田舎らしさは残したままなので
一見村の雰囲気は変わらないまま山の上に綺麗な建物ができる・・といった邪魔しない感じも◎。
今の所このテイストのアコモもこのエリアにはないから、既存のアコモとは客層もかぶらなさそうだし

アポナシで突っ込んでセキュリティに止められると面倒なので、工事が休みであろう
ガルンガン前日の夕方にちょいとバイクでぷいーんとヴィラに続く坂を登ってみましたの。むふふ。





リゾートそのものは、リパの海岸を見おろす感じで山の中腹にあるんですが
エントランスへの道路は、ブヌタンからリパに向かう高台の道沿いにあります。
1BDRMタイプと2BDRMタイプのヴィラが計14棟建つらしく、ダイニングやスパやシェアプールも
作られるようなので たとえ泊まる機会がなくてもスパに来たり食事に来る楽しみもできるわけで。
ちなみに、バリ東部で初の本格的なナイトクラブも併設予定・・・とサイトに書かれてあったけど
どういう類のクラブかは知らんけど、それはいらないんじゃないか・・・と私見(爆)

これはレアン側からリパの浜を眺めた時に見える風景。
a0074049_20454333.jpg
当初の予定では今年オープンさせたかったみたいですが、そこはバリ(爆)まだこんな感じ。
a0074049_2046013.jpg
でも、ショウヴィラ用に1部屋ぐらいはできてるんじゃないかと淡い期待で ブヌタンまでGO!!

JemerukやBunutan方面から来る人は、アンダアメッドを過ぎるとこんな看板が見えます
a0074049_20463534.jpg
(看板の後方に見える宿は、最近できた別のバンガローです)
その看板の前の坂道(現時点で未舗装)をぐいぐいと登っていくと The Griyaの敷地に到達~

・・・ってかまだまだ完成までには相当時間かかりそう(笑)
a0074049_2047319.jpg
とりあえず、ここからの眺めをチェックしたところ、Lipahの村を見おろすパノラマビュー
この日は、今にも雨が振りそうな曇り空だったので写真では見た目冴えない景色なんだけど
前方も左手も水平線が見える上に 雨季および雨期明けなら山も緑だからこれは気持ちいいと思う
残念ながら、アグン山はこの後方に位置するので振り返っても私が立った位置からは見えず
多分この山の中腹を整地するだけでもずいぶん時間がかかっただろうなー。
ごみだらけの工事現場で写真を撮ってると、作業員が私に気づいて「何の用?」って聞くので
「ちょっと散歩中の寄り道~。工事見ていい??」って尋ねるとウェルカム状態。
というわけで、建築中のヴィラにお邪魔することになりました。

まだヴィラそのものが2棟分ぐらいしか建ってなかったんですけど多分この部屋かな?
a0074049_20591446.jpg
では、おじゃましまーーーす
a0074049_20473013.jpg
想像よりも敷地面積は狭いんだけど、前方が開けてるので開放感あり!
a0074049_20475927.jpg
天気悪くてイマイチな写真なのが残念っ!
a0074049_20522254.jpg
こっちはキッチン&ダイニング&リビングエリア(多分この部屋は1BDRM VILLA)
a0074049_20513546.jpg
プライベイトプール正面のベッドルーム棟にもおじゃましまーす
a0074049_20524222.jpg
こちらが寝室ですな
a0074049_2053155.jpg
ベッドの奥(裏側)に、クローゼットとバスルーム
a0074049_20532689.jpg
a0074049_2054989.jpga0074049_20543043.jpg
クローゼットはバスまでの通路にあり
バスルームも屋内でダブルボウル予定
あれ!ちゃんとバスタブもあるわ♪
そして一応外には繋がっていて
ガラス扉を開けるとアウトサイドシャワー

長年、アメッドでは田舎大工作業を
見てきたから、ちゃんと新聞紙敷き詰めて
シャワーヘッドもできあがるまで
ちゃんとラップしたままで(当然ですが)
すごく丁寧に仕事をしていた彼らを見て
「お金と時間かけてるなー」との感想。
現場の人としゃべりながらの見学だったので、あんまりまともな写真撮ってないんですが
また次回の渡航時で天気のいい時に 腰を入れて撮ってこようかなーなんていいわけwwww

ちゅうわけで、サイトから画像をお借りして 完成予想図をあげときます
a0074049_21172128.jpg
キッチンタイプの部屋とパントリータイプの部屋があるのかな?(つか右は掘りごたつ式?)
a0074049_21173517.jpg
これは2BDRMっぽい? (1BDRMのリビング棟はこんなに広くなかったぞ!)
a0074049_21182050.jpg
これも2BDRM?? / 右の写真は全体図。メインプール気持ち良さそう♪
a0074049_2120691.jpg
パブリックエリアの敷地図を見ると、どこがダイニングでどこがスパになるのか
(そしてナイトクラブも!)イマイチ不明なんですけど、建物同様スタッフ育成の方も力を入れて
ここにちゃんと教育を受けたセラピストを持つスパができたら 地域全体ののスパ事情も
ぐっと改善されるかな?と淡い期待。・・てか、ドリフに居ながらにしてバイクで3分ぐらいで
この、アメッドとは思えない洒落たエントランスに行けるのかと思うとうれすぃー♪
a0074049_20573843.jpg
(↑ ただし、この絵を見て思うのは セダンでAmedまで来る根性の方がすごい・・・)

前回書いたように、東部に親友達が集合した場合の大勢収容可能のヴィラを探している現在
ここが2BDRM(つまり4人)マックスっていうのはちょっと私達にはキャパ不足なんだけど
いざとなったら何部屋かまとめて借りるという手も使えそうだし、私はドリフに帰ればいいんだし
出来上がり次第では、ここも候補になるかもしれないなーと楽しい妄想。

この調子じゃぁ~パブリックエリアができるまでまだまだ時間がかかりそうですけど
私が待ちくたびれて飽きる前に「不景気で頓挫」とかそういうことがないように祈っておりまちゅ。
そして、次の渡航からも逐一侵入して(笑) 進行具合を見守ってゆきたいと思ってます。

※これは'10年5月の見学時の記録です※

★★ 追記 ★★ ※ この侵入から2年後、ショウヴィラを見学する機会があったので
'12年5月時点での The Griya Villas & Spaの工事進行具合は ⇒ こちらのトピで※
※ ’13年春にはレストランもオープンし、スパなどもできてますんで
  '13年春のレストランの様子は ⇒ こちら を 2BDRMヴィラやスパの様子は⇒ こちら
※ '13年9&10月のルーフトップバーでの夕景は ⇒ こちら
※'13年10月のレストランでのランチ&プール利用やディナーの記録は⇒ こちら
※ '14年の春と秋の記録は ルーフトップバーからの夕景を中心にレストラン利用や
またまた2BDRMを見学してみた様子なども含めてまとめて⇒こちら
※ '15年春の 併設スパ&サウナ利用の記録は⇒こちら 、レストランやバーの記録は⇒こちら
※'15年秋のルーフトップからの夕景とレストランでの朝食の様子は ⇒ こちら



[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2010-06-03 00:34 | bali & indonesia
<< '10年春バリAmed... Villa Pandan Wa... >>