※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< Mama Egidia Res...

プールサイドの3人 @ ウブド... >>
2010年 02月 27日
Nostalgia (Only Yesterday) @ Michi Retreat Resort & Spa, Ubud
a0074049_1574175.jpg
前述のいきさつで、pipiちゃんと2泊3日ダラダラと引きこもったのがこのお部屋。(サイト写真より)

このリゾートには、バジェットタイプのお部屋から、プライベートプール付の3BDRMヴィラまで
ご予算や人数に合わせていろんな種類の部屋があるんだけど、それのどれもが1つ1つ個性的。
手作りっぽい建物の中に 和風あり、バリ風あり、インド風あり、中国風あり、トルコ風あり。
中には西洋テイストのお部屋なんかもあって、異国情緒満載で遊牧民になった気分。
<※後日追記※ 滞在したお部屋以外で見学したお部屋は こちらの別トピで記録しました>

私がたま~に歯軋り王になるのと pipiちゃんが破壊的な寝相をお持ちなので
ベッド1台だけの部屋はお互いに覚悟が必要であるため、ベッドが2つあるお部屋で
(ちなみに、バリ到着直後にpipiちゃんを呼び出したクタの宿もそういう理由でツインベッド指定:笑:)
アジアの置物満載のお部屋は もしも夜に怖く感じちゃうと落ちつけないので
女同士で明るい気分になれそうな Nostalgia~Only Yesterday~ というお部屋に決定。
私、寝室の中にツインベッドが並ぶというたたずまいがあんまり好きじゃないけど
このお部屋なら各部屋に1つずつベッドが配置してあるので見た目的にもOK




私達の お部屋への通路上に 3つか4つ他のお部屋があったけど(全部見たけどウロ覚え)
全部インテリアのコンセプトが違うお部屋で、すべてのバルコニーからWos川対岸の棚田ビュー。
この廊下、人の気配がすると自動的にライトアップされるという仕組みで
こんな手作り感覚の建物なのに、意外と近代的なシステム採用~!って感じもおもしろい

その廊下の突き当りが、私達のお部屋。
これがまた、入口のアプローチの部分が モザイクガラスならぬモザイクミラーのキラキラ空間。
鏡の国へようこそ~!って感じで、私の中に少し残っている少女心が妙に沸く(笑)

マネージャーさんかな? 女性スタッフに案内してもらってお部屋にはいりまーす
a0074049_1552251.jpg
入ったところにあるお部屋は1つ目のベッドルーム (私はこちらを使用)
a0074049_1554773.jpg
この部屋のバスルームは こんな感じ。(インバスでシャワーとバスタブは別々)
a0074049_15552361.jpg
バスエリアには 石鹸・シャンプー・コンディショナー そして大小のタオルが用意されてます。
ハブラシセットやローブやスリッパはないので、自分で持ち込みましょう。
夜はターンダウンサービスもあり。
a0074049_15573414.jpg

バルコニー側から見た、1つめのお部屋の様子。見切れてるけど天井にはファンあり。
a0074049_15565189.jpg
コチラ側の部屋にはエアコンがないので(シーリングファンとベッドサイドの扇風機はある)
隣の部屋のエアコンの冷気を通すために、殆どの時間 仕切りのドアは開けっ放しにしてました。
まぁ、この扉もステンドグラスがはめこんであってラブリー♥ ステンドグラス大好き
ちなみに私は ウブドでは 寝るときにエアコンがなくても問題なしなのですが
さすがにお風呂にはいった後はたっぷりの湯量の熱気が部屋に逃げ込んでくるので、風呂上りは
お隣のリビングのACで涼んでいました。(つか、トイレと風呂と寝るときしかこの部屋使ってないし)
ちなみに、元々ベッドサイドに備え付けてあった小さな扇風機も、後でなぜか届いた業務用っぽい
でっかい扇風機もともにオシャレでパワーもありますがめっちゃ音がうるさいのでご注意を。
でも、アンティークなデザインのモノってそういうところが愛おしかったりするんだよね~(笑)

こっちの部屋に大きな冷蔵庫をセットするボードがあったけど、冷蔵庫はなぜか外されてて
(あとでオーナーさんと話をしてたら「スタッフが用意を忘れてるだけだから 言ってくれれば
冷蔵庫を運んで来たのに!」とのこと。必要なかったので私的には問題なしですが・・。)
コーラとスプライトとグラスがおいてありました。飲んだけど請求なかったのでコンプだったのかな?
あ、お部屋においてあったウェルカムフルーツとアクアは、コンプでした。
あと、チェックインの時にレセプションでウェルカムドリンクも既にいただいておりま~す。

セイフティボックスは2部屋ともなかったような記憶・・??曖昧ですいません。
(普段から【スーツケースをロック派】なので、あっても滅多に使わないんですよ。私。
あと、ドライヤーも使わないので お部屋にあったかなかったかの記憶が非常に怪しい。)

・・・・・・・・・・では、ダイニングやリビングのセットもある 奥(隣)の部屋に進みましょう・・・・・・・・・・

扉を開ければ、目の前は ダイニングエリア。(この部屋のクローゼットは扉の隣でした)
ダイニングテーブルの部分。ここにウェルカムフルーツもおいてあります。
a0074049_1672130.jpg
隣の部屋との位置関係、わかります??
a0074049_1684243.jpg
ダイニングテーブルから、リビング&もう1つのベッド部分を見た図
a0074049_1694137.jpg
こちらの部屋のベッド。(pipiちゃんが使用)
a0074049_16105136.jpg
テラスに出るサッシ?枠のガラス戸の下方、ところどころひびが入ってるんですが
その部分もモザイクタイル?でつぎはぎ修理してあったりしてそれはそれでティスティー。
「貧乏臭くてイヤー!」って人もいるかな? でも この手作り的な味わいは、私的にはアリ
なんとなく、なつかわゆい(懐かしく可愛い)というか・・・。ええ、昭和の女ですから!

この部屋のブラインドは閉めるのにコツがいりますがターンダウンがあるのでスタッフにお任せ。
a0074049_16112286.jpg
ささやかだけど お花も最初から飾ってあり、細かいところに気遣いが・・・。/こんな置物も(笑)
a0074049_16175428.jpg
ベッド側から お部屋を見た図 (この部屋はエアコンがあります!)
a0074049_16123584.jpg
この部屋のバスルームには扉があり、裏口へと出るドアもあります(インバスです)
a0074049_16133370.jpg
その扉から、お部屋の裏庭側に出てみましょう

ネコも居ます(笑)/ 外への扉も可愛い / ここからリゾート入口へも繋がってます
a0074049_16153626.jpg
ちなみに外(横)から見たらこんな感じ。(階下はギャラリー兼ブティック?というか、ショップです)
a0074049_16183394.jpg
このお部屋内のバルコニー部分はとても広いんです!!(洗濯物乾きそう!←主婦目線)
a0074049_16203138.jpg
正面は,左下にプールエリア。その向こうにWOS川対岸のライステラスビュー!!
a0074049_16213663.jpg
右横を乗り出して見るとずーーっとお部屋群が見えますね
a0074049_16225259.jpg
私の寝室の方にもちゃんとバルコニーはありま~す。
a0074049_16235659.jpg
建物は東向きなので、お部屋から棚田へと落ちていく夕日は見れませんが

夕暮れ時には、お部屋に居ながらにしてピンク色にそまる空を感じることができます
a0074049_16262190.jpg
もういっちょ!
a0074049_1626516.jpg
ミラーが多用されている上、ライトが明るいので夜でも明るいお部屋でした
a0074049_16282149.jpg
しかも、どこよりもネットがサクサク!たまたま回線状態が良かったのかもしれませんが
クタよりもスムーズかつ高速で繋がったのにはおどろき!!(リゾート内Wi-Fi対応です。)
'09年・11月の 宿泊した時点では パスワードも不要で無料で繋ぎ放題。

この棟に他のゲストがいらっしゃらなかったからかもしれませんが、湯量がたっぷりだったり
オートで点灯する通路灯だったり、ネットがさくさくだったりと嬉しい意味での予想外の展開。
pipiちゃんの部屋の方のバスルームだけは たま~に床(タイル)が濡れてる時があって、
もしや、どこかから水漏れ?なんていう疑惑もあったけど、滞在中は雨も降らなかったので
こういう造りの建物にありがちな雨漏りとかテラスから部屋への水の侵入もなく、問題ナッシン。

ターンダウンサービスは、ベッドメイク・ブラインドを閉める・電気式蚊よけのセット
などのシンプルなものですが、なぜか2日目に大きな扇風機がお部屋に届いたり
差し入れをいただいたりと、いろいろと心遣いをしていただいたのも感じました。
そしてお掃除もしっかりと丁寧にされていて、清潔感があります。

たくさん出入りできるドアや窓があるんですが、カギの数が多すぎていつも宝探し気分。
そして内側から・外側から・・とそれぞれ別の形式になってるカギもあるので
外からカギ閉められないからこの扉からは外出できない・・・などの特徴を把握するのに
少し時間がかかったかな??でも そんな不便さも 手作り感あふれてノスタルジックな作りだから
それも込みで 「こういうもんだ」と 思って 楽しめたと思います。

私達は 2人とも普段から バリの不便な部分には慣れているし、各自のバリの拠点に居る時は
ローカルっぽい生活もバリらしいインテリアや光景も目の当たりにしてるから
たまには、こういう違った雰囲気の住空間で過ごしてみるのもリフレッシュできて楽しいのですが
果たして一般的に受け入れられるかどうかは非常に難しいところ。
もう、この敷地内の世界観をしんどいと思うかおもしろいと感じるかは好みの問題。
そして、私は こーゆーの けっこう好きなんだよな~。ぷぷぷ。
だって敷地内は20代の頃に徘徊したいろんな国のテイストが混ざってて懐かしいんやもん
<※追記※ パブリックエリアは こちら で、別カテゴリーのお部屋は こちらで別に記録しました>

※ 滞在中に遊びに来てくれたmeroさん目線のきれいな写真は → こちら をドウゾ!※


これは、コンプではなくて たまたまのサービスだったと思うんですが
 夜に、オーナーさんから甘くておいしいお酒と舶来チョコの差し入れがありました~
a0074049_16475321.jpg
滞在中に、ケメちゃんとアパさんが遊びに来てくれたので
冷房のきくお部屋でダラダラとルームサービスのランチ&おしゃべりに興じました。

(この少し後に、はるららチームも見学にご到着されたのですが、たまたまレストランに
はるららさんのお知り合いの方が来られてたので、せっかくだからそちらの席に合流されたので
私は、このお昼は お部屋とレストランの行ったり来たりでつまみぐい続き :笑:)

a0074049_1704748.jpgアパさんおススメのワルンがお休みだったので
ケメちゃん&アパさんの分とpipiちゃんの分は
お2人がPak Sedanでブンクスを調達~。
せっかくなのでルームサービスでパスタ2品を
オーダーしたら、おまけで、ダンプリング(餃子)
もサービスしてもらいました~。
こちらはケメちゃん差し入れのナシブンクス
a0074049_173387.jpg

ルームサービスのパスタ2種は、特別ということもなく「まぁこんなもんかな?」の感想でしたが
レストランでいただいたコースのお食事は、思ってたよりも美味しくてお手頃価格でびっくり。
だって、朝食をいただく限りではごく普通のロスメンタイプの朝食だったので
まさか、ここのレストランでいろんな種類の美味しい料理がでてくるとは思ってなかったんです。

夕食はオーナーさんと一緒にいただいたので 細かい指示もあっての幸運だったかもしませんが
レストランそのものの雰囲気もユニークで、食器も可愛いし、もちろん眺めもいいので
次回は、レストランとお食事についての記録をしておきたいと思います。

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2010-02-27 01:13 | bali & indonesia
<< Mama Egidia Res... プールサイドの3人 @ ウブド... >>